「ガンの特効薬はミトコンドリア賦活剤」ブログサイトの鈴森さんが「製薬会社は人殺し! トランプ大統領が真実を語る!」という記事をアップしてくれました。鈴森さん、いつも、ありがとうございます m(__)m


 アメリカの「トランプ」大統領は、勇敢にも、

   製薬会社は「人殺し」だが、何も罰を受けずにのさばっている。
   製薬会社は「殺人の罪を犯しているにもかかわらず、罰せられていない。

 と発言し、極悪非道なる製薬業界と闘う意思を表明されたそうです。


r[10]
第45代 アメリカ合衆国大統領 ドナルド・ジョン・トランプ 〔貫禄バージョン


1-4-570x376[1]
第45代 アメリカ合衆国大統領 ドナルド・ジョン・トランプ 〔アホアホバージョン


 アメリカの「トランプ」大統領は、まったく凄い人物ですね!
 「トランプ」大統領は、製薬会社に対して「人殺し」「殺人の罪を犯している」とハッキリ発言したようです!

 過去の歴代の大統領でさえ、製薬会社を敵に回す度胸など、なかなか持てるものではありません。
 製薬会社とは「殺人マフィア」同然ですから、これは「命懸け」の発言です。
 ここに来て「トランプ」大統領が初めて製薬会社の悪行に対してようやく着手するようになったのを見れば、過去の歴代のアメリカ大統領が如何に製薬会社を野放しにしてきたか、また、製薬会社の悪行を知っていながら見て見ぬ振りをし、手入れをしたくても、恐れて手を出せなかったかが見て取れます。

 「ヒラリー・クリントン」は「製薬業界の広告塔」だったそうです。
 彼女のように「製薬会社の力を利用する」ケースも、歴代のアメリカ大統領には多々あったのでしょう。

 過去の歴代のアメリカ大統領の誰もできなかったことを「トランプ」大統領は果敢に取り掛かろうとしています。
 政治漬け政治腐れ していない「トランプ」大統領は、今までの大統領とは何かが違います。
 事実をもろに言い放ったり、必要だと思うことを徹底して実行するような精神があるように思われます。

 「トランプ」大統領は、歴代のアメリカ大統領の中で初めて製薬業界に対抗しようとする大統領です。
 製薬業界という「殺人マフィア」同然である権力に立ち向かうのは、まさに「命懸け」のことです。

 そして「アホアホバージョン」を実行した大統領としても、歴代のアメリカ大統領の中で初めてでしょう。
 ビジネスで確固たる地位を築き、アメリカの不動産王と呼ばれ、その成功が伝説的に語られていますが、不動産王としての転落と再生を経験した「トランプ」大統領だからこそできる‥、これも一つの貫禄なのかもしれません。


 上記の記事の中で、鈴森さんはこのように仰られています。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


製薬会社は人殺し! トランプ大統領が真実を語る!


 「殺人の罪」を犯しているのに、何も処罰されない。医学界は「異常な世界」です。
 人間社会では、普通、1人2人を殺せば「無期懲役」や「死刑」になります。
 医学界は毎年、何百万人も殺しているのに「高額な報酬」を受け取っています。
 製薬会社も、医者も、法律の範囲内であれば、何百万人も殺し続けても「お咎め無し」なのです。

 ガンは、やるべきことをやれば治る病気です。
 それなのに、大切な臓器を切り取ったり、マスタードガスを血管に投与したり、
 チェルノブイリ並みの放射能を浴びせたりするから、ガン患者の多くは犠牲になっています。

 ガン患者を殺せば殺すほど「莫大な富が築ける」のが「ガンビジネス」!
 「異常なガン治療」という名の「拷問」がガン患者に与えられ、製薬会社や医者は「栄華を誇って」います。
 「患者は金儲けの道具!」という考え方を改めてもらいたい。


 アメリカの大統領が “製薬会社は「殺人の罪」を犯している!” という本音を語るようになりました。
 日本の現役の医師(宗像久男医師参照記事)が、
 “ガンは3ヵ月で治る病気! 1年で37万人も亡くなるのは殺人だ!という真実を語るようになりました。
 10年前では考えられなかったことです。

 昔は、権威の側は一枚岩で、「詐欺医療」の真実を語る人は存在できなかったのです。
 それが「米大統領」や「日本の医師」が「医学界の殺人」を糾弾するようになったのです。
 それだけ「殺人医療」が肥大しすぎて、人類の生存を脅かしているのです。

 日本でも、病気をキッカケにして下流老人になってしまう人が多いようです。
 親の介護で子世帯まで貧困にあえぐケースも多いようです。

 「病気と貧困」は人間にとって最もつらい現象です。
 「病気と貧困」をつくり出しているのが医学界です。
 病気で困って金を貢ぐ人が多いほど、医学界は肥え太ります。
 医学界は「人食い人種」の集まりであり、他人の生き血を吸って巨大に成長を続けています。
 「病気と貧困と死」をつくり出す医学界を、のさばらせてはいけません。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


 標準的な癌医療とは、鈴森さんが仰られる通りの場所です。
 外科などの有用な面は多々ありますが、基本的に「金儲け主義」である点は今も昔も変わりません。
 「患者を治す」という視点が無く、それすらも考えない‥、できることと言えば、製薬業界が生産する化学医薬で患者を「薬漬け」にすることであり、これによる「医原病」は後を絶たず、これが昔から真面な医師等から問題定義されているにもかかわらず、チットモ改善する意思すら見受けられないのが現代医療です。


 「トランプ」大統領のこの発言について、私も調べてみました。
 そして、分かりやすく伝えている記事を、当記事でまとめてみました。

 「トランプ」大統領が発言した、

   製薬会社は「人殺し」だが、何も罰を受けずにのさばっている。
   製薬会社は「殺人の罪を犯しているにもかかわらず、罰せられていない。

 この言葉の深い意味が理解できる日本人が、今、どれほどいるのでしょうか?
 この言葉が「オカルト」や「陰謀論」だとでも思いますか?
 「トランプ」大統領が言い放ったこの言葉こそ、私たち一般市民が知るべき「医療界の闇」が深く根付く人間社会の現実を暴露する重要なものです。この「トランプ」大統領の言葉が示す現実を見失ってはなりません。

 現代医療は製薬業界と協力して患者を「薬漬け」にし、患者の身体をゆっくりと破壊しては「医原病」を生産し、さらに「儲けていく」という錬金術を行なっています。
 真面な医師であれば「化学医薬を飲んだだけでは、病気が本当に治るわけがない」ということを承知しているはずなのに、多くの医師がこの巧妙な錬金術にずっと加担し続けているのです。

 今や、著名な「医療の専門家」の先生方が「現代医療から身を守ってください!」と叫ぶようになっています。
 みなさんは、製薬業界と手を組んで「金儲け主義」に狂奔し続けている現代医療の、この巧妙なる錬金術の手口が観えますか? チョコット「見た」って理解できませんよ‥、本気で「観よう」としない限りは…。



 次は、若かりし頃の「トランプ」大統領です。

ドナルドトランプ若い頃[1]
o0675068113564655592[1]

 この頃は、まさか自分がアメリカ大統領になろうとは夢にも思っていなかったでしょうね。

 「トランプ」大統領が実施する政策のすべてが日本にとって「オッケー」だとは流石に言えないでしょうけれど、新しき風を力強く生み出す「トランプ」大統領の今後の活躍に期待しています。

.





 【注目】トランプ氏が暴利を貪る製薬会社を酷評
     「製薬会社は殺人の罪を犯しているにもかかわらず罰せられていない」

 【「健康になるためのブログ」より 】

C16zj4VVQAEzKmn[1]



製薬関連の株大幅下落、トランプ氏の薬価引き下げ発言で

 アメリカのトランプ次期大統領が記者会見で、薬の価格を引き下げる考えを突然示したことから、
 12日の東京株式市場では、収益の悪化が懸念されるとして、製薬関連の株価は大幅に値下がりしています。

 これはアメリカのトランプ次期大統領が記者会見で、政府系医療機関の薬の調達に関連して、

    アメリカは世界最大の医薬品の購入国でありながら、適切に入札をしてこなかった。
     製薬業者たちは、今現在、好き勝手なことをしている。


 と述べて、入札制度を強化して薬の価格を引き下げる考えを突然示し、
 日本の製薬会社の収益が悪化することへの懸念が出たためです。

 市場関係者は、

    これまでトランプ氏は薬の価格の引き下げには消極的だと見られ、
     アメリカ事業を強化しようとしていた製薬業の株価は、このところ値上がりしていた。
     トランプ氏が一転して反対の考えを示したことを、市場は驚きを持って受け止めている。


 と話しています。



トランプ、今度は製薬会社を標的に薬価引き下げを表明

 トランプ次期米大統領は11日に開いた会見で、

    製薬会社は「殺人」の罪を犯しているにもかかわらず、罰せられておらず、
     政府に多額の費用を負担させている。


 と批判、薬価の改革を進める意向を表明した。

 また、海外へと拠点を移す動きが加速しているとして、製薬業界を国内に回帰させる必要があるとした。
 米国では、生死にかかわるような医薬品の価格が大幅に値上げされたことで、製薬業界への批判が高まっている。




 トランプ大統領の反製薬業界の発言で、彼らは大損をしました!
 【「日本や世界や宇宙の動向」より 】


 トランプ大統領は「製薬業界の闇」について充分承知しているようです。
 以前も、ワクチンの問題点を指摘していました。

 トランプ政権の「製薬業界に対する新たな政策」により、
 米製薬業界が「人々を騙して、富を貪る」ようなことができなくなれば良いのですが。。。

 日本にも米大手製薬会社の「薬」や「ワクチン」が入ってきていますから、
 日本人も、それらの被害に遭っているということです。

 日本政府は、米政府や 製薬会社の要求通りに、
 「危険な薬」であろうと「ワクチン」であろうと、それらを輸入してきたのでしょうから、
 米製薬業界に規制がかかれば、日本人にとっても良いことです。

 日本人、特に高齢者は「薬漬け」の毎日です。
 「薬に頼る生活」を続けて得をするのは、製薬業界だけです。

 世界中の人々の健康のために、今後は、既存の「ワクチン」や「薬」の厳しいチェックだけでなく、
 「ケム・トレイル」の完全停止、遺伝子組み換え穀物や種、
 そして「ラウンドアップ」と呼ばれる、それに付随した「農薬」の生産販売禁止をトランプ政権にはお願いしたいですね。

 アメリカの多国籍企業が潰れても、アメリカの経済にはそれほど影響が出ないでしょう。
 彼らは「米国民を豊かにしていない」と思います。



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


Trump Cost Big Pharma $25 Billion in 20 Minutes 【概要】 1月21日付け

 トランプ大統領の反製薬業界の発言で、医薬品業界は大損をしました! (NaturalNews

 なぜ、大手製薬業界は、それほどまでに、
 「ヒラリー(ヒラリー・クリントン)に大統領になってもらいたかったか」について徐々に明らかになってきました。
 なぜなら、ヒラリーは「製薬業界の広告塔」だったからです。
 トランプ大統領は、そのようなことには徹底的に抵抗するでしょう。

 近年、製薬業界に抵抗するような大統領はいません。トランプ大統領が初めてです。
 トランプは「製薬業界に対する政策」を実行に移します。


 「ワシントン・ポスト」のインタビューで、トランプが製薬業界を批判した途端に、
 製薬業界は250億ドルを失いました(株価でしょうブログ翻訳者)。

 トランプの反製薬業界の発言が続けば、製薬業界は完全に潰れるでしょう。
 トランプが如何に「製薬業界を嫌っているか」を考えると、製薬業界の末路が見えてきます。

 トランプは記者会見で、次のように発言しました。

    アメリカの製薬業界は酷すぎる。彼らは右へ左へとアメリカを去っている。
     彼らはアメリカ国内に薬を供給しているが、アメリカではほとんど製造していない。
     今後、製薬業界に対する新しい入札制度が必要だ。
     なぜなら、彼らは人々を殺しておいても、何の罰も受けずに済んでいるからだ。

     製薬業界は多くのロビーイストを使って活発にロビー活動を行なってきた。
     彼らは絶大な権力を持っている。
     アメリカには、薬に対するしっかりとした入札制度がない。
     制度を見直すことで、ある期間にわたり、数十億ドルを削減できるはずだ。
     アメリカは世界最大の薬のバイヤーだが、しっかりした入札制度が存在していない。
     しかし、今後は製薬業界に対してきちんとした入札制度を設ける。
     それで数十億ドルを節約できるはずだ。


 「トランプが大統領になったら、我々の知るアメリカという国は破壊される」と言っていた人々は、
 トランプ大統領が「アメリカを破壊する」のではなく、「製薬業界を破壊する」潜在力を持っているかを知るべきです。
 彼は他のどの政治家とも違い、勇敢にも「製薬業界に立ち向かっている」のです。

 トランプ大統領は米国民に対し、「アメリカを再び偉大にさせる」と約束しました。
 偉大な国にさせるための最も簡単な方法とは、アメリカを「健康大国」にすることです。

 トランプは、大手製薬メーカーが貪ってきた「巨額の富」を政府が吸収することで、
 オピオイド?や、全米に広がる「医薬品中毒」の問題を改善させようとしています。
 主要メディアは、この件に関してほとんど報道していません。


 アメリカが抱える最大の問題の1つが「身体的精神的健康」に関する米国民の「無関心さ」です。
 誰も、そのことについて真剣に取り組んではいません。

 アメリカが繁栄するには、米国民の「身体的精神的健康の改善」が必要です。
 これは個人的な責任が大きいとは言うものの、医薬品に関する透明性の無さが最大の問題であり、
 その結果、多くの人々が何も知らずに「医薬品中毒」や「副作用」に苦しむようになるのです。

 トランプ大統領が医薬品業界と戦いを先導している間、我々一人ひとりができることをやるべきです。
 トランプ大統領のコメントのお蔭で、やっと、主要メディアが「製薬業界の汚職」について報道し始めました。

 今まさに、製薬業界が何も知らない米国民に供給している「危険な医薬品」について、
 (メディアは)堂々と伝えることが可能となりました。今こそ、彼らと戦うべきです。



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆