この記事は「CoCo」さんの「CoCo がん Log」ブログからのご紹介です。
 「CoCo」さんは当ブログサイトの次の記事をご覧になってくださったようです。


    入院での食事(管理栄養士が献立を考えた入院食・病院食)に絶望する毎日
     【 入院した癌患者に対して、病院は「癌を育てる食事」を出して、癌を急速に進行させている!】



 「CoCo」さんの記事からご紹介させて頂き、その後に、私の話が続きます。
 とても大事な内容なので、ぜひご覧になられてみてください。よろしくお願いします m(__)m

.





 食事療法について(一般の病院食など)
 【「CoCo がん Log」
より 】


 リンク先です。
 長いので、全文引用は控えました。


    入院での食事(管理栄養士が献立を考えた入院食・病院食)に絶望する毎日
     【 入院した癌患者に対して、病院は「癌を育てる食事」を出して、癌を急速に進行させている!】



 私の『院内食入院食)』はあっさり系。この画像のように豪華ではなく、質素。
 ご飯の量は各自で調節可。パンや麺も選択できます。お肉やお魚も抜いてもらえます。
 無脂肪食など医師から指示があれば可。

 この記事の内容に関しては「患者側が医師や看護師さんに積極的に申し出れば改善できる問題」だと思いました。
 何もかも任せきりでは退院後に困るはずです。

 そして「」一部引用させて頂きます(記事下のほうにありました)。

 私は、無農薬の甘めの『にんじん』を注文していたと思います。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


大量の「にんじんジュース」を 空腹時に 単品で摂ると、逆効果になる!

 この方が採用された『癌の食事療法』の中で、やはり、気になったことを最後に書いておきます。

 この方は、肺癌のお母様の『食事療法』として「にんじんジュース」を採用しています。
 とにかく、大量の「にんじんジュース」を摂取させていたようです。

 これは、ある医師が出版物を通して「にんじんジュース」を推奨しており、
 また、この方が「にんじんジュース」を採用したのは、
 この方が『食事療法』の重要性を知るきっかけとなった『渋谷塚田クリニック』で勧められたからでしょう。

 ここは、次の記事をご覧ください。

    食事療法の重要性に気づくのに、3年もかかってしまった私たち

 しかし『癌の食事療法』として考えれば、
 野菜の中で「糖度」が特に高い「にんじん」を「ジュース」にして大量に摂取するという「にんじんジュース」は、
 適切では無いとしか言いようがありません。

 癌は糖分を最大の餌としています。
 ですから、糖度が高く、糖分が多い「にんじんジュース」だけを「単品で大量に摂取する」と、
 かえって「癌を育てて進行させてしまうことになる」のです。

 この方の「肺癌のお母様」は、
 癌治療として「様々な自然療法」をいろいろと積極的に導入して実行していたにもかかわらず、
 なぜ真に有効させることができなかったのか‥、なぜ『癌の改善』に結び付かなかったのか‥。
 私は、その主なる原因は「にんじんジュース」にあったと思うのです。

 ただ、「にんじん」自体は良い食品であり、もし、癌患者さんが「にんじん」を摂取する場合には、
 摩り下ろした「にんじん」、つまり「にんじんおろし」を「少量」で摂取すれば良いです。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



 この先も長く続くので、リンク先で読んでみてください。

 『にんじんジュース』で(癌が)治った方もいらっしゃると思います。
 私は「転移癌」と「そうでない癌」とでは かなりの違いがあると思っているので。

 お身内も最初に買ってきてくれたのが「済陽高穂」先生の本でした。
 でも、どこか「矛盾」を感じ(ジャガイモなどに関して、長くなりますので控えます)、参考にしませんでした。

 『にんじんジュース』は、ネット情報から長期で試してました。

 『渋谷塚田クリニック』にも、かなり前ですが通っていました。
 しばらく「癌の特効薬」を飲用していました。しかし、効果は判りません‥。
 とても優しい親切な先生でした。ただ、すべて(ビタミンC療法など)が高い。
 いらしてる方も「マダム風」で、美容目的のクリニックでした(当たり前だがな)。



   【コメント欄】

     マキダイさん

      こんばんは ☆
      人参ジュース! 癌になってから、すぐ始めたのが『人参ジュース』でした。
      人参3本、りんご1個、レモン1個を合わせて飲んでいましたが、
      2ヵ月ぐらい続けましたが、癌が大きくなってしまいました。
      coco さんのおっしゃる通りだと思います ☆
      納得しました ☆☆


     ヴェロニカ熊谷さん

      うーん。
      何かを主張したいがために、他のすべてを否定して敵認定する風潮の医師にもいますが、
      食餌療法系によくいるタイプのお方ですねぇ。
      リンク先、、、最初の20cm 読んだだけで、お腹いっぱい。




◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


 「素人」であるはずの 癌患者側 が、個人的に自分で『癌と食事の関係』をしっかりと学び、
 「医療のプロ」であるはずの 病院側 に指示を出さないと「命に係わる危険」があるのが、
  癌患者が通常療法の病院」に入院したときに出てくる『入院食(病院食)』である!



 「CoCo」さんには、私の作成しました記事に反応して頂き、
 そして、こうして記事まで作成して頂きましたことに感謝しています。
 「CoCo」さん、本当にありがとうございます m(__)m

 「CoCo」さんが帰着して取り上げてくださった次の記事を、どうぞ、みなさんもご一読されてみてください。
 よろしくお願いします m(__)m


    入院での食事(管理栄養士が献立を考えた入院食・病院食)に絶望する毎日
     【 入院した癌患者に対して、病院は「癌を育てる食事」を出して、癌を急速に進行させている!】



 この記事の中で、私がお伝えしたかったことは、上記の表題の通りです。
 上記の記事をご一読して頂いていることを前提に、この重大事について、これからお話ししていきます。


 「CoCo」さんは、ご自分が入院した病院の『入院食病院食)』について、このように言われています。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


 私の『院内食入院食)』はあっさり系。この画像のように豪華ではなく、質素。
 ご飯の量は各自で調節可。パンや麺も選択できます。お肉やお魚も抜いてもらえます。
 無脂肪食など医師から指示があれば可。

 この記事の内容に関しては「患者側が医師や看護師さんに積極的に申し出れば改善できる問題」だと思いました。
 何もかも任せきりでは退院後に困るはずです。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


 「CoCo」さんは「患者側が医師や看護師さんに積極的に申し出れば改善できる問題」であると言われています。
 確かに、癌患者側が入院先の病院の医師や看護師に積極的に申し出れば、
 病院によっては『入院食病院食)』の食事内容を改善できるかもしれません‥。
 しかし「本当の問題」は、その奥にあるのです。

 その「本当の問題」とは、上記の表題にも示してありますように、次の通りになります。


    今や『癌と食事の関係』は、世界中の癌研究報告論文によって解明され、明らかとなっている。
     「癌を育てる食事」と「癌を抑制する食事」がある。
     それが「癌を育てて進行させる食事」であるならば、その食事は摂るべきではなく、採用すべきではない。
     それが「癌を抑制する食事」であるならば、その食事は摂るべきであり、採用すべきである。

     糖質、肉製品、牛乳乳製品に『癌の増殖悪性化転移進行を促進する作用』があるのなら、
     これらの食品の摂取は慎重に考慮せねばならない。
     なぜなら、癌患者がこれらの食品を無制限に摂取していれば「癌を大いに育てて進行させる」からである。

     ところが、通常療法の医療機関は、この『癌と食事の関係』をあまりに無視しており、甘く見て軽んじている。
     この『癌と食事の関係』の重要性に帰着し、癌治療に『食事療法』を取り入れている医師は、
     癌医療界全体では、まだ「ほんの一部」しかいない。
     それ以外の通常療法の医師等は、この『癌と食事の関係』の重要性が解からず、
     今も『食事療法』を一切無視している。
     これで、癌が本当に改善するとでも思っているのか‥。

     特に、通常療法の医療機関で出される『入院食(病院食)』は、
     入院した癌患者の癌を育てて進行させる食事があまりにも多い。
     こんな食事を日常的に食べていたら、どんな癌患者だって、癌が進行して当然である。

     そして、通常療法の医療機関での「ブドウ糖栄養点滴」も癌患者には大問題であり、
     「ブドウ糖栄養点滴」を投与されてから様態が悪化する癌患者が多い。
     それは「ブドウ糖」が癌細胞の「最大の餌」であるためで、
     癌患者に「ブドウ糖栄養点滴」など投与しようものなら、
     癌患者の癌を大いに育てて進行させる元凶となって当然である。

     この通常療法の医療機関の専門家等の「無知」が、入院した癌患者の癌をかえって悪化させ、
     癌患者を死に追いつめる医療行為となっている。
     管理栄養士も『癌と食事の関係』について不勉強であり「無知」であるため、
     自分の献立による『入院食(病院食)』によって「癌患者の癌が悪化している」という切実なる現実を知らない‥。

     入院した癌患者の「命を預かる(守る)立場」にある医師看護師管理栄養士などの「医療のプロ」たちが、
     世界中の一流の科学者等による癌研究報告論文によって明かされている『癌と食事の関係』に対し、
     不勉強であり、「無知」であり、また知っていたとしても、甘く見て軽んじ「無視」している始末‥。
     果たして、これが「医療のプロ」なのであろうか‥。

     確かに、『癌と食事の関係』を学んだ癌患者が入院したとき、
     入院した先の病院側に積極的に申し出れば『入院食(病院食)』の食事メニューを改善できるかもしれない‥。

     しかし「素人」であるはずの癌患者側が、個人で特別に『癌と食事の関係』を学び、
     病院側に申し出て『入院食(病院食)』の内容を『癌患者にとって安全な食事メニュー』に改善しなければ、
     入院した癌患者が『入院食(病院食)』が引き起こす「癌の悪化進行を促進する悲劇(惨事)」から、
     誰も逃れることができないという現実を見るに、
     果たして、通常療法の医療機関の医師看護師管理栄養士を「医療のプロ」と呼ぶべきなのか‥、
     まったく、疑問しか残らない…。

     「素人」であるはずの癌患者側が、個人で特別に『癌と食事の関係』を学び、独自に動かなければ、
     入院した先の『入院食(病院食)』が引き起こす「身の危険」を回避できないなど、論外と言わざるを得ない‥。
     通常療法の医療機関に勤務する医師看護師管理栄養士の「医療のプロ」たち‥、
     彼らはこの大事に対して、本当に何も感じないのだろうか…。



 ちょっと、長くなってしまいましたが、私が言いたいことは、これです。

 とにかく、「素人」であるはずの癌患者側が個人で特別に『癌と食事の関係』について真摯に学び、
 癌医療の「プロ」であるはずの医療機関に対して『入院食病院食)』の改善を積極的に申し出なければ、
 あの『入院食病院食)』が引き起こす「悲劇(食事を通して癌を悪化進行させられてしまう惨事)」から、
 癌患者は逃れることができない‥、医療に潜む「身の危険」を回避することができない‥、
 これで「医療のプロ」と言われても、お話にならない現実が「通常療法の医療機関」にはあるのです‥。


 こんなことを「当たり前」にしていたら、みなさん、ご自分が癌になって「通常療法の医療機関」に入院したとき、
 ご自分が同じ憂いに立たされるのですよ‥。

 癌患者であろうと、癌患者でなかろうと、この「通常療法の医療機関」に潜む「本当の問題」について帰着し、
 これが「本当に怖いこと」であることを、切実に、真剣になってご理解してほしいです。

 この「本当の問題」については、早急に改善しなければならない「大事」です。
 しかし、多くの医師・看護師・管理栄養士の「医療のプロ」たち‥、そして、多くの癌患者さんが、
 これが「大事」であることに「気づけない」のです‥、『癌と食事の関係』に対して「無知」ゆえに…。

 この『癌と食事の関係』に対する「無知」を早く一掃して、早急に、真剣に改善改革していってほしいです。
 残念ながら、医師・看護師・管理栄養士の「医療のプロ」たちにこれを期待するのは非常に難しいので、
 (こんなに「大事」なことを「医療のプロたちに期待できない‥」ということこそが意味不明ですが…
 世の癌患者さん側が本気になって考え、ここについて提訴していかなければなりません。



 また、この「CoCo」さんの記事には、次のような【コメント】が寄せられています。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


   【コメント欄】

     マキダイさん

      こんばんは ☆
      人参ジュース! 癌になってから、すぐ始めたのが『人参ジュース』でした。
      人参3本、りんご1個、レモン1個を合わせて飲んでいましたが、
      2ヵ月ぐらい続けましたが、癌が大きくなってしまいました。
      coco さんのおっしゃる通りだと思います ☆
      納得しました ☆☆


     ヴェロニカ熊谷さん

      うーん。
      何かを主張したいがために、他のすべてを否定して敵認定する風潮の医師にもいますが、
      食餌療法系によくいるタイプのお方ですねぇ。
      リンク先、、、最初の20cm 読んだだけで、お腹いっぱい。



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


 上記の【コメント】の「マキダイ」さんと「ヴェロニカ熊谷」さんのご意見は、まったく対照的で、正反対です。
 私はこのお二人のご意見を真摯に受け取ります。


 「マキダイ」さんは「納得」されていますが、それは「マキダイ」さんご自身が、
 私が「入院での食事に絶望する毎日」記事で示しました『にんじんジュース』の問題点を、
 実際に「経験したにんじんジュースを2ヵ月ぐらい続け、癌が大きくなっていた」からです。
 だから「身をもって理解できた」のだと思います。

 しかし「ヴェロニカ熊谷」さんは、私の「入院での食事に絶望する毎日」記事を少し読み、
 その内容が「経験が無いために理解できなかった」ため、「お腹いっぱい」になっちゃったようです(笑)
 つまり、上記の「医療機関に潜む悲劇惨事」について、世の人たちに真剣にご理解して頂きたい私の思いを、
 まったく「理解できない」ことから来る反応だと感じました‥。
 たぶん、「食餌療法系の輩が批判してわめいている」としか受け取れなかったんだと思います‥。
 それはそれで良いのですが、でも、この「医療機関に潜む悲劇惨事」が本当に良いものなのかどうかを、
 日本国民のみなさんには本気になって考えて頂きたいものです‥。




 では、最後に、次の2つの記事の「最初の黄囲み部分」を挙げさせて頂きます。
 以上の内容を意識しつつ、お読みになってみてください。よろしくお願いします m(__)m


    癌細胞が増殖するための “二大栄養素” は「ブドウ糖」と「グルタミン」です!
     【 糖質制限食・ケトン食で「ブドウ糖」を断っても、それだけで癌を改善するのは難しい‥ 】


    入院での食事(管理栄養士が献立を考えた入院食・病院食)に絶望する毎日
     【 入院した癌患者に対して、病院は「癌を育てる食事」を出して、癌を急速に進行させている!】




 癌患者が通常通りに「ブドウ糖」を摂取していますと、癌細胞はこの「ブドウ糖」を「解糖系が優位のエネルギー産生」にて主なエネルギー源として利用します。
 癌細胞は「ミトコンドリアでのエネルギー産生」を「行ないたくない」ため、「ブドウ糖」にありつけるうちは、解糖系を亢進させて「ブドウ糖」を主なエネルギー源としてエネルギー産生をしているのです。

 しかし、上記の「福田一典」医師の説明の通り、癌細胞は「ブドウ糖」に飢える(枯渇する)と「ミトコンドリアでのエネルギー産生」を高め、ミトコンドリアで「ケトン体」や「脂肪酸」をエネルギー源にしてエネルギー産生を行なうようになるのだそうです。
 ですから、『ケトン食糖質制限食)』単独では「抗腫瘍効果」に限界があり、場合によっては「癌細胞を助けることにもなる逆効果になり、癌細胞の増殖を促進する)」と「福田一典」医師は注意を促しています。


 上述しました通り、癌細胞は「ブドウ糖」に飢えた(枯渇した)とき、通常は抑制している「ミトコンドリアでのエネルギー産生」を使用して「ケトン体」や「脂肪酸」をエネルギー源にするようになるそうです。

 世間の実地でも『ケトン食糖質制限食)』+『高濃度ビタミンC点滴』などの「組み合わせ併用)」によって治療効果を上げている医師がおりますが、なぜ『ケトン食(糖質制限食)プラスアルファ』の治療で行なわなければならないのか‥、当記事の「福田一典」医師による説明でよく理解することができました。

 世間にはまだ『糖質(ブドウ糖)を断てば、癌は治る!』と思い込んでいる方々が多いかと思いますが、そうではないということを当記事からつかまれてみてください m(__)m


 ただ、「ブドウ糖」が癌細胞の「最大の餌」であることは事実です。

 もし、癌患者さんが「糖質制限」をまったく実行せずして、日々、糖質を無制限に摂取していれば、毎日、癌細胞に大量の「ブドウ糖」が取り込まれ、癌細胞は「解糖系だけのエネルギー産生」で悠々自適に成長して進行していくのみです。やはり『ケトン食糖質制限食)』は「必須」と見なさなければなりません。
 癌患者さんは「もし、本当に癌を改善したいのであれば」ここを深く理解し、必ず「悟る」べきです。

 ですから『ケトン食糖質制限食)』の実行に加えて、必ず『プラスアルファ』で「他の治療」を組み合わせないとなりません。必ず、必ず、必ず『ケトン食(糖質制限食)プラスアルファ』の癌治療を強く意識されてください。よろしくお願いします m(__)m



上記の「もし、本当に癌を改善したいのであれば」というところを見て、中には「不愉快に感じる」癌患者さんもおられることでしょう。しかし、私が世の癌患者さんを見るに、癌治療に対して真剣さが欠如している癌患者さんのほうが多いのではないかと感じざるを得ないことが多々あります。

 若造がまた生意気を承知で言いますが、癌患者さんは「本当に癌を改善したいのか?」という重要な意識認識について、もう一度、深く深く考えてみてください。この思いが欠如していると『本当に癌を改善するための癌治療』に対して盲目になってしまいますよ‥。
 『自分で癌を治す』という意識認識の重要性について、真剣になって見つめ直してみてください‥。

 上記で「お詫び」しておきながら「あれまッ、若造がまた生意気なことを言っているゾ!」と思われてもまったく構いません。今回、つい、こう言いたくなってしまうのには、このような理由があります。


 先日、旧い友人(横浜出身)と久しぶりに会いまして、ジョナサンのドリンクバーで語り合いました。
 その友人の奥さんのお父さんが亡くなられたのですが、死因は「肝臓癌」だったそうです。
 そのお父さんは「抗がん剤治療」を少し受けていたそうですが、もはや諦めて「癌で死ぬ前に好きなことをやってから死ぬんだ!」と吹っ切れてしまったらしく、「抗がん剤治療」を止め、好きなことをやって暮らし、自分が癌であることを「娘夫婦」に何も話さなかった(伝えなかった)そうです。
 ですから、友人も、その友人の奥さんも「亡くなる直前」に知らせを受けて、その時に初めて知ったそうです‥。

 癌が発見されたときには「ステージⅣ」の「末期癌」だったそうです。
 そのお父さんは「末期癌」でありながら「甘いもの」が大好きでバクバク食べていたようで、しかも「コーラ」もガブガブ飲んでいたようです。そして、癌が発見されてから短期間で亡くなられた、ということでした‥。

 私はその話を友人から聞き、世の癌患者さんのこうした『癌に対する「無知」から起こる、痛ましき姿(現実』に対し、何だか、またやるせなくなり、その友人に対して思わず、


    癌は糖質で一番育つんだから、そんなに「甘いもの」や「コーラ」を好きなだけ摂っていたら、
     短期間で癌が進行して亡くなることになっても、そんなの当たり前だよ‥。



 と、つい、こぼしてしまいました‥。

 ここに観るべきことは、癌の専門家等が癌患者に対して『癌と食事の関係』に関する「正しい指導」が何もできていない実態と、癌患者の不勉強(癌について真剣に調べない)という実態、そして、癌患者が『癌を治す!』という意識に欠如している実態が、まだまだ世間に色濃く見受けられるという点です。

 特に、癌は「糖質を無制限で好きなだけ摂取する」ような「愚行」を犯せば、癌があっという間に進行し、帰らぬ人となってしまうのです。こんなことをしていたら、まず、どんな癌治療を行なっていても「癌を治す」ことなど、とても無理だということを、世の癌患者さんは悟らなければなりません。
 「糖質を無制限で好きなだけ摂取する」行為‥、これが如何に「愚行」であるかを、癌患者であれば、真っ先に、真剣になって理解せねばならないのです‥。


 このような癌患者さんの話を実際に聞く度に『癌と食事の関係』に関する記事を作成する必要性を強く感じます。
 特に『癌細胞とブドウ糖の関係』に関する内容については、癌患者さんに真っ先に理解して頂かなければならない大事です。「ブドウ糖」が「癌を育てて進行させる大きな原因」となっている事実(現実)を、癌患者のみなさんによくよく理解して頂かなければなりません。

 癌細胞はミトコンドリアでのエネルギー産生を抑制し、解糖系を亢進して、正常細胞の数倍から数十倍もの大量の「ブドウ糖」を取り込んでいます(癌が悪性化しているほど多くの「ブドウ糖」を取り込んでいます)。
 癌細胞が大量に取り込んだ「ブドウ糖」の多く(凡そ「9割」程度)が解糖系だけで代謝されるため、癌細胞での最終代謝産物は「乳酸」だらけになるのです。
 癌細胞は大量の「ブドウ糖」を貪欲に取り込んでは「乳酸」をつくり出し、その大量の「乳酸」によって癌細胞は「酸性化」しています。この「乳酸」及び「酸性化」による「酸毒」は “癌の重要な成長因子” であり、癌の増殖悪性化転移進行に貢献しているのです。
 癌細胞の代謝における「この流れ」が、世界の「癌の常識」となっている「ワールブルグ効果」です。

 ですから、癌細胞に「ブドウ糖」を取り込ませれば取り込ませるほど、癌が増殖悪性化転移進行へと進んで当然なのです。癌細胞での「ブドウ糖の取り込み」を阻止することは、癌の増殖悪性化転移進行を阻止するための基本であり、癌治療において非常に重要な要素なのです。
 ゆえに、癌患者さんにとって「ブドウ糖の摂取量に制限を設ける糖質制限)」のは、癌の増殖悪性化転移進行を阻害して防ぐための「一番重要な基本」となるのです。
 癌を改善させたいのであれば、この『癌細胞とブドウ糖の関係』を決して甘く見てはなりません。

 しかし‥、通常療法の多くの医師看護師が(つまり、通常療法の医療機関の病院職員が)、また、多くの癌患者さんが、この『癌細胞とブドウ糖の関係』に対して「甘く見る」どころか、完全に「無視」しています。もしくは、この事実を知らないために「無知」になっているのです。


 上記のような癌患者さんの「糖質無制限の食生活」は、癌を育てて進行させる “命を縮める行為” です。
 そして、通常療法の医療機関に入院したときに出される『入院食病院食)』による “命を縮める行為” もあり、また「糖質の摂取量」をまったく考慮していない『間違った食事療法』による “命を縮める行為” もあります。

 こういった、癌治療における「間違った行為」が、私はどうしても痛ましく感じられます。
 そうした思いが強くあり、次のような記事を作成しました‥。

    入院での食事(管理栄養士が献立を考えた入院食・病院食)に絶望する毎日
     【 入院した癌患者に対して、病院は「癌を育てる食事」を出して、癌を急速に進行させている!】


    癌治療で『にんじんジュース』を多用・多飲するのは、癌治療として適切なのだろうか?
     【「糖質の摂取量」を無視した『癌の食事療法』は、かえって癌を育てて進行させる!】


 上記の2つの記事にある「切実なる問題」に対し、世の医療の専門家のみなさん、及び、世の癌患者のみなさんの深いご理解をお願いしたいです。よろしくお願いします m(__)m


 以上の観点から癌を見つめ、癌の増殖悪性化転移進行を阻害して防ぐための『食事療法』をアプローチするならば、まずもって、癌を育てて進行させてしまう大きな原因となる「糖質」の摂取に対して一番重点を置いている『ケトン食糖質制限食)』こそが「癌治療の基本」と見なすべきです。

 まず、癌は最低限『ケトン食糖質制限食)』が絶対に「必須」であること、そして『ケトン食糖質制限食)』だけでなく、必ず『ケトン食糖質制限食)』に加えて「他の治療」を組み合わせる必要があること、つまり、癌は『ケトン食(糖質制限食)プラスアルファ』の治療を実行しなければならないこと、ここを「悟れる強い緊張感と共に、その事実を深く感じて受け止める)」までよくご理解してください。
 もし、癌患者さんが『癌を治したい!』という気持ちを「本当に」お持ちであるならば‥ m(__)m

.




 当記事は「癌(がん)と闘う家族のブログ」ブログの次の記事をご紹介させて頂きます。

    入院してから、急速にガンが進行してしまった母
    入院での食事に絶望する毎日 〔 以前に「アップ」している記事
    7月もたないはずが、8月になっても生きている母

 真ん中の「入院での食事に絶望する毎日」記事は以前に「アップしていますが、また新たにつくり直しました。
 最初の「入院してから急速にガンが進行してしまった母」記事と、最後の「7月もたないはずが、8月になっても生きている母」記事を加え、時系列順に並べています。


 このブログの方は、お母様が肺癌である「癌家族」の方です。
 癌に対する『食事療法』の重要性に気づくのに3年もかかり、癌治療における『食事療法』の重要性を『渋谷塚田クリニック』を受診したときに医師から教えて頂くまで気づけなかったそうです。
 それから、この方は癌の『食事療法』を学び、必死に考えて導入して、お母様の肺癌に対応されています。

 しかし、お母様の「背中の痛み」や「呼吸」を改善するため、とうとう、通常療法の病院に入院することになったのですが、その入院先の病院で待ち受けていたのが、当記事で悲痛に訴えている『入院食病院食)』でした。
 肺癌で入院したお母様に出される『入院食病院食)』は「癌を育てて進行させる食事」ばかりだったのです‥。


 では、『入院食病院食)』とは、どのような食事内容になっているのか、少し例を見てみましょう。

imgcb807ff3zikdzj[1]
img3c465e5dzik4zj[1]
sn3l0443[1]
o0640048012017076280[1]
051019nyuuinshoku_5[1]
20140708[1]
20140711[1]
d0198661_14391163[1]
img_23952[1]
30[1]
2659[1]
2676[1]
P1130700[1]
DSCF0554[1]
20080611[1]
syokuji_1[1]


 とにかく、病院の『入院食病院食)』で目立つのが、次の食品です。

    白米ご飯〔癌の最大の餌である「糖質(ブドウ糖)」がたっぷりある食品
    白パン〔癌の最大の餌である「糖質(ブドウ糖)」がたっぷりある食品
    麺類〔癌の最大の餌である「糖質(ブドウ糖)」がたっぷりある食品
    甘い果物〔癌を促進する「糖分(果糖)」がたっぷりある食品
    ジャム〔癌を促進する「白砂糖(ブドウ糖果糖)」たっぷりの食品
    肉製品加工肉〔癌を促進する作用のある食品
    牛乳乳製品〔癌を促進する作用のある食品
    揚げ物〔癌の根本原因である「身体の酸化」を促進する「過酸化脂質」がたっぷりある食品

 中には「スイーツ(糖質白砂糖の塊)」もあり、「ピザ(糖質チーズという乳製品)」もあります。
 でも、しっかりと「野菜類」があって、とくに「サラダ(生野菜)」があるのは素晴らしいと思います。

 しかし、上記の食品のほとんどが「癌を促進して進行させてしまう食品」ですから、癌患者に処方するのは不適切だと言わざるを得ません。
 とりあえず、すでに世界中の研究報告により科学的医学的に明かされている『癌と食事の関係』から考えれば、どれも「癌患者に処方する食事」として、まず「絶対にあり得ない食事」ばかりです。
 これは、病人に処方する『治病食』ではありません。これを『普通食現代食』と言うのです。

 つまり、病気で入院した患者に対して出す『入院食病院食)』の献立を考える「管理栄養士」というのは、残念ながら『治病食』については知らず、『普通食現代食』しか献立できないようです‥。

 まァ~、患者も患者で『食事療法』に対して理解のある人は、まだかなり少ないですから、本当の『治病食』など出せば、患者から「まともな食事を食べさせてくれよ!」なんてクレームが来るでしょうね。
 ですから、病院も入院した患者に『普通食現代食』のような食事メニューを出さなければならない事情もあるのかもしれません‥。

 しかし、このブログの方のように『食事療法』に対して理解のある人に対しても、病院は「酷い対応」をしたようです。その「悲痛な叫び」が、ここでご紹介させて頂きます記事の中に散見されます。



 私がなぜ、以前「アップした記事を、もう一度、新たにつくり直してまでして再アップするのかと言いますと、私が先日アップしました次の記事の『注釈』の中で、私がこのように書いていたことと重なるからです。


    フルクトース(果糖)には グルコース(ブドウ糖)以上に『癌を促進する作用』があるため、
     「アボカド」以外の『果物食』は 逆効果になる可能性がある! - 福田一典 医師



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


 通常の医師や管理栄養士の先生は、このようなことを教えてはくれません。

 通常の管理栄養士の先生は入院してきた癌患者に対し、
 癌を育てて進行させてしまう 白米ご飯、肉製品、牛乳乳製品 を病院食(入院食)に出し、
 入院した癌患者にガンガン摂らせます。

 もし、その病院食(入院食)が食べられないものなら、
 通常療法の医師は癌患者に対して「ブドウ糖点滴」をガンガン打ちます。

 こうして、通常療法の病院に入院した癌患者は、入院した途端に癌が見る見る進行していき、
 そのまま帰らぬ人となるケースが多いのです。
 これは、心当たりのある癌家族の方が結構多いのではないでしょうか。

 このように、病院の専門家の無知が、
 癌患者の癌を、かえって促進させて悪化させている現実があるのです。

 だからこそ、癌患者さんご自身が自ら立ち上がり、自ら癌を学んで、
 ご自身の癌を「自力で」治そうとする意識を強く持たなければなりません。
 通常療法の医師におんぶにだっこして任せていれば癌が治ると思ったら大間違いです。

 通常療法の癌医療はご自分が必要だと思うことを適宜にチョイスし、
 家庭による『食事療法』などの自然療法を活かして『癌体質の改善』を果たす『自己療法』が、
 あくまで「癌治療の基本」であることを悟って頂きたいと思います。

 現代医学の優生学者等に洗脳されて支配され、
 現代医療を受けなければ「キチガイ扱い」をするような「間違った意識」を脱し、
 正しい自然療法民間療法を学んで、これを自ら用いて活かし、
 今の時代にこそ重要で必要な『家庭の医学』の復古を目指して頂きたいです。
 現代医療は、ご自分が納得できるものだけを上手に活かしましょう!


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


 癌患者のみなさん、良いでしょうか‥。

 私は当ブログで「上記のような内容」を、事あるごとに何度も何度も繰り返しお話ししています。
 それは、この記事で訴えられている「悲痛なる現実」が、通常療法の病院で非常に多くあるからです‥。

 この方は「入院してから、急速にガンが進行してしまった母」記事にて、このように仰られています。


   CTを見る限り、(入院してから)このたった4日間で、
   目を疑うほど、急速にガンが進行してしまった…。



 この方のお母様は、入院した途端、化学医薬の「薬漬け」にされてしまいました。
 そして、入院してから「たったの4日間で、目を疑うほど、急速に癌が進行してしまった」そうです。

 とにかく、この3つの記事をよくご覧になられてみてください。
 私がなぜ上記のようなことを何度もクドクド繰り返し言っていたのかがお分かり頂けると思います。


 どうぞ、当記事を通して、病院で出される『入院食病院食)』の怖さを知ってください。
 そして、この悲劇を生んでいるのは『癌と食事の関係』に関する「医師の無知」と「管理栄養士の大無知」が原因している事実を深くご理解ください。

 通常療法の癌医療の専門家等の「無知」が入院した癌患者の癌を「急速に悪化させて死に追い詰める」という事実がある現実の「医療の怖さ」を、どうぞ、当記事でご紹介させて頂く3つの記事の中から深く感じ取られ、このことについて、みなさんも真剣に考えてみてください。よろしくお願いします m(__)m


 ちなみに‥、管理栄養士というのは「栄養学の教科書」を丸暗記して試験に合格しただけの「ペーパー知識」しか無い人たちです。
 残念ながら、通常の管理栄養士は、実地に通用する「生きた食学」は何も持ち合わせていません。
 ましてや、入院した癌患者に対し、当記事にありますような「食事メニュー」を難なく出している時点で終わっています。
 通常の管理栄養士というのは「実地の食学」を何も知らないために、「食事を管理できそう」でいて、実際には、『治病食』に関しては「何一つ、正しく管理できない」人たちであり、知っているのは『普通食現代食』の献立くらいです‥(涙)

 そもそも、これは癌患者に対してだけの問題ではなく、病気で入院して来た患者に対して「白米食」を当たり前顔してたっぷりと出している時点でアウトなのです。
 すでに、欧米では『全粒穀物』の重要性が当たり前に理解されている昨今、いまだ日本では、その認識が恐ろしく遅れており、管理栄養士が「精白穀物」である「白米」しか食事メニューに当てていないのですから、これはもはや「異常だ」と言わざるを得ないのです。
 これは、日本の著名なる『食事療法』の専門医が、みな揃って「首をかしげる」ことなのですね‥。

一般の通常療法の医師がなぜ『食事療法』の重要性を知らず、また、一般の管理栄養士がなぜ正しい『治病食』を知らないのか‥、これについては、多くの人が「学校で学んでいないから」と思うでしょうが、それは違います。
 なぜ、通常療法の医師や 一般の管理栄養士が『食事療法』や『治病食』を知らないのか‥、これは「気づく能力が無い」からです。「気づく力、気づく才能、これがまったく無い」からなのです。
 そもそも、医師であるならば「食事を抜本的に改善しなければ、病気を根本的に改善することなど、できるわけがないじゃないか」と「気づくべき」なのです。
 そして、管理栄養士であるならば「こんなの、治病食じゃないわよ‥。これって、どう見ても普通食じゃない…」と「気づくべき」なのです。
 しかし、一般の病院に勤務するあの人たち「医療の専門家」は、そのことに「気づけない」のです。ここに問題があるのです。「医療の専門家」でありながら目の前にある間違いに「気づけない」わけで、いわゆる、その「気づく能力が無い」ことこそが本質的な問題なのです。この「気づきの力」「気づきの能力」が一切欠如しており、これをまったく持ち合わせていないことが最大の問題なのですね。
 私が支持している医師や管理栄養士の先生方は、この「気づきの力」「気づきの能力」を有している方々であり、学校で学んでいなくとも『食事療法』や『治病食』の重要性に自ら「気づいて」独学して学び、とっくに医療に導入しているのです。なぜならば、その先生方が「抜本的な食事改善こそ、病気を改善させる原点である」という事実的な根本原理に普通に「気づけた」からです。この重大無二なる「気づきの力」「気づきの能力」無くして、私たちが『真実』にたどり着くことはできません‥



 今、日本では(計画的に遂行されているため、人為的作為によって)癌患者が激増の一途をたどっています。
 そして「癌患者を減らす努力」が(意図的に)何も成されていません。
 まずもって「癌患者を真面目に減らそう」とすれば、そりゃ、もう~、経済効果的には「超マイナス」方向に進むことになりますから、経済第一を重視した「拝金主義」に陥っている、この日本では、そんなこと、とてもできないのです。
 日本という国は、日本人の健康を犠牲にしてまでして「経済を最優先させる体質」が深く深く根付いているので、この先の日本人に待ち受けているのは「恐ろしき闇」ばかりです‥。

 だって、みなさん、よく考えてみてください。

 日本は今、大人だけでなく、幼児や子供の年代の「死因トップ」にまで「悪性新生物()」が入り込んでいるんですよ‥。つまり、すでに日本人は「全世代が癌で大量死している」という動かざる事実があるのです。
 日本は今、本当に緊急事態なんですよ。みなさん、この意味が分かりますか‥。

special_201004_1_5[1]
1-2-3-07[1]20131009131702[1]
img_e[1]


 そして、近年は「精神疾患」が激増しています。
 だからこそ、抗うつ薬睡眠薬などの「精神薬」の市場が急速に大成長を遂げ、今や大規模市場を有するに至っているのです。今、医者は必要ない人にまで安易に簡単に抗うつ薬を処方しますが、抗うつ薬は精神機能を悪化させ、本当の「精神疾患」へと進ませて、やがて、人間の精神機能自体を破壊して異常化させてしまう恐ろしい薬です。
 今では、調査により『自殺者の7割が抗うつ薬を飲んでいた』という事実が明るみになっています。この実地は、『多くの自殺が、抗うつ薬が引き金となって誘発されていた』という事実を打ち明けるものではないでしょうか‥。
 医者はなぜ、こんなに恐ろしい抗うつ薬を安易に処方するのかと言いますと、抗うつ薬の市場を拡大し、製薬業界と一緒に「儲ける」ためです。いや、製薬会社という権力(医大の「スポンサー」です)に「そうさせられている」と言ったほうが正確でしょう。

 これらは、現在の日本で脈々と進行している事実です。
 この、今の日本の現状をよくご覧ください。

 幼児からお年寄りに至る全世代にわたって、多くの多くの日本人の心身の「病み()」が激増の一途をたどっているのです。日本のこの現状の先に待ち受けているのは「闇」であることがお分かりになりませんか‥。

 えッ~!? わ‥、分からないんですか…(絶句)
 ちょ‥、ちょ~っと、日本の大人のみなさん、ホント、勘弁してください‥。
 こんなにハッキリと現われて来ている日本の現状くらい、しっかりと把握できるようになりましょう…(涙)

 とにかく、当記事にける、日本の通常療法の一般の病院で普通に出されている『入院食病院食)』の実態を見るだけでも「専門家が専門家に成り得ていない」という恐ろしき現実がある事実を、深く深くご理解されてください。ご自分が癌で入院したときを想像すれば、この「現代医療の悲劇」を身に受ける怖さを真摯に感じ取れるでしょう。


 次の記事で、私が子供の頃にお世話になった「M先生」が末期癌で入院したときのお話をさせて頂いています。

    我が家の「癌の車窓」から見えたもの 〔記事の中盤(青囲み枠)で「M先生」の話をしています

 M先生は乳癌の手術後、20年間も「弱い抗がん剤」を受け続けた結果、末期癌まで進み、とうとう「余命1年」という宣告をされ、安心して最期を迎えられるようにと、自分で探した癌専門病院に入院した途端、エライ『入院食病院食)』を食わされるようになり、もう、何も喉に通らないM先生に対して、病院は無理矢理に食わせて、もし『入院食病院食)』を食べられなければ、躊躇なく「ブドウ糖栄養点滴」を投与しまくりました。

 その結果、「余命1年」と言われて癌専門病院に入院したM先生は、なんと、入院してから、たった「3ヵ月」で亡くなられてしまいました。当記事の癌患者さんと同様、入院した途端、癌が「急速に進行してしまった」のが原因です。入院した途端に「余命1年」が「余命3ヵ月」に短縮されてしまいました‥。

 では、なぜ、M先生の癌が「急速に進行してしまった」のか‥、それは、もうお分かりになられますよね。
 そうです。『入院食病院食)』です。そして「ブドウ糖栄養点滴」です。
 これによって、癌が大いに育てられてしまい、その結果として、癌が「急速に進行してしまった」のです‥。

 こういう「専門家等の実態」を見るにつれ、私はいつしか、


   世の専門家、専門に成り得ず


 と強く思うようになりました。

 これは、私が若造として生意気なのではなく、『通常の「医療の専門家」には、マジで気をつけないとヤバイ!』という危機感が強く出てきたからです。

 一般的な「医療の専門家」のみなさん‥、
 これじゃ、真面目に独学している素人のほうが本当に賢く観えますよ…(涙)

 一般的な、世の「医療の専門家」のみなさん、もっと、しっかりしてください。
 よろしくお願いします m(__)m

一般の医師や 管理栄養士のみなさん、学校では学んでいなくとも、治病における『食事療法』や『治病食』の重要性に自ら「気づいて」独学して学び、早く医療に導入して取り入れてください。治る病気であっても、治らなくなってしまうのです。「抜本的な食事改善こそ、病気を改善させる原点である」という事実、この根本原理に早急に「気づいて」ください。欧米では、もう、これが常識ですよ‥



 最後に、次の記事をご覧ください。

    ホスピスへ一刻も早く行きたがる母
    眠るように、楽に最期を迎えることができた母

 この方の肺癌のお母様は、通常療法の病院に入院してから、癌が「急速に進行して」しまい、その後「ホスピス」に行かれました。そして、最後は眠るように最期を迎えられたそうです。

 この「癌(がん)と闘う家族のブログ」ブログは、2013年の4月から10月にかけての「7か月間」にわたり綴られたブログです。今は、一人の癌患者さんが歩んだ「闘癌の記録」として遺っています。

 私個人では、このような、癌患者さんや 癌家族の方々が残してくださった「闘癌記録のブログ」を、癌の遺産だと思っています。そして、心から敬意を払いたいと思います m(__)m



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



大量の「にんじんジュース」を 空腹時に 単品で摂ると、逆効果になる!

 この方が採用された『癌の食事療法』の中で、やはり、気になったことを最後に書いておきます。

 この方は、肺癌のお母様の『食事療法』として「にんじんジュース」を採用しています。
 とにかく、大量の「にんじんジュース」を摂取させていたようです。
 これは、ある医師が出版物を通して「にんじんジュース」を推奨しており、また、この方が「にんじんジュース」を採用したのは、この方が『食事療法』の重要性を知るきっかけとなった『渋谷塚田クリニック』で勧められたからでしょう。ここは、次の記事をご覧ください。

    食事療法の重要性に気づくのに、3年もかかってしまった私たち

 しかし『癌の食事療法』として考えれば、野菜の中で「糖度」が特に高い「にんじん」を「ジュース」にして大量に摂取するという「にんじんジュース」は、適切では無いとしか言いようがありません。
 癌は糖分を最大の餌としています。ですから、糖度が高く、糖分が多い「にんじんジュース」だけを「単品で大量に摂取する」と、かえって「癌を育てて進行させてしまうことになる」のです。

 この方の「肺癌のお母様」は、癌治療として「様々な自然療法」をいろいろと積極的に導入して実行していたにもかかわらず、なぜ真に有効させることができなかったのか‥、なぜ『癌の改善』に結び付かなかったのか‥。
 私は、その主なる原因は「にんじんジュース」にあったと思うのです。


 ただ、「にんじん」自体は良い食品であり、もし、癌患者さんが「にんじん」を摂取する場合には、摩り下ろした「にんじん」、つまり「にんじんおろし」を「少量」で摂取すれば良いです。

 なぜ、大量の「にんじんジュース」はダメなのか‥。
 なぜ、少量の「にんじんおろし」ならば良いのか‥。
 それには、次のような理由があります。


 糖質(デンプンなど)の消化吸収というものは、「空腹」時に「単品」で「大量」に摂取すると、糖質が急速に「ブドウ糖」まで分解(消化)されてしまい、「ブドウ糖」が一気に血流に吸収されてしまうため、血糖値が急上昇し、血液中が「ブドウ糖」で溢れ返ります。すると、癌細胞に「ブドウ糖」が届きやすくなってしまうのです。これは「フルーツジュース」でも同様であり、癌細胞に大量の「ブドウ糖」が届けば、それだけ「癌を大いに育てて進行させることになってしまう」のです。大量の「にんじんジュース」の摂取は、まさに、これに当たります。

 しかしながら、糖度が高く、糖分が多い「にんじん」であっても「にんじんおろし」で摂取すれば「食物繊維」と一緒に摂取することになりますので、この「食物繊維」が消化吸収を阻害して「ブドウ糖」の吸収が緩やかになるため、血糖値が一気に上昇することはありません。
 ましてや、この「にんじんおろし」を、他の生野菜と一緒に摂取すれば、さらに大量の「食物繊維」と一緒に摂取することで「ブドウ糖」の吸収がもっと緩やかになりますから、血糖値が一気に上昇することなく、「ブドウ糖」が癌細胞に届いてしまうことを回避することができるでしょう。ただ、摂取量は「少量」に抑えます。

 血液中に緩やかに摂取された「ブドウ糖」は、血液中に(人体の大半を占めるほど)多量に存在している「赤血球(ミトコンドリアが無く、解糖系のみのエネルギー産生をしているため「ブドウ糖」が唯一のエネルギー源です)」の餌として先に消費されますので、簡単に癌の餌にはならないでしょう。ここは、次の記事を参照してください。

   『赤血球』と「ブドウ糖」から見る、甲田療法の『生菜食療法』の有効性!
    【 糖質制限としての『生菜食療法』の価値:穀物の過食・生野菜ジュースの がぶ飲み は避ける!】


 「少量」の「天然の糖質」であれば、糖質の消化、及び「ブドウ糖」の吸収を阻害する「食物繊維」と一緒に摂取するなら「上記の原理」によって、血糖値の急上昇を防ぐため「ブドウ糖」が癌細胞に届いてしまうことを回避することができるでしょう。

 まず、大量の「にんじんジュース」を「単品」で摂取する行為は「以上の原理」を完全に無視したものです。
 「にんじんジュース」というのは「食物繊維」をほとんど省いたものですから、「食物繊維」による「ブドウ糖の吸収阻害」が起こらず、もろに大量の「ブドウ糖」を急速に吸収する羽目になり、血糖値が一気に上昇しますから、当然ながら「ブドウ糖」が癌細胞に届きやすくなるはずです。
 これでは、世間で「健康的」と言われている「にんじんジュース」を大量に飲みながら、同時に「癌を育てて進行させる」行為になるでしょう。こんなことをしてはいけません。

甲田光雄 医学博士の『甲田療法』でも「赤汁」として「にんじんジュース」が採用されていますが、患者さんに処方していた食事メニューの中に「青汁」はよく出て来るのですが、「赤汁」はあまり見かけません。
 しかし「青汁」や「赤汁」を使用していても、「青汁」であれ「赤汁」であれ、その摂取量は共に「1合」とか「2合」程度のもので、「大量」に摂取などさせていません



 「上記の原理」は、実は、世間でも知られている『食べる順番ダイエット』のような原理なのです。



 糖質の消化吸収を阻害する「食物繊維」などと一緒に食べれば(もしくは、先に「食物繊維」類を食べ、その後に「糖質」を食べる)、糖質の消化吸収が阻害されて「ブドウ糖」の摂取を抑制・減少させることができますが、これにより「ブドウ糖」の摂取を緩やかにして、血糖値の急上昇を防ぎます。こういう工夫も大切なのです。

 ですから、以上のような視点に立ったときに「大量」の「にんじんジュース」を「単品」で摂取する行為は、癌の『食事療法』として「利口な選択」だとは決して言えないのです。
 ましてや「にんじんジュース」を「空腹」時に「単品」で「大量」に摂取すれば、ゲロゲロ最悪です。思いっきり「癌を大いに育ててしまう」と思いますよ‥。上記の原理が理解できれば、このヤバさが理解できると思います。

 癌治療に「にんじんジュース」を採用されている癌患者さんは、どうぞ、ご参考にされてみてください。
 よろしくお願いします m(__)m


 上記の『食べる順番ダイエット』は誰が考案したものかは知りませんが、私としては『食べる順番ダイエット』の「食べる順番」はあまり関係ないと思います。

 「食物の胃での滞留時間」記事を見ますと分かりますが、食べ物は(食品によって異なりますが、だいたい数時間は)「胃で停滞します」ので、食事をゆ~っくりと取ったとしても「20~30分間くらい」なものでしょうから、上記のように「食べる順番」を変えたとしても、その食事で食べた食品は、結局、すべて「胃で混合されてしまう」のですから、この『食べる順番ダイエット』はあんまり意味が無いと思います。

 ゆえに『食べる順番ダイエット』から学ぶべきことは、


  糖質の消化吸収を阻害して「ブドウ糖の摂取量」を抑制減少させるには、
  糖質の消化吸収を最も阻害できる「食物繊維」と一緒に「糖質を摂る」こと!



 これです。

 ですから、「糖質制限食(ケトン食)」を実行している方が糖質を摂取するときには、必ず「食物繊維」と一緒に糖質を摂取することで「糖質の消化(分解)」と「ブドウ糖の吸収」を阻害して、こうして意図的に「ブドウ糖」の摂取を抑制・減少させれば良いのです。


 糖度の高い「野菜」や「果物」であっても「食物繊維」が含まれていますので、血糖値を急上昇させるようなことはないと思いますが、癌の餌となる糖の摂取にはなりますから、癌患者さんはその摂取量を「少量」にすべきです。

 そして、糖度の高い「野菜」や「果物」の「ジュース」は「食物繊維」がほとんど省かれているため、もろに急速な糖の摂取となり、血糖値を急上昇させますから、それだけ 癌の餌となる糖が癌細胞まで届きやすくなるのは言わずもがなです。癌患者さんは、糖度の高い「野菜」や「果物」の「ジュース」は避けるべきですね。


 当ブログにて、私が推奨している『生菜食』や『生菜スムージー』なんて「食物繊維」の塊ですから、これが最適だと思いますよ。『生菜スムージー』なら「粉砕」されていますので『生菜食』よりも胃腸に負担がかかりません。

 もし『生菜食』や『生菜スムージー』が苦手な方ならば、無理にする必要はありませんから、ご自分のできる範囲で、適宜に軽く蒸した『温野菜』と一緒に糖質を摂取すれば良いです。

 やはり、糖質の摂取量は「少量」にしたほうが良いです。逆に「食物繊維」は多く摂取しましょう。
 そして、不足分は、魚介類鶏肉卵といった食品や、安全な油類(ココナッツオイル亜麻仁油などを「」で摂取する)で補いましょう。


 糖質は「空腹」時に「単品」で「大量」に摂取すると、血糖値を一番急上昇させます。
 「甘いジュース」を「空きっ腹」に飲むのは最悪です。一番「癌を大いに育てて進行させる」ことになります。
 実は「にんじんジュース」を「空きっ腹」に「単品」で「大量」に飲むのは、これに同じです。

 癌治療に『食事療法』は絶対に必須です。「体内に癌を生み出してしまう身体の状態」である『癌体質』を改善し得なければ、癌を本当に治すことなどできません。その『癌体質』を根本的に改善するのに絶対に必要なのが『食事療法』ですから、やはり、癌を治す上で『食事療法』は絶対に必須だと言わざるを得ないのです。

 ただ、今の癌は非常に悪性度が高くなってきていますので、昔のように『食事療法』だけで癌が治るようなことは少なくなっています。今の悪性度が高い癌に対しては、必ず『食事療法プラスアルファ食事療法他の治療)』で考えましょう。逆に言えば、癌治療を『食事療法』だけで対応する必要など無いのですから。

 世界10ヵ国に及ぶ「元癌患者」への調査により、癌を治している患者は必ず「抜本的な食事改善をしていた」という事実が、医師による報告で、すでに解かっています。自分の癌を治している「元癌患者」の人たちは、世界中、必ず『食事療法』を実行していたのです。『食事療法』に加えて、他の治療もいろいろと併用して行なっていたようです。ですから、癌治療は『食事療法』だけではいけない、とも言えるわけです。

 やはり、癌治療に『食事療法』は必須です。
 しかし、その『食事療法』は様々とあり、『癌の食事療法』として何が最適なのかを考えなければなりません。
 その『食事療法』が癌治療に最適なのかを、自分で「判断」せねばならないのです。
 もし、癌治療には不適切となる『食事療法』であれば「逆効果」となることがあることをご理解してください。
 (逆効果」とは「かえって癌を育てて進行させる」という意味です
 癌治療に最適な『食事療法』とは何かをご自分でよく考えて模索し、常に確認していきましょう。


 私からすれば、癌治療に「にんじんジュース」を多用多飲するのは、

  身体の健康に配慮しながら「癌を育てて進行させる」行為

 もしくは、

  身体の健康を向上させると共に癌を飼育する」行為

 に映ります(私からすれば、癌治療で「にんじんジュース」を多用多飲する行為は「癌の飼育」です)。

 ここまでお読み頂いて、みなさんはどう思いますか?


 今も癌治療に「にんじんジュース」を導入されている癌患者さんは、以上のことを参考にされてみてください。
 よろしくお願いします m(__)m

.