この記事は、次の記事の中の、甲田光雄先生のお弟子さんの「薬」に関する記事をご紹介させて頂きます。

    医者の9割が、今でも「抗がん剤」を選択しない! 頭が良いから病気を治せるわけではない!
     癌の早期発見は危険!【 抗がん剤は「癌の温床」を作り上げる『増癌剤』!】



 現代医学をもって人間がつくり出した化学医薬は「薬害」を生み出します。
 この「薬害」の問題は、昔から指摘されていながら誰も本気で改善できず、今なお継続されています。
 当記事を「化学医薬が本当に正しい治療になるのか?」について考えるきっかけとされてください。
 よろしくお願いします m(__)m
.





 頭が良いから病気を治せるわけではないです
 【「膠原病、癌は寛解する病気です。究極の体質改善法は実在します。(甲田光雄先生のお弟子さん)」より 】


 世界中、見てください。

 動物は傷口を舐めて、尿を飲み、糞を食べて病気を治します。
 木の皮や草を食べることもあります。

 それを見た人間が真似をして「病気を治すヒント」にしているのです。

 また、世界の薬の90%以上は「原住民の生活」から学び、
 自然の生活から得た「病気を治す薬草類」から有効成分を割り出して薬に変えているのです。

 太陽光線を浴びた後にできる体内化学物質に薬理効果があることが、
 太陽光線を浴びて治療を長年してきた習慣から学び、有効成分を製品化したのです。


 頭の良い人が「自然の摂理」を無視してつくった薬は、酷い薬害しか存在しません。

 抗がん剤や、除草剤や、副作用が顕著に強く出るものは、人間が知識で生み出した異物だからです。
 「自然界の法則」の外にあるので、治すことが苦手なのです。

 人間の身体は、治そうとする力があるのにも関わらず、逆効果の選択をしているのです。


 抗がん剤でミトコンドリアを殺してしまい、細胞の再生と活性化が起きず、
 ミトコンドリアが死ぬ時に起きる体調不良や、身体に(抗がん剤という)毒を入れて死ぬ思いをしても、
 生きるために(身体に)抗がん剤を入れるのです。

 (抗がん剤によって)細胞を殺してしまい、再生ができ難い状態になってしまい、
 むしろ、抗がん剤で酸化してミトコンドリアがいない細胞は、どう考えても「増癌剤」としての役割を果たしている、
 という見解は、抗がん剤研究をしてきたアメリカの「国立がん研究所」の研究で、この様に締結しているのです。
 抗がん剤ではない、むしろ「増癌剤」であると‥。

 この歴史的事実を、日本では誰も怖くて翻訳をしなかったのです。

ここは非常に重要なところです。抗がん剤がなぜ「増癌剤」だと言えるのかを簡潔に説明されています。
 抗がん剤は「酸化力」を「酸化還元電位」で表わすと “プラス 2000” 以上もある強力な『酸化剤』です。抗がん剤はこの強い「酸化力」によって癌細胞を「酸化」して殺すのです。しかし、癌細胞だけを選択的に殺すことなどできませんから、全身の正常細胞まで「酸化」して殺してしまうのです。
 抗がん剤により身体の「酸化ストレス」が高まり、癌細胞を殺す反面、正常細胞までも殺します。正常細胞は「酸化」され、ミトコンドリアが死ぬのです。
 抗がん剤によって強く「酸化」され、ミトコンドリアが殺されて不在になった正常細胞は、一番、癌化しやすい状態になっています。正常細胞がこのような状態になっては、細胞の再生と活性化が起こるわけがありません。
 癌細胞は「身体の酸化酸化体質」によって発生します。また、癌細胞の生存条件の一つが「酸化した環境」であり、この「酸化した環境」がなければ、癌細胞は生きることができません。つまり、癌細胞が発生生存するためには「酸化している」という条件が必要なのです。
 抗がん剤は、その強力な「酸化力」により身体中の至るところを「酸化」していき、身体の「酸化した環境」を増やします。正常細胞を「酸化」してミトコンドリアを殺し、免疫システムを担っている腸内細菌や免疫細胞までも「酸化」して殺して免疫機能を破壊します。こうして抗がん剤は、癌患者の身体をより「癌が発生生存しやすい体内環境」に追いやり、より「癌が治り難い」身体へと陥れていきます。世間の抗がん剤治療の実地を見れば明らかですが、抗がん剤を使用し続けた癌患者は最後は癌がさく裂して発生し、癌死させられてしまうわけです。
 以上を理解すれば、抗がん剤は「抗がん」どころか、かえって「癌の温床」をつくり出し、「増癌剤」の役割を果たしている代物であることがお分かりになられることでしょう。「アメリカ国立がん研究所」が抗がん剤を「増癌剤」だとした見解こそが正しいのです。
 医師は自身が勤務する医療現場を通し、この「抗がん剤の生々しい実態」を知っているため、自分や家族が癌になった場合、9割もの医師が「抗がん剤を使用しない」もしくは「抗がん剤は使用したくない」という選択をするのです。医師が抗がん剤を使用するのは、病院に足を運んできた癌患者だけです。
 上記の「川嶋朗」医学博士の著書『医者は自分や家族ががんになったとき、どんな治療をするのか』の表題に『99%の医者が(自分や家族には)抗がん剤を使わない!? それなのに、効果が期待できない治療をなぜ患者にすすめるのか。』と意味深に書かれていますが、この理由は単に『抗がん剤が「巨万の富」を生み出す “ドル箱” 商品だから』というだけです。
 癌利権が手にする利益は、年間推定で「20兆円」と言われています。抗がん剤とは「史上最大の “ドル箱” 商品」であり、癌利権が年間「20兆円」もの巨利を生み出すには “ドル箱” 商品である抗がん剤を当たり前顔して使い続けなければならないのです。癌医療とはあくまで「癌医療ビジネス」であり、癌患者を扱った「商売」であって、これを「癌産業」と言います。
 この「癌産業」は、売り上げを上げるためならば、癌患者がどうなろうと知ったこっちゃありません。癌医療界の根底にあるこの本音が『99%の医師が自分や家族が癌になった場合、「抗がん剤を使用しない」もしくは「抗がん剤は使用したくない」という選択をする癌患者には抗がん剤を使うけどね♪)』という姿勢に表れているのです。このくらいのこと、正常な判断力を有している方ならば、もう見抜けるはずです
ブログ管理人


 悟りも同様です。
 頭が良いから悟れるわけではなく、頭が良いから病気を治せるわけではないのです。

 医学を見て、薬をつくるヒントは至極簡単ですよね。
 それが「巨万の富」を生むので、最もらしい理屈を後から並べるだけで、
 動物や原住民の真似をしているだけなのです。

 ならば、治すには、昔の「自然と融合していた暮らし」に戻れば、
 現代病と名前が付く病気には大変有効な効果を生むことは理解ができるのではないでしょうか?

 自然療法は、現代病の人に「自然に回帰して暮らす生き方を大切にしなさい」というメッセージでもあるのです。


 私たち人類が、日頃、自然に感謝して生き、自然と共に暮らしてきた心を、文明で忘れてはいけないのです。
 文明ですら「自然の恩恵」があって初めて成立するのです。

 素直が一番の薬になるのですね。
 いつも、ありがとうございます。


   「権威や立場が高い医者だから(病気を)治せる」という誤解を解かねばなりません。
     日本中で、この「間違った認識」がある限り、永遠と「間違えた治療法」を選択するでしょう。