アミグダリン と ベンズアルデヒド の「抗がん作用

 「岡崎公彦」医師(医学博士)の著名な『がんの特効薬は発見済みだ!』という著書があります。

 


 岡崎公彦医師が癌治療に使用している特効薬というのは「ベンズアルデヒド」のことです。

 「ベンズアルデヒド」が「抗がん剤」として有効であることを最初に発見したのは、『一条会病院』の院長だった「東風睦之(こち むつゆき)」医学博士でした。
こちらの「病院概要 - 医療法人社団一条会 一条会病院」及び「市川市|一条会病院」を見ますと、現在の『一条会病院』の院長は「松本義明」先生と記載されています

 東風睦之医学博士は1985年に発表した論文の中で、末期癌患者65名を対象に「ベンズアルデヒド」を水溶化したものを癌治療に使い、その効果を調べた結果、55%という高い有効率を得ました。副作用もまったくありません。

 岡崎公彦医師は、東風睦之医学博士の発見に驚き、東風睦之医学博士が経営される『一条会病院』で2ヵ月間、勤務医として参加し、その治療効果を自分の目で確かめたそうです。

 岡崎公彦医師が「ベンズアルデヒド」に着目した経緯については、次の記事が参考になります。



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


 対談:岡崎公彦氏 × 中西研二
 『人類の宝、ガンの特効薬をどうしても世の中に伝えたいのです』

 【「NPO法人 JOYヒーリングの会」
より 】

title_201108_01_680[1]


 ガン難民という言葉で象徴されるように、現代医療のガン治療に絶望し、行き場を失っている人が多い。
 「安全で安価、副作用もない特効薬があるのに、なぜ利用されないのか」と訴える岡崎医師。
 根本治療を追究する中での特効薬との出会い、そして特効薬が普及しない背景などをお聞きしました。



アレルギー疾患も完治できる

中西 先日、先生の書かれた『がんの特効薬は発見済みだ!』(たま出版)を読みまして、非常に感銘を受けました。
   ガンというと、ほとんど不治の病のようになっていますね。
   体の一部を切り取って不自由な生活になったり、再発の恐怖におびえたり‥。
   本当の意味での完治はないと思っていました。

201108_03[1]




岡崎 確かに現代医療の場合、摘出手術か、手術が不可能ならば抗ガン剤治療か放射線治療です。
   いずれも肉体に大きな負担がかかります。
   出版しました『がんの特効薬は発見済みだ!』は私の発見ではありませんが、
   副作用もなく、初発、再発、両方のガン予防に応用でき、確実にがん患者を生還させることができる、
   まさに世紀の大発見と言える特効薬なのです。


中西 先生は先にリウマチやアレルギーなどの完治しにくい病気の治療法も発見されていますね。
   治療を継続した患者さんの治癒率が100%という話ですが、これはすごいことですね!


岡崎 ガンの治療法のほうが先ですが、本として出したのが『究極の難病完治法』(たま出版)のほうが先だったのです。
   リウマチなどの膠原病やアレルギーの治療法を発見した経緯を説明しますと、
   私が勤務する病院に重症の喘息患者が来院されたのです。
   当時の喘息治療で最も根本的な治療薬として「アストレメジン」というのがありました。
   それを皮内注射したわけです。すると驚くくらい効果があったのです。
   効果があっても当時はなぜ効果があったのかそのメカニズムが分からなかったのです。
   薬の効能書にも「アレルギーは自律神経の不均衡に起因する」という
   昔からの誤った概念が書かれているだけで納得できませんでした。

   分からないまま3年がたち、ある日、NHKで花粉アレルギーの特集を放送していて、
   そこで東大医科学研究所の「小島荘明」教授の仮説が紹介されていました。
   昔からの俗説で「寄生虫が体内にいる人はアレルギーになり難い」というのがありますが、
   その仮説では、
   「寄生虫保有者がアレルギーになり難いのは、
    抗寄生虫抗体が肥満細胞(アレルギー症状の原因物質を出す細胞)の抗体受容体を占拠するからだ

   というものでした。
   これを聞いた時、数年前、私が治療薬として用いた「アストレメジン」が、
   なぜ喘息に有効に働いたのかということに気づいたのです。


   実は「アストレメジン」が寄生虫と同じ役割をしていたのです。
   「アストレメジン」は何の病気をも起こさない善玉の抗原なので、その抗体がアレルギー抗体を排除していたのです。
   私が発見したこの治療法は「抗体置換法」と言ってもいいでしょう。
   これは喘息に限らず、アレルギー疾患すべてに言えることで、
   メカニズムが非常に酷似している膠原病にも応用ができるのです。


中西 すごいですね。
   先生が「根本的に完治させたい」という情熱を常にお持ちだからこそ、
   喘息の治療薬とNHKの情報が一瞬で合致してひらめくことができたのでしょうね。

201108_01[1]
「出版することで世に問うた」と語る岡崎医師と




ガン特効薬の正体は?

中西 ガンに関しては、どのような経緯で治療法を発見されたのですか?


岡崎 母が肺ガンになり、何かできることはないかと、代替医療を探していたのです。
   そこで一冊の本に出会いまして、その中に「アミグダリン」という物質がガンに効果があると書かれていたのです。
   (アミグダリン」については「アミグダリン:ビタミンB17」カテゴリを参照してくださいブログ管理人

   その発見者は医者の息子さんで、お父さんがアメリカ原住民、
   いわゆる、インディアンの集落の近くで診療所を開いていた方なのです。
   診療所に来るインディアンの人たちはガン患者がほとんどいなかったので不思議に思い調べたところ、
   アンズの種に熱を加えて加工したものをよく食べていたそうなのです。
   そのアンズの種に制ガン効果があるに違いないと考えたわけですね。
   その考えを息子さんが引き継いで研究したら、
   その中の「アミグダリン」の中の「シアン基」が有効成分であると結論を得たわけです。

   その後、母が亡くなり、しばらく、そこから遠ざかっていました。
   何年かして、毎日新聞経済部の記者だった「小泉貞彦」氏が書かれた
   「第三の制がん剤ベンズアルデヒド」(かや書房)という本を読んで大変驚きました。
   有効成分は「シアン基」ではなく、同じ「アミグダリン」の中の「ベンズアルデヒド」であると書いてあったのです。
   末期ガン患者65名を対象に「ベンズアルデヒド」を水溶化したものをガン治療に使い、
   その効果を調査したところ、55%という高い有効率を得たとのことでした。
   また、副作用もまったくありませんでした。末期ガン患者でこの結果は素晴らしい効果です。
   この治療法の発見者は千葉県の『一条会病院』の院長をされていた「東風睦之(こち むつゆき)」博士です。

   私は先生の書かれた論文の整合性と価値をこの目でみたいと思い、
   2ヵ月という短期間ですが勤務医として参加しました。
   一般的にガン病棟というのは死が身近にあるような暗い雰囲気のするところなのですが、
   その病棟はまったくそのようなことがなく、患者さん全員が回復を感じている明るい雰囲気のするところでした。


中西 ガン病棟というのは普通、死と向かい合ってしまう所ですよね。
   でも、先生の本を読んで「これが実際に起きていることなんだ」と非常に感銘しました。
   私たちの仲間の中でも東風先生のところで治療を続けて非常にいい状態に回復してきている患者さんがいまして、
   「これはすごい‥」と、噂が広まってきています。
   抗ガン剤治療というのも副作用が酷いし、ガンの宣告で絶望する人が多いじゃないですか。
   だけど、この治療法はまったく副作用がないわけでしょう?
   これは、どんどん広めていかないといけないですよね。


岡崎 今はそれほどでもありませんが、
   昔は、特に欧米で認められたものしか受け入れられないという風潮があったんですね。
   例え、それが日本で発見された新概念だとしても、いったん欧米で認められてから日本に逆輸入される、
   という傾向があります。
   また、英語圏の人口が多いので、より多くの人に読まれるように英文に翻訳する作業を今しています。


中西 純粋に人を助けたいという広まりが生まれるといいですね。
   私たちも先生の偉業が多くの人の命を救うことを心からお祈りします。
   今日はお忙しいところ、どうもありがとうございました。

   (合掌)
 

201108_02[1]
おかざき内科の前で




◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



 上記で「アミグダリン」というものが出てきましたが、この「アミグダリン」は当ブログサイトでも推奨しているものです。
 副作用はまったく無く、正常細胞には一切無害で、癌細胞だけを選択的に殺傷して「抗がん作用」を発揮します。

 この「アミグダリン」につきましては「枇杷療法・枇杷種の粉末(アミグダリン:ビタミンB17)」カテゴリの記事を参照されてください。
 また「アミグダリン」が、副作用が無く、正常細胞には無害で、癌細胞だけを殺傷する流れにつきましては、次の記事を参照されてください。


    アミグダリン(ビタミンB17)が「癌細胞だけを破壊する」仕組み
     【アミグダリンの「癌細胞だけを破壊する流れ」と「正常細胞に益する流れ」の工程を見てみましょう!】



 では、「アミグダリン」が、副作用が無く、正常細胞には無害で、癌細胞だけを殺傷する流れを、上記の記事から抜粋して、以下に簡潔にお話しします。



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



 天然の成分である「アミグダリン」は、正常細胞にはまったく無害で副作用はありませんが、癌細胞にとっては猛毒となり、癌細胞を死滅させる効果を発揮します。

 「アミグダリン」がなぜ、癌細胞には猛毒で、正常細胞には無害なのか・・・。
 これを知るには、まず「アミグダリン」の構成について見るところから始めましょう。

 「アミグダリン」は、2つの「ブドウ糖」と「ベンズアルデヒド」「青酸シアン化水素」という4つの分子で構成されています。

78zx37ez2b7


 天然の成分である「アミグダリン」そのものには、毒性はありません。
 しかし「アミグダリン」が癌細胞の周辺だけに多量に存在している「ベータ・グルコシダーゼ」という分解酵素に触れると、4つの分子が加水分解され、「ベンズアルデヒド」と「シアン化水素青酸」という猛毒に変化します。

 この分解酵素「ベータ・グルコシダーゼ」は、癌細胞の周辺だけに常に多量に存在し、正常細胞の環境に比べて100倍以上も大量で検出されますが、それ以外の体内には危険量は発見されていません。

 「アミグダリン」が、癌細胞の周囲に多量に存在している分解酵素「ベータ・グルコシダーゼ」によって加水分解されて、「ベンズアルデヒド」と「シアン化水素」という猛毒に変化し、それぞれが持つ毒性が互いに複合して相乗効果により100倍もの毒性を発揮し、癌細胞だけを選択的に破壊することができます。
 その結果、この「アミグダリン」の「抗がん作用」によって、癌細胞だけが死滅していくのです。


 一方、正常細胞は「ローダネーゼ」という保護酵素があるため無害です。
 正常細胞は保護酵素「ローダネーゼ」の働きによって「ベンズアルデヒド」と「シアン化水素」の毒性が消されます。
 「ベンズアルデヒド」は「安息香酸」という無害な物質に、また「シアン化水素」は「チオシアネート」という無害な物質に変えられ、正常細胞はまったく損傷を受けないのです。
 癌細胞だけは、この保護酵素「ローダネーゼ」が無いため、猛毒の「ベンズアルデヒド」と「シアン化水素」の強力なる毒性に侵されることになり、癌細胞だけを選択的に死滅させる効果を発揮することができるのです。

 このような過程を経て「ベンズアルデヒド」と「シアン化水素」が変換された物質である「安息香酸」と「チオシアネート」は、単に無害な物質というだけでなく、「安息香酸」には痛みを和らげる「痛みの緩和作用」があり、これはアスピリンと同様に「癌に伴う痛みを沈静化する」効果を発揮し、また「チオシアネート」には「血圧を自然調整する作用」がありますので、「アミグダリン」には抗がん剤としての働きだけでなく、このような「人体に有益となる作用を発揮する物質が生み出される」という利点も同時に備えているのです。

 このように「アミグダリン」は、癌細胞だけを選択的に破壊し、正常細胞をまったく傷つけることが無いため、癌患者さんの体に負担をかけることなく癌治療を進めることができる、安全無害な『天然の抗がん剤』であると言えます。

 「アミグダリン」の「抗がん療法」は、正常細胞にはまったくダメージを与えること無く、癌細胞だけを選択的に叩くことができ、その上、有益となる栄養の摂取もできて、人体に有益な作用を与える物質も得られるので、体内環境を向上させる助けになってくれます。



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



 「アミグダリン」は、次の「4つの分子」で構成されています。

    ブドウ糖 2つ
    ベンズアルデヒド 1つ  猛毒
    青酸(シアン化水素) 1つ  猛毒

78zx37ez2b7


 「アミグダリン」が癌細胞に取り込まれますと、癌細胞の周辺だけに多量に存在している「ベータ・グルコシダーゼ」という分解酵素に触れ、4つの分子が加水分解されて「ベンズアルデヒド」と「シアン化水素青酸」という猛毒に変化します。
 この「ベンズアルデヒド」と「シアン化水素青酸」という “2種類の猛毒” は「相乗効果」によって100倍もの毒性を発揮し、癌細胞だけを選択的に破壊することができるのです。
 正常細胞では、保護酵素「ローダネーゼ」の働きによって「ベンズアルデヒド」と「シアン化水素」の毒性が無毒化されますので、正常細胞には一切無害です。

 この「アミグダリン」による「抗がん作用」は科学的医学的に正式に解明されており、すでにアメリカと日本の「自然療法の医療機関」で『IPT療法』として採用され、実績があります。
 『IPT療法』につきましては、次の記事を参照されてください。

    天然の抗がん剤である「アミグダリン」を点滴し、効果的に癌細胞に投与する『IPT療法』について
     【「医療法人 再生未来クリニック」で提供されている「アミグダリン」治療 】



 ゆえに、岡崎公彦医師が癌治療で使用している「ベンズアルデヒド」というのは「アミグダリン」を構成している分子の1つであり、癌細胞に取り込まれると「癌細胞を殺傷して破壊する」ことはすでに科学的医学的に正式に解明されているもので、嘘でもインチキでもなく、実際に癌治療として「抗がん作用」を発揮し、効果するのです。

 ただ、「ベンズアルデヒド」1種類の毒よりも、「アミグダリン」2種類の毒(ベンズアルデヒドシアン化水素)のほうが「癌細胞を殺傷して破壊する能力」が高いようです。

 さて、ここまでは前説であり、私が本当にお話ししたいのはここからです。



『がんの特効薬は発見済みだ!』の カスタマーレビュー から、癌治療の本質を考える

 次に、アマゾンの『がんの特効薬は発見済みだ!』の「カスタマーレビュー」を見てみたいと思います。
 この、アマゾンの『がんの特効薬は発見済みだ!』の「カスタマーレビュー」には現時点(2016年7月)で「90件」のカスタマーレビューが寄せられていますが、「効いた」とか「私には効果が無かった」とか「インチキだ」など賛否両論の意見があります。

 ここで、『がんの特効薬は発見済みだ!』の「カスタマーレビュー」をいくつか見てみましょう。



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


 効果、ありませんでした
 【「アマゾン『がんの特効薬は発見済みだ!』カスタマーレビュー」
より 】


投稿者 Kさん ★☆☆☆☆ 〔2012/1/26

【2012年1月26日】

 書かれている内容に嘘偽りはないと思われることと、その内容は医学全般に大きな衝撃を及ぼすものと思うので、
 本書の評価は「5つ」です。

 2011年12月20日に著者の医院を訪れ、処方された薬を1ヵ月服用して、
 今日、東京五反田の大手の病院で血液検査を行った結果、腫瘍マーカーのCEAが劇的に下がっていました。
 この薬が効かなければ、1~2年でこの世を去るものと観念していましたが、どうやら癌を完治させられそうです。

 僕は、2008年9月に直腸癌と診断され、2009年4月に直腸の切除手術を行ないました。
 その後、癌が肝臓に転移し、2009年12月の時点では、肝臓の癌の最大のものが直径8センチ、
 その他、無数に腫瘍が散らばり、その時点で外科的な処置は不可能で、余命1年と診断されました。
 2010年に入って、それまで避け続けていた「抗がん剤治療」を行なうとともに「免疫細胞療法」を併用し、
 結果として「外科的処置(手術)」ができるまでに腫瘍が縮小しました。
 2010年9月に「ラジオ波焼灼術」で肝臓の癌を焼きましたが、2011年春に再発し、再び「ラジオ波焼灼術」で処置。
 しかしながら、2011年秋に再発。12月に3度目、「ラジオ波」で焼きました。

 医師たちの所見では、いずれにしても癌の完治は望めず、長くて2年程度しかもたない、と言われていました。
 2011年12月の「ラジオ波焼灼術」でとりあえず目視できる腫瘍はすべて焼いてもらいましたが、
 腫瘍マーカーのCEAが15.6で、既存の医療処置では完治は望めない状況でした。
 「抗がん剤」は2010年8月で止め、それ以降、使っていません。
 「免疫細胞療法」は、2010年8月で止めた後、2011年8月から10月までやりましたが、
 癌が再発していたので単独使用では効果がないものと判断し、それ以降はやっていません。

 上述の通り、12月20日から1ヵ月間、特効薬である「ベンズアルデヒド」を服用し、
 本日、検査で腫瘍マーカーが4.8まで下がっていました。
 腫瘍が存在しているかどうか、来月、CTで検査する予定ですが、
 本人の実感としては「これで完治できるであろう」と思っています。

 本書について低い評価をしている方々の記述を読むと「臨床例が少ない」とか「資料が足りない」とか、
 「ゆで卵の部分は蛇足だ」とか「出版社がたま出版で怪しい」とか、
 そういったことをもとにして「だから効くはずがない」というような書き方をしていますが、
 臨床例や資料が不足していることは、この薬が効かないことの論拠にはならないはずです。
 この特効薬が効くかどうかは、実際に使ってみて、効果があるかどうかをみて、判断を下すしかないはずです。
 言論の自由なんで何を書こうが構わないわけですが、低い評価を書いてらっしゃる方々は文章が上手なので、
 一見、説得力があり、つい「効かないのかなぁ」と思い勝ちですが、そんなことはないです。

 著者の医院はだんだんと予約が取りづらくなっていて、僕がこの書評を書くとさらに同院を訪れる人が増えそうですが、
 どうやら命拾いできそうであることへの感謝の気持ちとして、これを書くことにしました。

 なお、京都まで行くのが大変な人の場合、
 東京の某クリニックで、岡崎医師の指導を受けながら同じ療法を実施している医師がいますので、
 そちらを訪ねてはどうかと思います。

 今、アマゾンでは生アーモンドが売れてるようですが、毎日30粒も40粒もアーモンドを食べるくらいなら、
 米国の健康グッズサイトなどで「Benfotiamine」を買って飲んだ方がいいと思います。
 「Benfotiamine」は「ビオタミン」あるいは「ビオトーワ」と同じものです。
 米国ではサプリメント扱いなので、誰でも買えます。値段も120錠入りで1000円ちょっとなので安いです。

 ただ、やはり、岡崎医師か、渋谷の某クリニックの医師に診てもらって処方してもらったほうがいいと思います。
 ちなみに、著者の医院で80日分の特効薬を処方してもらって、診察料と併せて1760円でした。
 これでは金儲けができないどころか、患者が押し寄せたら貧乏暇なしになるんじゃないかと思います。


【2012年8月20日 記述追加】

 本年1月に上記のように書きましたが、その後、この薬に効果がないことがはっきりしました。
 腫瘍が再発し、拡大しました。
 深くお詫びをするとともに訂正させて頂きます。


【2012年8月30日 記述追加】

 この「ベンズアルデヒド」が、僕にだけ効かないのか、誰にとっても効かないのか、不明です。
 僕はだいぶ体力があるようで、今でも事情を知らない人に「実は末期に近い癌なんだ」と打ち明けても、
 ぜんぜん そんな風に見えない、と言われます。
 同世代の男性に比べても、よっぽど健康そうに見られます。
 先日はセブンイレブンで青の29ボタンを押されました。今年50歳になるのに。
 さすがに、このままだと近々にあの世往きになるので、9月に「抗がん剤治療」を受けることにしました。

 2011年の暮れ時点で、もう治療にはほとほとウンザリしていて、この「ベンズアルデヒド」に賭けてみよう、
 ダメなら すべて諦めよう、と思っていました。
 結果として「ベンズアルデヒド」は効きませんでしたが、
 8ヵ月間、病院に行かずに気持ちよく思いっきり遊んで暮らしたので、また治療を受け入れる心の準備が整いました。
 スキンヘッドもいいじゃないの、と思えるようになりました。

 癌を宣告されてからのこの4年間、
 「あの時、もうちょっと人の言うことを聞いていれば‥」と思う場面が何度かありますが、
 これが自分の性分なので仕方ないです。
 僕の記述を読んで、治療の選択を変えてしまわれた方がいたかもしれません。
 その結果、もしも最善ではない選択をなさったとしたら、心苦しく思います。
 生き恥をさらすようなので、このレビュー自体を削除しようかとも思いましたが、
 残しておいたほうが人の役に立つだろうと思い、そのままにしておきます。


【2013年7月20日 記述追加】

 最後に記述を追加して約1年が経ちましたが、まだ生きています。
 去年の秋に、自宅の近くの東京港区の病院で「抗がん剤治療(フォルフィリ)」を受け、
 なんとか「手術」ができる程度まで癌が小さくなって、今年の1月に肝臓の「切除手術」を受けました。
 肝臓の約7割を取り除く大手術で、今もまだその後遺症に辟易していますが、とりあえず、癌は無くなりました。
 手術後、約半年が経ちますが、再発も転移も無いです。
 主治医によると、これで人生をまっとうできる、とのことです。つまりは、癌の危機は去りました。
 いろいろと複雑な思いで日々を過ごしています。


    このカスタマーレビューは、私が時系列順にまとめ直しました。
     気になる方は、実際の「効果、ありませんでした」をご覧になり、ご確認されてください。




 残念ですが、効果がなかったです
 【「アマゾン『がんの特効薬は発見済みだ!』カスタマーレビュー」
より 】


投稿者 Yさん ★★☆☆☆ 〔2013/7/20

 乳癌の治療で2011年年末から「おかざき内科」で処方された水薬(ベンズアルデヒド)を飲み始めました。
 他のガンの患者さんと同じように、私も藁をも掴む思いでした。
 岡崎医師の勧めもあり、「手術」は延期して薬を飲み続けましたが4月の検査の結果、
 ガン細胞が大きくなっていることが分かり、「手術」で全摘をします。

 効いたという人もいるので、人によるのでしょう。
 希望を持っている人に水を差すつもりはありません。

 先ほど、「手術」のために予約の日に京都に行けなくなり、
 代理の人間に薬(ベンズアルデヒド)を受け取ってもらうことは可能かどうか、電話で問い合わせました。

 受付の女性が、

    そんなの無理。来ないのは、あんたの都合でしょ。(受付の女性
    残念ながら薬の効果がなく進行していたため手術になったんです。(Yさん
    そんなの知らない。本人が来れないのが悪いんだから。(受付の女性
    ずいぶんな言い方なさいますね。(Yさん
    そーよ。うちは忙しいんだから。

 あまりと言えばあまりの言い方に、丁寧に名前を聞きました。

    私はね、ここの事務局長であり、岡崎医師の妻です!!(受付の女性岡崎医師の奥様

 と得意そうに言っていました。
 人間として最低だと思いました。

 こういう人に頭を下げても、命が助かるなら安いものだとは思います。
 が、残念ながら、私は嫌な思いをしただけで効果はありませんでした。



 まったくのインチキ本です
 【「アマゾン『がんの特効薬は発見済みだ!』カスタマーレビュー」
より 】


投稿者 Yさん ★☆☆☆☆ 〔2016/4/11

 まったく効果なく、妻も知人も亡くなりました。
 もし効果があれば、今頃、騒がれています。
 著者の岡崎医師は、医師としての良心があるのでしょうか?
 このような詐欺行為は許せません。



 論文として最低な内容です
 【「アマゾン『がんの特効薬は発見済みだ!』カスタマーレビュー」
より 】


投稿者 Kさん ★☆☆☆☆ 〔2014/4/17

 まず、よくご覧ください。
 治療法を確立されたのは東風先生です。
 岡崎先生は研修医として3ヵ月だけ病院で、勤務されて弟子として勉強した痕跡も無く、
 臨床としてきちんとしていない段階で、このような癌が完治するかのような誤解を与える本を出されました。
 論文として見ても、どの学会も相手にしないほど内容がお粗末の有り様です。

 東風先生は点滴と飲み薬を併用したり、使用法自体、岡崎先生とは異なります。
 岡崎先生の中途半端なやり方で治るわけがありません。
 それを、さも自分が世間に公表したかのようなやり口は、聊か憤りを感じるほどです。

 最近では、水薬の値段が上がり、保険適応外になりました。
 最初から途中で保険が使えなくなることを前提に、
 原価1g数十円の安い原価を高額な値段で販売するようになり、
 製薬会社や既存の医療を批判してきた岡崎先生は、
 批判してきた相手と同じことを、最後はしているだけなのです。

 事務長さんや身内の娘さんの態度も、人により凄くつらく当たる話は、
 聞く度に医学を馬鹿にしていると思いました。
 事務長さんも娘さんも医者ではないのに、医療アドバイスをしている様子ですので、明らかに薬事法違反です。

 法律違反をしているし、
 民法上でも、あの暴言は明らかに告訴されても文句が言えません。
 最低な病院であることは間違いがありません。
 近所では、評判のやぶ医者だと有名でした。



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



 以上は「効果が無かった」「インチキだ」という意見です。
 実際に癌患者さんのご意見ですから、それが事実ならば、すべて尊重すべき貴重な意見であることに間違いありません。
 しかし、その癌患者さんの言葉が『真実』であるのかどうかを精査せねばならないのも、私たちの重要な作業です。

 では、肝心なところ、「ベンズアルデヒド」は嘘インチキなのか?、ということなのですが、この「ベンズアルデヒド」は嘘やインチキなどではなく、『一条会病院』の院長であった「東風睦之」医学博士が「ベンズアルデヒド」を使用した癌治療で実際に成果を上げていましたし、また「アミグダリン」2種類の毒(ベンズアルデヒドシアン化水素)による「癌細胞を殺傷して破壊する能力」の解明により「ベンズアルデヒド」の「抗がん作用」が事実であることは科学的医学的に見ても明らかなことです。


 つまり、私たちが見つめるべき的は、次の点になるでしょう。

   ベンズアルデヒド」には実際に「抗がん作用」があるにもかかわらず、
     おかざき内科で「ベンズアルデヒド」の治療を受けた癌患者は、
     なぜ、効果が無かったのか?(効果が得られなかったのか?


 そして、この問いに対する私の答えは次の2点です。

   (1)岡崎公彦医師が「ベンズアルデヒド」の治療「しか」行なっていなかったこと。
   (2)癌患者もまた「ベンズアルデヒド」の治療「しか」行なっていなかったこと。


 結局、岡崎公彦医師は「ベンズアルデヒド」の飲み薬「だけ」の治療しか行わなかった。
 そして、癌患者側も「ベンズアルデヒド」の飲み薬「だけ」の治療で癌を治そうとした。
 これが「ベンズアルデヒド」の「抗がん作用」を活かしきれず、癌治療に失敗した大きな原因でしょう。
 これでは、まず、癌を治すことなど難しいとご理解されてください。


 岡崎公彦医師が「ベンズアルデヒド」に着目されたのは間違いではありません。
 しかし、岡崎公彦医師は「ベンズアルデヒド」という癌治療「だけ」しか考えなかった‥、「ベンズアルデヒド」の飲み薬の処方「だけ」で癌患者に対処したというのは、まったくもって大間違いだと言わざるを得ません。

 そして、おかざき内科で「ベンズアルデヒド」の治療を受けた癌患者も「ベンズアルデヒド」の飲み薬の処方「だけ」で自身の癌に対処したので、他の「癌治療における重要な要素」に一切欠如していたため、「ベンズアルデヒド」の「抗がん作用」をしっかりと機能させることができず、「ベンズアルデヒド」の「抗がん作用」を癌治療に有効させることができなかった‥、と解釈すべきです。

 「ベンズアルデヒド」の「抗がん作用」が科学的医学的に正式に解明されている事実です。
 しかしながら「ベンズアルデヒド」という癌治療「だけ」に頼ってしまった癌患者は「ベンズアルデヒド」の「抗がん作用」をしっかりと活かしきることができず、効果させることができなかった‥(自分の癌が治らなかった‥)。
 これが、「ベンズアルデヒド」を「インチキだ!」と思ってしまう原因でしょう。

 つまり、岡崎公彦医師にも問題があり、癌患者にも問題があるのです。


 これは「丸山ワクチン」と同様の過ちを犯しています。

 私は当ブログサイトで何度もこの話をしていますが、「丸山ワクチン」には実際に「抗がん作用」があり、副作用がまったく無く、癌を抑制することができます。
 ところが、この「丸山ワクチン」をやっても、実際には助からなかった癌患者が非常に多いのです。

 「丸山ワクチン」は本物なのですが、しかし「丸山ワクチン」をやっても癌から助からなかった癌患者が多い‥。
 これは、なぜか?

 この答えは、癌患者が「丸山ワクチン」の治療「しか」行なわなかったからです。
 そして「丸山ワクチン」を指導した医師も、癌患者に「丸山ワクチン」の治療「しか」指導しなかったからです。

 上記の「ベンズアルデヒド」のケースは、この「丸山ワクチン」のケースと非常によく似ています。
 「ベンズアルデヒド」でも「丸山ワクチン」でも、それに携わる医師、そして、それを行なう癌患者が、それを本当に活かすための「正しい使用方法」を知らないことに問題があるです。
 別に「ベンズアルデヒド」や「丸山ワクチン」が悪いわけではなく、嘘やインチキであるわけでもないのです。



癌で重要な「癌と食事の関係」を無視した癌治療では、癌は治せない!
  毎日の食事でせっせと癌を育てていれば、どのような癌治療も打ち消されてしまう!


 癌患者のみなさん、ここでよくお考えください。

 今も、多くの医師や癌患者が「癌と食事の関係」を無視しすぎています。
 癌を育てる食事がある、そして、癌を自然抑制する食事がある。
 この「癌と食事の関係」は、もはや、世界の癌の常識となっています。
 この「癌と食事の関係」は外国の先進国の癌医療ではすでに常識化しておりますが、日本の通常療法の癌医療では、この重大無二なる「癌と食事の関係」が、今なお、完全に大無視ぶっこかれており、いまだ通常療法の癌医療に『食事療法』がまったく取り入れられていない状態です。

 日本の通常療法の癌医療がこの酷い有り様ですから、今も多くの医師や癌患者が癌治療における『食事療法』の重要性に本気で気づけないのです。癌治療における『食事療法』の重要性に気づいている医師や癌患者は、全体からすれば、まだまだ一部に過ぎない状態です。
 この「癌と食事の関係」に対する意識の欠如が「癌の治癒率」を大きく引き下げてしまう元凶になっているのです。


 癌医療に携わる医師の先生方‥、そして、癌患者のみなさん‥、癌治療において重大無二なる、この「癌と食事の関係」を、本気になって、マジでよくお考えください。

 癌細胞の最大のエサである「ブドウ糖」を、毎日毎日、無制限で摂取していれば、癌を大いに育て上げてしまうでしょう。
 癌患者でありながら、白米ご飯白パン麺類などの「精白穀物」を食べたいだけ食べ、白砂糖などの「甘味料」を使いたいだけ使い、和菓子洋菓子などの「甘いもの」を無制限で食べまくり、こうして、毎日毎日、たらふく「ブドウ糖」を摂取していれば、まず、どんな癌患者であろうとも、思いっきり癌が育ってしまって当然です。
 癌患者が健常者(健康者)並みに糖質(ブドウ糖)を摂ることは、癌を不要に育ててしまう大変危険な行為なのです。
ここは「癌の最大のエサは「ブドウ糖」(ブドウ糖は癌を育てて進行させる)」カテゴリの記事を参照してください。
 上記で「精白穀物」と書きましたが、『全粒穀物』の 玄米 であっても「ブドウ糖」の摂取になりますので、玄米の食べ過ぎは、かえって癌を育てます。玄米であろうと、一日「5勺~1合」までの摂取量に抑えるべきです


 これに加え、すでに多くの癌研究報告により『癌の発生、及び、癌細胞の増殖悪性化転移を促進する作用』があることが科学的医学的に正式に解明されている 肉製品、牛乳乳製品を健常者(健康者)並みに摂取することは、糖質(ブドウ糖)と同様、癌を不要に育ててしまう非常に危険な行為であると言えるのです。
ここは「肉製品・乳製品の真実(肉製品・乳製品は癌を促進させる作用がある)」カテゴリの記事を参照してください
 

 特に、牛乳乳製品は『癌細胞を活性化させる作用』が強く、癌患者は絶対に牛乳乳製品を摂取すべきではありません。
 京都大学名誉教授で『からすま和田クリニック』院長の「和田洋巳」医学博士は、

    当院に来られる癌患者さんは、みなさん乳製品を積極的に摂っている方ばかりです。
     牛乳乳製品は本当によく癌を育ててくれます。
     癌を再発させないためには、まず、甘いものや牛乳乳製品を止めることです。
    (当然ながら、癌を治す上でも、まずは、甘いものや牛乳乳製品を止めることが先決ですブログ管理人
     牛乳 乳製品を摂りながら治療を受けても効きません。
     食事を含めた生活習慣の改善は、とても大きな効果を発揮します。


 とお話しされています。

 「和田洋巳」医学博士が仰られることはすでに科学的医学的に正式に解明されている事実であり、こういう基本的なところを守らず、それで、どのような癌治療を受けようとも、癌を治すことはまず難しいとお知りください。
 
 ここは、次の記事を参照されてください。

    牛乳・乳製品は、本当によく癌を育ててくれます!(牛乳・乳製品に関する「11記事」のまとめ)
     【 京都大学名誉教授:からすま和田クリニック院長・和田洋巳 医学博士 】



 例えば、動物園の熊やライオンが檻の中で暴れて手の付けようがない場合、一体、どうすれば良いでしょうか。
 これは至極簡単で、檻の中で暴れている熊やライオンに「エサを与えなければ良い」のです。
 檻の中の熊やライオンが如何に狂暴であろうとも、それはエサを食べているうちの話であり、エサを絶たれた時点で(エサを食べられなくなった時点で)熊もライオンも衰弱していき、やがて、ピクリとも動かなくなる日が来るでしょう。


 癌細胞も、これと同様です。

 糖質(ブドウ糖)を無制限に摂取し、癌細胞に「ブドウ糖」というエサを毎日たらふく与える。
 その上、癌細胞を活性化して元気付ける 肉製品、牛乳乳製品を健常者(健康者)並みに摂取し、癌の増殖悪性化転移を支援して癌を大いに育てまくり、日夜、癌の進行に加担することに余念がない。
 このようなことをしているから、当然の帰結として、癌の暴走を止められないのです。

 逆に、癌細胞に「ブドウ糖」というエサを与えないで済むように「糖質制限食(ケトン食)」で対処する。
 そして『癌の発生、及び、癌細胞の増殖悪性化転移を促進する作用』がある 肉製品、牛乳乳製品を止める。
 そうすれば、癌が衰退して弱体化していく体内環境の基礎を「自らつくり出せる」のです。
 これが、癌治療の「本当の母体(癌を治すための基礎工事)」となるのですね。

 この単純明快なる素朴な意味が分からない人は、もはや、文明病に意識が犯されて生命観自然観を失っている人です。
 現代の飽食王国日本に暮らし、完全に飢えを忘れ、生命現象の絶対的原理であり根幹である『生命体は食行為をしなければ生きられない』という厳然たる事実すら分からなくなってしまい、この「癌と食事の関係」の重要性がピンボケして観えないのでしょう(特別な「不食体質者」以外は、食事を摂らなければ生きられません)。

 この「癌と食事の関係」をよく理解し、癌を育てないで済む食事を導入することが、癌治療における「本当の母体(癌を治すための基礎工事)」となるのです。
 これを実現したその上において、病院の癌治療を本当に効果させることができるわけです。

 次の有名な格言があります。

    道 近きにあり、人 これを遠きに求む、
     事 やすきにあり、人 これを難きに求むる。


 この格言を癌治療に当てはめると、私はこのような解釈をします。
 癌を治すための道(治療医療手段方法)は、自分のごく近く( 自宅による『自己療法)にあるのに、それもせず、多くの人たちが遠くの良さげに見えるもの(ご立派そうに映る、病院の最新医療)ばかり求めている。
 事(実行すべき癌治療)とは、実は「易きこと(自宅で実行できてしまう簡単なこと食事療法をはじめとする自然療法)」であるのに、それもせず、多くの人たちが「難しきこと(病院の難しい癌医療抗がん剤放射線手術など)」ばかり求めている。これで癌が本当に治るのでしょうか‥。

 癌は、まず「癌と食事の関係」をよく理解し、癌を育てないで済む『食事療法』、そして、体内に癌を生み出す正体にして、癌を進行させる元になっている『癌体質』を改善できる『食事療法』を自宅で実行し、これを癌治療の「母体(癌を治すための基礎工事)」とするべきなのです。
 これもなく、他の如何なる癌治療を受けようとも、その癌治療を本当に効果させることは難しいのです。
 それは、上記の「ベンズアルデヒド」や「丸山ワクチン」の事例を見ればお分かり頂けると思います。


 上記でご紹介しています『がんの特効薬は発見済みだ!』の「カスタマーレビュー」を読んでお分かり頂けると思いますが、みなさん、おそらく「ベンズアルデヒド」の治療「しか」行なっていなかった方ばかりでしょう。
 私が以上でお話しさせて頂きました(癌治療における重要な)要素が一切欠如されていた癌患者さんだったと思われます。

 癌治療とは、上述のような『食事療法』によって「食事のコントロール」を行ない、癌が衰退して弱体化しやすい体内環境を自らつくり出している上で「アミグダリン」や「ベンズアルデヒド」や「丸山ワクチン」を正しく実行してこそ、この条件下において、それぞれが持つ「抗がん作用」の効果を最大限に発揮させることができるのです。

 癌患者さんは、これを必ずご理解されてください。
 「これだけ主義一点絞り主義たった一つしかしないこと)」の癌治療は絶対に避けてください。

 『食事療法』もしない癌治療では、癌を改善して治すための基本すら得られていない状態です。
 癌治療は必ず『食事療法』を母体土台基本に置いて実行します。
 そして、この『食事療法』を基礎に置いた上で「アミグダリン琵琶の種)」や「ベンズアルデヒド」や「丸山ワクチン」を正しく行なってこそ、それらを初めて「本当に効果させることができる」のです。

 その他、癌治療に有効する「飲尿療法」や「重曹」や「クエン酸」や「ビタミンD」、また「水素療法」や「電子治療」などの「抗酸化治療」「酸化還元治療」など、ご自分が納得できる自然療法を複合的に併用して組み合わせて行なうことによって、癌の生還率を「自力で」上げる努力をすべきです。



癌を治せるかどうかは、身体の『癌の発生力促進力』と『癌の抑止力』のバランスで決まる

 これだけ癌が激増しているにもかかわらず、いまだ多くの人たちが癌に対して正しい理解を持たれていません。
 あれをやれば癌が治る‥、これをやれば癌が治る‥、世間は、そんな「わけ分かってない人たち」で溢れています。

 「癌になる」とは一体どういうことか‥、また「癌を治す」とは一体どういうことなのか‥、ここをしっかりと理解し、認識しなければ、癌を本当に治すことはできません。


 次の記事にて『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師は、このようにお話しされています。


    なぜ、癌が増えているのか? - 福田一典 医師【「癌の原因」は、すべて考慮すべし!
     「癌の原因」を何か「たった一つ」のものに的を絞って考えるなど、もっての外です!】



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


 460)なぜ、がんが増えているのか?
 【「『漢方がん治療』を考える(福田一典 医師)」
より 】

2c8f7a53129f3910b8957828b490ea9a[1]

【図】
◆◆ 古代社会では、がんは極めて「稀な病気」であったと言われている。現代社会において、がんの発生が増えているのは、人為的な「発がん要因」が社会の近代化とともに増えているためである。
 タバコ、オゾン層破壊による紫外線増加、排気ガスによる大気汚染、環境や医療目的での放射能被爆、電磁波(携帯電話など)、飲酒(アルコール)、運動不足、高糖質高脂肪食、肥満、糖尿病、ストレス、交代制勤務、加工肉や食品添加物、薬品や発がん物質などの「発がん促進要因」は近代社会になって出現し、年々増加している。
 がんの発生を予防するためには、食生活や生活習慣や生活環境の中から「発がん要因」を避ける努力が最も大切で、さらに、積極的に「がん予防」の対策(免疫力抗酸化力解毒力の増強など)を実践することが重要である。
◆◆


  (中略


がんの発生」は、発がんの『促進因子』と『抑制因子』のバランスで決まる

 「がんの発生率」は、食生活や生活習慣や生活環境によって大きな影響を受けます。

 世の中には、『がんの発生を促進する因子発がん促進因子)』と『がんの発生を抑制する因子発がん抑制因子)』があり、そのバランスによって「がんの発生リスク」が決まります。


 『発がん促進因子』の代表は「喫煙」や「飲酒」や「糖質」や「動物性脂肪」の多い食事です。
 その他、「放射線」や「紫外線」や「ディーゼルエンジンやガソリンエンジンの排ガス」なども「発がんリスク」を高めます(トップの図参照

 「世界保健機関WHO)」の付属組織で人間への発がんリスクの評価を専門に行なっている国際がん研究機関IARC)」は、「発がんリスク」を5段階に分けて報告しています。


 たばこ、紫外線、B型C型肝炎ウイルス、放射線、アスベストなどは「発がんリスク」がある(Group 1)と分類されています。


 ディーゼルエンジンの排ガスは「発がんリスク」の可能性が高い(Group 2A)、ガソリンエンジンの排ガスは「発がんリスク」の可能性がある(Group 2B)に分類されています。


 2011年に「IARC」は、「携帯電話の電磁波」が、脳腫瘍の一種であるグリオーマや耳の神経の腫瘍のリスクを高める可能性がある(group 2B)と発表しています。

 家電製品などから出る「超低周波の電磁波」も「発がんの原因」となる可能性がある(group 2B)と分類しています。


 2007年には『概日リズムを乱す交代制の仕事shift-work)』を「発がん作用」の可能性が高い(group 2A)と分類して発表しています。
 夜勤の多い看護師や、国際線の乗務員のように、概日リズムが慢性的に乱れやすい職業の人では、他の職業の人に比べて、乳がんや前立腺がんの発生率が高いことが報告されています。

 「放射線」については「発がん作用」があるのは確かですが、「発がんリスク」はその被曝量に比例します。
 累積被曝量が100ミリシーベルト以下では「発がんのリスク」は無視できるというのが一般的な意見ですが、それに反対する意見(低線量被曝でも「発がんリスク」に影響する)もあります。

 日本人の場合、CT などの放射線検査による「医療放射線被曝量年間一人平均2~3ミリシーベルト)」が「自然被曝量年間一人平均1.5ミリシーベルト)」を超えていることが問題視され、「医療放射線」と「自然放射線」による年間一人平均3~4ミリシーベルトの「放射線被曝」が日本人に発生する「がんの原因」の3%程度を占めていると推測されています。3%というのは、年間2万人の「がん発生」に相当します(医療放射線被曝」の問題については「226話」参照 )
。

 このような「発がんリスク」の原因をみると、社会の人為的な「発がん原因」が増加し、それによって「人類のがん」が増えているのではないか、という推測ができます。




現代社会では「発がん促進要因」が増えており、がんは『文明病』である

    がんは、汚染や食事などの環境因子によって引き起こされる現代病で、
     ヒトによってつくり出された可能性が高い。


 とする研究結果が報告されています。

 例えば、古い時代のミイラの遺体を検査した研究などで、古代においては『がんは極めて稀な疾患であった』と推測されています。

 「がんの罹患率」は「産業革命」以降、劇的に増加し、特に「小児がん」で顕著であったことから『がんの増加は、単に寿命延長の影響ではない』ことが示唆されるとしています。

    古代の自然環境には「がんの要因」になるものは存在せず、
     がんは環境汚染や食事ライフスタイルの変化が原因の「人為的疾患」と考えざるを得ない。

 という意見です。

 日本において、がんが年々増えていますが、この数十年に関しては、人口の高齢化が一番の原因です。
 がんは、加齢とともに「発生率」が増えてくるからです。

 しかし、この数百年間の「がんの発生率」の増加をみると、高齢化よりも、近代工業化に伴って『人為的な発がん要因』が増えてきたことのほうが重要のようです

 「大気汚染」や「医療放射線被曝」による「発がん」が増えています。
 「交代制勤務による概日リズムの乱れ」や「ストレスの増大」も「発がん」を促進するようです。
 「アスベスト」や「電磁波」や「食品添加物」など、ここ数十年に出現した新たな「発がん要因」もあります。

 近代化に伴って、生活は便利になり、寿命も伸びてきましたが、このような社会環境の変化が『がんを増やす要因』にもなっている点も注意する必要があります。

 「がん予防」の基本は『発がんを促進する要因』を減らすことです避けられるものは避けるのが基本です
 しかし、完全に避けることはできませんので、「がんを抑制する効果」のあることを積極的に実践することが大切です。

 食生活では「野菜」や「果物」や「豆類」を多く摂取し、「ストレスを溜めない」「適度に運動する」などがあります。
 さらに「免疫力」や「抗酸化力」や「解毒力」を高める方法としては、ハーブや漢方薬が有効です。

 日頃から「植物性の食品」を多く摂取し、「がん予防効果」のあるハーブや漢方薬を利用する方法は、『発がん要因』の多い近代社会における『がん発生の予防法』として有効です。


この項の最初の部分の『古い時代のミイラの遺体を検査した研究などで、古代においては「がんは極めて稀な疾患であった」と推測されています』というのは有名な研究です。これにつきましては、次の記事を参照して頂きたいのですが、

   癌は人為的な現代病【癌は過去の人類史にはほとんどなく、現代に新たに生み出されてしまった疾患】
   癌は先進国に現われた「現代病」である(4)【英マンチェスター大学、 A. Rosalie David 教授による見解】

 イギリスの「マンチェスター大学」生物医学エジプト学 KNH センターの「A. Rosalie David」「Michael R. Zimmerman」の両教授は「エジプトの数百体のミイラを調査した結果、たった1体からしか癌が発見されなかった」と報告しています。癌と診断された1体のミイラは2200~2400年ほど前の一般人で直腸癌だったそうです。この結果から『古代において、癌は稀な疾患だった。これは、癌の要因が現代の工業化社会にしか存在しないことを証明している。癌は汚染や食事などの環境因子によって引き起こされる現代病で、人間によって人為的につくり出された可能性が高い』とする研究結果を発表しました。
 この「工業化社会」というのは現代の「先進国社会」のことですから、以上を考慮すれば『癌はつい最近になってから増えた現代病である』と見なすべきなのは言うまでもありません。

 アメリカは『開拓時代のアメリカには、癌はほとんどなかった』と打ち明けており、「チャイナ・スタディ」も『第二次世界大戦以前の人類には、癌はほとんどなかった』と報告しています。
 これは日本も同様で『昔の日本に癌はほとんどなく、昔の日本では、癌は奇病と呼ばれるほど稀な病気だった』のです。
 人類史を見つめれば、癌は近代になってから本格的に現われきた『人為的な現代病』であることが分かります。

 また、癌は高齢になれば罹る疾患ではありません。癌は本来、年齢とは無関係の疾患です。
 例えば、世界には長寿地域がいくつもありますが、この長寿地域とは「その地域に暮らす人が100歳を迎える長寿者が非常に多い地域」であり、この長寿地域には「癌が無い」のです。長寿地域に暮らす人々は100歳を超えても「癌にならない」のですね〔この長寿地域には、癌だけでなく、先進国で多発生しているアトピーなどの先進国病も一つもありません〕。
 ところが、日本では、確かに高齢になるとともに「癌の羅罹率」は上昇しています。ここだけを見てしまうと、まるで「年を取れば、誰でも癌になってしまう‥」と勘違いをしてしまうでしょう。しかし、上記の長寿地域の実例を見れば明らかなように「年を取ったって癌にならない」という人々が事実、存在していますから、「癌は高齢になると、誰でもなる疾患だ」とするのは、実地に符合しない不実なわけです。

 では、これはどういうことかと言いますと、長寿地域の人々は『発癌要因』がまったく無いため、どれほど年を取っても癌にならず、日本人が暮らしている「現代の日本社会」は数え切れないほどの『発癌要因』で溢れ返っており、年を取るごとに身体に『発癌要因』が蓄積するため、年を取れば取るほど発癌率が上昇するのです。「年齢と癌の羅罹率」には、こういうカラクリがあるのですね。

 ですから「高齢化社会になったから、癌が増えている」というのは茶番中の茶番です。確かに、上述の如く、現代の日本人の身体は『発癌要因』で満たされているので「高齢になれば、それだけ『発癌要因』が身体に蓄積する」ことから「高齢になればなるほど、発癌率が上昇する」という現象が起きていますが、これはあくまで『発癌要因』という物理的条件が根本であって、本来「年齢」などは二の次三の次の問題です。
 だって、そうですよね! 長寿地域の人々には『発癌要因』が無いため、何歳になっても、100歳を超えても、一向に癌にならないのですから、この長寿地域の実地を見れば「癌は本来、年齢とは無関係のもの」と理解したほうが自然なのです。

 日本人が高齢になればなるほど「癌の羅罹率」が上昇しているのは、あくまで「身体の『発癌要因』が蓄積して高まるから」なのです。癌は「年齢」を先に見てはなりません。癌は「年齢」が根本問題ではなく、あくまで『発癌要因』という物理的条件が「癌の根本問題」なのです。

 そもそも、現代の日本に「小児癌」が激増しているのを見れば、「本来、癌は年齢とは無関係なんだ!」と感じ取らなければなりません。赤子や幼児の「小児癌」が激増している背景には、日本社会に渦巻く『発癌要因』が激増しているからに他なりません。これは、赤子や幼児の問題ではなく、その赤子や幼児が「母体のお腹の中」にいる頃から、発癌プロセスが始まっているのです。母体である「母親の身体」がすでに『発癌要因』で満たされ、母体はまだその『発癌要因』を抑制して発癌していないけれど、お腹の中の赤子にそのトバッチリが行ってしまい、生まれてから数年のうちに「小児癌」が発生してしまうと見たほうが自然な流れだと思います。それに、現代の日本人は「甘いもの」などの「糖質の過剰摂取」により体内が糖で溢れ返っている人が多いですから、糖過多の母乳を飲めば、それだけ「小児癌」の発癌プロセスが進行しますし〔糖は癌の最大のエサです〕、現代の離乳食や幼児に与える菓子などの「糖質の過剰摂取」もありますから、それだけ「小児癌」の発癌プロセスが進行するでしょう。現代の赤子や幼児は免疫が低下しているのも、「小児癌」が激増している原因の一つかもしれません。

 「免疫の低下」も重大な『発癌要因』の一つです。長寿地域に暮らしている人々は自身の免疫を高く保持しているため、発癌を抑止する力に長けているのでしょう。現代の日本人は免疫が低下してきていますから、その免疫の低さにより発癌を抑止する力に欠け、現代の日本人の発癌率が上昇しているという関与もあるでしょう。

 癌は「加齢」や「遺伝」とは無関係で発生する疾患である。
 このことについては、ぜひ、次のカテゴリの記事を参照されてみてください。

   癌は、遺伝や加齢でなるのではなく、悪い生活習慣や食事が原因である」カテゴリ

 製薬業界も、医学界も、癌医療界も『癌は「加齢」や「遺伝」で起こる病気! だから、癌になるのは仕方がないことだし、避けられないことなんだ!』とし、これを「日本国民の意識下」に刷り込んで洗脳しておいたほうが、日本で癌が激増している本当の原因と理由を日本国民に知られなくて済み、癌医療ビジネスが大いに儲かる〔年間27兆円規模の超巨大医療ビジネス〕ので、癌利権にとっては非常に都合が良いわけです。
 癌は『発癌要因』を改善して封じ込めば、発癌も、癌の再発も、しっかりと防げるのに、まるで『癌は「加齢」や「遺伝」でなるのが当たり前!』としか謳わず、儲かる三大療法〔抗がん剤放射線手術〕だけの癌医療で通常療法を固め、癌を治した元癌患者が必ず実行していた『食事療法』をはじめとする自然療法を一切無視し続けている姿には、本当に「魔境」を強く感じます。この姿に「通常療法に、癌患者を治す意志無し」と見て然るべきです。癌は、価値ある癌治療を自分で学び、自分で癌に対処し、自分で癌を治す意志を持たなければなりません。頭を使って賢く癌に向き合うことが重要なのです。
 三大療法〔抗がん剤放射線手術〕だけの癌医療で癌が治るだなんて考えていたら、癌を治す道筋にすら立てないのが実情なのです。そんな事例は、みなさんの周りにも溢れているはずです。
 癌は『食事療法』を母体〔基盤基本土台〕に置き、他にも「実際に癌に有効している実績のある自然療法」を様々に組み合わせて複合的に併用して行なうことにより、本当の「癌の原因」である『発癌要因』を除去して取り除き、『癌体質』を改善することで、癌が改善治癒していくのです。ここを忘れてはなりません。

 癌はあくまで『発癌要因』の有無の問題です。『発癌要因』を生活の中から回避し、排除し、改善することが大事です。
 うちのお婆ちゃまは、先月の11月でお陰様で無事に96歳を迎えることができました。うちのお婆ちゃまは『発癌要因』が極めて少なかったため、癌にならずに生きてくることができたのだと思います。
 うちのお婆ちゃまは「大正8年生まれ」の古い日本人なので、食生活は穀物菜食が中心、肉食は魚介食がほとんどだったようです〔昔の日本人の典型的な食事内容ですね〕。今は、私たち家族と一緒に暮らしているため、玄米菜食が中心で、肉食は主に魚介食、次いで鶏肉豚肉が少々、たまに牛肉といった食生活です。
 何より、お婆ちゃまは超少食者で、お婆ちゃまの曰く、若い頃から一人前の料理が食べられなかったほどだったと言います。しかし、痩せておらず、小太りした体型をしています。少食なのに小太りしている‥、これは長寿者に多いパターンです。
 でも、面白いことに、うちのお婆ちゃまは、菓子や菓子パンなどの「甘いもの」を結構ちょくちょく食べています。大量には食べませんが、「甘いもの」はちょくちょくつまんでいます。まァ~、元気ならば、それでいいですけど♪
ブログ管理人



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



 以上は「癌の発生」に関する内容ですが、福田一典医師は「癌が発生するリスク」について、次のように言われています。


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~


   がんの発生を促進する因子発がん促進因子)』と『がんの発生を抑制する因子発がん抑制因子)』があり、
     そのバランスによって「がんの発生リスク」が決まります。



~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~


 「癌が発生するリスク」が高い身体の状態であると「癌になる」割合が高いと言えます。
 「癌が発生するリスク」は『癌の発生を促進する因子発癌促進因子)』と『癌の発生を抑制する因子発癌抑制因子)』のバランスによって決まり、『癌の発生を抑制する因子発癌抑制因子)』よりも『癌の発生を促進する因子発癌促進因子)』のほうが高い身体の状態になると「癌が発生するリスク」が高まり、癌が発生して成長することを許して通過させてしまうわけです。

 これは「癌が発生するリスク」だけでなく、癌の発生から、癌の増殖悪性化転移進行のすべてに言えることです。
 癌が増殖悪性化転移進行するのは、癌を抑制する力である『癌の抑止力』よりも、癌が増殖悪性化転移進行する力である『癌の発生力促進力』のほうが上回り、体内の癌が増殖悪性化転移進行しやすい環境条件が整っている身体の状態にあるからです。
 つまり、癌の増殖悪性化転移進行とは『癌の発生力促進力』と『癌の抑止力』の優劣によって決まるのです。
 『癌の発生力促進力』のほうが高ければ、癌が増殖悪性化転移進行していく。
 『癌の抑止力』のほうが高ければ、癌の増殖悪性化転移進行は阻害され、癌が改善する方向に進む。
 これが癌というものですから、癌治療は必ず、この視点を持って考えなければなりません。


 結局、癌というのは、身体の『癌の発生力促進力』と『癌の抑止力』のバランスで決まるのです。
 癌を治せるかどうかは、身体の『癌の発生力促進力』と『癌の抑止力』のバランスで決まります。

 「本物の癌」は、活性酸素(ヒドロキシルラジカル)により DNA が損傷を受けて癌化し、暴走している癌です。
 健常者(健康者)であっても、癌細胞は1日に5000個できると言われています。
 当然「身体の酸化酸化体質)」が進行している人ほど、活性酸素(ヒドロキシルラジカル)が大量に発生していますから、癌ができる割合が高くなるでしょう。

 日々、こうして体内でどうしても発生してしまう癌に対し、身体の癌免疫が対応して癌を抑止しているわけです。
 特に、現代の日本人は、全世代で免疫の低下が目立ちます。
 この癌免疫の機能が低下し、癌を抑止する力が発揮できなければ、日々、どうしても発生してしまう癌を抑えられなくなり、癌の成長を通過させ、許してしまうでしょう。
 しかも、現代の日本人は、上記のような「癌をよく育ててくれる食事」ばかりしている人が非常に多いですから、癌の発生後の成長を許しやすい状態にあると言えます。
 そして、癌の重要な成長因子である「乳酸」の蓄積、及び『乳酸アシドーシス』を体内に多く抱え、また、癌が生存増殖悪性化転移する上で絶対に必須の条件である「酸化した環境」を多く抱えている「身体の酸化酸化体質)」が深い人ほど、癌の成長に有利に働く体内環境を抱えていると言えるでしょう。

 これは、癌を抑止する癌免疫や抗酸化力などの『癌の抑止力』よりも、癌が発生して成長増殖悪性化転移進行する力である『癌の発生力促進力』のほうが大きく上回っている身体の状態にあると言えます。
 こういう体質(身体の状態)になっている人ほど、癌になりやすく、癌が進行しやすく、癌が治り難い、と言えるわけです。

 『癌の発生力促進力』のほうが上回っている状態、『癌の抑止力』のほうが上回っている状態、それぞれを「身体の状態」で表わしますと、

  癌の発生力促進力 のほうが上回っている  癌を発生させる割合が高く、発生した癌が成長しやすい身体の状態
  癌の抑止力 のほうが上回っている  発生した癌をしっかりと抑止し、癌が成長し難い身体の状態

 と言えるでしょう。

 『癌の抑止力』よりも『癌の発生力促進力』のほうが上回っている身体の状態にあることを『癌体質体内に癌を生み出しやすく、癌が増殖悪性化転移進行しやすい身体の状態)』と言うのです。
 つまり『癌体質』とは「癌の抑止力 癌の発生力促進力」の状態下にある「身体の体質」を言います。

    癌の抑止力  癌の発生力促進力  癌体質

 この『癌体質』を改善しない限り、三大療法(抗がん剤放射線手術)であれ、「アミグダリン」や「ベンズアルデヒド」や「丸山ワクチン」であれ、他の如何なる癌治療であれ、どれだけ癌を叩いて薬の力で癌を抑制しようとも、癌は何度でも再発し、『癌体質』を改善するまで再発の脅威にさらされ続けることになるのです。

 ですから、癌治療の真髄とは、『癌の発生力促進力』を挫いて阻害し、『癌の抑止力』を高めることにあります。
 これを実現するには『食事療法』を母体土台基本に置いた自然療法を中心とする癌治療しかないのです。
 これも無くして、癌を本当に治すことはできないことを、どうぞ、深くご理解して頂きたいと思います m(__)m


 福田一典医師がお話しされている内容からもお分かり頂けますように、癌は明らかに「現代病」です。
 癌は、工業化が進んで社会全体が「化学物質」で化学汚染された現代の先進国にしか発生していません。
 この「化学物質」が「本物の癌」を大量に生み出している張本人です。
 ですから、癌において重大な「化学物質」の問題を改善することまで考えてこそ、本当の癌治療であると言えるのです。
 この「化学物質」につきましては、次の記事を参照されてください。

    癌の「真の原因」とは、体内でイオン化された「化学物質」である!
     【 イオン化された「化学物質」が半永久的に「活性酸素」を生み、DNA を損傷して癌を発生させる!】




「水で消火できるなんて嘘だよね‥」になってはいけない!

 上述しましたように「アミグダリン」や「ベンズアルデヒド」には科学的医学的に解明されている「抗がん作用」が実際にあるわけです。ゆえに、アメリカと日本の「自然療法の医療機関」で『IPT療法』として癌治療に採用されているわけです。
 しかし、おかざき内科で「ベンズアルデヒド」の治療を受けたが効果が無かった(効果が得られなかった)という癌患者さんから「嘘だ! インチキだ!」という評価を受けてしまう‥、これは「丸山ワクチン」でもあることですが、この原因は(上記にてお話ししましたように)それに携わる医師や癌患者さんの「癌治療の在り方」に問題があるわけです。必要な癌治療の要素に欠如していたのです。ここが本当の問題点なのですね。
 ここに気づかずに「嘘だ! インチキだ!」とするのは大間違いだと言わざるを得ません。


 例えば、こう説明すれば分かりやすいかもしれません。

 雨がまったく降らない日が長く続き、湿度が低く、カラカラに乾燥している状態にありますと、アメリカやロシアなどでは、大規模の森林火災が発生することがありますよね。
 この時、多数の消防隊員が集結して、森林火災に対して地上から上空から多量の水を撒き、放水活動を行ないます。
 しかし、火災に有利な「湿度が低い」「乾燥度が高い」などの物理条件環境条件が整っていると、放水活動を行なっても、なかなか消火がはかどらずに難航し、10日間とか、時に1ヵ月間も森林火災が続くことがあるのです。

 そして、消火活動に嫌気が差した消防隊員が、このように叫びました。

    水で消火できるなんて嘘だよね!
     だって、こんなに水を撒いているのに、全然、火災を消火できないじゃないかァ!
     水には「消火力」なんて無いんだよォ!


 まァ~、ちょいと、おかしな話に聞こえるかもしれませんが(笑)、この消防隊員は森林火災に散々、水を撒いて放水活動をしても、全然、火災が消火できないので、その結果『水には「消火力」なんて無い!』と言っちゃったんですね‥。

 ところが、どうでしょう。
 当然ながら、周知の如く、水には「消火力」があります。
 火の付いたマッチに水をかければ、当然、火は消えます(水で消火できます)。
 その逆でも同様、火の付いたマッチを水の中に入れれば、これまた火は消えます(水で消火できます)。
 つまり、これは『水は「消火力」がある』という証拠です。

 しかし、いくら水に「消火力」があっても、水の「消火力」を上回る、火災に有利な「湿度が低い」「乾燥度が高い」などの物理条件環境条件が整っていると、水の「消火力」を発揮できないのですね。
 その物理条件環境条件によって、結果が変化するわけです。


 これと同様、上述のように、癌患者さんが毎日「癌を育てて進行させる食事」ばかりして、癌を育てないで済み『癌体質』を改善できる『食事療法』を何もしておらず、その上、癌治療に有効する自然療法を他に何も行なっていなかったとするならば、身体の『癌の抑止力』を高めることができず、『癌の発生力促進力』のほうがますます盛んになります。
 これでは「アミグダリン」や「ベンズアルデヒド」や「丸山ワクチン」の「抗がん作用」に頼ってみても、その「抗がん力」を発揮することができない、また、その「抗がん力」をしっかりと効果させることができない物理条件環境条件(体内環境)が身体に整ってしまっているわけです。

 このような『癌の発生力促進力』をより一層高めてしまう物理条件環境条件(体内環境)を、日々、自らせっせとつくり上げておきながら、「アミグダリン」や「ベンズアルデヒド」や「丸山ワクチン」に効果が無かった(効果が得られなかった)と言われても「そりゃ、当然でしょッ!」としか言えないのですね‥(涙)


 水には「消火力」がある。
 しかし、水の「消火力」を上回る、火災に有利な物理条件環境条件が整っていれば、水の「消火力」を発揮できない。

 これと同様に、

 「アミグダリン」や「ベンズアルデヒド」や「丸山ワクチン」に「抗がん作用」があり、「抗がん力」を発揮する。
 しかし、その「抗がん力」を上回る『癌の発生力促進力』の物理条件環境条件(体内環境)が身体に整っていれば、残念ながら、その「抗がん力」を発揮することは困難なのです。
 「アミグダリン」や「ベンズアルデヒド」や「丸山ワクチン」が持つ「抗がん力」の恩恵を得るためには、「アミグダリン」や「ベンズアルデヒド」や「丸山ワクチン」が「抗がん力」をしっかりと発揮できるような物理条件環境条件(体内環境)を自らつくり上げることによって支援してあげないといけないわけですね。

 ここは、世の多くの医師や癌患者が理解できていない「盲点」です。
 とても重要なところなので、よくよくご理解されてください m(__)m



私は ベンズアルデヒド よりも アミグダリン を推奨します!
  アミグダリン は『琵琶の種の粉末』を利用すれば、
  誰でも『アミグダリン療法』が
自宅で行なえるようになります!


 私は当ブログサイトで「アミグダリン」を利用する癌治療を推奨しています。
 上述の通り、「アミグダリン」は「ベンズアルデヒド」と「シアン化水素青酸」という “2種類の猛毒” があり、それは「相乗効果」によって100倍もの毒性を発揮し、癌細胞だけを選択的に破壊することができます。正常細胞には一切無害ですから、副作用が無く「抗がん療法」を行なうことができるのです。

 この「アミグダリン」は「ベンズアルデヒド」と「シアン化水素青酸」という “2種類の猛毒” の「相乗効果」によって癌細胞を強力に破壊しますから、おかざき内科で処方されている「ベンズアルデヒド」“1種類の猛毒” の飲み薬よりも効果的に「抗がん力」を発揮するでしょう。

 この「アミグダリン」を『アミグダリン療法』として個人で活用するには、一体、どうしたら良いのかと言いますと、医療用の「アミグダリン点滴」などは一般人が手に入れることはとても困難ですから、やはり「アミグダリン」が多量に含まれている「琵琶の種」を使用するのが一番です。
 ただ、「琵琶の種」は人気がありすぎて、なかなか入手するのが困難であるため、今も多くのメーカーが製造販売している『琵琶の種の粉末』ならば一年を通して誰でも入手できるので、この『琵琶の種の粉末』を利用するのが一番手っ取り早く自宅で『アミグダリン療法』をマイペースで行なえます。

 このことにつきまして、私は次の記事で、このようにお話ししました。


    癌を叩いて追い詰めると同時に、癌免疫を改善・強化して再建する『自宅でIPT療法』
     《 飲尿療法+IPT療法 》【 飲尿療法の意義と注意点:自宅で アミグダリン療法!】



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


アミグダリン(ビタミンB17)療法枇杷療法 癌細胞を副作用なく殺傷する
  〔枇杷療法・枇杷種の粉末」カテゴリ

 『アミグダリンビタミンB17)』が癌細胞に届くと(癌細胞に取り込まれると)癌細胞を殺傷します。
 この原理は「アミグダリン(ビタミンB17)が「癌細胞だけを破壊する」仕組み」記事を参照してください。

 『アミグダリンビタミンB17)』は「枇杷(びわ)」に多く含まれています。
 「枇杷の葉」にも含まれているのですが、
 特に『枇杷の種』には非常に多くの『アミグダリンビタミンB17)』が含まれています。
 一般人が入手しやすい『アミグダリンビタミンB17)』は、何と言っても『枇杷の種の粉末』です。
 次のように『枇杷の種の粉末』は今も多くのメーカーから販売されています。
 これは、ご自分で納得のいく『枇杷の種の粉末』を使用すると良いでしょう。

      
      


 『アミグダリンビタミンB17)』は、正常細胞にはまったく無害であり、癌細胞だけを殺傷しますから、
 この『アミグダリン(ビタミンB17)療法枇杷療法』も安全な「天然の抗がん療法」になります。


  (中略


 「琵琶の種」には、多量の『アミグダリンビタミンB17)』が含まれています。
 医療用の『アミグダリンビタミンB17)』は一般の方が入手するのは難しいですが、
 「琵琶の種」ならば一般の方でも入手することができますので、
 癌患者さんが自宅で『IPT療法』を行なう時に使用する『アミグダリンビタミンB17)』には、
 やはり、一般の方が入手することができる「琵琶の種」を選ぶのが一番です。

 「琵琶の種」に多量に含まれる『アミグダリンビタミンB17)』を利用するには、
 「琵琶の種」を焼酎で漬けた『枇杷の種酒』か、
 「琵琶の種」を微粉末にした『枇杷の種の粉末』を利用するという方法になります。

 次の記事を参照して頂きたいのですが、

    リチャードソン博士の癌特効薬、スティーブ・マックイーンの不運
     【癌治療は「アミグダリン」だけに頼ってはいけない! 必ず『癌体質の改善』に主眼を置くことが大事!】


 この記事の最後のほうの【 私が『枇杷の種の粉末』を推奨する理由】の項にてお話しさせて頂いていますように、
 我が家でも『枇杷の種酒』を漬けようとして「琵琶の種」を購入しようと思ったのですが、
 「琵琶の種」は人気がありすぎて手に入らなかったのです‥。
 それで、誰でもすぐに手に入る『枇杷の種の粉末』に着目した次第です。

 『枇杷の種の粉末』は、もともと『アミグダリンビタミンB17)』を多量に含む「漢方」として人気があるものです。
 ですから、今でも多くのメーカーが製造販売しているほど需要がある商品です。
 この『枇杷の種の粉末』ならば、一年を通して誰でもすぐに手に入りますから利用しやすいです。
 手に入らなければ実行すらできないので、これではお話になりませんからね‥。

 今も多くのメーカーにより製造販売されている『枇杷の種の粉末』を上手に利用すれば、
 誰でもすぐに『アミグダリン(ビタミンB17)療法枇杷療法』を実行することができるでしょう。

 また『アミグダリンビタミンB17)』が、正常細胞には一切無害で、癌細胞だけを破壊する機序につきましては、
 次の記事を参照されてください。

    アミグダリン(ビタミンB17)が「癌細胞だけを破壊する」仕組み
     【アミグダリンの「癌細胞だけを破壊する流れ」と「正常細胞に益する流れ」の工程を見てみましょう!】



 そして『アミグダリンビタミンB17)』を多く含む『枇杷の種の粉末』は、
 いきなり5gや10gも多量に摂取すると中毒症状を起こします。
 ですから、最初は1gの摂取から始め、次に2g、次に3gと、摂取量を段階的に少しずつ増やしていき、
 身体を徐々に『アミグダリンビタミンB17)』に慣れさせていく必要があります。
 この摂取量の点は『アミグダリンビタミンB17)』を処方する上で非常に重要なので、
 必ず、次の記事をよく参照されておいてください。

    アミダグリンの「危険性」と「正しい使用法」!
     『枇杷の葉(乾燥)』風呂の入浴は、酸化還元力・殺菌力に優れている!


   『枇杷の種』の危険性【『枇杷の種』の粉末を大量に服用すると事故死するので、
     必ず「少量から」スタートし、段階を分けて「30%」ずつ増量して体に慣らしていく!】


    びわ種の副作用等、服用の注意点 ~ 薬の三砂堂漢方

 『枇杷の種の粉末』は、用法用量さえ守れば安全なのものです。
 以上の記事を参照して頂き、正しい用法用量をよく守って活用されてください。
 よろしくお願いします m(__)m


  (中略


 上述しましたように『枇杷の種の粉末』は、いきなり最初から5gも10gも多量に摂取することはできません。
 最初は1gから摂取し始め、それに慣れたら次に2g、それに慣れたら次は3gと、
 このように段階的に「少しずつ摂取量を増やしていく」ことで身体に慣れさせていかないと、
 最初から、いきなり5gも10gも摂取すれば中毒症状を起こして危険です。

 参考になる症例では、この『枇杷の種の粉末』を最初に3g摂取した方が、
 摂取後に「舌にブツブツが出る」という中毒症状が現われたケースがあります。

 例えば『枇杷の種の粉末』を最初に1g摂取して中毒症状が起こらなければ次に2g、
 2g摂取しても中毒症状が起こらなければ次に3g摂取し、
 もし、3g摂取した時点で中毒症状が起こったなら、そこでもう一度2gに戻り、2gの摂取をしばらく続けます。
 そして、3gを摂取して中毒症状が起こらなくなっていれば身体がその量に慣れた証拠ですから、
 次に4g摂取して様子を見て、それで中毒症状が起こらなければ次に5gと、
 こうして『枇杷の種の粉末』の摂取量を段階的に少しずつ増やしていき、
 身体を徐々に『アミグダリンビタミンB17)』に慣れさせていくのです。

 この『枇杷の種の粉末』の摂取量に関しましては非常に重要な点ですから、
 必ず、次の記事をよく参照されてください。よろしくお願いします m(__)m

    アミダグリンの「危険性」と「正しい使用法」!
     『枇杷の葉(乾燥)』風呂の入浴は、酸化還元力・殺菌力に優れている!


   『枇杷の種』の危険性【『枇杷の種』の粉末を大量に服用すると事故死するので、
     必ず「少量から」スタートし、段階を分けて「30%」ずつ増量して体に慣らしていく!】


    びわ種の副作用等、服用の注意点 ~ 薬の三砂堂漢方


 『枇杷の種の粉末』はもともと「漢方」ですから、今も愛好家が多いです。
 摂取量を段階的に少しずつ増やしていき、身体に徐々に慣れさせていく手順さえ踏めば、これは安全なものです。

 例えば、運動不足で身体がなまっているような人が、いきなり100km も走ることはできませんよね。
 もし無理して強引に走ってしまえば、身体を壊して危険であるのと同様です。
 最初はまずウォーキングから始めて少しずつ足腰を慣らしていき、身体が歩くことに慣れてきたら、
 次に2~3km から走り始め、やがて5km、そして10km と走れるようになり、
 これを継続していくうち、ついには100km というウルトラマラソンにも出場することができるようになるでしょう。

 『枇杷の種の粉末』も、このジョギングと同じです。
 身体を『アミグダリンビタミンB17)』に徐々に慣れさせていき、
 『アミグダリンビタミンB17)』を多く摂取できる身体づくりをしている必要があります。

 このように、自然療法は何でも身体づくりですから、
 「よし! いっちょ、やってみっかァ!」という気持ちが湧き起こってから、すぐにポンポンできるものではありません。

 『糖質制限食ケトン食)』も『断食療法』も『アミグダリン(ビタミンB17)療法枇杷療法』も『飲尿療法』も、
 もちろん、その他の自然療法も、いきなり玄人のようにできるわけではありませんが、
 しかし、ご自分なりにやっていけば必ずできるようになります。
 やはり「やろう!」という思いが一番大事ですから、必ず焦らずに進めていきましょう。

 そして、決して無理だけはせずに、ご自分の力に合わせたやり方に変化させ、
 自ら「安全性を確保した療法」へと仕上げていってください。

 以上のように、癌治療では『癌体質』を改善するのに有効する「複数の自然療法」を、
 「複合的に併用して」いろいろと組み合わせて行なうことが大事であることを決して忘れないでください。

 また、癌が悪化している癌患者さんや末期癌患者さんは、
 (上記のような)身体に無害で安全な「天然の抗がん療法」を用いて、
 「癌を叩いて追い詰める」ことを併用するのを絶対に忘れないでください。

 上述しましたように、癌治療とは基本的に、
 【癌体質を改善する方向性】【癌を叩いて追い詰める方向性】の “2つの方向性” を考慮することが大事です。
 癌治療は、この “2つの方向性” をバランスよく備えた方法を選択されてください。


    癌体質を改善する方向性の療法
    ( 体内に癌を生み出す根本である『癌体質』そのものを改善する治療

    癌を叩いて追い詰める方向性の療法
    ( 癌の正体である『癌体質』を改善するまでの「時間稼ぎ」をするために癌を「叩く」治療



 とにかく、癌治療は上記のように「複数の自然療法」をいろいろと組み合わせて行ない、
 「自力で」癌の生還率を上げていくことが肝要です。




◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



 上記の中にあります次の記事は、漢方専門店の「琵琶の種の副作用、服用の注意点」に関する内容です。
 とても重要なので、よくご覧になられておいてください m(__)m


    びわ種の副作用等、服用の注意点 ~ 薬の三砂堂漢方


 この漢方専門店が書かれていますように『琵琶の種の粉末』には多量の「アミグダリン」が含まれており、「アミグダリン」自体に毒性があります。
 この毒性によって癌細胞を殺傷して「抗がん力」を発揮するので、逆に「アミグダリン」に毒性が無いと困るのですが、上述の如く、身体はこの「アミグダリン」の毒性を無毒化することができるので問題はありません。
 しかし『琵琶の種の粉末』を摂取しすぎて「アミグダリン」を過剰摂取してしまうと、身体の無毒化が追い付かず、中毒症状を引き起こしますので、上記のように『琵琶の種の粉末』の摂取量を段階的に少しずつ増やしていき、身体を「アミグダリン」に徐々に慣れさせていく過程が絶対に必要です。

 でも、これは、逆に言えば、漢方専門店が上記の記事で注意を促すほど「琵琶の種」には多量の「アミグダリン」が含まれているという証拠であり、一年を通して誰でも入手しやすい『琵琶の種の粉末』を上記のように用法用量を守って利用すれば、誰でも自宅でマイペースで『アミグダリン療法』を実行できるのです。
 つまり『琵琶の種の粉末』を利用すれば、誰でも『自己療法』として自宅でマイペースで「抗がん療法」を行なえるのです。

 しかも、その費用は、通常療法の「抗がん剤治療」のように、抗がん剤点滴1本で13000円だの18000円だのという高額医療費がかかる上、副作用に苦しむのとは違い、『アミグダリン療法』を『琵琶の種の粉末』で行なえば、副作用が無く、上記の商品のように2000~3000円から4000~5000円ほどで行なえるのです。この値段は「抗がん療法」として考えると、まず「破格の安さ」です。「アミグダリン」が多量に含まれている『琵琶の種の粉末』を利用すれば、誰でも自宅で『アミグダリン療法』という「抗がん療法」を安価に行なうことができるのです。

 このように、自分で工夫して行なえば、医療機関を通さずとも、確かな「抗がん療法」が自宅で安価にできるわけです。
 通常療法の癌医療は「癌医療ビジネス」として「金儲け」するために “わざと” 高額設定にしているので、通常療法の癌医療を無思考に受ければ、誰でもウン十万円、ウン百万円もかかってしまうわけです。中には一千万円もかかった上、亡くなられている癌患者さんもいるのです。こんな馬鹿げた「癌医療ビジネス」に踊らされるのはもうこりごりです。

 癌患者さんが少しでも工夫して、自宅で「最安値で」癌を治せるようになって頂きたいものです。
 自分でよく調べ上げて情報を得て、自分でいろいろと考えて工夫すれば、安価にできる癌治療が結構あります。
 癌患者さんの思考法と意思と工夫次第なのです。


 ただ、念のため、もう一度、お話ししておきますが、癌を治すというのは、あくまで『癌体質体内に癌を生み出しやすく、癌が増殖悪性化転移進行しやすい身体の状態)』を改善せしめることにあるのであり、身体の『癌の抑止力』を高めて、同時に、身体に根付いている『癌の発生力促進力』を封じ込めることにあるのです。
 あくまでも『癌体質の改善』こそが癌治療の真髄であることを、絶対に絶対に忘れないでください m(__)m

 ですから『琵琶の種の粉末』と言えども、これは「アミグダリン」の「抗がん力」によって『癌の抑止力』を支援してもらうだけですから、『琵琶の種の粉末』を利用した「アミグダリン」の治療「だけ」を行なっても『癌体質』は改善しませんので、『琵琶の種の粉末』を処方した「だけ」では(当たり前ですが)癌を本当に治すことはできません。
 これは「アミグダリン」であれ「ベンズアルデヒド」であれ「丸山ワクチン」であれ、みな同じです。
 癌は『食事療法』などにより『癌体質の改善』を果たしてこそ本当に治すことができることを、よくご理解されてください。

 「アミグダリン」や「ベンズアルデヒド」や「丸山ワクチン」というのは、『癌体質』を改善するまでの「時間稼ぎ」をするために、その「抗がん力」を利用するという意味が大きいのです。
 この意味を深くご理解して頂けますよう、よろしくお願いします m(__)m


 ちょっと、しつこいかもしれませんが、もう一度、言わせてください。

 私は、『琵琶の種の粉末』を利用した「アミグダリン」の治療「だけ」で癌が治っちゃいますよ、などと囁いているわけではありません。
 癌が悪性化している癌患者さんや末期癌患者さんは、癌を「叩く」という「抗がん療法」によって『癌体質』を改善するまでの「時間稼ぎ」をすることも重要なのです。
 自分の癌に対して『食事療法』だけで対処した癌患者さんは、「アミグダリン」や「ベンズアルデヒド」や「丸山ワクチン」のような “ 癌を「叩く」” という「抗がん療法」を組み合わせていなかったために『癌体質』を改善するのが間に合わず、癌の暴走を阻止することができずに亡くなられた方がかなり多いのです。

 あの「スティーブ・ジョブズ」だって、その一人です。
 彼は『食事療法』しか行なっておらず、 “ 癌を「叩く」” という「抗がん療法」を組み合わせていなかったため、癌の暴走を食い止めきれずに癌を悪化させ、その後、自分の過ちに気づいて手術はしましたが、もはや手遅れで助かりませんでした。
 今の「本物の癌」に対して『食事療法』という治療「だけ」で対処するというのは、こういう危険性が多数潜んでいることを決して忘れないでください。こういう過ちを起こしてはなりません。

 今の「本物の癌」に対しては『食事療法』を母体土台基本に置いたなら、必ず「アミグダリン」や「ベンズアルデヒド」や「丸山ワクチン」のような “ 癌を「叩く」” という「抗がん療法」を組み合わせて併用して行なうべきです。
 私ならば必ずそうしますし、私の身内が癌になっても必ずそうしてもらいます。
 なぜならば、そのほうが確実に癌の生還率が上がるからです。
 通常療法の「抗がん剤治療」などを避けるなら、こうして工夫することにより「自力で」癌の生還率を上げる努力をすることが肝要なのです。この癌治療における重要性をよくよくご理解されてください m(__)m



癌を治すためには、二大『癌体質』である「酸性体質」と「酸化体質」を改善すること!

 癌細胞はミトコンドリアが機能しておらず、エネルギー(ATP)産生を解凍系だけで行なっているため、ほとんどの癌細胞は「ブドウ糖」しかエサにすることができません。
 解凍系のエネルギー(ATP)産生は効率が悪く、「ブドウ糖」1分子でたった 2ATP しかつくれませんから、癌細胞は大量の「ブドウ糖」を取り込んでいます。「ブドウ糖」を大量に取り込んでどんどん代謝しないとエネルギー(ATP)不足を起こすからです。

 ミトコンドリアが機能していない細胞の「ブドウ糖」代謝の最終産物は「乳酸」です。
 癌細胞は「ブドウ糖」を大量に取り込んでは「乳酸」を大量につくり出しているため、常に「乳酸」が蓄積しており、癌細胞では「乳酸」の蓄積によって生じる『乳酸アシドーシス乳酸の蓄積によって酸性に傾いている状態)』が起こっています。

 この「乳酸」の蓄積、及び『乳酸アシドーシス』は、癌細胞にとって重要な生存条件成長因子です。
 癌細胞は「乳酸」の蓄積、及び『乳酸アシドーシス』の「酸毒」という「癌成長因子2種類」を産出し、この2つの成長因子が定着した組織に、癌細胞が遊離して結合していく、という転移を行ないます。
 癌が転移するには「乳酸」と『乳酸アシドーシス』の「酸毒」という2つの成長因子が定着した組織が必要なわけです。
 ゆえに『乳酸アシドーシス』が定着している組織は、癌が転移する対象となります。
 ここは、次の記事を参照してください。

    癌は『乳酸アシドーシス』による「酸毒」で成長していく!

 癌細胞の重要な生存条件成長因子であり、癌が転移する時に必要となる「乳酸」の蓄積、及び『乳酸アシドーシス』を改善することは、癌の生存成長増殖悪性化転移進行のすべてを阻害する重要な癌治療となります。


 また、癌患者さんは「身体が酸化した結末の症状として癌になっている」のです。
 癌患者であるならば、大なり小なり「酸化体質」になっており、「酸化ストレス」も高いことでしょう。
 癌患者さんは「身体の酸化酸化体質」が「根本原因」で癌になっているわけです。

 癌は正常細胞には転移することができません。
 癌は「酸化」した細胞や組織でなければ、転移することができないのです。
 癌は(上記のように)その細胞や組織が「乳酸」の蓄積によって生じる『乳酸アシドーシス』という「酸毒」に侵され、同時に「酸化」している場所でなければ、転移することができないのですね。
 癌は「酸化している細胞や組織」にだけ転移することができ、「酸化」した環境で拡大していきます。
 ここは、次の記事を参照してください。

    癌は、酸化した細胞にしか転移できない - 東京大学 医学部 名誉教授「渋谷正史」教授


 ですから、癌治療には、癌細胞や体内で生じている「乳酸」の蓄積、及び『乳酸アシドーシス』を改善すること、それと同時に「身体の酸化酸化体質」を改善することが必須なのです。

 癌細胞や体内で生じている「乳酸」の蓄積、及び『乳酸アシドーシス』を改善するには、身体の血液体液を酸性に傾けず、弱アルカリ性に保つ植物性食品を中心とした『食事療法』が有効します。
 そして、その上で役に立つのが「重曹」です。「重曹」を水に溶かした『重曹水重曹液)』が効果します。

 また、体内に癌を生み出す「根本原因」である「身体の酸化酸化体質」を改善するには「抗酸化物質」を含む食品を摂取する『食事療法』が有効します。
 しかし、もし「身体の酸化酸化体質」が重篤になっていれば、摂取した栄養素が瞬く間に「酸化」されて「酸化物質」と化し、「酸化」された栄養素は正常に働くことができないので『食事療法』が機能しません。
 この場合には『水素療法』や『電子治療』などの「抗酸化治療」「酸化還元治療」が効果します。「抗酸化治療」「酸化還元治療」によって、癌の「根本原因」にして、癌の生存成長増殖悪性化転移進行のすべてに関与している「身体の酸化酸化体質」を急速に改善することで、癌の治癒に貢献します。

 この『重曹水重曹液)』と「抗酸化治療」「酸化還元治療」につきまして、私は次の記事で、このようにお話ししました。


    癌を叩いて追い詰めると同時に、癌免疫を改善・強化して再建する『自宅でIPT療法』
     《 飲尿療法+IPT療法 》【 飲尿療法の意義と注意点:自宅で アミグダリン療法!】



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


重曹療法 癌細胞で生じている「乳酸の蓄積」及び『乳酸アシドーシス』を中和する
  〔重曹療法・メープル重曹療法」カテゴリ

 重曹を水に溶かした『重曹水重曹液)』は「弱アルカリ性」であり、
 この『重曹水重曹液)』を「空腹時」に飲用すれば、
 『重曹水重曹液)』の「弱アルカリ」が血流を通して癌細胞まで届き、
 癌細胞に「乳酸」が蓄積することで生じている『乳酸アシドーシス』の「酸毒」を中和して「制酸」し、
 癌細胞を弱体化させ挫きます。

 癌細胞は「乳酸」の蓄積、及び『乳酸アシドーシス』という2つの「酸毒」を成長因子にして増大悪性化転移をします。
 逆に言えば、この2つの「酸毒」がなければ、癌細胞は増大悪性化転移することができない、と言えるわけです。
 つまり、癌細胞における「乳酸」の蓄積、及び『乳酸アシドーシス』という2つの「酸毒」を無くすことにより、
 癌の進行を自然抑制することができるのです。

 ですから『重曹水重曹液)』の「弱アルカリ」によって癌細胞における2つの「酸毒」を「制酸」して中和し、無くせば、
 癌細胞を弱体化させ、癌を衰退させることができるのです。これは『制酸療法』とも言えます。

 また、癌は「乳酸」の蓄積、及び『乳酸アシドーシス』の「酸毒」という「癌成長因子2種類」を産出し、
 この2つの成長因子が定着した組織に、癌細胞が遊離して結合していく、という転移を行ないます。
 癌が転移するには、上述の「酸化した細胞」に加えて、
 「乳酸」と『乳酸アシドーシス』の「酸毒」という2つの成長因子が定着した組織が絶対に必要なわけです。
 ゆえに『乳酸アシドーシス』が定着している組織は、癌が転移する対象となります。
 ここは「癌は『乳酸アシドーシス』による「酸毒」で成長していく!」記事を参照してください。

 よって、体内に『乳酸アシドーシス』が定着している組織があれば、
 そこは「癌が転移する可能性がある場所」になるわけですが、
 もし、体内に『乳酸アシドーシス』が定着している組織があったとしても、
 『重曹水重曹液)』の飲用によって体中の『乳酸アシドーシス』を「制酸」して中和し、無くしてしまうのですから、
 『重曹水重曹液)』を飲用することにより『癌の転移を阻害して抑制する作用』を発揮できるわけです。

 もう、お分かりの如く、この『重曹療法』は安全な「天然の抗がん療法」になるのです。
 重曹は医薬品にもなっている安全なものですから、『重曹水重曹液)』は身体に無害です。
 癌細胞にとっては超最悪ですけど・・・(涙)

 我が家は自然食品の「木曽路物産株式会社」の『内モンゴル天然トロナ鉱石から作る重曹』を使用しています。
 これは「100% 天然の重曹」であり、薬局で売っている「精製した医薬品の重層」ではありませんので、
 『重曹水重曹液)』をつくって飲用するのに一番安全です。

      

木曽路物産『内モンゴル天然トロナ鉱石から作る重曹』 ( 600g真中 1000g 2000g


 ただ、『重曹水重曹液)』を飲用する上で必ず気をつけなければならないことは、
 重曹は「胃酸(pH1.0~1.5)」を中和する医薬品(胃酸の中和剤制酸剤)にもなっているくらいですから、
 食前と食後に『重曹水重曹液)』を飲用しますと「胃酸」が中和されて消化不良を起こします。

 ですから、『重曹水重曹液)』の飲用は、食前と食後は必ず避けること、
 つまり『重曹水重曹液)』は必ず「空腹時」に飲用することです。ここは絶対に守ってください。
 『重曹水重曹液)』は、必ず「空腹時」に飲用しましょう!

 詳しくは「ビタミンB1の欠乏は『乳酸アシドーシス』を生じる原因となる ~ 武田英二 医学博士」記事の、
 最後のほうの部分を参照してください。

 『重曹水重曹液)』を飲んで「胃酸」を中和してから(胃酸の消化力が失われてから)食事を食べたら、
 絶対に消化不良を起こします。
 または、食後すぐに『重曹水重曹液)』を飲んでも「胃酸」が中和されて(胃酸の消化力が失われて)、
 同様に消化不良を起こします。
 こんなことされたりでもしたら、食物を消化することができません。
 『重曹水重曹液)』は必ず「空腹時」に飲用し、食前と食後は絶対に避けてください。

 『重曹水重曹液)』を飲用して「胃酸」が中和されても、しばらくすると、胃液が分泌されて元に戻ります。
 胃液の分泌を促進するには「自然海水塩海の塩)」を適宜に摂取することです。
 ここは「塩は胃液の材料となり、胃腸を守る薬となる!」記事を参照してください。



抗酸化治療酸化還元治療 重大な『癌体質』である「身体の酸化酸化体質)」を改善
  〔水素療法」カテゴリ、「抗酸化治療・酸化還元治療」カテゴリなど

 上述しましたように、癌患者さんの身体は大なり小なり必ず「酸化体質」になっています。
 癌は「身体が酸化した結果の症状」として発生します。
 「身体の酸化酸化体質)」は、体内に癌を生み出し、癌を進行させる重大な『癌体質』ですから、
 「抗酸化治療」「酸化還元治療」によって「身体の酸化酸化体質)」を改善することが癌治療として有効します。

 癌という生き物は、細胞が「酸化」していないと増大悪性化転移ができないのです。
 ならば、「抗酸化治療」「酸化還元治療」を集中して行なうことにより、
 「身体の酸化酸化体質)」を改善して「酸化した細胞」を無くせば、
 新たな癌の発生、及び、癌の増大悪性化転移を阻害することができ、
 癌の進行を自然抑制することができるのがお分かりになられるはずです。

 『水素療法』や『電子治療』などのご自分の納得できる「抗酸化治療」「酸化還元治療」により、
 「酸化ストレス」を軽減せしめて「身体の酸化酸化体質)」を改善し、
 癌が増大悪性化転移する大きな原因となる「酸化体質」を改善していきましょう。




◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



 「乳酸」の蓄積、及び『乳酸アシドーシス』は「酸性体質」であり、「身体の酸化」は「酸化体質」です。
 この「酸性体質」と「酸化体質」の2つは、癌の生存成長増殖悪性化転移進行のすべてに関与しています。

 よって、「酸性体質」と「酸化体質」の2つは、癌の二大『癌体質』と呼ぶべきものであり、癌患者さんが癌を治す上で絶対に改善すべきものです。
 癌を本当に治したければ、体内に癌を生み出す「根本原因」であり、癌の生存成長増殖悪性化転移進行のすべてに関与している二大『癌体質』である「酸性体質」と「酸化体質」を必ず改善する必要があります。

 この視点は、癌治療において非常に重要です。
 次の記事を参照して頂き、二大『癌体質』である「酸性体質」と「酸化体質」を必ず改善することの重要性をよくご理解されてください。よろしくお願いします m(__)m

    癌の根本治療は、「酸性体質」と「酸化体質」という二大『癌体質』を改善すること!
     【 重篤に悪化した「酸化体質」の前には、食事療法ですら無意味と化す!】




癌は「何かを飲んだら治る」という簡単なものではありません
  食事療法の指導や自律神経の指導など、総合的に行なうことが重要です


 では、最後に、アマゾンの『がんの特効薬は発見済みだ!』の「カスタマーレビュー」の中で素晴らしいご意見を寄せている方がおられますので、その方の カスタマーレビュー をご紹介させて頂きたいと思います。



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


 真実
 【「アマゾン『がんの特効薬は発見済みだ!』カスタマーレビュー」
より 】


投稿者 Oさん ★☆☆☆☆ 〔2012/1/26

 この治療法は不完全と言えます。
 癌は「何かを飲んだら治る」という簡単なものではありません。
 食事療法の指導や自律神経の指導など、総合的に行なうことが重要だと思います。

 「ベンズアルデヒド」だけよりも、
 『枇杷の種アミグダリンベンズアルデヒドシアン化水素)』のほうが効果的という声もあります。

 白川先生の「末期癌2年生存率61%」という本にも書かれていますが、
 (癌は)総合的な医療が重要です。

 この「ベンズアルデヒド」だけで(癌を)治そうと考えてはいけません。
 「治らない」と言う人のほうが多く、「治る」というブログを見たことがありません。
 一人だけアメブロで擁護している人がいますが、この人は「実は身内では?」という疑問がある人で、
 異常なほど「治る」を連呼する人ですので、信頼できる情報ではありません。
 いろいろな治療をした上で(ベンズアルデヒドを)「一つの選択」としてなら良いのではないでしょうか。

 ここの病院(おかざき内科)は対応が最悪です。
 癌を患う子供がいる母親なら、当然、予約が半年先まで待てません。
 半年先だと子供が死んでいる可能性が高いからです。

 懇願して哀願している母親へ怒鳴り散らして追い返していました。
 その時は、患者も少なく、母親は誰よりも早くから病院の開く時間をお待ちしており、
 見ている患者は全員、こうゆう状況で患者が少ないし、
 「診察してあげても良いよね?」という会話が出ていたほどです。

 泣き叫んでお願いをしていましたが、
 最後は怒鳴り散らされた母親は泣く泣く九州まで帰りました。
 往復だけでも、お金も時間も相当大変です。
 その気持ちを汲るだけの器や患者への愛が無いのなら、医者を辞めてください。

 また、実話ですが、
 母親の代行で予約して息子さんが薬(ベンズアルデヒド)だけを受け取りに来たそうです。
 息子さんは保険証を忘れてしまい、「実費で支払います」とお願いをしたところ、
 「うちの病院は保険以外対応しません!」と、いきなり怒鳴りました。
 息子さんは「母親がこの薬(ベンズアルデヒド)に希望を持ち、自分の帰りを待っているので、
 家が遠く(長野県)、保険証を即取りに行けないので、実費でお願いします」と頼むと、
 さらに事務長がブチ切れて、息子さんを怒鳴り散らして追い返していました。

 当然、息子さんに非はありませんし、法的にも実費は問題ありません。
 しかし、受診をした母親は、法律上、医師法により投薬をして患者を守らなければなりません。
 患者として普通の失礼が無い対応で話しているのに、
 事務長は大声で怒鳴り散らして追い返していました。

 岡崎先生は優しいと勘違いしてはなりません。
 実は、全部、岡崎先生の指示でもあるのですから。
 あの病院はおかしいです。

 また、この治療法は、東風医師が凄いのであり、
 東風医師だからこそ、点滴療法や他のアドバイスを含めての治癒改善率なのです。
 この先生(岡崎医師)では、東風先生のような効果は出ません。
 ただの「飲み薬」しか処方をしません。
 完治された患者さんは「点滴療法」が多いからです。

 また、アーモンド説もそうですが、普通の「生のアーモンド」には「ベンズアルデヒド」は含まれていません。
 その程度の知識も知らず本に書いてしまうお粗末さは、もう少し勉強されたほうがよろしいと思いました。

 この薬(ベンズアルデヒド)が欲しければ、
 香川県の「三木ふじた病院」に行くと安く買えますよ。

 岡崎医院(おかざき内科)は勧められません。
 「効果が無い」と言うと治療拒否、嘘でも「効果がある」と言わざるを得ない状況を、
 病院側が圧力や怒鳴り散らして強要する様な雰囲気をつくり上げているのです。

 よくご覧ください。
 評価が高いのは「効果が出た!」というより、
 今までの「ふざけた医学」とか「抗がん剤」の強い副作用で怒りが収まらない世間が、
 こうゆう薬(ベンズアルデヒド)があると世に問うた医者への賛辞なのです。

 しかし、世に問うた医者の病院の対応と人間性には落胆しました。
 膠原病も100%治るとか大げさ過ぎて、嘘の領域だと感じるのは私だけではありません。



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



 一見、おかざき内科の対応の悪さについての感想に終始しているかように見えます。
 しかし、一番重要なのは、次の「最初の部分」です。


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~


    この治療法は不完全と言えます。
     癌は「何かを飲んだら治る」という簡単なものではありません。
     食事療法の指導や自律神経の指導など、総合的に行なうことが重要だと思います。

     「ベンズアルデヒド」だけよりも、
     『枇杷の種アミグダリンベンズアルデヒドシアン化水素)』のほうが効果的という声もあります。

     白川先生の「末期癌2年生存率61%」という本にも書かれていますが、
     (癌は)総合的な医療が重要です。

     この「ベンズアルデヒド」だけで(癌を)治そうと考えてはいけません。
     「治らない」と言う人のほうが多く、「治る」というブログを見たことがありません。
     一人だけアメブロで擁護している人がいますが、この人は「実は身内では?」という疑問がある人で、
     異常なほど「治る」を連呼する人ですので、信頼できる情報ではありません。
     いろいろな治療をした上で(ベンズアルデヒドを)「一つの選択」としてなら良いのではないでしょうか。


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~


 この方がここで仰られている意味、そして、伝えたいことは、当記事をここまでお読みくださった方にはよくお分かり頂けるのではないかと思います。
 まさに、この方がここで仰られている通り、まず癌は「ベンズアルデヒド」の飲み薬を飲んだ「だけ」で治るという疾患ではありません。それにも気づかず、癌患者に対して「ベンズアルデヒド」の飲み薬を処方する「だけ」で終わらせている岡崎公彦医師の癌治療は不完全であり、やはり、癌治療において重要な要素が欠如しすぎています。
 もし、岡崎公彦医師が、癌患者に「ベンズアルデヒド」の飲み薬を処方する「だけ」で癌が治ると思っていたとしたならば、それは大間違いです。癌というものを完全に勘違いされています。

 このように、医師だからと言って、当記事でお話しさせて頂いた「癌の重要な内容」さえ知らない医師が世に多数いるという現実を、癌患者さんは決して忘れてはなりません。そのような「無知な医師」を鵜呑みにしてご自分の癌治療を任せれば、一体どのような結末を迎えることになるのか‥、それは「世間の癌医療の実地」を見れば判断できることでしょう。

 上記の最後の『いろいろな治療をした上で(ベンズアルデヒドを)「一つの選択」としてなら良いのではないでしょうか』という部分は特に重要であり、これは、「これだけ主義一点絞り主義たった一つしかしないこと)」の癌治療ではいけない、つまり、「ベンズアルデヒド」という治療「だけ」に頼ってはいけない、ということを言われているのです。

 このような「癌の認識力」のある方が、世に一人でも多く増えて頂きたいです。
 医師の先生方も、癌患者のみなさんも、どうぞ、この重要な視点を充分に持たれてください。
 よろしくお願いします m(__)m