今年2016年2月、アメリカで衝撃の事件が明るみになりました。

 体内におけるビタミンD生成を阻害して「ビタミンD欠乏」を引き起こし、癌自閉症2型糖尿病を誘発させる「酵素タンパク質(NAGALASE)」が意図的にワクチンに含まれていた事実を発見した12人の医師が短期間のうちに次々と殺害されたようです(このワクチンは「癌誘発ワクチン」です)。

 製薬会社という権力は、国民が気づかない陰で「病気を誘発させる物質」を意図的にワクチンや医薬に含有させ、国民に病気が発生するようにわざと仕組んでいます。
 国民に病気が蔓延すれば、薬の売り上げがますます上がり、儲かるからです。
 これに加担しているのが製薬会社と癒着のある病院医師であり、今の医師がやたらと薬を出す背景には、患者に薬を出せば出すほど製薬会社や病院が儲かるという裏事情があるためです。抗がん剤などは、その骨頂です。
 このように、病気は「意図的に仕組まれて発生している」ところがあるのですね‥(涙)


 当記事は、製薬会社の悪質な医療犯罪を突き止めた12人の医師が次々と殺害された事件について取り上げている「ワクチンは癌や自閉症の原因になります」と「予防接種(ワクチン)の恐ろしい副反応と対処」の 2つの記事 をご紹介させて頂きます。

 なぜ、この記事をご紹介させて頂くのかと言いますと、製薬会社の悪質なる魂胆を突き止め、世間に発表しようとしていた12人の医師が次々と殺害された‥、こういうことは昔も今も現実に起こっていることなんだ、ということを知って頂くためでもあります。

 しかし、当記事をご紹介させて頂く私の真の意図は、次の点に尽きます。

    ワクチンに含まれている「酵素タンパク質(NAGALASE)」が体内でのビタミンDの生成を阻害し、
     ビタミンDが体内で生成されなくなり、ビタミンD欠乏を引き起こすと、
     それだけで「癌を誘発する」ことができる(癌患者を生産することができる)。


 つまり、ビタミンDが欠乏することで癌になってしまうこと。
 ここから、癌治療におけるビタミンDの重要性に深く気づき、よく理解して頂きたいのです。


 ビタミンDは、すでに「抗がん作用」があることが科学的医学的に証明されており、癌治療において重視されてきています。私も癌治療において、このビタミンDを非常に重視しています。

 ビタミンDの多くは『日光浴』によって体内で生産されます。
 『日光浴』により体内で生成されるビタミンDが90%で、食品から得られるビタミンDは10%です。
 これの意味するところは、『日光浴』さえ適宜によく行なっていればビタミンDは充分に足りるが、『日光浴』をせずして食品からビタミンDを摂取するだけでは充分なビタミンDを確保することはできない、という点です。
 ビタミンDを食品からの摂取だけで補おうとするのは無理があります。
 ましてや、そんなことをすれば、必ず過食に陥ることになるでしょう。

 ゆえに、私は『日光浴』による体内でのビタミンDの生成を重視するのです。


 通常の癌患者さん(普通の生活を送れている癌患者さん)ならば『日光浴』により充分なビタミンDを得ることができるはずです。このビタミンDは癌治療の上で重要な「抗がん作用」を発揮します。つまり、『日光浴』が重要な「天然の抗がん治療」になるということです。

 こういう、一見、単純に見えることでも、今では科学的医学的に正式に解明されている事実なのですから決して甘く見られずに、このビタミンDにおける「癌治療の価値」を重々ご理解して頂き、『日光浴』ができる癌患者さんは自ら積極的に『日光浴』を活用し、癌の改善に『日光浴』を充分に活かして頂きたいと願います m(__)m



 癌治療におけるビタミンDの有効性につきましては「ビタミンD による「抗がん療法」( ビタミンD の「抗がん作用」)」カテゴリの次の記事を参照されてください。


   『ビタミンD』の 抗がん作用 ① - 福田一典 医師
    【『日光浴』は「抗がん作用」のある『ビタミンD』を皮膚でつくることができる
     「抗がん治療」となるので、活用すべし!】


   『ビタミンD』の 抗がん作用 ② - 福田一典 医師
    【『ビタミンD』の「抗がん作用」は多くの研究によって報告されている!
     『日光浴』を「抗がん治療」として活かして! 】


   『ビタミンD』産生の流れ - 福田一典 医師【 図と軽い説明だけなのですが、
     この図を通して「ビタミンDが産生する流れ」がとても分かりやすく理解できます 】


    ビタミンDによる癌治療 田中善 医師
    【 ビタミンDは、癌の発生、再発・転移の予防に大きな効果がある!】


    ビタミンDの多彩な効用 ~ 癌や感染症にも 《日経サイエンス》
    【 マギル大学 タベラ=メンドーサ / J. H. ホワイト:
      ビタミンDの持つ「抗がん作用」と「免疫 防御作用」】


    太陽を浴びると危険の本当? 嘘?
    【「太陽の強い紫外線」を浴びることで活性酸素の害が起こるのは、
      身体に『還元力』が無いため、活性酸素を中和・無毒化できないから!】



 また、次の記事にて、甲田光男先生のお弟子さんが、体内でのビタミンDの生成を高めるための方法をお話ししてくださっています。甲田光男先生のお弟子さんも、癌治療においてビタミンDを重視されています。


    抗がん剤よりも、ビタミンD前駆物質です
    【 ビタミンD3サプリメント・カルシウム・サナモア光線療法により ビタミンD前駆物質 濃度を高め、
      日光浴を全身浴で行なう!】



 当記事とともに、ぜひ「ビタミンD による「抗がん療法」( ビタミンD の「抗がん作用」)」カテゴリの記事もご参考にされてください(ビタミンDについて、より深く知ることができる記事を掲載させて頂いています)。
 よろしくお願いします m(__)m



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



 当記事の中では「ビタミンD3」のサプリメントが推奨されています。
  なぜ「ビタミンD3」のサプリメントが癌治療に有効するのか、簡潔に説明します。

 「ビタミンD3」が肝臓で 25-ヒドロキシラーゼによって「25 (OH) ビタミンD3」に変換され、さらに、腎臓で 1α-ヒドロキシラーゼによって「活性型ビタミンD3」である「1,25 (OH) 2-ビタミンD3」になります。
 この「活性型ビタミンD3」が、細胞膜の『ビタミンD受容体』への結合によるシグナル伝達系の活性化と、核内受容体への結合による遺伝子発現の調節のメカニズムによって、骨形成やカルシウム代謝、炎症、免疫、発癌、細胞増殖、分化、アポトーシス(細胞死)など様々な生理機能の調節に関与しています。
 「ビタミンD3」を補充することによって「抗がん効果」が高まることが多くの研究で明らかとなっており、このため、癌治療での「ビタミンD3」のサプリメントが推奨されているのです。

 ここは、次の記事を参照されてください。


   『ビタミンD』産生の流れ - 福田一典 医師【 図と軽い説明だけなのですが、
     この図を通して「ビタミンDが産生する流れ」がとても分かりやすく理解できます 】



.





 ワクチンは癌や自閉症の原因になります
 【「日本や世界や宇宙の動向」
より 】


 ワクチンと言えば、ビル・ゲイツです。
 ワクチン開発に巨額の資金を投入しています。

 ウイルスの感染が拡大する度に、マスコミはワクチンの開発の必要性を唱えます。
 新型ウイルスも開発され、世界中にバラ撒かれていますから、その都度、新しいワクチンが開発され、人々に接種されますから、益々多くの人々がワクチンの副作用で病気になってしまいます。

 今回、初めて、アメリカの医師が「ハグマン&ハグマン・リポート」という番組で、ワクチンに何が含まれているかを公表しました。
 専門用語で日本語訳はできませんが、どうやら、体内のビタミンDを消滅させ、ガン細胞をつくらせたり、自閉症を誘発させる「酵素タンパク質(NAGALASE)」がワクチンには含まれているようです。
 どのワクチンも同じようにこの物質が含まれているのかどうかは分かりませんが、少なくとも、アメリカの小学校などで接種が義務付けられているワクチンには必ず含まれているようです。

 日本の子供たちは大丈夫でしょうか?
 とりあえず、子供たちはインフルエンザワクチンは避けたほうが良さそうです。

 私は、ワクチンは絶対に避けますね。


  (以下、翻訳です



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


Big Pharma is Injecting Us With Cancer Enzymes
   — Doctors Who Made the Discovery Found Murdered



【概要】2月24日付

 ビッグファーマ(大手製薬会社)は「癌酵素」が混入しているワクチンを子供たちに接種させています。
 このことを発見した医師が次々に殺害されました。
 つい最近、特にフロリダ州では何人もの医師が殺害されたことが報道されました。

 専門家の間では、ワクチンの中には「NAGALASE 酵素タンパク質」が含まれてることが知られています。
 「NAGALASE」は、癌細胞を消滅させるビタミンDが体内で生成されるのを阻止します。
 そのため、体内のビタミンDが不足してしまいます。

ビタミンDは人体が癌を抑止する上で非常に重要な役割を果たしている物質です。先進国の国民に癌が多いのは、先進国では屋内の仕事が多くなり、先進国の国民が日光に当たる〔日光に当たることにより、体内でビタミンDを産生する〕割合が減ったからだとする見解があります。仕事柄、日光に当たる割合の多い漁師などの人たちには癌が少ないというデータまで実際にあるようです。
 ビタミンDは癌の抑止〔抗がん作用〕の他、免疫などの「生体のありとあらゆる活動」に関与しています。
 このビタミンDに欠如することは、生体にとっては大打撃であり、生体運営を正常に行なえず、癌を抑止することができなくなります。「NAGALASE」によってビタミンDが体内で生成されるのを阻害されたりでもしたら、生体はビタミンD欠乏へと陥り、癌を抑止できなくなるため、癌になって当然と言えるでしょう。
 この視点から、癌治療においてビタミンDがどれほど重要な役割を持つかをご理解して頂きたいと思います
ブログ管理人

 「NAGALASE」は、癌細胞によって生成されるタンパク質です。
 また「NAGALASE」は、自閉症の子供の体内に非常に多く存在しています。
 彼らは、このような有毒物質をワクチンに混入しているのです。

Nagalese Cancer Vaccines[1]



 つまり、「NAGALASE」が混入したワクチンを接種すると、体内のビタミンDが不足することで癌細胞ができたり、自閉症になりやすくなります。「NAGALASE」は免疫システムの働きを阻止します。さらに、2型糖尿病を誘発させます。

 このようなワクチンを開発供給している人たちは、癌を完治する方法を発見した医師や自閉症の治療に成功した医師を殺害しています。
 なぜなら、これらの医師は、大切な子供たちに接種するワクチンの中に、癌や自閉症の原因である「NAGALASE」が含まれていることを知っているからです。

 もちろん、彼らは意図的にこのような物質をワクチンに混入させています。
 彼らが殺害した医師らはワクチンに何が含まれているかを公表しようとしていたのです。

 彼らは世界の人口削減のためにこのような有毒物質をワクチンに混入させています。
 しかし、学校に通う子供たちはみな義務的にワクチンを接種させられます。
 ワクチンはゆっくりと人々を殺害する毒薬です。

 彼らは最も優秀で健康的な遺伝子を持つ者たちしか生き残ってはいけないと考えています。
 このような危険なワクチンを開発し、子供たちに与えている連中は、人間の魂を持っていません。
 テッド・ブロア医師は「ハグマン&ハグマン・リポート」という番組に登場し、電話を介してワクチンの実態をついに暴露しました。番組の途中で何回も電話が切れたり、サーバーがダウンしたりしました。彼らの妨害に遭いました。




 このような妨害を受けながらも、ブロア医師は何とかワクチンの実態を伝えることができました。
 彼が番組で冒頭に語ったことは、私はまったく自暴自棄に陥ってはいない、でした。
 医師は1時間にわたり、非常に慎重に神経質に事実を語ってくれました。

 以下のビデオでご覧頂けます。
 特に、最初の10分間は重要な情報が伝えられています。




Sourcehttp://humansarefree.com/2016/02/big-pharma-is-injecting-us-with-cancer.html?utm_source=feedburner&utm_medium=feed&utm_campaign=Feed%3A+HumansAreFree+%28Humans+Are+Free%29

sc0000hyu8nd544r


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆




 予防接種(ワクチン)の恐ろしい副反応と対処
 【「強健ラボ」
より 】


ガン、自閉症、2型糖尿病は仕込まれている!?


 防接種、健康診断をこまめに受けているのに、何で私が病気に???
 そんな方は意外と少なくないと思います。
 この記事で、原因の解明と誰も知らないとっておきの解決策を紹介しますね。

 

 米国の医師12名ほどが、短期間に次々と不審な死をされています。
 (以下は)元記事です。

 英語を機械翻訳しましたので、ちょっと変な日本語になっています。



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


Who is KILLING THE HEALERS and Why?


 6月19日
 博士ジェフリー・ブラッドストリート(上記参照

 6月21日
 博士ブルース Hedendal 博士男爵ホルトは、フロリダ州の東海岸に死体で発見しました。
 博士 Hedendal は彼の車の中で死亡したと死の博士ホルトの原因が正式に決定されていません。

 6月29日
 博士テレサの Sievers は彼女の家で殺さ発見しました。
 博士ジェフリー・ホワイトサイドが行方不明になります。レポートは彼がちょうど「立ち去った」と言います。

 7月3日
 博士パトリック・フィッツパトリック、MD は、跡形もなく行方不明行きます。
 彼のトラックとトレーラーが道路の側で発見されました。

 7月10日
 銃声と彼女の家で見つかったリサ・ライリー、オステオパシーの医師は、彼女の頭に巻か。

 7月19日
 博士ロン・シュワルツ氏はフロリダ州の東海岸の自宅で胸に銃創によって殺害発見しました。

 7月21日
 博士ニコラス・ゴンザレス(上記参照

 7月21日
 博士アブドゥル・カリム、ホリスティック歯科医。午後10時、EST で道路の側に死んでいるのが発見。

 7月23日
 博士ジェフリー・ホワイトサイドは、彼の体の近くに22口径とドアカウンティーに死んでいるのが発見されています。

 8月14日
 整骨博士メアリールネ Bovier は、シャロン、ペンシルバニア州の自宅で刺さ発見します。

 9月16日
 博士はミッチ・ゲイナーは、彼が練習マンハッタンの外で彼の田舎の家の外で死んでいるのが発見されています。
 地元の保安官はすぐに自殺、それを呼び出します。

 10月11日
 博士マリー・パースは、申し立てられた自殺の死体で発見されます。

 10月29日
 博士ジェロームブロックはセントラルパークウエストアパートから彼の死に「跳びました」。


sc000046v5565


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



 この亡くなられた医師12名には、共通点がありました。
 ワクチンには、ガンを誘発させる酵素「NAGALASE」が混入されており、その危険性を啓発している先生方でした。

 「NAGALASE」という酵素がもたらす作用は、ガン細胞を消沈させるのに極めて有効に働くビタミンDが、体内で生成されなくなるそうです。すると、当たり前ですが、圧倒的にガンになりやすくなります。
 ガンだけでなく、実は、自閉症の子供たちにも「NAGALASE」が多く存在しています。
 そして、2型糖尿病にもなりやすくなるそうです。

 そうしたワクチンに含まれる「ガン誘発酵素」を発見し、自然療法でガンや自閉症、糖尿病を治療していた医師が次々と亡くなられていたのです。因果関係の確証はありませんが、実に恐ろしいですね。

 学校で実地する予防接種は、現在では事実上、避けられない状況にあります。
 近年、目立つ病気、子供のうつ、簡単に骨折、自閉症、そして、なんと糖尿まであるそうですが、全部リンクしていますね。



ビタミンDの機能は格が違います

 ということは、ビタミンDというのは、体へ相当な影響をもたらす「別格のビタミン」だと言えます。


  【ビタミンD不足による疾患】

   心臓疾患
   クル病、骨粗しょう症、折れやすい骨
   骨軟化症 O脚、X脚 歪曲
   うつ病
   筋肉の低下
   アレルギー、アトピー
   2型糖尿病
   認知症
   子宮筋腫
   免疫病
   甲状腺機能亢進症や1型糖尿病、多発性硬化症(MS)、関節リウマチ、クローン病などの
    免疫系に関わる病気を引き起こす
   呼吸器疾患
   脳梗塞
   インフルエンザ、風邪、ガンなどに罹りやすい
   肌荒れ、年齢以上にふけ顔


 などですが、驚いたことに、現代の流行の病気ばかりですね。
 ワクチンに仕込まれた「ビタミンD欠乏症」による影響が本当に濃厚です。

 ワクチンの「NAGALASE」の影響でビタミンDが体内で生成されないとなると、ワクチンを解毒するか、ビタミンDを意図的に補給するかです。

 もしかすると「NAGALASE」の影響でガンなどを発病した人は、それ以外の普通に発病した人に比べると、定評のある自然療法や民間療法で効果が出難いのかもしれません。

 ビタミンDは、皮膚が紫外線を浴びて体内で生成されるのが90%、食事からの摂取が10%ですから、やはり太陽に当たるのは本当に大切です。一日20分ぐらいは『日光浴』をしたほうがいいですね。

 ビタミンDの働きは、骨とカルシウムの調節、種々の細胞の増殖や分化やアポトーシスの制御や免疫調節作用など、多くの生体内機能に関わっています。
 また、ビタミンDは『がん細胞の増殖を抑制し、消沈する作用』を持つことが証明されています。


 日本人は、一般の食事から平均で7~8μg 程度のビタミンDを摂取しています。
 この摂取量は健康維持が目的では必要量を満たしていますが、がんの発生や再発の予防を期待するには不十分です。
 1日25~50μg(1000~2000IU)のビタミンDの摂取であれば、がんの発生や再発予防に効果が期待できそうです。再発リスクの高い場合や進行がんの場合は1日2000~4000 IU(50~100μg)が妥当かもしれません。



 食べ物に含まれるビタミンDのランキングです。
 魚や干しキノコに多いですね。鶏の卵にも入っています。

yjimageG3XG01QV-200x200


 野菜や肉類、くだもの、豆類などの食品には、ほとんど含まれていません。
 普通の人は、過敏になってサプリメントなどで摂ると、かえって過剰摂取になりかねませんので、このような自然の食べ物から摂取することをお勧めします。

sc0000n28bx0984


 ただ、病状が深刻な方や、ワクチンをたくさん打った方などは、サプリメントは有効かもしれません。
 ワクチンの解毒に関しましては、MMSが良いと思います  最高のデトックス効果を発揮するものとは?



 いずれにしても、恐ろしい仕組みが出来上がっているものです。
 やたらと打ちたがるワクチン、近年の変な病気の多発などを思い返してみると、本当にまんざらでもありません。
 MMSで「NAGALASE」が解毒できるか実証したことはありません。
 ビタミンDを多く食べて病気が治るとは限りません。僕の推測に過ぎません。
 でも、可能性を感じていますし、何もしないよりは、やってみる価値はあると思います。


 ビタミンD3のサプリメントです。


           ビタミンD3 1000IU 〔海外直送品〕

           大塚製薬 ネイチャーメイド スーパービタミンD(1000IU) 90粒