当記事は「北海道大学 大学院 薬学研究院・薬剤分子設計学研究室」からのご紹介です。

 当記事を通してご理解して頂きたいことは、日本社会の「化学物質」の乱用が引き起こしている、癌の大量発生についてです。「化学物質」の脅威をご理解してください m(__)m


 また、当記事をご理解して頂くにあたりましては「化学物質」に関する次の2つの記事を参照されてください。
 この2つの記事は「化学物質」の脅威を理解する上で大変重要な記事です。

    癌の「真の原因」とは、体内でイオン化された「化学物質」である!
     【 イオン化された「化学物質」が半永久的に「活性酸素」を生み、DNA を損傷して癌を発生させる!】


    食事から体内に取り込んだ「化学物質」が一気に酸化し、
     体内で酸化した「化学物質」が体中の至る場所で「ヒドロキシルラジカル」を大量に発生させ、
     病気を生み出している!



 記事のご紹介のあとに、私の【「化学物質」の脅威を絶対に甘く見てはいけない!】があります。
 当記事を通して「化学物質」の脅威をよくご理解して頂きたいと思います。
 よろしくお願いします m(__)m

.





 DNA、DNA 前駆体の損傷が誘発する「変異」「癌化」「老化」の機構の解明
 【「北海道大学 大学院 薬学研究院・薬剤分子設計学研究室より 】


 なぜ、ヒトは癌になるのか? その根源には「変異」と「DNA の傷(損傷)」がある。

 酸素呼吸を行う生物(細胞)は、エネルギー代謝の面で有利な反面、
 内なる敵である活性酸素の絶え間なき産生という問題に直面している。

 活性酸素により様々な種類の「DNA 損傷」が生成し、生成した「DNA 損傷」は「変異」「発癌」のみならず、
 「神経変性」「老化」の過程と関係があると認識されている。

 酸化反応は DNA だけではなく 、DNA 合成前駆体(ヌクレオチド)にも起こり、
 種々の「損傷 DNA 前駆体」が生成する。 〔Kamiya. Nucleic Acids Res., 31, 517 (2003)

 生じた「損傷 DNA 前駆体」は、DNA に取り込まれて「変異」「癌」を誘発するとともに、
 「神経変性」「老化」の過程にも関与する可能性が非常に強い。

 このような DNA や DNA 前駆体の損傷は「(環境)化学物質」や「紫外線」「放射線」の作用によっても生ずる。


  一方、生物は「損傷 DNA」や「損傷 DNA 前駆体」の影響を抑制する機構を備えている。
 「損傷 DNA」に対しては、DNA 上の「損傷塩基」を排除する「DNA 修復酵素」が作用し、
 「損傷 DNA 前駆体」に対しては、特異的な分解酵素である「ヌクレオチドプール浄化酵素」が作用する。
 〔Kamiya, Genes Environment 29, 133 (2007)

 このように、「損傷 DNA」や「損傷 DNA 前駆体」と「DNA 修復酵素ヌクレオチドプール浄化酵素」の詳細な解析は、
 発癌などの分子機構を明らかにするという点で、薬学研究上、重要な知見を与える。
 我々の生化学分子生物学研究は国際的に知られ、多くの論文で言及されている。



「DNA 損傷」及び「損傷 DNA 前駆体」の誘発変異の解明

 活性酸素が DNA を修飾する際に生じる重要な「損傷塩基」として「8-hydroxyguanine(8-OH-Gua)」がある。
 我々は「8-OH-Gua」が哺乳動物細胞で変異を誘発することや〔Kamiya et al., Cancer Res. 52, 3483 (1992)〕、
 塩基部に「8-OH-Gua」を有する「損傷 DNA 前駆体8-hydroxy-dGTP(8-OH-dGTP)」もまた、
 細胞内で変異を誘発することを世界に先駆けて明らかにした。
 〔Inoue et al., J. Biol. Chem. 273, 11069 (1998)Satou et al., Free Rad. Biol. Med. 42, 1552 (2007)

 さらに、最近では、「損傷塩基」や「損傷 DNA 前駆体」が誘発する変異に、
 ある種の特殊な「DNA 複製酵素(DNA ポリメラーゼ)」が関与していることも明らかにしている。

 このような研究を行い、「発癌の根源的現象」である「変異」の分子機構を明らかにすべく、研究を進めている。
 さらに、RNA や RNA 前駆体にも着目し、転写翻訳への影響を調べている。

1[1]




「DNA 修復酵素」「酸化損傷 DNA 前駆体」を分解する酵素の研究


 「DNA 修復酵素」は、DNA 中の「損傷塩基」を除去する蛋白質で、
 「変異」や「発癌」の抑制に大きな役割を担っている。

 また「ヌクレオチド」が修飾されて生ずる「損傷 DNA 前駆体」を
 特異的に分解する酵素(ヌクレオチドプール浄化酵素)も「変異」や「発癌」の抑制に重要である。

 我々は、モデル生物として大腸菌を用い、
 ある蛋白質が「8-OH-Gua」による「変異」誘発を抑制していることを見出した。
 〔Suzuki et al., DNA Repair 7, 88 (2008)〕

 また、ヒト細胞においても「8-OH-Gua」の「変異」誘発を複数の「DNA 修復酵素」が抑制していることを見出した。

 また、様々な「ヌクレオチドプール浄化酵素」の活性を試験管内で測定するとともに、
 〔Iida et al., Biochemistry 44, 5683 (2005)Hori et al., DNA Repair 4, 33 (2005)
  Kamiya et al., J. Mol. Biol. 336, 843 (2004)

 「8-OH-dGTP」の誘発する変異を、複数の「ヌクレオチドプール浄化酵素」が補完しあって抑制していることを見出した。

 また「癌抑制遺伝子産物」による「変異」誘発の抑制に関しても独自の研究により迫ろうとしている。


2[1]





◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


 「化学物質」の脅威を絶対に甘く見てはいけない!

 最初の部分において「癌の重要な答え」が次のように載っています。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


 なぜ、ヒトは癌になるのか? その根源には「変異」と「DNA の傷(損傷)」がある。

 酸素呼吸を行う生物(細胞)は、エネルギー代謝の面で有利な反面、
 内なる敵である活性酸素の絶え間なき産生という問題に直面している。

 活性酸素により様々な種類の「DNA 損傷」が生成し、生成した「DNA 損傷」は「変異」「発癌」のみならず、
 「神経変性」「老化」の過程と関係があると認識されている。

 酸化反応は DNA だけではなく 、DNA 合成前駆体(ヌクレオチド)にも起こり、
 種々の「損傷 DNA 前駆体」が生成する。 〔Kamiya. Nucleic Acids Res., 31, 517 (2003)

 生じた「損傷 DNA 前駆体」は、DNA に取り込まれて「変異」「癌」を誘発するとともに、
 「神経変性」「老化」の過程にも関与する可能性が非常に強い。

 このような DNA や DNA 前駆体の損傷は「(環境)化学物質」や「紫外線」「放射線」の作用によっても生ずる。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


 以上をまとめますと、


   なぜ、ヒトは癌になるのか?
    その根源には「変異」と「DNA の傷(損傷)」がある。
    活性酸素により様々な種類の「DNA 損傷」が生成し、生成した「DNA 損傷」は「変異」「発癌」のみならず、
    「神経変性」「老化」の過程と関係があると認識されている。
    生じた「損傷 DNA 前駆体」は、DNA に取り込まれて「変異」「癌」を誘発するとともに、
    「神経変性」「老化」の過程にも関与する可能性が非常に強い。
    このような DNA や DNA 前駆体の損傷は「(環境)化学物質」や「紫外線」「放射線」の作用によっても生ずる。



 となりますが、これをもっと簡潔にまとめますと、


   ヒトが癌になる「根本原因」は「変異」と「DNA の傷(損傷)」にあり、
    活性酸素によって様々な「DNA 損傷」「DNA 前駆体損傷」が発生して「変異」「発癌」を生み出す。

    この「DNA 損傷」「DNA 前駆体損傷」は「(環境)化学物質」や「紫外線」「放射線」によっても生ずる。


 ということになり、日本社会に氾濫している「化学物質」に着目して、もう一度、まとめますと、


   体内に蓄積した「(環境)化学物質」が大量に活性酸素(ヒドロキシルラジカル)を発生させることが原因し、
    細胞や組織に「DNA 損傷」「DNA 前駆体損傷」が起こり、これが
「発癌」を引き起こして、癌を生み出す。



 という視点につなげて頂きたいのです。

 ここで、現代の日本社会で氾濫している「化学物質」の脅威についてお話ししていきたいと思います。



 現代の日本社会に氾濫している様々な「化学物質」は、食品や生活環境から体内に取り込まれて蓄積します。
 体内に蓄積した「化学物質」は強い毒性を持つ活性酸素である「ヒドロキシルラジカル」を半永久的に大量に発生させます。
 「ヒドロキシルラジカル」は最も「酸化力」が強く、糖質タンパク質脂質などあらゆる物質と反応し、「酸化ストレス」を高め、細胞や組織に損傷を与え、DNA や組織を「酸化」「破壊」「劣化」させ、身体をどんどん「酸化」して「酸化体質」を深めていきます。

 体内に蓄積した「化学物質」は「ヒドロキシルラジカル」を半永久的に大量に発生させ、「ヒドロキシルラジカル」が DNA を損傷して「癌化」を引き起こし、「DNA が損傷した本物の癌」を生み出すのです。
 暴走する本物の癌とは「DNA が損傷している癌」です。


 「紫外線」や「放射線」などが細胞に照射されると細胞内に活性酸素が発生するのが知られていますが、これを利用したのが通常療法の癌治療の「放射線治療」です。「放射線治療」とは「放射線」を照射して「ヒドロキシルラジカル」をわざと大量に発生させ、「ヒドロキシルラジカル」の強力なる「酸化力」で癌細胞を「酸化」させて「破壊」して殺す治療です。

 しかし「放射線治療」によって大量に発生した「ヒドロキシルラジカル」は癌細胞のみならず、正常細胞をも強力に「酸化」しますから、かえって「酸化ストレス」が高まり、ますます DNA や組織が「酸化」「破壊」「劣化」させ、二次的な癌を生み出してしまうのです。
 このため、「放射性治療」は「抗がん剤治療」と同様、二次的な癌を誘導する『酸化治療』だと言われるのです。

 「ヒドロキシルラジカル」を半永久的に大量に発生させる「化学物質」を体内に抱えていることは、身体を「酸化」して癌を生み出す「紫外線」や「放射線」を身体の内側に抱え込んでいるのと同じです。
 これは、体内に強力な『人体酸化装置半永久的に人体を酸化させる装置』を抱えて生きることになることです。


 現代の日本は「化学物質」を乱用しているため、日本人の体内には誰でも大量の「化学物質」が蓄積しています。この状況を見つめれば、現在、日本人の死因のトップは「悪性新生物()」であり、全世代の死因の上位に「悪性新生物()」がありますが、こうなっていて当然の成り行きにしか見えません。



 日本は「化学物質」を長年継続してきた結果、世界一の「癌大国」になりました。
 日本は本当に危惧せねばならない状況に陥っています。
 多くの日本人がこの「化学物質」の脅威を見抜けませんが、「化学物質」は決して甘く見てはならないのです。

 まずもって、「化学物質」を使用していない昔の人類や発展途上国には、癌はほとんど発生していません。
 日本においても「化学物質」の乱用を始めてから癌が多発生してきたのです。
 今こそ、日本はこの「化学物質」の脅威を理解し、真剣に対処していかなければ、もはや、日本の明日はないでしょう。

 日本は全世代に癌が発生し、もうじき、日本人は、老若男女、誰もが癌で死なねばならない時節を迎えようとしています。
 それもそのはず、今でこそ上図の状態であり、「化学物質」の改善に何も対処していないのですから(何も対処していないに等しいです。だから、上図の結果が日本に現われているのです)、今後はもっと悪化していく道筋をたどるのは目に見えている事実なのです。



 この「化学物質」が「根本原因」となって「DNA が損傷した本物の癌」が大量に生み出されています。
 そして、その本物の癌の発生率を増大させているのが、粗悪な「現代食」なのです。

 その粗悪な「現代食」とは、

   癌細胞の発生増殖を促進する作用』があり、発癌に関与している 肉製品乳製品の大量消費
    精白穀物(白米白パン麺類パスタなど)や 精白糖(白砂糖など)の大量消費

 『癌細胞の発生増殖を促進する作用』がある肉製品乳製品を大量消費して多食していれば、「癌が育つ確率」が高まるに決まっています(参照カテゴリ)。
 また、癌細胞の唯一のエサは「ブドウ糖」であるため(参照カテゴリ)、精白穀物(白米白パン麺類パスタなど)や 精白糖(白砂糖など)の大量消費して多食していれば、これまた「癌が育つ体内環境」が完備されてしまうことになるわけですから、「癌が育つ確率」がう~んと高まるに決まっているのです。

 「化学物質」が「DNA が損傷した本物の癌」を生み出す「根本原因」となり、上記の2つの「現代食」が本物の癌を大量に生み出す「推進力」となっているのは言わずもがなです。

 つまり、本物の癌が大量に発生しているのは、次の3つの組み合わせなのです。

 (1)化学物質」 〔癌の根本原因
 (2)癌細胞の発生増殖を促進する作用』があり、発癌に関与している 肉製品乳製品の大量消費 〔癌の増大原因
 (3)精白穀物(白米白パン麺類パスタなど)や 精白糖(白砂糖など)の大量消費 〔癌の増大原因

 世界をよく見つめれば分かりますが、癌が多発生している国というのは必ず先進国です。
 そして、その先進国は、上記の3つ(1)(2)(3)が揃っている地域なのです。

 もう、お分かりの如く、特に日本ではこの(1)(2)(3)の3つが完全完備されています。
 ゆえに、老若男女、全世代で「癌の大量発生が引き起っている」のであり、この3つを何も改善しないから、全世代における「癌の大量発生」が止まらないのです。まずまず増加の一途をたどっています。


 これを真剣に理解できるかどうかが要です。
 これを理解し、真面目に改善し得る歩みへと進めるか否かが、日本の明日を決めます。
 日本経済がいくら発展しようとも、日本人の身体がこの先も全世代でどんどん衰弱衰退病気化弱体化の一途をたどっていけば、そんな経済大国の美味は「幻想」であったことを思い知る日が必ずや来るでしょう。

 お金はあるけれども、自分も、家族も、周りの人たちも、病んで病んで仕方がない、本格的な「大病気時代」の幕開けです。
 「何で、みんな、こんなに病気ばかりするんだよぉ~」って、そんなの当り前じゃないですか‥。
 お金(経済)を選んで、日本人の「心身の健康」を省みずに見捨てた、戦後の「日本人の歩み」に問題があったのです‥。
 日本は非常に貧しかったので、戦後の日本人が「豊かになりたい!」という思いで経済成長を成し遂げた力は若僧の私も凄いと思いますが、しかし、すでに経済成長を遂げている今こそ、今後は、お金(経済)よりも、日本人の「心身の健康」を本気で実現する方向性へと進めていかなければ、日本はこの先、必ず憂う日が来るとしか思えません‥。

 今の日本に、ここに真剣に帰着できる大人たちは、一体、どれほどいるのでしょうか‥。
 今こそ、日本人の真価が試される時です。
 日本人はこれを正しく乗り越えなければ、このまま本格的な「大病気時代」に突き進むはずです。
 そして、それはそのまま「日本民族の崩壊」へと行く着くことになるのです。
 これが、今の日本の現状(病人だらけで、全世代が癌で死んでいく状況)を見て、嘘だとか大袈裟とでも思いますか?
 とんでもない‥、日本の大人のみなさん、これは単なる事実でしかないんですよ‥。
 この想定くらい、できるようにならなければなりません‥。
 このままでは、我が子や、我が孫を苦しめる時代が必ず来ます‥。


 現在、日本で多発生している、癌をはじめとする現代病(先進国病)のすべては「化学物質」による活性酸素(ヒドロキシルラジカル)の大量発生が起因しています。「化学物質」がその「根本原因」となっているのです。

 「化学物質」を甘く見ては決してなりません。
 各業界各産業を担っている大人のみなさんがこの「化学物質」の脅威を把握し、真剣に理解して、今の日本に現われている「癌大国」「病気大国」という散々たる現状をどう改善していくのか‥、ここへの意識をもっと切実に真摯に持ち得て頂きたいと思います。


 また、上記でも記しました通り、「化学物質」の脅威につきましては、必ず、次の記事を参照されておいてください。
 「化学物質」の脅威を理解するために、必ず、必ず、絶対に参照されておいてください。
 どうぞ、よろしくお願いします m(__)m


    癌の「真の原因」とは、体内でイオン化された「化学物質」である!
     【 イオン化された「化学物質」が半永久的に「活性酸素」を生み、DNA を損傷して癌を発生させる!】


    食事から体内に取り込んだ「化学物質」が一気に酸化し、
     体内で酸化した「化学物質」が体中の至る場所で「ヒドロキシルラジカル」を大量に発生させ、
     病気を生み出している!



 「化学物質」が「癌を大量に生み出す」一番の脅威となっているのです。
 この「根本問題」を解決しない限り、日本の「癌大国」は年々さらに拡大していくばかりになるでしょう。
 日本国民の賢明なる理解と、各業界各産業における賢明なる対処が早急に求められるのです。