私は次の記事で、水道水に混入されている「塩素」にまつわる恐ろしい問題と実態についての記事をご紹介させて頂きました。「塩素」とは言わずと知れた「ポイズン)」であり、「塩素ガス」は人を殺す「毒ガス」です。


  マインドコントロール 池田整治(著)
   【 日本の水道水は「ポイズン(毒:塩素)」が入っているから、そのままでは使えないよ‥〔by 米軍〕:
     水道水のホロコースト風呂 】



 この内容に重なる記事を書かれているブログ様を発見しましたので、ご紹介させて頂きます。
 私が上記の記事でお話しさせて頂いている内容にピッタリと重なる記事です。

 「塩素」が混入されている水道水は、米軍がアメリカ兵にはそのまま飲ますことはできないと告げたほどです。
 上記の記事とともに、当記事を水道水について真剣に考え直すキッカケとされてみてください。
 よろしくお願いします m(__)m

.





 塩素まみれの日本の水道水をアメリカ兵は飲まない
 【「Latest From Our Blog」
より 】

img_569338_11805265_0[1]



 「アメリカが日本を守ってくれているというのは幻想に過ぎない」と前にも記事に書きましたが、
 その一つの例を、みなさんにお知らせしたいと思います。

 日本の水道水には必ず「塩素」が入っています。
 汚れた水道水を殺菌するという名目で、必ず「塩素」を入れなければならないように法律で定められているのです。

 この法律を作るよう命じたのが「マッカーサー」です。
 言うまでもないことですが、「マッカーサー」とはアメリカ GHQ の最高司令官です。
 彼が日本の水道水に0.1ppm 以上の「塩素」を入れないといけないと指示したのです。

 0.1ppm「以下」ではなく「以上」と言ったのです。
 つまり、0.1ppm 以上ならいくら入れてもいいというわけで、
 自分の家の水道水にどれほどの「塩素」が含まれているかは誰にも分からないわけです。


 ある人の調査によれば、東京、大阪、福岡などの大都市では1.0~1.5ppm、
 他の地方都市においても0.4 ~ 1.0ppm の高濃度の「塩素」が測定されたとのことです。

 一方、ヨーロッパ諸国では、地下水を水道水の原水にすることが多く、水が元々きれいなこともあり、
 「塩素」が注入されていないか、0.1ppm 以下と規定されています。

 しかし、この「塩素」は細菌を殺すためのものですから、
 当然、細菌と同じ構造を持った「人間の細胞」にも大きな害を及ぼします。


上記にある『この「塩素」は細菌を殺すためのものですから、当然、細菌と同じ構造を持った「人間の細胞」にも大きな害を及ぼします』は本当にそうだと思います。
 よく考えてみれば、水道水に「塩素」を混入するのは「細菌を殺すため」ですから、この「塩素」が混入されている水道水を飲めば「口腔内細菌」に、また、大腸まで達すれば「腸内細菌」に悪影響が及ばないはずがありません。
 水道水に混入されている「塩素」によって、水道水の細菌を「殺菌」するのと同時に、人体を構成する「細胞」に害を与え、人体を生命を支えている「常在菌(口腔内細菌腸内細菌など)」を「殺菌」してしまうでしょう。

 日本人はこんな「塩素」入りの水道水を長年の見続けていたとすれば、今の日本人がなぜ「腸内細菌」に異常が出ている人が多いのか理解できるというものです。
 長年、この「塩素」入りの水道水を飲み続けてきた日本人は、毎日「腸内細菌」を「殺菌」してしまう要素のある水で体内を満たしていたわけですから、長年かけて「腸内細菌」に異常を来してきたと言えるでしょう。その上、「腸内細菌」は現代医療の「薬漬け(化学医薬点滴など特に抗生物質)」によっても破壊を受けますから、この最悪の条件が整っている日本社会に暮らしていれば、日本人が「腸内細菌」に異常を来して難病になっている人が多いのも納得がいきます〔人間は「腸内細菌」に異常が出ると難病に進みます〕。

 現在、アメリカでは『腸内細菌移植』という治療が行われています。難病患者は「腸内細菌」に異常があるため、難病患者の大腸内に「健康な人の便(ウンコ)」を移植すると、それで難病が治ってしまうのです。
 「健康な人の便(ウンコ)」は “腸内細菌のバランスが健全” ですから、この “腸内細菌のバランスが健全な便(ウンコ)” を、「腸内細菌」に異常を来している難病患者に移植すると、難病患者の「腸内細菌」のバランスが復活し、難病が治る〔難病の症状が消失する〕のです。アメリカでは実際にこういった「腸内細菌の治療」が行なわれており、難病患者を救っています。ゆえに、難病は「腸内細菌」の異常によって発生するのが理解できますね。甲田光雄医学博士はこのこと〔難病は「腸内細菌」の異常が原因で起こる〕を昔から指摘していました。甲田光雄先生は数十年先を行っていたのです。
 この『腸内細菌移植』が失敗する時があり、難病患者の大腸内に「健康な人から提供された便(ウンコ)の腸内細菌」が着床しなかった場合です。「健全な腸内細菌」が着床さえすれば、難病が治るということです。

 「腸内細菌」は免疫システムに深く関与していますから、「腸内細菌」に異常を来していれば、免疫は正常に機能しません。現代の日本人の免疫力が全体的に低下してきているのは、「腸内細菌」に異常を来している日本人がとても多いということでしょう。「腸内細菌」の健全性を守る生活を取り入れなければなりません。
 そのためには、「腸内細菌」を健全に育むことのできる「植物性食品」を中心とした食事へと改善し、食品に混入されている「化学物質」を避け、病院で処方される化学医薬点滴抗生物質や市販の医薬品を安易に使用するのを避け、そして、水道水を浄水器で浄水してから飲用するか、市販の安全な天然水を飲用する必要があります。「腸内細菌」の健全性は健康を保持し、病気を改善する上で重要ですから、みなさんも「腸内細菌」の健全性を守る努力をしていきましょう! 「腸内細菌」の改善は癌治療においても重要です。

 また、水道水に混入されている「塩素」は「口腔内細菌」のバランスを崩し、歯の健康を失わせて「虫歯」をつくる原因にもなるでしょう。
 昔の日本人には「虫歯」はほとんどありませんでしたが、今の日本人は「虫歯」になる人だらけですけれども、この「虫歯」は「口腔内細菌」のバランスが崩れるところに起こります。つまり、日本人が長年「塩素」入りの水道水を飲み続けてきたことにより「口腔内細菌」のバランスが完全に崩れ、それが世代を経るごとに悪化して酷くなり、誰でも簡単に「虫歯」になるようになってしまったと考えられませんか‥。
 以前、TVで、今の子供や若人の「虫歯」は異常な成り方だと歯科医が話していたのを視たことがあります。当然、甘いもの〔白砂糖含有〕の取りすぎも「虫歯」の大きな原因になりますが、日本人が「一億総虫歯国民」になってしまった根本的背景には、まず、この「塩素」入りの水道水によって代々「口腔内細菌」のバランスが壊されてしまっていたという理由が挙げられるのかもしれませんね。

 みなさん、よく考えてもみてください。
 戦前の日本民族は屈強な民族でした。それが事実であったことは、当時の歴史資料をいろいろとみれば理解できます。
 しかし、現代の日本人は恐ろしく「弱体化」してしまいました。日本人が一億総半病人と言われるようになって久しく、病人だらけ、癌患者だらけ、しかも、小児癌若年癌が激増しています。日本では、ずっと「どエライ事態」が続いているのです。

 それもそのはず‥、人間の生命を生かすための一番の根本である「食物」と「飲み水」が毒まみれになっているからです。
 まず、あらゆる食物が「化学物質」という毒に侵されています。そして、飲み水である水道水は「塩素」という毒に侵されているのです。これを長年、継続してきた民族の身体が「弱体化」して破壊されるであろうことは、誰にでもわかる事実なのではないでしょうか‥。そろそろ、日本人は「一億層決起」の鬨〔とき〕の声を上げねばならない時期だと思います。
 日本は今ですら コレ一億総半病人癌患者の激増小児癌・若年癌の激増難病患者の激増精神疾患の激増〕になっているのですから、数十年後の日本人が一体どうなっているのか‥、その察しがつかないようでは本当に「末恐ろしい未来」しか来ないと言えるでしょう。これが眉唾だと思う人がいること自体が異常なことなのです
ブログ管理人


 だからこそ、浄水装置なるものが売られているわけですが、
 最近では浄水器すら信用できないと言って、ペットボトルの天然水を買って飲んだり料理したりする人も多いと聞きます。

 このように日本の水道水に大量の「塩素」が入っていることはアメリカ人の間でも広く知られているらしく、
 日本に来た米兵たちは「日本の水道水を危険だから」と言って、絶対にそのままでは飲まないそうです。

 以下、池田整治 著『マインドコントロール』より抜粋。



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



 それは、水道水に混入されている「塩素」の問題である。

 私がこの問題に初めて直面したのは、1990年、
 上信越、つまり、裏関東を担当する第十二師団の訓練班長をしている時に、
 師団として初めて日米共同実動訓練を行うことになり、
 米軍側の担当者と宿営地のインフラに関して調整していた時だった。

 水に関しては水道水をそのまま使うように話すと、
 「日本の水はポイズン()が入っているから、そのままでは使えない」という。

 私は思わず耳を疑った。

 そして「それは何のことだ?」と尋ねると、
 米軍担当者は「日本の水道水には塩素が入っているので、そのままでは使えない」と明確に答えた。


 ( この部分の全文は「マインドコントロール 池田整治(著)」記事をご覧くださいブログ管理人


 【単行本】       【文庫本】



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



 この米兵は「塩素」のことをたった一言で「」だと言ったのです。
 言われてみると、確かに「」ですよね。

 にもかかわらず、「東京都水道局」のホームページには、
 「日本の水道水は、塩素消毒をしているからこそ、安心して蛇口から飲むことができます。
 と堂々と書かれてあります(第20回 塩素消毒の効果 |東京都水道局」を参照 )。

 もしや反日工作員の仕業だろうか‥ と、私までもがネトウヨのみなさんのように勘ぐりたくなります。


 要するに、「マッカーサー」がこの日本の地に降り立ったときから、
 私たちはアメリカ人の敵意に常にさらされ続けて来たわけです。
 私たち日本人はアメリカの占領政策のお陰で豊かになったと思い込んできましたが、
 今では日本人がせっせと稼いだお金もすべてアメリカに吸い取られ、
 日本人はその煽りを受けて、どんどん貧しくなっています。

 アメリカは最初から、私たち日本人のことを味方だとは思ってもいなかったのです。
 彼らは最初から、私たちのことを敵だと思って接してきたのです。
 もちろん、個人レベルでは私たち日本人と親交を深めてくれるアメリカ人は大勢いるでしょう。
 しかし、国家レベルでは、常に彼らは我々のことを敵と見なしてきたのです。


 それでは、「塩素」がどれほど危険なものなのか、簡単にご説明します。

 「塩素」が発ガン性の「トリハロメタン」の元になっているから危険である、というのはよく言われていますが、
 「塩素」そのものの危険性についてはあまり知られていません。

 「塩素」はわずか0.1ppm で菌を完璧に殺すことができます。
 そのようなものが含まれている薬品が、日本の水道水には諸外国の5~15倍含まれているのです。

 「塩素」は食塩から「苛性ソーダ化学工業には必ず必要な物質)」を造る際に、副産物として大量にできる薬品です。
 低コストな上、殺菌力も強く、その消毒効果は絶大です。
 我が国では、コレラや赤痢やチフスといった伝染病を防ぐ役割をはたしてきました。

 「塩素Cl2)」は水と反応し「次亜塩素酸HClO)」を生じ、
 続いて「塩酸HCl)」と「活性酸素O)」に分解します。
 この「活性酸素」は他の物質に対して強い「酸化作用」を及ぼし、殺菌あるいは漂白などの有益な作用を示すとともに、
 組胞を破壌し、人体に悪影響を及ぼすとの研究結果があります。
 特にアメリカでは「塩素」の害の研究が進んでいます。

 アメリカでの研究では、「塩素」に触れたり、吸ったりした場合、皮膚や喉の粘膜から水分を奪い、
 例えば、「塩素」のきついプールで泳ぐと、髪の毛や皮膚がカサカサし、ドライスキンになりますし、
 小ジワの原因にもなると報告されています。

 さらに、アレルギーで肌トラブルに悩む方には「塩素」は大敵です。
 「塩素」はまた呼吸器の粘膜を傷付け、喘息などの呼吸器疾患をさらに悪化させることになります。

 その他、「塩素」は血管障害を引き起こし、心臓病や脳卒中の原因になるとも言われていますし、
 アレルギー疾患そのものとの関連も取りざたされています。

 私たちが普段「飲む水」に、このような毒物を0.1ppm「以上」入れるよう指示した「マッカーサー」は、
 果たして、日本人のためを思ってくれていたのでしょうか。
 今一度、私たちはハッキリとアメリカの底意を知るべきでしょう。