この記事は「フラナガン水素 長寿村フンザの水を再現」ブログ様からのご紹介です。
 長崎県立大学シーボルト校 大学院 人間健康科学研究科 栄養学専攻「奥恒行」教授の研究発表内容です。

 腸内細菌が「糖質」を発酵分解すると『水素』を産生します。
 腸内細菌が「糖質1g」を発酵分解する時に『水素』が約50ml 産生されます。
 腸内細菌が発酵分解して『水素』を産生する糖質とは、ショ糖やアルファデンプンなどの『消化吸収性糖質』ではなく、難消化性デンプン(ベータデンプンレジスタントスターチ)、難消化性オリゴ糖糖アルコール、食物繊維などの『難消化吸収性糖質』です。

 この『水素』は「抗酸化」「酸化還元」にも重要ですし、血液体液の「酸化還元電位」を「-250」に保つのにも重要です。血液体液の「酸化還元電位」が「-250」に保たれていればこそ、身体の各機能が正常に働き、病気が改善していきます。
 この『水素』に不足し、血液体液の「酸化還元電位」が プラス化すれば「身体の酸化」が進行し、身体の各機能が正常に働かなくなってしまうのです。ゆえに、『水素』に不足するのは非常に危険なのです。

 完全な糖質制限食(断糖食)は、糖質から得られる『水素』を失う食事療法であり、賢明な方法であるとは決して言えません。この『水素』の視点から糖質制限食を見ますと、糖質制限をする時には完全に糖質を断つのではなく、糖質を適宜に少量で摂取しておいたほうが安全であると言えるでしょう。





 腸内発酵による水素発生と呼気中の水素ガスは代謝に関連する
 【「フラナガン水素 長寿村フンザの水を再現」
より 】


 腸内細菌による発酵で、炭酸ガス、『水素』ガス、メタンガスが発生する。
 「奥恒行」教授は、腸内細菌が生成する『水素』ガスが代謝と関連することに注目し、
 糖質の代謝と排出される呼気『水素』ガスの関連を機能評価に利用できることを明らかにした。
 この研究を2011年5月の「第65回 日本栄養食糧学会大会」で発表し、功労賞を受賞した。



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


難消化吸収性糖質の生理機能と生体利用に関する研究
  長崎県立大学シーボルト校 大学院 人間健康科学研究科 栄養学専攻 奥恒行

 『難消化吸収性糖質難消化性オリゴ糖糖アルコール食物繊維など)』は、小腸を通り抜けて大腸へ到達し、そこに棲息する腸内細菌による発酵を受けて、酢酸プロピオン酸酪酸などの『短鎖脂肪酸』の他、炭酸ガス、『水素』ガス、メタンガスなどへ代謝される。これらの代謝産物のうち、『短鎖脂肪酸』が大腸から吸収されて肝臓や筋肉組織でさらに代謝され、エネルギーを産生する。すなわち、消化吸収されない糖質であっても、腸内細菌によって『短鎖脂肪酸』へ転換されると宿主のエネルギー源として利用される。

 ショ糖やデンプンなど『消化吸収性糖質』の生体利用は、消化吸収の概念で説明できるが、腸内細菌を介して利用される『難消化吸収性糖質』は発酵吸収によって生体利用されるという概念を導入する必要がある。
 受賞者は、この発酵吸収の概念を栄養学に導入すると共に、この考え方に基づいて、我が国で開発された単糖オリゴ糖、糖アルコール、及び、食物繊維などの『難消化吸収性糖質』のエネルギー評価を試み、エネルギー換算係数を提示した。
 また、受賞者は、腸内細菌を介して様々な機能を発揮する時に生成する『水素』ガスに注目し、呼気『水素』ガス測定の妥当性を様々な角度から検討して『難消化吸収性糖質』の機能評価指標に利用できることを明らかにした。
 血糖上昇やインスリン分泌を刺激するような糖質は大腸へ到達しないので呼気『水素』ガスを排出することはないが、呼気『水素』ガスを排出する糖質は血糖上昇やインスリン分泌を生じない。

 したがって、これら3つの指標を組み合わせることによって『難消化吸収性糖質』の生体利用性を評価することが可能となる。いずれもエネルギー源として利用されるが、その利用のされ方と有効エネルギー量が異なることを明らかにしている。


  第65回 日本栄養食糧学会大会 抄録誌より



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



 これに関連して、カレーに含まれるターメリックの呼気『水素』への影響が報告されている。
 (2006年、国立循環器センターと神戸女学院大学名古屋大学

 カレー摂取と生体微量ガス成分の関連に関する調査の結果、
 「カレーに含まれるターメリックは呼気『水素』産生を亢進し、小腸通過時間を短縮させる」としている。



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



 最近、分子状『水素』ガスは「活性酸素種」の中でも主に『ヒドロキシルラジカル悪玉活性酸素)』を消去する作用を持つことが Ohsawa らにより報告され、従来、不活性と考えられていた生体内分子状『水素』に新たな機能としての視点が加わった。
 この結果に相応するものとして、Kagaya らは若年女性では高齢者と比較し、ベースラインのみならず、日本食摂食による呼気『水素』濃度の上昇反応の第1相と第2相が共に高くなることを報告している。

 これらの報告は、呼気『水素』として評価される生体内『水素』分子は、生体にとって有利に働いている可能性を示唆している。「水素吸入水素吸引)」の「抗酸化ストレス作用」と同様に、腸内醗酵による『水素』も「抗酸化ストレス作用」を発揮しているものと推察できる。



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆