この記事は「コスタリカ共和村 ◆テラスマイル・サナトリウム◆」ブログ様からのご紹介です。

 腸内細菌が「糖質」を発酵分解すると『水素』を産生します。
 腸内細菌が「糖質1g」を発酵分解する時に『水素』が約50ml 産生されます。
 腸内細菌が発酵分解して『水素』を産生する糖質とは、ショ糖やアルファデンプンなどの『消化吸収性糖質』ではなく、難消化性デンプン(ベータデンプンレジスタントスターチ)、難消化性オリゴ糖糖アルコール、食物繊維などの『難消化吸収性糖質』です。

 この『水素』は「抗酸化」「酸化還元」にも重要ですし、血液体液の「酸化還元電位」を「-250」に保つのにも重要です。血液体液の「酸化還元電位」が「-250」に保たれていればこそ、身体の各機能が正常に働き、病気が改善していきます。
 この『水素』に不足し、血液体液の「酸化還元電位」が プラス化すれば「身体の酸化」が進行し、身体の各機能が正常に働かなくなってしまうのです。ゆえに、『水素』に不足するのは非常に危険なのです。

 完全な糖質制限食(断糖食)は、糖質から得られる『水素』を失う食事療法であり、賢明な方法であるとは決して言えません。この『水素』の視点から糖質制限食を見ますと、糖質制限をする時には完全に糖質を断つのではなく、糖質を適宜に少量で摂取しておいたほうが安全であると言えるでしょう。




 腸内醗酵で水素水をつくり、活性酸素の悪さを抑えるエイジング防止
 ■ 体内ガス(水素)と活性酸素・腸内細菌(1)

 【「コスタリカ共和村 ◆テラスマイル・サナトリウム◆」
より 】


生体ガスと体内水素

 呼吸で吐き出す二酸化炭素の50%は腸でつくられています。
 1gの糖質が腸内細菌によって発酵すると、150cc の二酸化炭素と、50cc の『水素』ガスをつくります。

 腸でつくられたガスは体内に吸収されて、呼吸や皮膚、汗から排出されます。
 腸でつくられた『水素』ガスの14%が呼吸で排出されます。
 体内の『水素』は「活性酸素」を除去します。
 腸内細菌を発酵型にして、体内ガスの『水素』を増やして有害ガスの発生を抑えれば、病気も予防できます。
 食事と腸内環境の改善は、自然治癒力を大幅にアップし、健康に生きる体の支えになりますね。



腸内細菌が除去する

 『水素』は、老化に関わる「活性酸素」を消失させる効果があります。
 生体ガス中の『水素』は腸内の細菌が食べ物を発酵させる際に増加する。
 1gの炭水化物が腸内細菌で発酵すると、150~200cc の CO2(二酸化炭素)と、50cc の『水素』ガスをつくります。
 腸管から吸収された『水素』は、呼吸から14%排出されています。



国立循環器病センターが1月に発表した医療情報

 男女8人に普通のカレーと、香辛料のターメリックが入っていないカレーを食べてもらい、『水素』量を測定。
 普通のカレーでは30分後に『水素』量が約1.5倍に増えたが、ターメリ­ックがないものではこうした急増が起きなかった。
 ターメリックで腸の運動が活発になり、細菌による発酵が促進されたと言う。
 今日の 晩御飯はカレー?