医者は自分には抗がん剤を打ちません
 【「嘘八百のこの世界」
より 】


イルミナティによる医療殺戮! 抗がん剤は猛毒殺人兵器です!

 そろそろ、癌、及び、癌治療について書いておきます。

 「抗がん剤が毒である」ということは多くの人が知っていると思われるが、嘘でも、苦しい思いをして抗がん剤治療をする以上は「癌を退治してくれているものだ」と思われているのではないだろうか。
 しかし、それは真っ赤な嘘であり、「癌を治療どころか進行させている」というのが実情らしい。
 そして、たいていの人間は「癌が原因で亡くなるのではなく、抗がん剤や手術や放射線治療が原因で亡くなっている」とのことである。

 私の母も胃癌で亡くなっている。
 その頃の私は、まったくそういった知識がなかったので、医者にお任せするしかなかった。
 今は、悔やんでも悔やみきれない。

 ご多分に漏れず、癌を生み出したのも、癌治療という名目の医療殺戮を行なっているのも、イルミナティである。
 WHO や大手製薬会社や医療機関は「彼ら」の傀儡であり、基本的に “人命を救う” ことが目的ではなく、“人命を絶つ” ことが目的なのだ。

 そして、癌を治す方法は、すでにできているらしい。
 しかし、決して「彼ら」はその治療方法を公表しない。

 癌が存在する目的は、人口削減だけでなく、「彼ら」の傀儡である製薬会社や医者が、“金儲け” を行なう最大の “飯の種” であるからなのだ。「彼ら」が豊かな生活を満喫するためには、我々に治療方法を教えるわけにはいかないのだ。

 ロックフェラーやロスチャイルドが、異常に長生きしている理由がこれで解るだろう。
 もちろん、すべての医者が悪人だと言っているわけではありません。
 『患者よ、がんと闘うな』を書かれた「近藤誠」氏のような正しい発言をされている立派な医者もたくさんいるでしょう。




 ただ、残念なことではあるが、「医療というものも、そんなに一般人が思っているほど “人に優しい存在” ではない」ということを理解してほしい。そして、みなさんが自分自身の目で、納得できるまで『真実』を調べてください。
 自分だけじゃなく、自分の大切な人のために賢くなってください。