この記事は「内科 末廣医院」様からのご紹介です。当記事は、次の記事の姉妹記事と思ってください。

  飲尿療法は「抗酸化治療」「酸化還元治療」にもなっている!
  【人間の尿中に含まれる『尿酸』は、ビタミンCよりも強力な「抗酸化物質」「抗酸化剤」「還元剤」である!】


 この記事で「内科 末廣医院」院長の「末廣美津子」医師がお話されていますように『尿酸』にはビタミンCよりも遥かに強力な「抗酸化作用」がありますから、人間の尿に含まれる『尿酸』を毎日無料で摂取できる(毎日、無料でゲットできる)『飲尿療法』は「抗酸化治療」「酸化還元治療」の顔を持つ側面があるです。

 人間の尿に含まれる『尿酸』の強力なる「抗酸化物質」としての作用の価値を当記事から読み取り、『飲尿療法』の持つ「抗酸化治療」「酸化還元治療」としての価値をご理解されて頂きたいと思います。
 どうぞ、これに納得のいかれる方は、誰でも自宅で手軽く簡単に一切無料でできてしまう価値ある『飲尿療法』をぜひご活用されてみてください。よろしくお願いします m(__)m
.




 『尿酸』には、強力な「抗酸化作用」がある!
 【「内科 末廣医院」
より 】


 人において血液中の「尿酸値」はプリン体の最終代謝産物で、『尿酸』自体が水に溶け難く、
 血中濃度が高くなると『尿酸』は結晶を作り、それが関節に蓄積して痛風発作の原因となるということを、
 このページでも何度かご紹介してきました(2012年4月8日付医療あれこれ他)。

 それでは、「尿酸というものは血液中の老廃物で、多量の尿酸は人の体にとって必要なものではない」から、
 血液中の「尿酸値」は低ければ低いほど良いのでしょうか?


 実は『尿酸』には強力な「抗酸化作用」があるのです。
 「抗酸化作用」を持つ「抗酸化物質」は、人の体の中で起こる酸化的ストレス(酸化ストレス)を抑制するものです。

 酸化的ストレス(酸化ストレス)が蓄積すると、人は老化し、血管の障害が起こり、
 脳などの神経細胞が障害されるなど多くの好ましくない状態を作り出しますが、
 「抗酸化物質」は、これらを抑制する作用を持っています。

 ビタミンCは典型的な「抗酸化物質」として知られています。
 「お肌を若々しく保つためには、ビタミンCは必要不可欠である」ことはよく知られた事実ですが、
 尿酸が持つ「抗酸化作用」は、ビタミンCより遥かに強力です。

 人の血中「尿酸値」は他の哺乳動物に比べて正常でも高い値であるとされています。
 一説によると、これが人間は他の哺乳動物に比べて寿命が長いことにつながるそうです。
 また、アルツハイマー病やパーキンソン病の人のうち異常に血中「尿酸値」が低値な場合があることも報告されています。
 つまり『尿酸』が持つ「抗酸化作用」が不足すると老化を早め、神経疾患の原因を作ってしまうというのです。

 これらのことを考慮すると、尿酸が持つ「抗酸化作用」は人体にとって必要なものです。
 ただし、血中「尿酸値」が高すぎると痛風の原因となってしまいますので、
 血液中の「尿酸値」は多すぎず、少なすぎずということが理想的だと考えることができます。


 それでは、どうすれば適切な血中「尿酸値」を維持することができるのでしょうか?

 それは、

  (1)栄養のバランスが取れた食事をする
  (2)適度の運動をする
  (3)アルコールを飲みすぎない
  (4)自分の尿(自尿)で一杯やる 〔 真心込めて勝手に追加しましたブログ管理人

 など、正しい生活習慣をすることです。

 低尿酸血症より高尿酸血症の人が圧倒的に多いのは事実ですから、
 もし「尿酸値」が高ければお薬でコントロールすることができます。
 普通に生活をしていて、健康診断など機会があるごとに「尿酸値」を調べておけば安心ということができます。



sensei
内科 末廣医院」院長 「末廣美津子」医師





◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


 補足

 人間の尿に含まれる『尿酸』は、ビタミンCよりも遥かに強力な「抗酸化作用」があります。
 ですから、『飲尿療法』は「抗酸化治療」「酸化還元治療」になるのです。

 この内容は、ぜひ「飲尿療法は「抗酸化治療」「酸化還元治療」にもなっている!【人間の尿中に含まれる『尿酸』は、ビタミンCよりも強力な「抗酸化物質」「抗酸化剤」「還元剤」である!】」記事のほうを参照されてみてください。この記事の中で『飲尿療法』の基本的なルールなども書いています。

 癌患者さんにおける『飲尿療法』の意義は、自分の尿の中に含まれる「自分オリジナルの癌抗原」を摂取することによって、「自分オリジナルの癌免疫」を改善強化する「自己免疫の改善化」を図ることにあります。
 ぜひ「飲尿療法」カテゴリの記事をいろいろとご覧になられてみてください。よろしくお願いします m(__)m


 ちなみに、「末廣美津子」医師は「内科 末廣医院」サイトの中の「医療あれこれ」カテゴリ内の記事にて、非常に面白い話をされています。「医療あれこれ」カテゴリ内には次の3つのカテゴリがあり、大変ためになる記事を書いてくださっていますので、ぜひご覧になられてみてくださいね!


  内科 末廣医院」サイト 「医療あれこれ」カテゴリ
 
    医療の歴史   生活習慣病   その他の病気