この記事は、次の2つの記事をご紹介しながら、『飲尿療法』の「抗酸化治療」「酸化還元治療」としての価値を説明しています。最初の記事は「癌と食養」ですが、次の記事は「新潟県長岡市 ブレス・デザインデンタルオフィス(新潟歯科・長岡歯科)」様からのご紹介です。

    人尿に含まれている『尿酸』には、
     悪玉活性酸素である『ヒドロキシルラジカル』を除去して無害化する「抗酸化作用」がある!
     【抗がん剤治療中は『飲尿療法』は禁止です】


    尿酸 vs 乳酸、プリン体 vs プリン、TCHと痛風とのつながり

 『飲尿療法』とは「抗酸化治療」「酸化還元治療」でもあるんだ、ということを知って頂きたいと思います。
 『飲尿療法』は太古の昔から続く、人類最古の自然療法です。しかも、無料ときてます!
 この価値ある自然療法である『飲尿療法』を活かせる癌患者さんは、ぜひご活用ください!
 また「飲尿療法」カテゴリの記事をよくご覧になられてみてください。よろしくお願いします m(__)m

.





 人尿に含まれている『尿酸』には、
 悪玉活性酸素である『ヒドロキシルラジカル』を除去して無害化する
 「抗酸化作用」がある!【抗がん剤治療中は『飲尿療法』は禁止です】

 【「癌と食養」
より 】

   この記事は「癌細胞にも「善玉」と「悪玉」があり、癌には『善玉癌細胞』と『悪玉癌細胞』がある!記事の中の
     『
飲尿療法』に関する部分を抜粋したものです。


 「乳酸」も周囲を酸化させますが、(上述しましたように)身体には「乳酸」の害を無害化する機能が備わっています。
 しかし、人類は現代のように「活性酸素が大量に発生してしまう時代」をいまだかつて経験したことがなく、人類がこれほどまでに大量に発生した活性酸素の害を経験するのは、人類史上、初めてのことなので、これは「終末糖化産物」と同様、人類の身体にはまだ「大量に発生した活性酸素を無害化できる機能が備わっていない」のです。


【注釈】

 人体には活性酸素を除去するための「活性酸素除去酵素(SOD酵素)」という酵素が備わっていますが、活性酸素が大量に発生してしまうと、もはや、手に負えません。しかも、人体にはまだ「悪玉活性酸素」である『ヒドロキシルラジカル』を除去できる「活性酸素除去酵素(SOD酵素)」が無いと言われています。

 現代の日本人の身体を一番酸化させているのは「悪玉活性酸素」である『ヒドロキシルラジカル』ですから、これじゃぁ~、まったくお話になりません。このように見つめれば、今の私たちの身体に備わっている機能だけでは「大量に発生した活性酸素を無害化できる機能が、人体にはまだ備わっていない不充分である)」と言えるのです。でなければ、現代の日本人の身体がこんなに異常に酸化されるわけがありませんからね!

 人体から『ヒドロキシルラジカル』を除去する「抗酸化物質」としては、ベータカロチンビタミンE尿酸リノール酸システインフラボノイドグルタチオンなどがありますので、これらを積極的に摂取することは有効するでしょう。しかし、その摂取量にも限界がありますので、『水素療法』のような「ヒドロキシルラジカルだけを選択的に除去できる方法」を活かすことも大事です。


 上記の「抗酸化物質」の中に『尿酸』がありますが、人間の尿の中にはこの『尿酸』が含まれていますから、当ブログサイトにて私が推奨している『飲尿療法』をすれば『尿酸』の摂取となり、人体から『ヒドロキシルラジカル』を除去して無害化する役目を果たしてくれるでしょう。『飲尿療法』で癌から生還した癌患者さんは世界中で非常に多いのですが、尿に含まれている『尿酸』の「抗酸化物質」としての作用があることも一つの要因となっているのかもしれません。

 しかし、『飲尿療法』の醍醐味は、何と言っても、自分オリジナルの癌免疫を改善して強化する『自己免疫療法自己免疫の改善化治療)』としての役割が大きいです。

 『飲尿療法』には、必ず守るべき次の「3つの重要なルール」があります。
 『飲尿療法』は、この3点を守ってこそ最大限に効果させることができるのです。

 (1)必ず「自尿自分の尿)」を使用すること(自分オリジナルの抗原は「自尿自分の尿)」にしか含まれていません
 (2)朝起きてすぐの尿朝一番の尿)」は必ず使用すること(朝起きてすぐの尿に抗原〔癌抗原〕が含まれています
 (3)癌患者は一日「2リットル以上」飲尿すること(一日に出る全ての尿〔全尿〕を飲尿すると、最も効果的です

 この点につきましては「飲尿療法は、必ず「起床してから一番最初に出る尿」を飲用すること【 飲尿療法を効果させるために守るべき、飲尿療法の『基本的ルール』】」記事を参照されてください。
 また、「飲尿療法」カテゴリにあります記事のほうもご覧になられてみてください。
 よろしくお願いします m(__)m

 「自尿」は、まず一切無料で得られるものです。
 無料で安全に活かせる「価値ある方法」は、ご自分の癌治療に何でも積極的に活かしていきましょう!
 活かさにゃ、損です!!


 ただ、抗がん剤治療を受けている癌患者さんは、尿の中に「抗がん剤の毒」が出ていますので、『飲尿療法』は避けたほうがよろしいです。「抗がん剤の毒」が出ている尿を飲めば、「抗がん剤の毒」の二次被害となり危険です。抗がん剤治療を受けている癌患者さんは、『飲尿療法』を実行するのは必ず避けてください。くどいようで申し訳ないですが、抗がん剤治療をされている癌患者さんは『飲尿療法』は禁止です。




 尿酸 vs 乳酸、プリン体 vs プリン、TCHと痛風とのつながり
 【「新潟県長岡市 ブレス・デザインデンタルオフィス(新潟歯科長岡歯科)」
より 】


 最近、「乳酸と交感神経の興奮 = 緊張」について調べていました。
 結論から言うと、「乳酸」が溜まると交感神経は高ぶるようですね。

 その調べている過程で分かってきたのが『尿酸』との関連性。
 尿酸値(UA)と言えば、痛風を連想する方も多いんじゃないでしょうか。

 今日は、「乳酸」と『尿酸』、痛風や交感神経などの話を書いていきます。



 「乳酸」について調べ始めた発端は、この記事を書いてからのことです。
 「乳酸」が溜まってくると、肝臓の「コリ回路」によって、グルコース(ブドウ糖)に戻されます。
 が、このシステムで処理しきれなかった「乳酸」はどうなるのかな・・、と。

 処理しきれなかった「乳酸」は、血液中に溜まっていきます。
 そうなると、血液が酸性化していきます(アシドーシス)。

 そして、アシドーシスを緩和すべく、尿中への「乳酸」の排泄をします。
 この時、尿が「乳酸」で酸性化するため、『尿酸』の尿中への排泄が邪魔されます。
 そうすると、結果的に血液中の『尿酸』が増えていってしまいます。


    尿酸は、プリン体を含む食物、ATP らの最終代謝物であり、
     何らかの原因でプリン代謝に異常が生じると過剰な尿酸が組織に沈着し、
     関節炎、腎障害を引き起こします。

     原因は尿酸排泄低下によるもの(60%)と、尿酸産生過剰によるもの(20%)、
     その両方によるもの(20%)に大別されます。〔参考記事高尿酸血症と痛風


 尿酸値が高くなる理由のひとつとして、「乳酸」の蓄積が挙げられるということ。
 「乳酸」が蓄積する理由は、運動もそうですが、糖代謝の異常も挙げられますね。
 生化学的に見れば、ビタミンB群や鉄の欠乏、NAD+ の不足などですね。

 また『尿酸』は、7.0mg/dl 以上で過飽和状態になって溶けていられなくなります。
 すると、結晶化が起きて、この「尿酸結晶」を好中球が駆除しようとするそう。
 しかし、その結果、痛風発作が出てしまうと言う。


    尿酸自体に毒性があるわけではない。「尿酸が結晶となる」のが問題なのである。
     血中の尿酸値が高いと尿酸は結晶になりやすくなる。
     もし「尿酸結晶」が形成されると、
     異物である「尿酸結晶を排除しようとして好中球が結晶を食べる(貪食する)。

     しかし、好中球の中にあるリソソームは「尿酸結晶」を分解することができない。
     そのためリソソームが破れ、
     そこからプロスタグランジン・ロイコトリエン・プロテアーゼ・活性酸素などが漏れ出す。
     これによって炎症が発生するのである。
     〔参考記事役に立つ薬の情報 ~ 専門薬学 ~ 痛風・高尿酸血症と治療薬


 もうひとつ、痛風には「プリン体より、プリンが悪い」という話。


   「尿酸が高いと、プリン体はダメ」と言われたことはありませんか?
     プリン体とは、レバーや魚介類の干物や内臓などに多く含まれている核酸(DNARNA)の成分のことです。
     ところが、体内の合成量の方が多いため尿酸値は、
     食べるプリン体の量にほとんど関係しないことが分かっています。

     尿酸が上昇する理由は、主に3つ分かっています。

      核酸を再利用代謝するのに必要なビタミンB12や葉酸、ビタミンCの不足
      酸化ストレスの増大
      インスリンの過剰分泌

          * * *

     尿酸値が高いと言われたら、プリン体を減らすのではなく、
     急激な運動、糖質やアルコールの摂取、酸化ストレスを避けてくださいね。
     ちなみに、プリン体ではなく、砂糖たっぷりのプリンは、やっぱり止めておいたほうが良さそうです。
     〔参考記事食事療法の嘘? 本当? ~ 痛風とプリン体


 酸化ストレスの増大によって『尿酸』が増える理由ですが、
 『尿酸』というのは、ビタミンCなんかよりも強力な「抗酸化物質」なんですね。
 酸化ストレスが増えると、強力な「抗酸化剤」である『尿酸』で対抗するわけです。

 酸化ストレスと言えば、食後高血糖に注意しないといけないんでしたね。
 「ビタミンCの抗酸化作用は、血糖コントロールで効果が持続する」を参考に。
 食後高血糖は、インスリンの過剰分泌にもつながりますから、Wパンチです。
 ビタミンCを節約すれば、『尿酸』の節約にもつながって一石二鳥です。

 「尿酸値が高い」時は、糖質過剰とか血糖コントロール不良が疑えそうですね。
 って、TCH について考察していて、まさか『尿酸』とか痛風につながるとは思いませんでした。




◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


 飲尿療法は「抗酸化治療」「酸化還元治療」にもなっている!
  人間の尿中に含まれる『尿酸』は、
   ビタミンCよりも強力な「抗酸化物質」「抗酸化剤」「還元剤」である!


 上記の2つの記事をご覧になって頂ければ、『飲尿療法』が「抗酸化治療」「酸化還元治療」になることがお分かり頂けると思います。人間の尿には『尿酸』が含まれているのは世間でも周知の事実であり、尿に含まれているこの『尿酸』はビタミンCよりも強力な「抗酸化物質」なのです。
 『尿酸』は強力な「抗酸化剤」として働き、しかも、「悪玉活性酸素」である『ヒドロキシルラジカル』を還元して除去する優れた「還元剤」です。『ヒドロキシルラジカル』だけを選択的に還元して除去する『水素療法』には流石に敵わないでしょうけれど、でも、世の「抗酸化治療」「酸化還元治療」に使用される「抗酸化治療器」「酸化還元治療器」はまだまだ高価な製品ですし、その点、自尿(自分の尿)は「一切無料」で手に入りますので、誰でも自宅で手軽に完全無料でできる「抗酸化治療」「酸化還元治療」として、この『飲尿療法』をご活用されてみては如何でしょうか?
水素は一番強力な「還元剤」です。『水素療法』につきましては「水素療法(水素吸引・水素風呂・水素水)」カテゴリや、「福田一典 医師の水素療法」カテゴリなどを参照してください


 ただ、『飲尿療法』には守るべきルールがあります。
 これは、そんなに難しくはありません。
 基本的には、上述しました次の3点です。

 (1)必ず「自尿自分の尿)」を使用すること(自分オリジナルの抗原は「自尿自分の尿)」にしか含まれていません
 (2)朝起きてすぐの尿朝一番の尿)」は必ず使用すること(朝起きてすぐの尿に抗原〔癌抗原〕が含まれています
 (3)癌患者は一日「2リットル以上」飲尿すること(一日に出る全ての尿〔全尿〕を飲尿すると、最も効果的です

 この3点さえ守れば、癌治療における『飲尿療法』の「自己免疫療法自己免疫の改善化治療)」「抗酸化治療」「酸化還元治療」の効果を最大限に引き出すことができるでしょう。
 この点につきましては「飲尿療法は、必ず「起床してから一番最初に出る尿」を飲用すること【 飲尿療法を効果させるために守るべき、飲尿療法の『基本的ルール』】」記事を必ず参照されておいてください。


 また、尿は「血液体液の派生物」ですから、現代食を過食して貪っている人、肉食を飽食している人など、こういった食事で血液体液を日々汚している人は、当然、尿も汚れています。
 ですから『飲尿療法』は、食養によって「血液体液を浄化して清めている」のが安全に実行するための必要条件です。
 私個人的には「飲尿療法の実行には、食養が必須である!」とまで思っています。
 どうぞ、『尿は血液体液の派生物であり、体内の血液体液の状態がそのまま尿に現われ出ている!』ということを決して忘れないでください。よろしくお願いします m(__)m

 ゆえに、上述しましたように、抗がん剤治療を行なっている癌患者さんは『飲尿療法』を避けなければなりません。
 抗がん剤治療を行なっている癌患者さんの尿には「抗がん剤の毒」が出ているものです。
 「抗がん剤の毒」が出ている尿を摂取すれば、「抗がん剤の毒」の二次被害が出て当然です。
 これは絶対に避けなければなりません。

 ですから、抗がん剤治療を行なっている癌患者さんは『飲尿療法』は禁止です。
 この点に関しましては、必ずご理解されてください。よろしくお願いします m(__)m

 自然療法においては、より安全性を確保するために守らなければならないルールが必ずあります。
 『飲尿療法』をより安全に遂行するためにも、以上の点は必ず守られてください!
 こういう基本的なところを、絶対に甘く見ないでくださいね!
 重ね重ね、よろしくお願いします m(__)m