体内の発癌性物質有害物質は、肝臓がつくり出す「フェーズ1」酵素、「フェーズ2」酵素の “2段階の働き” により無害化されます。このような酵素を「解毒酵素」と言います。
 この「解毒酵素」による「毒素の無害化」についての資料をご紹介させて頂きます m(__)m




 スルフォラファンの肝臓への効果・効能とは?
 【「サプリメント大学」
より 】


肝臓の持つ解毒作用を強化する

 スルフォラファンが肝臓で果たす役割は、肝機能の改善、強化にとどまりません。
 そこから派生して、癌の予防などにつながっていきます。

 どういうことか具体的に説明すると、
 まず、体内に取り込まれる様々な発癌性物質有害物質は、
 体内にある酵素類の「2段階の働き」を経ることで解毒され排出されます。

 その酵素とは、肝臓でつくられる「フェーズ1」「フェーズ2」という酵素です。
 まず、「フェーズ1」酵素が体内に入った発癌の外的因子を分解して、発癌物質に変え、
 続いて「フェーズ2」酵素が活性化された発癌性物質を無毒化する働きを行っています。

 スルフォラファンは「フェーズ2」酵素を活性化させる効果があり、発癌物質を無毒化して体外へ排出してくれるのです。
 さらに、鉛カドミウム水銀などの有害重金属類の排出も促進してくれます。
 スルフォラファンは肝臓のデトックス作用を高めることで、様々な疾患から体を守ってくれていると言えそうです。




 「スルフォラファン」のがん予防作用とは?
 【「Health click」
より 】


 スプラウトの成分、スルフォラファンは、どのようにして癌を予防するのだろうか。

mudokuka
<<「スルフォラファン」の癌予防作用 >>



 発癌性物質は、大気汚染や化学物質、食物、たばこの煙など数多く存在し、人間は毎日それらを取り込んでいる。
 取り込まれた発癌性物質が体内の細胞を攻撃し、細胞内の遺伝子に異常を起こす。
 その傷を受けた DNA細胞が分裂して突然変異の癌細胞が発生する。
 さらに、癌細胞が増殖して周囲の組織を侵していく。こうして、癌が進行していくのだ。

 通常ならば、体内にある酵素類の「2段階の働き」を経ることで発癌性物質は解毒され、体外に排出される。
 それぞれ、主に肝臓で作られる「フェーズ1(第1相)」「フェーズ2(第2相)」という酵素だ。
 「フェーズ1」酵素が体内に入った発癌の外的因子を分解して発癌物質に変えるという働きをするのに対し、
 「フェーズ2」酵素は活性化された発癌物質を無毒化する働きがある。

 この「フェーズ2」酵素を活性化させる働きが「スルフォラファン」にはあり、
 発癌性物質を無毒化して体外へ排出するというのだ。