私の好きな言葉です。
 この言葉の中から、みなさんも何か感じてみてください m(__)m




  ガリレオ・ガリレイ(イタリアの物理学者天文学者哲学者家参照


    どうして君は、他人の報告を信じるばかりで、
    自分の眼で観察したり見たりしなかったのですか。


      この言葉からは「物事を鵜呑みにしないで、自分でちゃんと確かめているか?」と響いてきます。
       医療には落とし穴がたくさん潜んでいるので、医者の言葉を鵜呑みにせずに、
       世の患者さん方には、自分でちゃんと調べ尽くし、自分の頭でよく考えて、
       医者が勧めてくるその医療が本当に正しいのかどうかを、自分で判断できるようになってほしいです。

       現代医療を受けているだけではダメです。
       必ず、食事療法を取り入れた自然療法を複合的に併用していかないと、
       癌をはじめとする現代の病気が治るなんてことはまずありません。
       これは私の父母もそうでした。
       どうか、医療ビジネスに呑み込まれて身を滅ぼすことにならないように、
       内海聡医師の言われる「グーミン」にならないように、
       自分でちゃんと調べ尽くし、自分の頭でよくよく考え抜いてから判断を正しく利かしていきましょう!

       普通の医者は「病気を治す医療」を患者に教えることはまずないです。
       そんなことをすれば、商売(医療ビジネス)上がったりになるからです。
       普通の医者は、まず「医療産業が儲かる医療」しか教えません。
       (と言うか、一般の医者は「医療産業医療ビジネスが儲かる医療」しか知りません
       一般の医者は「患者の病気が治る医療」を医大で教えられていませんから知りませんし、
       例え知っていたとしても、特別な身内以外には教えませんから、
       自分でしっかりと『本物の医療』へとたどり着けるように、日頃から意識的に調べて学んでいきましょう!
       『本物の医療』とは、まず、食事療法をはじめとする自然療法です。
       これを母体に置き、もし自然療法だけでは足りない場合は、
       『水素療法』などの「抗酸化治療」「酸化還元治療」のような最新の安全な医療を組み合わせるべきです。

       癌医療などは特にそうです。
       通常療法で医者が勧めてくる三大療法(抗がん剤放射線手術)が本当に正しいのかどうかを、
       癌患者さんは自分でしっかりと調べて学んでから判断してください。
       決して「医者の言いなりペット」にだけは堕さないでください。
       大金と共に、自分の生命を失うことになるでしょう。
       世には、医者を鵜呑みにし、そのように散っていかれた癌患者さんで溢れているのです・・・。



Galileo-sustermans2a
ガリレオ・ガリレイ