当記事は、「Kanako Kubota」さんの「ニューヨーク直送! 生きてる英語・健康だより」からの転載です。
 「」記事にありますように、一般的には「オリーブオイル」は加熱調理に向いているとされていますが、「Kanako Kubota」さんは「オリーブオイル」は加熱調理には向いておらず、加熱調理に向いている油は「グレープシードオイル」「ココナッツオイル」「サフラワーオイル紅花油」だとお話しされています。
 でも、私は個人的には、油の摂取につきましては極力「生のまま」摂取してほしいです。
 それは、油を「生で」摂取すれば、加熱調理で起こる脂質の「酸化」や「変質」がまったくないからです。


 良質な油の摂取は非常に重要です。多くのご家庭では、油を「生のまま」で摂取するよりも、加熱調理に使用するほうが多いでしょう。世間では「オリーブオイル」は加熱しても「酸化」し難く熱に強いとされているものの、油は加熱すれば、やはり「酸化」も「変質」もします。ですから、油の摂取は、良質な油を極力「生で」摂取することを心がけて頂きたいです。生野菜を食べる時の「ドレッシング」としては最適でしょう。

 我が家では「亜麻仁油」「オリーブオイル」「胡麻油」「えごま油」「グレープシードオイル」などの植物油を、基本的に「生で」摂取しています。生菜食の食事にこれらの植物油をいろいろと組み合わせて「生のまま」入れて、油の摂取をしています。
 我が家はもう揚げ物はほとんどしませんが、炒め物の時には、母は「胡麻油」「オリーブオイル」などを使用しているようです。まァ~、多少の量なので、あんまり気にしていません。基本的に我が家の油の摂取は、生菜食の食事でする「」摂取です。

 当記事に付随する内容の記事として、次の記事を参照されてみてください m(__)m

   トランス脂肪酸の弊害と理想の油 『現代病の主要原因は「オメガ3」の欠乏』
    【トランス脂肪酸は、心身のあらゆる病気の根源となっている「超危険な恐ろしい油」です!】

.




 オリーブオイルは加熱調理しない
 【「ニューヨーク直送! 生きてる英語・健康だより」より 】



 本やネットで紹介されるレシピを見ていると、いまだに「オリーブオイル」で加熱調理するものが結構ありますね。
 「オリーブオイル」は加熱調理には向かないので気をつけましょう。
 お料理によって、「ギーインドの無塩澄ましバター)」「ココナッツオイル」など、
 加熱してもいいオイルで代用しましょう。

 「オリーブオイル」は「生で」食べれば、とても体にいいオイルです。
 けれど、多くの人が気がついていないのは、どんなに質のいい「ヴァージン・オリーブオイル」も、
 加熱すると「抗酸化作用」がなくなるだけでなく、発癌性物質が発生してしまうということです。
 「オリーブオイル」はドレッシングなど「加熱しないまま」食べる時に使うのにいいです。

脂質が「酸化」すると「過酸化脂質」になります。この「過酸化脂質は、癌老化動脈硬化細胞破壊などを引き起こす原因となる、体にとって有毒な物質です。油の「酸化」は、できる限り避けましょう!ブログ管理人

t02200185_0227019112882611831


 「ココナッツオイル」は加熱してもいいので、調理には最適。
 しかも『中鎖脂肪酸』の油なので、吸収が早く、エネルギーとしてすぐに燃焼するので、
 体脂肪となって体に溜まりません。
 燃焼する時に体内の他の脂肪も燃やしてくれるので、体脂肪が気になる人の強い味方です。

ココナッツオイル」「マクトンオイル」「MCTオイル」などの油は『中鎖脂肪酸』を多く含んでいます。『中鎖脂肪酸は糖質制限をした時に「ケトン体」を多く生成することができますので、これらの油を摂取すると糖質制限がしやすくなるよう、大きな助けとなってくれるでしょう。糖質制限をする時の味方です。
 『中鎖脂肪ケトン食療法』を提供されている『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師も、「癌の『中鎖脂肪ケトン食療法』- 福田一典医師」記事において、「ココナッツオイル」「マクトンオイル」「MCTオイル」などの油を糖質制限に推奨されていますブログ管理人


 体によくて、加熱してもいいのは、「グレープシードオイル」「ココナッツオイル」「サフラワーオイル紅花油)」。
 お野菜をさっと蒸してでき上がりに「胡麻油」をかけるのも美味しい食べ方です。
 「胡麻油」はコレステロールを下げてくれるし、便の通りを滑らかにしてくれるので、便秘症の方は試してください。
 体を温めてくれる油としてもビタミンEが多く、お肌にいい油としても重宝します。

オリーブオイル」は、加熱しても「酸化し難い」「加熱に強い」とされている油ですが、やはり、加熱すれば酸化もしますし、変質もします。油は「ニューヨーク直送! 生きてる英語・健康だより」ブログの「Kanako Kubota」さんの仰られている通り、極力「生で」摂取されることを私も強く推奨します。油を「生のままで」摂取すれば、酸化も変質もまったく起こらずに健全に摂取できます。『油は生で摂取する』を心がけてみてくださいブログ管理人



 ココナッツオイル 健康法 ~ 病気にならない 太らない 奇跡の万能油 ~



     ココナッツオイル


              

             



     亜麻仁油


              

              

          



     えごま油胡麻油グレープシードオイル