【牛乳有害】牛乳の危険性を示す研究データが発表される!
 ⇒ 自民党農林議員が抗議! 江藤拓前農水副大臣「生産者に迷惑をかける」

 【「真実を探すブログ」
より 】

20141101200323oaisdi


 古くから人体への有害性が指摘されている牛乳ですが、スウェーデンのチームが約10万人を対象にした大規模な調査でも危険性を示す結果となりました。この調査は39~74歳の女性6万1000人と45~79歳の男性4万5000人以上を10年以上も対象にして行われたもので、対象者全員のライフスタイルと骨折の比率、乳製品の摂取量等を比較した物です。

 その結果、牛乳の摂取量が多くなっても骨折の危険性は低下せず、死亡率の増加と関連する可能性があることが分かりました。女性の10年間の死亡率は1000人当たり126人となっていますが、今回の研究調査では牛乳を1日3杯以上飲む人の死亡率が180人になったとのことです。逆に牛乳の量が1日1杯以下の人では、この割合は110人まで低下しています。


 日本人は世界的に見ても牛乳との相性が悪い民族で、乳製品を分解するために必要な酵素の保有量がかなり少ないです。牛乳の大部分は乳糖(ラクトース)と呼ばれている成分で構成されていますが、乳糖を分解するためには「ラクターゼ」という消化酵素が必要になります。日本人のラクターゼ保有量は欧米人よりも少ない傾向が見られることから、乳製品との相性は非常に悪いのです。

 「牛乳を飲むとお腹が下る」という話がありますが、これはラクターゼ不足で消化不良を起こしているだけです。元々、日本における牛乳という飲み物は戦後にアメリカから強引に持ち込まれたもので、日本人の体質などはあまり考慮されていませんでした。

 自民党の議員たちは牛乳有害説について、「生産者に迷惑をかける」「正確な情報を発信すべきだ」とか言っていますが、これは戦後から続くアメリカ支配の象徴の一つです。

 いまだに多くの日本人が本気で「牛乳が体に良い」とか思っていますが、牛乳は牛の子どもが飲むものであり、本来は人間が飲むべきものではありません。スウェーデンの研究データはネット上で話題になっていますが、これを機会に牛乳という製品を見直すべきだと私は思います。



☆ 牛乳の飲み過ぎは健康に悪い? スウェーデン研究

 引用:

【AFP=時事】
 牛乳をたくさん飲むと、骨が強くなり健康になる ── そう医者たちは言うが、英医学誌ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル(British Medical Journal、BMJ)で29日に発表されたスウェーデン人を対象とした調査では、牛乳摂取量の多い人は、少ない人と比べて寿命が短く、女性では骨折が増えるとの結果が示されたという。

 スウェーデンのチームが実施した調査は、39~74歳の女性6万1000人を対象にした約20年にわたる観察記録と、45~79歳の男性4万5000人以上を対象にした11年間の観察記録に基づいたもの。参加者が提供したデータには、食事、ライフスタイル、体重、喫煙習慣、運動頻度、教育水準、結婚歴などが含まれる。この期間中、対象者のうち2万5500人が死亡、2万2000人が骨折を経験した。

 :引用終了



☆ 牛乳有害説に農林議員困惑 正確な情報発信求める

 引用:

 消費者に誤解を与えかねないこうした情報に対し、30日の自民党畜産・酪農対策小委員会でも懸念の声が上がった。
 江藤拓前農水副大臣は「生産者に迷惑をかける」と指摘。かつても日本の著名な医師が牛乳有害説を唱え、牛乳の消費に悪影響を与えた経緯を踏まえ、農水省に「何か反論はできないか」と正確な情報を発信するよう求めた。

 :引用終了




☆ 第11回「白砂糖、牛乳、加工食品の害」



☆ 天才! 志村どうぶつ園 「牛乳は飲んではいけない」




【関連過去記事】

☆ 牛乳は人間が飲むべきものではない! 牛乳がアトピーやアレルギー原因になる!? GHQ が推進した牛乳