私は当ブログサイトにて、『癌体質』について何度もお話ししてきました。
 当記事では、『癌体質』の中でも、癌の「成長」「増殖」「転移」「悪性化」に直接的に関わり、癌の悪化進行に最も大きな影響を与えている「酸性体質」と「酸化体質」についてお話ししています。
 「酸性体質」と「酸化体質」は、癌における二大『癌体質』であり、この「酸性体質」と「酸化体質」を改善することこそ、「癌の根本治療」となり得るのです。

 癌の正体は『癌体質』です。癌の母体は『癌体質』にあります。
 体内に “癌の塊” を生み出している「張本人」は、あくまで『癌体質』なのです。
 癌を悪化進行させている「張本人」も『癌体質』にあります。
 癌は、『癌体質』の有無によって体内に生み出され、『癌体質』の有無によって悪化進行し、『癌体質』の有無によって改善して治ります。
 つまりは、癌は『癌体質』であればこそ体内に生み出され、癌は『癌体質』の悪化と共に悪化進行していき、その逆に、『癌体質』が改善するにつれて 癌もまた改善治癒していくのです。
 癌はすべて『癌体質』の有無によって左右され、『癌体質』を中心に回っているのです。
 目には見えない『癌体質』という「大本営」が、癌の動きを決定づけているのです。
 目に見える “癌の塊” は、目に見えない『癌体質』が生み出した産物なのです。

 体内に現われている “癌の塊” などは所詮、『癌体質』の産物にすぎません。
 一見、体内を巣食っているかのように見える “癌の塊” とは、癌の正体にして母体である『癌体質』が体内に生み出した産物にすぎないのです。体内に生み出された “癌の塊” は『癌体質』を大本(おおもと)にした「末端現象」である(癌は『癌体質』の「末端現象」として生じる)ということをご理解ください。
 癌を根本的に改善して治していきたいのなら、体内の “癌の塊” に目を奪われるのではなく、姿なく目に見えない「癌の本体」である『癌体質』に目を向け、この『癌体質』を改善するべきです。

ただ、当然ながら、“癌の塊” の状態を認識することは大事です。糖質制限をして癌に「ブドウ糖」を与えないようにして自然抑制したり〔ブドウ糖は「癌の唯一の餌」ですから、癌をよく育てます〕、“癌の塊” が大きくなっている時にはアミグダリン(ビタミンB17)」などを利用して癌を直接「叩く」ことで制癌しながら自然抑制することも必要です。
 しかし、それだけで癌が治るわけではないのです。「癌の完治」とはあくまで『癌体質の改善』にありますから、体内の “癌の塊”「だけ」に捉われるのではなく、癌の根本的原因である『癌体質』を改善することに重点的に意識を向けて頂きたいと思います


 『癌体質の改善』こそが「癌の根本治療」であり、『癌体質』を改善すれば「体内に癌を生み出さなくて済む体」になります。この時、「癌が完治した」と言えるのです。体内に癌が生み出される懸念があるうちは、いくら体内の癌が消失しようとも、「癌の完治」とは決して言えないのです。あくまで『癌体質』を改善することこそが、ご自分を「癌の完治」へと進ませる唯一無二なる道筋であり、『癌体質』を改善する道筋を歩むことこそ『本当の癌治療』と言えるのです。体内の癌が消失して喜んでいるうちは、お話になりません・・・。

 ですから、「癌の正体」であり「癌の母体」である『癌体質』を何も改善せずして、通常療法の三大療法(抗がん剤放射線手術)のように、いくら体内の “癌の塊”「だけ」をツツイテも、殺しても、切り取っても、癌そのものは、改善もしなければ治りもしないのです。

 『癌体質』を改善しない限り、癌はまたいつでも再発してきます。
 それは、体内に癌を生み出す『癌体質』が健全だからです。
 癌の大本(おおもと)である『癌体質』が健全であれば、その『癌体質』の末(すえ)の産物である “癌の塊” を体内に生み出してしまう「体の態勢」が体質上で体に根付いたままだから、癌がまた再発してくるのです。
 体内に癌を生み出す大本(おおもと)である『癌体質』、これ自体を正さなければ、癌とのイタチゴッコが延々と続いていくことになるのです。癌が何度も何度も再発している癌患者さんは、これに当てはまります。

 癌治療を三大療法(抗がん剤放射線手術)「だけ」で行なえば、かえって癌は悪化します。それは、三大療法(抗がん剤放射線手術)によって『癌体質』が深まり、悪化するからです。『癌体質』を悪化させたりでもしたら、癌は絶対に改善も治りもしません。『癌体質』の悪化に伴い、癌はますます悪化の一途をたどるでしょう。

 『癌体質』の悪化・・、それは「癌の悪化」「癌の進行」を意味します。
 『癌体質』の悪化は、癌の改善治癒から遠ざかる道(方向性)です。
 癌の正体母体である『癌体質』が悪化すれば、体内の “癌の塊” も悪化するのです。
 『癌体質』を改善することに「癌治療の主力」を置くことが、癌に矛を収めさせ、癌を衰退させ、癌を改善させ、癌を治して癌から生還するための道(方向性)です。
 癌の生還方向は、『癌体質』が改善する方向性にあります。
 『癌体質』が悪化する癌治療には、癌から生還できる可能性など微塵もありません。
 『癌体質』を改善できる癌治療こそ、『本物の癌治療』なのです。

 「この癌治療で、果たして『癌体質』が改善されるのか・・、
  それとも、逆に『癌体質』が悪化することになるのか・・・

 これが、その癌治療が「正しいのか、それとも、間違っているのか」を判断するための、一番分かりやすい羅針盤(判断材料)となります。『癌体質』を悪化させるような癌治療には、凡そ、癌から生還する方向性など、どこにもあり得ないと心得るべきです。おそらく、それはすでに「実際の実地」に色濃く現われているはずです・・、抗がん剤のように・・・。

毎年30万人もの癌患者が、抗がん剤が原因して推定死亡しています。これは医療機関から正式に発表されている事実です。毎年30万人もの癌患者が、癌で死なずに、抗がん剤が原因して亡くなられているのです・・。
 現代医学はこれを「化学療法死」とか勝手に勝手にお呼びになられて、いまだに正当化していますけれど、これは明らかに「合法殺人」です。みなさんの周りにも、これに当てはまる癌患者さんがおられることでしょう。私の周りにもいます・・。
 抗がん剤が原因して亡くなられていく癌患者は、病院に何十万円、何百万円もブン盗られながら、抗がん剤により癌が悪化して殺されています。抗がん剤は「アメリカ国立がん研究所」が指摘したように「増癌剤」なのです。
抗がん剤がなぜ「増癌剤」になるのかと言いますと、『抗がん剤は、強い酸化力で癌細胞を殺すのと同時に、体を酸化させてしまう「酸化剤」である』からです。この理由が大きいのです。「三大療法(抗がん剤・放射線・手術)は、体の酸化が増大して癌が悪化する『酸化治療』『酸化の上塗り療法』である!」記事を参照してください

 通常療法で抗がん剤治療を受けた9割もの癌患者が「癌が原因で亡くなっているのではなく、抗がん剤が原因して亡くなっている」という実情が、虎ノ門病院などの医療機関から正式に発表されています。
 抗がん剤には、すでにこれだけ多くの「実地的な答え」が世に示されているのですから、癌患者さんは医者の言葉をただ鵜呑みにするのではなく、抗がん剤についてご自分でよく調べ尽くしてから「抗がん剤の是非」を「自力で」判断せねばなりません。
 癌医療とは明らかに「癌医療ビジネス」ですから、医者は癌患者に「売り上げが上がる癌治療」しか勧めません。医者は『癌の本当の答え』など、癌患者には何も教えてくれないのですから、癌患者さんご自身が「ご自分で」癌をよく学び、癌治療における「自力の判断力」を養わなければならないのです・・。
 「医者に殺されない心得」を伝えておられる先生もいるくらい、癌医療という場所は腐敗しているのです。こんなことは、医者自体が知っていることです。この「大嘘ぶっこき癌医療」から、ご自分やご家族の身を守るためには、医者におんぶにだっこするのではなくして、「自力の判断力」を「ご自分で」身に付ける以外ないのです・・。

 抗がん剤で『癌体質』が改善されるかどうかを、よく冷静になって考えてみると良いでしょう。抗がん剤のような恐ろしき猛毒、つまり、体内を強く酸化させ、免疫を破壊してしまうような猛毒が、果たして『癌体質』を改善するのかどうかを・・。
 私から見れば、抗がん剤が『癌体質』を改善することは、まず絶対に皆無です。抗がん剤はかえって『癌体質』が深まって悪化し、通常は「癌死コース」を歩まされることになります。今なお、そういう癌患者さんが年間30万人もいるのです・・。癌産業は “ドル箱” である抗がん剤を癌患者に押し付け、多くの癌患者の生命を弄びながら巨利を貪り、この、製薬業界と癌医療界が演ずる「癌患者の大量殺戮」によって、ますます潤い続けているのです・・・




 私にとって『癌体質』の定義は、いたって簡単です。
 私は『癌体質』というものを、このように簡潔に定義しています。

    体内に癌を生み出す原因(癌化要因)を多く抱えている「体の状態」
    体内に癌を生み出す要因要素(癌化要因・癌化要素が体の「癌の抑制力抗癌力)」を上回り、
     体内に癌が生み出されてしまう「体の状態」
    体内の癌が育つことのできる(癌が成長増殖転移悪性化することのできる)「体の状態」

     癌化要因 正常細胞を癌化させる主要原因  癌化要素 癌化を成り立たせているもの


 「体質」というのは読んで字の如く、体の「質」のことです。
 これは、体の良し悪しの「状態」を指しています。
 ですから『癌体質』を簡潔に表わせば、「体内に癌を生み出す原因を多く抱えている体の状態」であり、「体内に癌が生み出されてしまう(発生してしまう)体の状態」であり、また「体内の癌が育つことのできる(成長増殖転移悪性化することのできる)体の状態」であると認識して頂ければ、それで結構だと思います。
 『癌体質』とは、これが強く(色濃く)ある「体の状態」です。
 一般的には、これ以上、小難しく考えても意味はないです。

 要は、『癌体質』とは、

    体内に癌を生み出す原因(癌化要因)が多くある「体の状態」になっている    発癌要因
    体内の癌が成長増殖転移悪性化する「体の状態」になっている    癌要因
    体内の癌が悪化進行する「体の状態」になっている    癌の進行要因

 つまり、

    体内に癌が生み出される原因が体に多く存在し、それがため、体内に癌ができてしまい、
     その癌が成長増殖転移悪性化することができる条件(要因要素)が体に整っており、
     癌が悪化進行してしまう「体の状態」にある

 という「体質」であり、これが『癌体質』になっている人の「体の状態」です。
 ですから、癌患者であるならば、必ず『癌体質』になっているということです。


 『癌体質』というものは、次のように様々あります。

    血液の汚れ
    腸内の汚れ
    腸内細菌の乱れ破壊
    腸内と血液が汚れることによって発生した細菌ウイルスカビによる血液の汚染    癌化
    腸内に溜まった古便停滞便である宿便が体内に撒き散らしている「毒素」「酸毒
     肉食(獣肉食)を多食すると、腸内に「酸性腐敗便参照1参照2参照3)」という宿便が溜まる
     「酸性腐敗便」は「酸毒」を発生し、血液体液を「酸毒」で汚染している
     腸内に溜まった宿便は、体内で「毒素」「酸毒」を撒き散らして、血液体液を汚染している
     宿便を排泄して体内から排除するまでは、血液体液への「毒素汚染」「酸毒汚染」は止まない
     ゆえに、宿便は半永久的な「毒素発生装置」「酸毒発生装置」と化しており、血液体液を汚染し続ける
    食品や日常用品から体内に取り込んだ化学物質化学化合物による癌化
         化学物質・化学化合物、重金属は体内に入ると大量の活性酸素を発生させ、
        酸化ストレスが増大し、その結果、癌につながっていく!

    代謝機能の低下不具合機能不全異常
    免疫機能の低下免疫異常
    間違った食事、特に、肉食(獣肉食)の多食による「体内の酸性化
     〔 血液体液の pH が正常な「弱アルカリ性pH7.4前後)」から、異常を生み出す「酸性」に傾く
    肉食(獣肉食)の多食によって引き起こされる『血液の酸毒化
    糖質(ブドウ糖)の過剰摂取による、細胞内の「乳酸」の蓄積    乳酸アシドーシス  酸毒」の蓄積
    悪い生活習慣社会環境が原因して大量に発生している活性酸素による癌化、及び「体内の酸化
    その活性酸素を体が処理し切れないために起こる「酸化ストレス」の上昇  体内の酸化
    酸化した飲食物(酸化物質)を摂取することで起こる「体内の酸化
    体液の「酸化還元電位」の プラス化による「体内の酸化  酸化傾向
     〔 体液の正常な「酸化還元電位」は マイナス250(-250)です    還元傾向
    体内に発生した「酸毒」の体内汚染(体内の酸性化)による「酸性体質
   体内の酸化」の蓄積による「酸化体質

 他にもまだあるでしょうけれど、とにかく、これらが「体内に癌を生み出す」根本的な諸原因にして「癌の正体」「癌の母体」である『癌体質』です。この『癌体質』が体内に癌を生み出し、癌の悪化進行に加担しています。
 これら『癌体質』を改善しなければ、癌は本質的に改善もしなければ治ることもありません。
 これは「絶対に!」です。

 正常な判断を利かせばお分かり頂けるはずですが、上記の『癌体質』を改善する上で絶対に必要なのが『食事療法栄養療法食事改善)』です。これもなく、上記の『癌体質』を根本的に改善する術を私は知りません。
 『食事療法栄養療法食事改善)』とは、癌治療における基本基盤母体土台を成すものです。

 しかし、「酸化体質」が重篤に悪化した癌患者さんの場合は、話が別になります。
 それは、重篤な「酸化体質」の下では『食事療法栄養療法食事改善)』が通用せず、無効となってしまうからです。「酸化体質」が重篤に悪化している癌患者さんであれば、栄養摂取よりも先に、まず真っ先に「抗酸化治療」「酸化還元治療」によって、重篤に悪化した「酸化体質」を改善する必要があります。

 上記の『癌体質』の中でも、特に恐ろしく、癌の「成長」「増殖」「転移」「悪性化」に大きく関与しているのが「酸性体質」と「酸化体質」です。この「酸性体質」と「酸化体質」は、癌における二大『癌体質』と呼ぶべきものです。


 当記事では、二大『癌体質』である「酸性体質」と「酸化体質」とは何か・・、この「酸性体質」と「酸化体質」と癌との関係には何があるのか・・、また、重篤に悪化した「酸化体質」の下では『食事療法栄養療法食事改善)』が通用せずに無効となってしまうのはなぜなのか・・、これらの点について、甲田光雄先生のお弟子さんの記事を引用しながら見つめていきたいと思います。

 まず最初に、甲田光雄先生のお弟子さんの重要な記事を、過去記事からご紹介します。
 そのあとに、私の話が続きます。

 私の話は、下記のような項に分けてお話ししています。
 ここは、癌治療において非常に重要な視点なので、癌患者のみなさんにぜひご覧になって頂き、ご自身の癌治療には一体、何が必要で、何をすべきなのかを、ご自分なりに見つめて頂けたらと思います。

 当記事がどれほどお役に立って頂けるかは分かりませんが、私の考えをありのままに書かさせて頂きましたので、少し長文になってしまったかもしれませんが、どうぞ、ご覧になってみてください。
 癌患者のみなさんに、少しでも大事なことに気づいて頂けたら幸いです。よろしくお願いします m(__)m



    癌の根本治療は、「酸性体質」と「酸化体質」という二大『癌体質』の改善にある!
      重篤に悪化した「酸化体質」の前には、食事療法ですら無意味と化す

      癌治療において留意すべき二大要項 「(1)体内の酸性化 」と「(2)体内の酸化
     「体内の癌が消滅した」「癌の完治」ではない!
       肉(獣肉)を多く食べる「糖質制限食」は、本当に正しいのだろうか・・?
      重篤な「酸化体質」の体に栄養を取り込んでも、栄養素が酸化されて「酸化物質」になる!
       酸化した栄養素では、栄養素の機能役割を果たせない!
       ゆえに、重篤な「酸化体質」の前には、食事療法すら無意味と化す!

      癌治療において、食事療法を盲信してはならない!
       癌治療で食事療法は必須だが、食事療法が通用しない癌患者には、
       まず、食事療法よりも先に、適切な治療のほうを優先すること!

      自分なりに「抗酸化治療」「酸化還元治療」を導入して活用し、
       「酸化体質」の改善を図りましょう!


.





 癌は『乳酸アシドーシス』による「酸毒」で成長していく!
 この『乳酸アシドーシス』を改善して、体内の酸化を還元することが大事!(仮題)

 【「膠原病、難病、癌は寛解する病気です。究極の体質改善法」(甲田光雄先生のお弟子さん)より 】
  ( 参照記事癌は『乳酸アシドーシス』による「酸毒」で成長していく!
         この『乳酸アシドーシス』を改善して、体内の酸化を還元すること(体内の酸化還元)が大事!



 癌は再発の場合、癌特有の特殊能力が増えている事があるのです。
 最初は、例えば、特殊能力が2つだけでしたので、
 転移する力や速度、免疫で抑える力が伝わりやすいなどの点がありますが、
 時間の経過と共に、癌は特殊能力を増やして、最大10種類まで能力を増やすという性質を持つのです。

 この場合、

   重水素減少水
   ベンズアルデヒド
   水素水

 が必要になります。

 癌は “『乳酸』や『アシドーシス』という酸毒” という癌成長因子2種類を産出して、
 成長因子が定着した組織に、癌細胞が遊離して結合していく、という転移を行い、
 増殖をしていく時に「重水素」が必要なのです。

アシドーシス」は「酸血症」とも言い、体液中に異常に酸が蓄積するか、塩基が失われた状態を言います。
 『乳酸アシドーシス』とは、「乳酸」が蓄積して血液が「アシドーシス酸性度が高くなり過ぎた状態」になっている状態ですが、この『乳酸アシドーシス』は、癌を成長させる原因となります。
 癌は『乳酸アシドーシス』の「酸毒」を成長因子にして成長していきますから、『乳酸アシドーシス』が深まると癌の成長を促進させますので、『乳酸アシドーシス』を改善することが必要です。
 そして、癌を改善するためには、体内の酸化を還元すること(体内の酸化還元)が重要となります。
 また、上記に「ベンズアルデヒド」とありますが、ここは「アミグダリンビタミンB17」と見ても良いでしょう。
 「アミグダリンビタミンB17」=「ベンズアルデヒド」+「シアン化合物」です。
 甲田光雄先生のお弟子さんは、以前から「ベンズアルデヒド」「アミグダリンビタミンB17」の制癌力を重視され、
 「ベンズアルデヒド」「アミグダリンビタミンB17」の制癌力で癌細胞を直接「叩く」ことを推奨されていました。
 なので、私は誰でも入手しやすい「アミグダリンビタミンB17」として『枇杷の種の粉末』を推奨しています。
 「アミグダリンビタミンB17」は『天然の抗がん剤』として、癌細胞だけを直接「叩く」制癌作用を発揮します。
 「ベンズアルデヒド」「アミグダリンビタミンB17」は、癌細胞には有害ですが、正常細胞には一切無害です。
 『枇杷の種の粉末』は、用法用量を正しく守れば、誰でも自宅で、抗がん療法をご自分で行えるようになるでしょう。
 「枇杷療法・枇杷種の粉末(アミグダリン:ビタミンB17)」カテゴリを参照されてみてください
ブログ管理人

 「アシドーシス」を還元できる根拠はありませんが、
 還元できる体質の人に癌はいませんから、酸化還元することが適切な判断になります。
 (体内の)「重水素」を減らして(癌細胞の)結合力を弱めて、免疫を高めた上で、
 「ベンズアルデヒド」で癌細胞をアポトーシス(細胞死)させて行く、という4つの構成を同時に行うことが、
 癌の特殊能力を抑制して、増殖を減らせると思います。

体内の「重水素」量を減らしただけで、免疫が高まります。
 体内に癌がある癌患者さんは、「ベンズアルデヒド」「アミグダリンビタミンB17」の制癌力(癌細胞への殺傷力)で癌細胞を直接破壊していくことを組み合わせるのも非常に重要なことです。「ベンズアルデヒド」「アミグダリンビタミンB17」は、病院の「マスタードガス系の抗がん剤」と比べれば、副作用が無く、安全無害に実行できます
ブログ管理人

 再発した癌は、食事療法は必要ですが、食事療法だけでは無理です。
 癌の種類、手術の治療方針なども含めて真剣に話さないと、間に合わないと思います。




 放射能の感受性が個体差に応じて違う
 【「膠原病、難病、癌は寛解する病気です。究極の体質改善法」(甲田光雄先生のお弟子さん)より 】

  ( 参照記事体の「酸化還元電位」を正常値(-250)に改善すること!


  (中略)

 体が回復する(のに)必要な正しい微栄養素(微量栄養素ビタミンミネラル)を取り込み(摂取し)、
 還元電位(酸化還元電位)を マイナス に下げた環境下で調理をして、還元された栄養素を取り込み(摂取し)、
 酸化された体質の電位も「正しい電位」にすることで、
 「正しい酵素反応」と「正しい栄養素の吸収利用」が促進されることで病状が回復する、
 と考えると矛盾しないのです。


 長年、腸内細菌環境について勉強してきて、長年、行動しても、
 「改善しない腸内細菌環境や体調変化について、腸内細菌を整えることで命の根幹基本を守る」という解釈が
 近年では言われ始めるようになりましたが、
 以前の私なら、ようやく恩師(甲田光雄医学博士)が言う「腸内細菌環境」時代が到達したと話していたと思います。
 しかし、今では明らかに違うと思います。


 「活性酸素が病状病気の90%の原因である」と結論を出していますが、
 この活性酸素を多く生み出す根本原因を、誰も追究していません。

 体の還元電位(酸化還元電位)の変化により、体内の活性酸素量が増減すること、
 これは、腸内で「水素」をつくる(産生する)細菌群(腸内細菌群)も、
 体液の還元電位(酸化還元電位)に一番強く影響を受けていき、
 その上で、食品や外の環境にも影響を受けるという複合的な要因であると推測すると、
 すべて理論的に矛盾点が消えるのです。

 第一に、腸内細菌にO157細菌群を入れたとしても、
 還元電位(酸化還元電位)が マイナス250(-250)であり、弱アルカリ性の体液の環境下であるならば、
 例え、O157が生息していても、毒性を吐くことはないのです。

 基本、腸内は酸性に傾いていますので、腸内は酸性が良い環境だと現代医学では考えているようです。
 O157を食べる乳酸菌が多くいれば、O157は繁殖しません。
 これらの事象を踏まえて、現代医学では根拠として「腸内の良性菌を増やすことが体に良い」と情報を流布しています。

 しかし、それが根本ではなく、
 「腸内や体内に生息する細菌のすべてが、
  実は、酸化具合に応じた変化で生息して影響力を強くする割合が異なる。
  その酸化を引き起こす引き金が食物であり、
  腸内細菌の良性菌を減らすことで、不必要な悪玉菌が繁殖条件を揃えてしまう
」という見解であるならば、
 すべて矛盾が消え去る理屈になるのです。

 人類は食物が少ない時代が多く、飢餓に強いとされておりますが、寿命は短いですから、
 「飢餓が寿命を延ばす」という根拠にはなり得ません。
 平均的な体重よりも、むしろ「太目の人」が一番長寿でしたので、
 世界的な根拠は、少し「太目」こそが適切な体重となるのです。
 昔の人は、よく食べていた「太目の人」は糖尿になり、(体内が)酸化して寿命を落としました。

 いわゆる、世界中の文献を見ても、人間の根本基本根源すべてが、
 還元電位(酸化還元電位)マイナス250(-250)を維持すること、
 これこそが一番重要であることを研究した人はおりません。

 腸内細菌環境を改善しても、完治に至る病気は少なく、改善止まりになるでしょう。
 だからこそ、長い間、腸内細菌の環境改善を推奨しても、
 改善者はいても、寛解や完治をする人がいないに等しいぐらい少ないというのは、
 「腸内細菌問題が、根の一番奥深い答えではない」という証明になります。
 ただ、改善はするので、その改善が「腸内細菌こそが万病の根本である」と見誤る要因にはなり得るのです。


 私自身、長年、いくら腸内細菌を改善しても、変化させても、
 多少、病状は改善しても、今ほど寛解はしたことがありません。

 以前が病状回復率が55%程度が最大だとすると、
 今は、骨髄炎という病状を抜かして、関節痛という後遺症問題、臓器の弱体化という後遺症問題を抜かせば、
 健康な頃の体調に戻りつつあるので、90点以上を付けても、謙虚気味?
 95点か100点を付けても良いのでは?と真剣に思うぐらい回復したのです。

 この差は、とてつもなく大きく有意義な差です。
 それほど病状が回復しているので、寝ている時は「自分自身が病気である」と忘れられるぐらい熟睡するし、
 起きている時も病気のことは考えない時間が増えて、自分が病気であると自覚する機会が激減しました。


 それこそが、還元電位(酸化還元電位)を下げて、(体の)pH を正しい pH に(改善して)、
 血液を再生する視点と、ビタミンD前駆物質濃度、
 そして、放射線濃度調整と α線、ラドンガス、飲料水、温浴の応用にて、
 酸化還元を実用LVで行うことを基本にして生活をしたことで起きた改善ではなく、
 根本的な体質改善に成功したのです。

 試験的に、連日連夜、肉を食べても体調は悪くなりませんし、
 多少、夜更かししても、寝れば疲れは取れますし、
 散歩しても疲れが少なく、疲れても休憩すれば、すぐ回復するようになれたのも、
 この還元電位(酸化還元電位)を理解してからなのです。


 癌も、根拠ある東大の渋谷教授も論文で報告していますが、
 「癌は)アシドーシスで酸化させた場所だけに転移をする」と話しており、
 「酸化できない場所には(癌は)転移できない」と結論を出しています。

 「癌を)転移させないためには、癌が転移する『酸化させる条件』を取り消せば、癌は転移できない」と、
 結論も、報告もしています。


 抗がん剤は、ちなみに、プラス還元電位(酸化還元電位)で言えば、
 プラス酸化力「2000」以上の超強力な『酸化剤』です。

 とても強い「酸化力」で細胞自体を殺すことが(抗がん剤の)目的であり、
 (抗がん剤の)強い「酸化力」で死ぬ細胞を「選択的に癌細胞だけを殺す」ということはできないのです。

 抗がん剤が体内に蔓延してれば、(抗がん剤の)「酸化力」の強さゆえに癌が繁殖し難くなり、
 4週間という短い判定期間で評価を受けるのです。

 「抗がん剤()使用後、後遺症で、細胞全体体液全体が酸化している」という事実は、誰一人理解していません。
 抗がん剤で細胞ミトコンドリアが死に、癌化するわけではないのです。

 癌化するのは、抗がん剤(の強い酸化力)で(体の)還元電位(酸化還元電位)が元に戻らず、
 酸化状態で癌が転移繁殖しやすい環境をつくるということが、
 「アメリカ国立がん研究所」が『抗がん剤は、むしろ増癌剤である』と結論した理由であると考えると腑に落ちるのです。

 渋谷教授が言う「酸化」とは、癌自体が出す『2種類の乳酸毒』だけではなく、
 『人間が酸化した体質酸化体質)』自体も、当然、含まれて然るべきなのです。


 年老いた人でも癌にならないのは、(体内が)酸化していないからです。
 若い頃は、いわゆる、この「酸化したら体液を酸化還元する力」が強いのですが、
 加齢と共に「還元力」が低下するのです。

 この「(還元力が)低下する年齢」がいつ頃ピークになるのか統計学もしていないし、学者でも、誰も、
 この「体組織液の還元電位(酸化還元電位)が変化して癌化現象が起きる」という仮説すら打ち出していませんが、
 おそらく、私は、ここらへんは推測ですが、
 (体の)還元電位(酸化還元電位)が下がる(下記注釈)ことで癌が繁殖しやすくなり、
 その上で、加齢により免疫力が低下したことで、
 「癌を淘汰する力」と「癌が)繁殖する力」()関係が逆転現象を起こした時に、
 癌が癌として成長をしていき、体内の個体差に応じた細菌やウイルスを巻き込んで、
 癌の種類に変化が出て、DNA の損傷により酸化したあとで起きる不具合に応じて悪性度が変わるのだ、
 と推測をしております。
注釈この「下がる」というのは「上がる」の誤記でしょう。「体の酸化還元電位が上がり(酸化傾向になり)、体内の酸化が進行することで癌が繁殖しやすくなる」という意味ですブログ管理人

 この根拠ある渋谷教授の理論に、私の体験した「還元電位(酸化還元電位)による酸化」を推測して、
 (還元電位による酸化」体の酸化還元電位が上がる(酸化傾向になる)ことによって起こる体内の酸化」
 それを改善させる生活習慣を取り入れてみると、四期の人でも、それなりに癌も消えてしまうし、
 全身の20ヵ所あるリンパ種でも縮小して、みるみる小さくなるのです。
 “癌もどき” のシコリ程度なら、数ヵ月で完全に消失したという報告もあります。

 もちろん、当然ながら、療法は100%でもなく、あくまでも数十例の体験なので、
 根拠としては、まだまだ信頼度は高くありません。
 私としては、悪い反応も出るので、本人の理解力次第でもあるので、普及活動はしません。
 理解できない人が無茶をするのが目に見えているからです。

以上の内容をまとめますと、このようになります。
 体液の正常な「酸化還元電位」は「マイナス250-250)」です。体液の酸化還元電位」が「プラス」に傾いて酸化傾向となり(酸化体質」となり )、体液が「酸性pH5~6アシドーシス」に傾いていると、体に様々な不調や異常が現われてきて、生体機能が正常に働かなくなります。
 体液の酸化還元電位」がマイナス250-250)」に維持されていて、体液が「弱アルカリ性pH 7.4前後〕」の体内環境下であればこそ、生体の様々な機能が正常に働くのです。
 体液の「酸化還元電位」が「プラス」に傾いて酸化傾向になり(体内を酸化してしまう「酸化体質」になり)、体液が「酸性pH5~6」に傾いて「アシドーシス」を起こしていると、生体機能が正常に働かなくなってしまい、体のあらゆるところに不調や不具合、異常が発生してきます。生体というものは、体液が「弱アルカリ性pH 7.4前後〕」であり、体液の酸化還元電位」がマイナス250-250)」に維持されて「体内の酸化」が防がれている(体内が酸化していない)体内環境下であればこそ、体内の様々な機能を正常に働かすことができるのです。
 社会環境や生活習慣の悪化により、体液の酸化還元電位」が「プラス」へと傾き、「体内の酸化」が悪化して重度の「酸化体質」となり、体液が「酸性化pH5~6アシドーシス」してしまうと、生体は正常に運営されなくなってしまいます。この悪化した体内環境が「膠原病や癌を呼び込んでいる」のです。

    体液の「酸化還元電位」が プラス化    体液の pH が 酸性化pH5~6
     ⇒  膠原病や癌になる体内環境 〔癌体質
    体液の「酸化還元電位」が マイナス250-250  体液の pH が 弱アルカリ性
     ⇒  生体が正常に機能する体内環境 〔健常体質

 「癌は「酸化した細胞」だけに、増殖と転移をすることができる!」記事にてお話しさせて頂きましたように、癌の元凶なるは、(1)体内の酸性化(2)体内の酸化、の2点です。この2点の改善を重点的に努めていきましょう!
ブログ管理人



 個々が勉強をして、このブログを見て、自分でも試してみたいという人がいるのなら、
 私が法的に許される範囲で応援できるのなら応援をするし、
 応援がなくても頑張れる人は、ぜひ『自己治療』をしてほしいと思います。

 患者が自分の病気を治すために勉強すること、そして、勉強したことを自分へ試すのも、違法ではなく合法です。
 例え、医者が医療ミスをしても、責任を取ることは 99.9% ありません。
 治る医療がないのなら、(現代医療で)治せないのなら、『自己治療』で治す行動に出ることは、
 とても自然な流れの一つだと思います。

 「病気のことは医者に任せろ!」という社会の常識こそが、
 実は、近年つくり上げた、メディアへ大量に投資をして宣伝をしてきた「販売戦略」に過ぎないのです。
 その前の時代は「病気のことは、医者よりも患者のほうが詳しい」と言われておりました。
 詳しい患者から医者が学び、詳しくない患者へ臨床をすることで成功例を積み上げて、
 「なぜ成功したのかを科学的に検証したことが大学で採用されていく」という積み重ねでしかありませんでした。
 医学も科学ではなく、信頼できるのは、患者の「治した」という成功例の積み重ねだけが『真実』なのです。


 何を選択するのでも『自己責任』です。
 医者へ委ねた結末に医療ミスを受けても『自己責任』です。

 私は一度も医療ミスをした医者へ責任を追及したことはありません。
 また、『自己治療』を選択した時も『自己責任』です。
 一年間、苦しい反応が出て、『自己治療』を信じ切れないことも、
 10回や20回では足りないぐらい、疑心暗鬼になりました。

 私と同じ病気の患者は成功者もいないわけですから、不安が過ぎります。
 それでも「自分の出した決断で動けることが幸せである」と自分へ言い聞かせました。

 相談者の中で一番答えに困るのが「選択肢を私に委ねること」です。
 いろいろな治療法を私へ提案して、その答えを私に求める場合、私は答えられません。
 私は成功した患者であり、言い換えれば、只の患者にしか過ぎません。
 私の推測を過信して「答えを委ねる」ということをしてはなりません。
 推測やアドバイスはしても、結論は自分で出してくださいね m(__)m




 良く考えることです ~ 癌患者さんへ ~
 【「膠原病、難病、癌は寛解する病気です。究極の体質改善法」(甲田光雄先生のお弟子さん)より 】

  ( 参照記事癌は「酸化した細胞」だけに、増殖と転移をすることができる!


 まず、冷静に考えてください。

 癌は「魔物」や「原因不明の新生物」でもありません。
 いわゆる、誰の体内でも生息している普通の共生関係、細菌、常在菌と何なんら変わりません。

 体質が酸化した状態で強い酸化が進み、「活性酸素の毒」が酸化と複合的に遺伝子すら傷付けてしまい、
 「その酸化した細胞だけに、癌は増殖と転移をすることができる」ことを証明したのが、東大の渋谷現役教授です。

 教授は、こうも付け加えています。
 「癌が転移をしない条件は、細胞が酸化していなければ、転移ができない」と話しているのです。

 どうでしょうか?

 この実話を以前も記事に書いているのですが、
 この話を信じ切れなくて、いろいろな高額治療をして癌が収束せず、悪化をたどる人がいるのです。

 酸化した体質を還元するのは、世間や普通の医学を修得した医者らは、
 ビタミン類や、少し勉強した医者(銀座東京クリニック』の「福田一典」医師 )だと、
  ジクロロ酢酸ナトリウムによる悪性リンパ腫の治療効果 (銀座東京クリニック』の「福田一典」医師
 「ジクロロ酢酸」や「ホウ酸」などの酸化還元を考えつきますが、よく考えてください。

 「投与した時だけ、酸化還元をする」のが上記すべての特徴です。
 ビタミンも “投与をした時だけ酸化還元を行い、時間が経つと、逆に「酸化物質」に変わる” ことも証明されています。
 どんな還元でも「その場だけ」なのです。


 よろしいでしょうか?

 ウラン系統が高い高純度ウランだけが、体内で90時間もの間、連続的に休むことなく、
 ある程度の高容量であれば、30分にレモン3~5個分の酸化還元を体全体に行うことができるのです。
 例え「ジクロロ酢酸」だとしても、酸化が酷い体質だと、同系列の酸化と酸化では、体内の化学反応が起きません。

 薬という反応は、還元されている体液や血液が「弱アルカリ性」であり、
 その「弱アリカリ性の性質」と「酸性の性質」が交じり合う時に起きる体内の化学反応を利用して、
 初めて薬理効果が起きるのです。

 「薬が慣れてしまい、耐性ができた」とか言う医者がいますが、これは勉強不足の典型的な例で、
 薬の感受性を調べると、大体が感受性を示すわけです。

 耐性ができたわけではなく、酸化した体液&血液に応じて化学反応が起き難い薬だからこそ、
 薬理効果も減る、という視点を理解していないのです。
 当然、酵素反応も遅れてしまうので、化学物質伝達も遅れた分、効果も反応しない、ということにつながるのです。

 すべての薬は、人体が正常な「還元されている体組織液血液」を前提につくられております。
 その体質ではない時、酸化している体質(酸化体質)の度合いに応じて、
 効く人、効かない人が差別化されてしまうのは当然のことです。

 それらを理解できず、「体質」だと言えば患者が理解すると考えている人たちが、
 都合よく理解できないことを「ストレス」とか「体質」に責任転換しているのです。

 科学者や医者が「ストレス」や「体質」という言葉を出す人で結論を終えている人は皆、
 真実が見えていない人だと断言しても良いのです。

 その「体質」を渋谷教授は、
 “『酸化した乳酸毒2種類』と『活性酸素の酸性物質』により酸化した細胞以外には、癌は転移できない” ことを、
 きちんと説明しているのです。


 手術で治る人は、“癌もどき” か、
 “酸化していたけれど、酸化還元が簡単な方法で戻れるぐらいの「酸性体質」であった” と考えるべきなのです。

 酸化が酷い人が手術をしたら、どうなると思いますか?
 私に相談に来た人で、医者の言うことを信じて手術をして、いきなり癌が倍に成長した人が多いのです。

 せめて、自己防衛で、手術をする前に、
 酸化している体組織液や血液酸化ストレス検査、遺伝子酸化割合を示す検査などをして、
 それらが正常になり、初めて手術をせねば、
 手術後、脳に転移をした話をよく聞きますが、(癌は)“酸化している場所にしか転移できません”。

 手術後、癌ができると、転移ではなく「再発」と必ず言ます。
 手術をしなければ必ず「転移した」と情報操作を日本中で行うので、
 誰もが「手術をすれば助かる」かのような錯誤をしてしまうのです。

 手術後、再発ではなく、転移の可能性もあること、
 手術後、特に即日、癌ができる場合は、特に転移である可能性が高いことを視野に入れたほうが建設的です。

 余程、緊急手術以外は、時間が許される限り、「酸化体質」改善を図れば、
 手術で癌細胞から流れ出た癌細胞で「二次的に感染する転移する」という被害を防ぐことが可能なのです。

 どんな良い療法や食事療法、ビタミンや他のすべての療法だとしても、
 酸化している体質(酸化体質)には、すべて化学反応が起きませんので、無効になるのです。

 これらを理解できない治療家や医者は「癌患者は体が弱り、(栄養を)吸収できない」と勘違いをしているのです。
 「(栄養の)吸収ができない」のではなく、
 酸化しているので “化学反応をはじめとした酵素反応という「化学反応の連鎖」が起き難い” という事実を
 理解するべきです。

 それらの言葉の中で「(栄養を)吸収できない」という言葉がサイトで溢れているので、
 世間では「真実ではない言葉」が氾濫して溢れていますので、
 癌患者に「(栄養の)吸収率を上げた」「細胞壁を壊して(栄養の)吸収率を上げた」とかいう製品が溢れたのです。

 これは、開発者もサプリを研究した研究者も皆、
 「真実が見えていない」ことで起きている、自己満足の研究でしかありません。
 なので、何を信じれば良いのか分からなくなります。


 どんな療法をするのかは自由です。
 私は、自分がしたいと思う療法をするべきだと考えています。

   しかし、酸化還元をした上で、自分に合う療法を併用して初めて効果が出るのです。

 この真実は、永遠に変わることがない最終結論です。

 体の中で起きる化学反応、電気をつくる量も、
 「酸化還元電位」という基本が正常であり、初めて正しい化学反応が起きる、
 ということを理解していけば良いと思います。

 体内の腸内細菌環境も、酵素反応もすべて、
 「酸化還元電位」が正常な上で、初めて正しい働きをするのです。

 それらすべて理解せず、世間の二次的、三次的な療法をいくらしても、
 「酸化した度合いが強い人には(それらの療法は)すべて無効である」と考えて然るべきなのです。

 当然、免疫を培養しても、どんな癌ワクチンをしても、免疫療法をしても、
 「酸化が強ければ、期待する効果を得ることはない」という前提で動いたほうが建設的であるということです。

 抗がん剤は、論じる気すら起きません・・・・、論外です。




 現代病、活性酸素のおさらい
 【「膠原病、難病、癌は寛解する病気です。究極の体質改善法」(甲田光雄先生のお弟子さん)より 】

  ( 参照記事「活性酸素」は、癌をはじめとする様々な現代病をつくり出す元凶!


 賢い読者の方なら当然、理解しているでしょうけれど、
 酵素反応、イオン化という、還元している体液や血液状態を維持してなければ、
 体に必要な各栄養素を(体は)利用できません。

 体外から来た(体外から摂取した)栄養素を重点的に体は利用も致しません。

 (体は)体内で生産して、体内でイオン化させた栄養素を優先使用して、
 体内で生産できない必要な栄養素をイオン化させてから、体内で使用するのです。




 病気になるメカニズム
 【「膠原病、難病、癌は寛解する病気です。究極の体質改善法」(甲田光雄先生のお弟子さん)より 】

  ( 参照記事ビタミンは「体内で還元されて」初めて意味がある! 酸化している体質(酸化体質)であれば、
         ビタミンを服用しても、「還元」ではなく「酸化物質」になってしまう!



 無毒化させる方法はいくつかありますが、
 全身に、寝ても覚めても、継続的に確実に「酸化還元」を行うのは α線のみです(ラドンガス)。

 ビタミンは、体内で還元されて初めて意味がありますが、
 酸化している体質(酸化体質)では、ビタミンを服用しても、還元ではなく「酸化物質」になるという、
 最新の論文根拠を参考にせねばなりません。

 なので、アメリカから遅れて、今現在の日本は、ビタミン大ブームを長い時間巻き起こしていますが、
 難病や癌患者には、体に良い影響ではなく、悪い影響を与えている可能性があるということを、
 繰り返し忘れないでください。

 自宅で α線のお風呂をつくり、水素を入れて(水素風呂」にして )「酸化還元」を行うと、
 効率よく体質を変えていきます。
 いくら良い療法をしても、食事の質が悪いと改善は起こり難いものです。
 (ここは「水素水の臨床」記事を参照してくださいブログ管理人

 自分の何が不足して、何が余分なことなのか、
 きちんと把握して理解する必要があると思います。




◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


 癌の根本治療は、「酸性体質」と「酸化体質」という二大『癌体質』の改善にある!
   重篤に悪化した「酸化体質」の前には、食事療法ですら無意味と化す



癌治療において留意すべき二大要項 「(1)体内の酸性化 」と「(2)体内の酸化

 癌患者さんが忘れてはならないのは、「癌が好む体内環境とは、どのような環境なのか?」ということです。
 ここは、「癌は「酸化した細胞」だけに、増殖と転移をすることができる!」記事のご紹介のあとにお話しさせて頂いた部分と併せてご覧になられてください m(__)m


(1)体内の酸性化 〔酸性体質

 まず最初に重要なのは、癌は「酸性環境pH5~6」でなければ生きられない(もしくは、生き難い)ということです。
 癌細胞は「アルカリ性環境」では生き残ることができません。
 「酸性環境」は癌細胞の成長を促進しますが、「アルカリ性環境」は癌細胞の成長を阻害します。

 「癌細胞と pH の関係」につきましては、

   pH が7.4をわずかに超える(弱アルカリ性」の )環境では、癌細胞は休眠状態となり、
    pH8.5以上の環境では、癌細胞は死ぬ。

 という見解があります。
 これは「癌細胞は、酸性環境(pH5~6)でなければ生きることができない」ということを伝えています。

 甲田光雄先生のお弟子さんは、このように言われています。

   癌は “『乳酸』や『アシドーシス』という酸毒” という癌成長因子2種類を産出して、
    成長因子が定着した組織に、癌細胞が遊離して結合していく、という転移を行い、
    増殖をしていく時に「重水素」が必要なのです。
    「アシドーシス」を還元できる根拠はありませんが、
    還元できる体質の人に癌はいませんから、酸化還元することが適切な判断になります。
    (体内の)「重水素」を減らして(癌細胞の)結合力を弱めて、免疫を高めた上で、
    「ベンズアルデヒド」で癌細胞をアポトーシス(細胞死)させて行く、という4つの構成を同時に行うことが、
    癌の特殊能力を抑制して、増殖を減らせると思います。
    再発した癌は、食事療法は必要ですが、食事療法だけでは無理です。
    癌の種類、手術の治療方針なども含めて真剣に話さないと、間に合わないと思います。

 ここでは “『乳酸』や『アシドーシス』という酸毒 ” についてお話ししていきます。

 癌細胞はミトコンドリアが機能せず、解糖系だけで ATP(生体エネルギー)を生産している細胞です。
 ミトコンドリアは「ブドウ糖」1分子から36個の ATP をつくるのに対し、解糖系は「ブドウ糖」1分子から ATP を2個しかつくれません。ミトコンドリアの糖代謝を「100」とすると、解糖系では「5~6」しか代謝できていないのです。
 この ATP の生産効率の悪さゆえ、癌細胞は正常細胞の十数倍もの「ブドウ糖」を取り込んで大量に消費しないと生きることができない細胞になっています。悪化した癌なら、正常細胞の数十倍もの「ブドウ糖」が取り込まれて大量に消費されているのです。
 癌細胞はミトコンドリアが機能していないため、解糖系で「ブドウ糖」が代謝された最終産物は「乳酸pH5~6)」のみとなり、「乳酸」が大量に蓄積して『乳酸アシドーシス乳酸が蓄積した結果、血液が著しく酸性に傾いた状態pH5~6参照記事)』が生じています。ですから、癌細胞は常に「酸性に傾いた」状態になっているのです。
 しかも、癌細胞は正常細胞の十数倍、悪化した癌であれば数十倍もの大量の「ブドウ糖」を消費していますから、癌細胞には大量の「乳酸」が蓄積しています。そして、大量の「乳酸」が蓄積して生じている『乳酸アシドーシス』による「酸毒」が発生しているのです。

 癌細胞は「乳酸」の蓄積によって「アシドーシス酸性度が高くなり過ぎた状態)」の塊(乳酸アシドーシス)となっており、癌はこの『乳酸アシドーシス』の「酸毒」を成長因子にして成長増殖転移をしていきます。
 癌細胞は『乳酸アシドーシス』の “無限発生装置” と化していますから、癌細胞で生じている『乳酸アシドーシス』を改善し得なければ、癌患者さんの体内はいつまでも「癌細胞が成長しやすい酸性環境」に汚染され続けるわけです。
 しかも、癌細胞は大量に「乳酸」をつくり、周囲を「酸化させている」のです。

 つまり、「癌が悪化していく負の連鎖」には、このような流れがあります。

  癌細胞は、正常細胞の十数倍から数十倍もの大量の「ブドウ糖」を消費している  
   癌細胞がミトコンドリアが機能していないために「ブドウ糖」代謝の最終産物は「乳酸」のみとなり、
    癌細胞には大量の「乳酸」が蓄積して『乳酸アシドーシス』が生じている 
   この『乳酸アシドーシス』からは「酸毒」が発生している  周囲を「酸化」させる 
   大量に蓄積した「乳酸」と、「乳酸」の蓄積により生じている『乳酸アシドーシス』の、
    2種類の「酸毒」を成長因子にして、癌は成長増殖転移していく

 この「癌が悪化していく負の連鎖」は、癌細胞が大量の「ブドウ糖」を取り込んで消費して、癌細胞に大量の「乳酸」が蓄積するところが始まりなのです。ですから、癌細胞に「ブドウ糖」を取り込ませず、癌細胞に「ブドウ糖」を消費させなければ、この「癌が悪化していく負の連鎖」に歯止めを掛けることができるわけです。


 ゆえに、癌細胞に「乳酸」を蓄積させないために、糖質制限が効果します。
 癌細胞が利用できるエネルギー源は「ブドウ糖」だけなので、糖質制限の食事によって、「ブドウ糖」から『短鎖脂肪酸』や『ケトン体』という “ブドウ糖の代替エネルギー源” にシフトすれば、癌細胞を栄養枯渇させて死滅させることもできます。
 そして同時に、癌細胞に「ブドウ糖」を利用させないので、癌細胞にこれ以上「乳酸」が蓄積することもなくなりますから、癌細胞で生じている『乳酸アシドーシス』を軽減していくことができます。それに伴ない、「癌細胞が成長しやすい酸性環境」が改善され、癌細胞がつくり出す「乳酸」によって周囲が「酸化する」被害も軽減することができるでしょう。
 糖質制限は、癌を『食事のコントロール』によって自然抑制する上で非常に有益であり、必須と見なすべきです。
癌細胞が唯一利用できるエネルギー源は「ブドウ糖」だけです。ですから、「ブドウ糖」を摂取すればするほど、癌を大きく育てて進行させます。ここは「ブドウ糖は「癌の最大のエサ」」カテゴリを参照してください。
 糖質制限の食事が癌治療において重要な役割を占めるのは火を見るよりも明らかです。癌患者さんはぜひ、糖質制限を正式に学ばれて、ご自分の納得のいく糖質制限を実行されてください。
私は個人的に、糖質制限の食事として『短鎖脂肪酸食』を推奨しています

 糖質制限の食事に加えて、『重曹水重曹液)』を併用すれば、癌細胞で生じている『乳酸アシドーシス』の「酸毒」を中和して、癌細胞が成長増殖転移をしていくのに必要な「酸毒」を打ち消して「制酸」してくれます。『重曹水重曹液)』の飲用は、癌細胞の成長因子たる「酸毒」を打ち消す「制酸治療」です。これは、糖質制限の食事との相乗効果を生み出し、癌を追い詰めていくのにさらに効果的なるでしょう
ここは「重曹療法・メープル重曹療法」カテゴリの記事を参照してください

 こうして、癌細胞で生じている『乳酸アシドーシス』を改善していけば、癌細胞が生きるのに必須である「酸性環境乳酸アシドーシス乳酸による酸毒pH5~6」を癌細胞から奪い去ることにより癌の成長増殖転移を自然抑制することができますし、癌細胞がつくり出す「乳酸」によって「周囲を酸化させる」ことも防げます。

 この “『糖質制限重曹水重曹液)』” をまとめますと、このように言えるでしょう。

  『糖質制限』によって「癌細胞の唯一のエネルギー源であるブドウ糖」を癌細胞に利用させないことにより、
  癌細胞を栄養的に枯渇させることで死滅へと追い込む
  乳酸アシドーシス』が軽減されることで、癌細胞の成長因子である『乳酸アシドーシス』の「酸毒」が減少し、
    癌の成長増殖転移を阻止する
  重曹水重曹液)』を飲用して、癌細胞で生じている『乳酸アシドーシス』の「酸毒」を中和して「制酸」し、
    癌の成長増殖転移を阻害する
  糖質制限』と『重曹水重曹液)』を組み合わせることによって、
    「癌細胞を栄養的に枯渇させることによって、癌の成長増殖転移を阻止する〔糖質制限〕」と、
    「癌の成長因子である “酸毒” を “制酸” して、癌の成長増殖転移を阻害する〔重曹水重曹液)〕」の、
    2つの作用が同時進行で得られ、癌の改善に大きく貢献する

 「癌を自然抑制する」ためにも、このような『食事のコントロール』によって癌を追い詰める努力を必ず実行しましょう!
 癌の悪化を「自力で」阻止阻害していき、癌の改善に努めてください m(__)m
重曹水重曹液)』は胃液の「制酸剤」でもありますので、食前食後の飲用は絶対に避けて、必ず「空腹時」に飲用してください。ここは、ぜひ「ビタミンB1の欠乏は『乳酸アシドーシス』を生じる原因となる ~ 武田英二 医学博士」記事の下部の【補足】の部分を参照してください

    癌細胞が生きるのに必須の環境は「酸性環境乳酸アシドーシス乳酸による酸毒pH5~6」です。
     「酸性環境乳酸アシドーシス乳酸による酸毒pH5~6は、癌の成長増殖転移を促進します。
     「アルカリ性環境」は、癌細胞の成長増殖転移を阻害します。

    癌細胞に蓄積している「乳酸」が pH5~6 なので、
     「乳酸」が大量に蓄積して『乳酸アシドーシス』が生じている癌細胞も pH5~6 の「酸性環境」になっています。
     癌細胞の「酸性環境pH5~6」を「アルカリ性環境」に改善すれば、癌細胞は生きれなくなり衰退します。
     (血液や体液は pH7.4前後〔pH7.35~7.45〕の「弱アルカリ性」が正常値です。
      血液や体液が pH7.4前後〔pH7.35~7.45〕である時に、生体機能は正常に働きます。
      しかし、これが崩れて、血液や体液が「酸性」に傾くと、生体機能が正常に働かなくなってしまうのです



(2)体内の酸化 〔酸化体質

 次に重要なのが、「癌は、酸化した細胞や組織だけに、増殖転移することができる」ということです。
 甲田光雄先生のお弟子さんは、このようにお話しされています。

   体質が酸化した状態で強い酸化が進み、「活性酸素の毒」が酸化と複合的に遺伝子すら傷付けてしまい、
    「その酸化した細胞だけに、癌は増殖と転移をすることができる」ことを証明したのが、
    東大の渋谷現役教授です。教授は、こうも付け加えています。
    「癌が転移をしない条件は、細胞が酸化していなければ、転移ができない」と話しているのです。

   その「体質」を渋谷教授は、
    “『酸化した乳酸毒2種類』と『活性酸素の酸性物質』により酸化した細胞以外には、癌は転移できない” ことを、
    きちんと説明しているのです。

   癌も、根拠ある東大の渋谷教授も論文で報告していますが、
    「癌は)アシドーシスで酸化させた場所だけに転移をする」と話しており、
    「酸化できない場所には(癌は)転移できない」と結論を出しています。
    「癌を)転移させないためには、癌が転移する『酸化させる条件』を取り消せば、癌は転移できない」と、
    結論も、報告もしています。

   癌化するのは、抗がん剤(の強い酸化力)で(体の)還元電位(酸化還元電位)が元に戻らず、
    「酸化状態で癌が転移繁殖しやすい環境をつくる」ということが、
    「アメリカ国立がん研究所」が『抗がん剤は、むしろ増癌剤である』と結論した理由であると考えると
    腑に落ちるのです。

   渋谷教授が言う「酸化」とは、癌自体が出す『2種類の乳酸毒』だけではなく、
    『人間が酸化した体質酸化体質)』自体も、当然、含まれて然るべきなのです。
    年老いた人でも癌にならないのは、(体内が)酸化していないからです。
    若い頃は、いわゆる、この「酸化したら体液を酸化還元する力」が強いのですが、
    加齢と共に「還元力」が低下するのです。

 上記の中の、渋谷教授が言われている次の点、

  「その酸化した細胞だけに、癌は増殖と転移をすることができる
  「癌が転移をしない条件は、細胞が酸化していなければ、転移ができない
  「酸化できない場所には(癌は)転移できない
  「癌を)転移させないためには、癌が転移する『酸化させる条件』を取り消せば、癌は転移できない

 これは一言で「癌は、酸化した細胞や組織だけに、増殖転移することができる」ということを言われています。
 癌がその細胞や組織に「増殖転移することができる」のは、その細胞や組織に「癌が成長増殖して育つことができる条件が揃っている」からです。
 その逆に、癌がその細胞や組織に「増殖転移することができない」のは、その細胞や組織に「癌が成長増殖して育つことができる条件が揃っていない」からなのです。
 つまり、“癌は「酸化した細胞や組織」でなければ、増殖転移することができない” ということです。
 それは、癌が “細胞や組織が「酸化した」条件下でなければ、育つことができない” 生き物だからです。

 以上をまとめれば、次のように言えるでしょう。

  「癌は、酸化した細胞や組織において、成長増殖転移悪性化することができる
  「癌は、その細胞や組織が酸化していないと、成長増殖転移悪性化することができない

 これは、いわゆる、その細胞や組織が「酸化している」「酸化していない」という条件が、癌の成長増殖転移悪性化に大きく関わっている、ということです。

 その細胞や組織が「酸化していれば」、癌は成長増殖転移悪性化することが “できる”。
 その細胞や組織が「酸化していなければ」、癌は成長増殖転移悪性化することが “できない”。
 このように、癌の成長増殖転移悪性化というのは、その細胞や組織が「酸化しているか」「酸化していないか」という条件にかかっているわけです。
 その細胞や組織が「酸化していれば」、癌は悪化して進行していきます。
 その細胞や組織が「酸化していなければ」、癌は悪化することも進行することもできません。
 癌の成長増殖転移悪性化は、その細胞や組織の「酸化の度合」に大きく左右されるのです。
 ですから、その細胞や組織の「酸化の度合」が強ければ、「癌の成長増殖転移悪性化の度合い」も激しくなるのです。


 これはつまり、上述しました内容の、

 (1)体内の「酸性環境乳酸アシドーシス)」による「酸毒」が、癌が成長増殖転移をする成長因子となっている

 これに加えて、

 (2)体内の「酸化環境」が、癌が成長増殖転移悪性化していく足場(必須の環境)となっている

 この(1)(2)の2つの環境が、癌が成長増殖転移悪性化していくためにはどうしても必要なのです。
 体内の「酸性環境乳酸アシドーシス乳酸による酸毒pH5~6)」酸化環境」という2つの環境の組み合わせが、癌が成長増殖転移悪性化して勢力を拡大していくための必須条件になっている、ということです。
 この「(1)体内の酸性化酸性体質(2)体内の酸化酸化体質」という体内環境が、癌を成長増殖転移悪性化させている “重要な要素(成長因子必須条件絶対条件)” となっているのです。

 いわゆる、これは逆に言えば、

   細胞や組織が「酸性化」しておらず、「酸化」していなければ、癌は成長増殖転移悪性化することができない

 と言えるわけです。これは、癌を改善させる上で非常に重要なことです。

 これを、もう一度まとめますと、

   癌が成長増殖転移悪性化するためには、細胞や組織が「酸性化」&「酸化」していることが必須条件!
   細胞や組織が「酸性化」&「酸化」していなければ、癌は成長増殖転移悪性化することができない!

 ということになります。

 ですから、癌患者さんが癌治療の上で最大限に重視すべき点は、「体内の酸性化」の結果として起こった「酸性体質」と、「体内の酸化」の結果として起こった「酸化体質」の、二大『癌体質』を改善することです。
 「酸性体質」と「酸化体質」という二大『癌体質』を改善することこそ、癌治療における根本治療です。
 この「酸性体質」と「酸化体質」を改善しない限り、本当に癌から解放される日は来ないでしょう。

   癌の二大『癌体質
   (1)体内の酸性化」の結果として起こった「酸性体質
   (2)体内の酸化」の結果として起こった「酸化体質

 この “癌を悪化させてしまう、一番最悪な二大『癌体質』を改善すること” こそ、癌の根本治療となり得るのです。

    癌が成長増殖転移悪性化するのに必須の環境 〔(1)(2)
      酸性環境乳酸アシドーシス乳酸による酸毒pH5~6酸化環境



体内の癌が消滅した」「癌の完治」ではない!

 癌細胞の唯一の生命線である糖質(ブドウ糖)を断てば、癌細胞は生きることができませんから、体内の癌が死滅することになるでしょう。体内の癌が消滅したので「癌が治った!」と思われる癌患者さんが多いでしょうが、これで「癌が治った!」と思い込んではなりません。これは「癌の完治」ではないのです。
 これは「体内の癌が一度、消滅したにすぎない」のです。
 「体内の癌が消滅した」「癌の完治」ではないということを知ってください。
 これはどういうことなのか、ここでお話しします。

 断糖をして体内の癌が消滅しても、また糖質(ブドウ糖)を普通に摂取し始めれば、再び癌が復活するはずです。
 なぜならば、癌は糖質(ブドウ糖)という “癌細胞の唯一のエネルギー源” を断たれたから体内から消滅しただけであって、体内の “「体内の酸性化酸性体質」” と “「体内の酸化酸化体質」” という『癌体質』が改善されていなければ、癌は再び勢力を盛り返し、体内に発生してくることになります。なぜならば、体内に癌を発生させている大本(おおもと)は、あくまで『癌体質』だからです。


 甲田療法でも、癌患者さんが「生菜食療法」を実行して体内の癌が消滅したあとに、「生菜食療法」を止め、普通食肉食を食べ始めると、癌が再発する症例があります。「甲田療法の『生玄米粉&生菜食』の食事療法によって腫瘍が小さくなった進行性肺癌患者Yさんの症例」などは典型例です。
 甲田療法は「飢餓療法」の一種で、“一時的に「栄養状態を落とす」ことで癌細胞の成長を抑える” という食事療法であり、癌細胞の唯一のエネルギー源である糖質(ブドウ糖)の摂取を制限した食事内容です。ですから、この「生菜食療法」で体内の癌が消滅した癌患者さんが実際にいました。
 ところが、「生菜食療法」によって体内の癌が消滅しても、また普通食肉食を食べ始め、人並みに糖質(ブドウ糖)を摂り始めると、また再び癌が再発するのです。
 甲田療法の「生菜食療法」により体内の癌が消滅しても、その後、また普通食肉食を食べ始めれば、再び癌が再発する・・。これは、癌が一度、体内から消滅しただけで、癌が治ったわけでは決してない・・。なので、甲田光雄先生は「癌は治らない」と判断し、「生菜食を継続して(糖質制限をし続けて)癌を抑制しながら、癌と共存してほしい」と言われたのです。

 ゲルソン療法でも、末期癌患者を救えていたのは50%だったそうです。
 他の食事療法でも、癌患者を100% 救えていません。
 私は「これは、なぜなのか・・」とずっと考えていましたが、以前は分かりませんでした。
 「癌が悪化しすぎると、もはや、食事療法が通用しない・・・」と感じていました。
 ですから私は、癌が悪化した癌患者さんや末期癌患者さんには、糖質制限断糖短鎖脂肪酸食』のような食事療法で糖質(ブドウ糖)を制限したり断ったりすることにより、癌を自然抑制して癌の進行を止めることで、まずは「癌で死なずに済む体づくり」をしてほしかったのです。癌の進行が止まれば、それ以上は癌が悪化しないのですから、少なくとも、癌で死ななくて済むようになります。


 もうすでに世間にも現われていますように、糖質制限断糖の食事療法で糖質(ブドウ糖)を断ったら、体内の癌が消滅した症例は出ています。でも、これは残念ながら「癌の完治」ではないのです。この方々は、また糖質(ブドウ糖)を普通に摂取し始めた時点で、癌が再発する人が多いでしょう。
 実際に「断糖高濃度ビタミンC点滴」によって体内の癌が消滅した症例は出ていますが、しかし、糖質(ブドウ糖)を普通に摂り始めたら癌が再発した、という症例があるようです。

 現在、糖質制限には様々なものがあり、糖質(ブドウ糖)制限させるために肉食(獣肉食)をたくさん食べさせる糖質制限食があります。実際に、この糖質制限食は、癌患者の体内の癌を消滅させています。
 しかし、これは「癌が完治した」のではないのです。癌が唯一のエネルギー源である「ブドウ糖」に枯渇したから、癌細胞が死滅して体内から消滅したにすぎません。

 肉食(獣肉食)をたくさん食べていれば、どうなるでしょうか?
 糖質(ブドウ糖)を制限して体内の癌が死滅して消滅したとしても、肉食(獣肉食)の多食は腸内環境を悪化させ、悪玉菌を増やします。腸内にはウイルスやカビも増え、血液が細菌ウイルスカビに汚染されることになります。
 「血液を汚染した細菌ウイルスが産生する特異なタンパク質と化学反応を示して癌化が起こる」ということが癌研究報告によって明らかとなっています。肉食(獣肉食)をたくさん食べている限り、この「癌化の原因」を取り除くことはできません。

 ましてや、肉食(獣肉食)は、次のように指摘されています。

   炭火焼ステーキ1キログラムには、
    600本のタバコに含まれているのと同量の「ベンゾピレン強力な発癌性物質)」が含まれる。
   亜硫酸塩は肉製品に存在する。
    それは人体内で他の物質と化合し、「ニトロソアミン非常に強力な発癌性物質)」を形成する。
   肉の多い食事は性的成熟年齢を引き下げ、乳癌の危険性を増大させる。

 また、甲田光雄先生のお弟子さんは、このように言われています。

   基本、腸内は酸性に傾いていますので、腸内は酸性が良い環境だと現代医学では考えているようです。
    O157を食べる乳酸菌が多くいれば、O157は繁殖しません。
    これらの事象を踏まえて、現代医学では根拠として「腸内の良性菌を増やすことが体に良い」と
    情報を流布しています。しかし、それが根本ではなく、
    『腸内や体内に生息する細菌のすべてが、
     実は、酸化具合に応じた変化で生息して影響力を強くする割合が異なる。
     その酸化を引き起こす引き金が食物であり、
     腸内細菌の良性菌を減らすことで、不必要な悪玉菌が繁殖条件を揃えてしまう
』という見解であるならば、
    すべて矛盾が消え去る理屈になるのです。

 「酸化を引き起こす引き金が食物であり」と言われています。この「酸化を引き起こす引き金が食物」は、白米や白砂糖など精白食品の多食による糖質(ブドウ糖)の過剰摂取や、肉食(獣肉食)が主です。これらは「酸化物質」でもあります。
 肉(獣肉)の動物性タンパク質が消化されてアミノ酸に分解される時に「酸毒」を発生したり、アミンは硝酸塩と結びついて「ニトロソアミン」という最強の発癌性物質がつくられ、動物性脂肪が酸化すると「過酸化脂質フリーラジカル)」となって体内をさらに酸化させます。肉(獣肉)を食べれば血液の酸化が起こり、白米や白砂糖など精白食品の食事が血液の酸化に拍車を掛けるのです。
 肉(獣肉)を消化分解する時に発生した強酸類に血液が「酸毒化」されると『血液の酸毒化』が起こります。
 当然、体液も「酸毒化」します。

 『お茶の水クリニック』院長の『森下敬一』医学博士は、このように言われています。

   癌は酸毒化した血液の浄化装置であるから、癌をいくら叩き潰そうとしても、
    肝心の血液の浄化が行われなければ、再発は防げない。
    逆に血液が浄化されれば、癌は自然に消滅する。
    血液の酸毒化を抑制するには、食事療法が最適である。

 『森下敬一』医学博士は「癌は酸毒化した血液が原因である」と言われています。
 この見解は、当記事の内容にも重なるところがありますね。

 肉食(獣肉食)は、腸内細菌の悪玉菌を増やし、善玉菌を減らします。
 肉(獣肉)を食べると、悪玉菌は有害物質を産生します。
 大腸菌は肉(獣肉)を食べるとアンモニアを出しますが、食物繊維を食べるとセルロースを分解して、ビタミンミネラル酵素を産生するのです。
 肉食(獣肉食)の多食によって腸内環境も腸内細菌も悪化し、体の免疫システムの70%は腸に集中しており(腸管免疫)、腸内細菌のバランスが崩れると腸管免疫の働きが低下するので、免疫機能が低下します。癌は免疫機能を高めないと根本的には治りませんので、免疫が低下するのはもってのほかです。

 肉食(獣肉食)を多食して宿便が溜まれば、それは普通の宿便ではなく、「酸性腐敗便参照1参照2参照3」という恐ろしい「酸毒」を体内に撒き散らす「酸毒発生装置」と化しています。
 この「酸性腐敗便」が発生している「酸毒」は腸壁から吸収されて血流へと流れ込みますので『血液の酸毒化』が進みます。ですから当然、「酸性腐敗便」は癌の原因となるのです。
肉食(獣肉食)により腸内に溜まった「酸性腐敗便」は、「酸毒発生装置」であると同時に「血液酸毒化装置」でもあるわけです。この「酸性腐敗便」を排泄しない限りは「血液の酸毒化」を治めることはできず、血液は延々と「酸毒化」し続けることでしょう。肉食(獣肉食)をして宿便を溜めることの恐さが叫ばれている所以です

 肉食(獣肉食)の動物性タンパク質は『癌の促進剤』であることが癌研究報告により分かっています。
 肉製品・乳製品の動物性タンパク質は『癌の促進剤』です。
 (ここは「肉食・乳製品の真実」カテゴリを参照されてください

 上述の如く、肉食(獣肉食)の多食は「酸毒」を発生させて体内を「酸性化」させ、「酸化」させます。
 これは、体の「酸性体質」と「酸化体質」を助長するようなものです。
 これでは、上述の(1)(2)の 二大『癌体質』( 酸性体質 酸化体質)の問題が、ま~ったく解決できません。

 つまり、肉食(獣肉食)を多食させる糖質制限食は、体内に癌を生み出す大本(おおもと)である『癌体質』を改善できないのです。肉食(獣肉食)の多食させる糖質制限食は、糖質(ブドウ糖)を制限しているから、体内の癌が死滅して消滅しただけです。『癌体質』自体を本当には改善できません。『癌体質』が改善していなければ、癌はまたいつでも再発できる状態にあるのです。

 以上のことから、肉食(獣肉食)を多食させる糖質制限食で体内の癌が消滅したとしても、その後、また糖質(ブドウ糖)を普通に摂取し始めた時点で、癌が再発する可能性は高いと見るべきでしょう(実際に、そういう癌患者さんがいるようです)。
 ここは、肉食(獣肉食)を多食させる糖質制限食の盲点だと思います。
 このような、肉食(獣肉食)を多食させる糖質制限食を推進している医学博士医師治療家の先生は、『癌体質』の認識が欠如しているために「体内の癌を消滅させれば良い! それで癌は完治した!」という意識しか持ち合わせていないため、糖質(ブドウ糖)を “制限させる” という視点「だけ」に偏りすぎてしまい、このような盲目的なミスを引き起こすのでしょう。

 肉食(獣肉食)を多食させる糖質制限食は「糖質(ブドウ糖)を制限しているから、体内の癌が消滅しただけ」です。
 癌の栄養(ブドウ糖)を制限して断っているから、体内の癌が消滅した「だけ」なのです。
 このようなことは「断食療法」でもあることです。断食をして癌の栄養(ブドウ糖)を断つと、体内の癌は消滅します。
 しかし、癌の栄養(ブドウ糖)を普通に摂り始めると、また癌が復活して再発するのです。
 これでは「癌の完治」とは決して言えません。
 癌の栄養(ブドウ糖)を普通に摂り始めた時点でまた癌が再発するようでは「癌が完治したことにはならない」のです。


 ここは本当に大事なところなので、もう一度、言います。

 肉食(獣肉食)を多食させる糖質制限食は「糖質(ブドウ糖)を制限しているだけ!」であって、それで体内の癌が消滅したとしても、癌が育つことのできる『癌体質』という体内環境はいまだ「温存されたまま」で根本的には改善されていないのですから、また糖質(ブドウ糖)を普通に摂取し始めれば、癌が再び育ち始めることになって当然だと言えます。
 これは、体内に癌を発生させている大本(おおもと)である『癌体質』をキチンと改善していないからです。
 体内に癌が発生する可能性(癌体質)を「抱えたまま」なのですね。

 例えて言えば、こう言えるでしょう。

 暴走車()がいつでも暴走(再発)できるように整備されたまま(癌体質』のまま )なわけですから、暴走車()にガソリン(ブドウ糖)を与えないうちは暴走できませんが(癌が死滅しますが)、またガソリン(ブドウ糖)を与え始めれば、再び暴走し始める(癌が再発する)に決まっています。
 これは、暴走車()が整備されたまま(癌体質』のまま )だからです。
 暴走車()がもう暴走(再発)できないくらいに、暴走車()の整備(癌体質)を破壊せねばなりません。

 癌が生きるのに居心地の良い『癌体質』を改善しないうちは、条件が揃えば、癌はいつでもまた再発するのです。
 ですから、糖質(ブドウ糖)を断って体内の癌が消滅したからと言って、それで「癌が完治した!」とは言えないわけです。

 肉食(獣肉食)を多食し続けたら、私はヤバイと思います。
 肉食(獣肉食)の多食から、世界中で様々な病気が発生しているのは事実です。
 アメリカが肉食(獣肉食)を多食することを諫めたことを忘れてはいけません。
 アメリカは「糖質(ブドウ糖)の過剰摂取」「肉食(獣肉食)の多食」によって癌が激的に増えました。そこでアメリカは、アメリカ国民の「肉食(獣肉食)の多食」の改善に努め、アメリカ国民に「植物食中心の食事」を大々的に推奨することにより、癌を激減させることに成功しました(食品に使用される化学物質化学化合物への規制の強化も含みます)。

 肉食(獣肉食)を多食させる糖質制限食という食事内容は、当時のアメリカ国民の多くを癌に陥れてしまった食事内容である “「糖質(ブドウ糖)の過剰摂取」「肉食(獣肉食)の多食」” の「糖質(ブドウ糖)の過剰摂取」が抜けているだけです。
 糖質制限食を止めて、また糖質(ブドウ糖)を普通に摂取し始めた時点で、アメリカ国民の多くを癌に陥れた食事内容と同じ “「糖質(ブドウ糖)の過剰摂取」「肉食(獣肉食)の多食」” になるのですから、再び癌が再発することになって然るべきと言えるのではないでしょうか・・・。


 しつこいようですが、ここはマジで大事なところなので、もう一度だけ言います。

 肉食(獣肉食)を多食させる糖質制限食は、あくまでも「糖質(ブドウ糖)を制限しているから、体内の癌が消滅しただけ」です。これで「癌が治った!」などと思うのは早合点というものです。
 上述のように、体内に癌を生み出す大本(おおもと)である『癌体質』はバリバリ温存されたままなのですから、この体内の状態で、また糖質(ブドウ糖)を普通に摂取し始めたら「癌に暴れさせるエネルギー源(ブドウ糖)を与えることになる」わけですから、癌は再び暴れ始めることになるでしょう。つまり、癌が再発するということです(実際に、そういう症例があるようです)。

 「癌を治す」というのは、体内に癌を生み出す大本(おおもと)である『癌体質』自体を改善することにあるのです。
 血液の汚れを浄化して清め、血液を汚染している細菌ウイルスカビという「癌化の原因」を一掃し、腸内環境や腸内細菌を改善して免疫機能を高め、「癌の原因」となっている「代謝の不具合」を改善するために代謝機能を賦活する。
 上述のような「体内に発生する発癌性物質」や「食品に含まれる化学物質化学化合物といった発癌性物質」などの「癌化の原因」を排除し、癌を成長増殖転移悪性化させてしまう「酸性体質」と「酸化体質」の改善に努める。
 これらの「癌の原因」を総合的に改善していく先に、本当の「癌の完治」があるのです。
 これが、肉食(獣肉食)を多食させる食事から実現できるとは、私には到底思えません。
 やはり、植物食中心の糖質制限食が『癌体質』を改善するのに一番適切ではないかと思います。

 「糖質(ブドウ糖)を普通に摂り始めたら、また癌ができちゃったァ~!」などという糖質制限食ではお話になりません。
 肉食(獣肉食)を多食することで糖質制限ができたとしても、肉(獣肉)を多食し続けて本当に良いのでしょうか・・?
 ましてや、その厳しい糖質制限食を一生し続けることができますか・・?
 糖質(ブドウ糖)を普通に摂り始めたら、また癌患者に逆戻りですよ・・・。
 どうか、「体内から “癌の塊” が消えただけでは、癌が完治したことにはならない」ということを知ってください。
 「癌の完治」とは、あくまで『癌体質の改善』を果たすことにあるのです。


 私が思うには、肉食(獣肉食)を多食させる糖質制限食で体内の癌が消滅したならば、その後に、今度は、肉食(獣肉食)を控えて減らし、植物食を中心とした食事療法(当然、糖質制限です)や少食療法、また「週末一日断食」や「半日断食」などの(短期間の)断食療法の継続によって『癌体質』を改善していくことにより、癌の再発予防に努めて頂けたら良いのではないかと思います。

 また、植物性タンパク質には、動物性タンパク質が含んでいる20種類(そのうち8種類が必須アミノ酸)のアミノ酸が欠如していますが、この植物性タンパク質に欠如しているアミノ酸は『エビオス』で摂取できます。
 甲田療法で『エビオス』が採用されていた理由は、『エビオス』の整腸作用の役割もありますが、甲田療法は肉食(獣肉食)を一切含まない食事療法であったため、植物性タンパク質に欠如しているアミノ酸を補う意味があったのです。
 植物食を中心にした食事療法をされている癌患者さんは、ぜひ『エビオス』を摂取されてください。
 値段はそんなに高くないですから、『エビオス』の活用を私はお勧めします。
 私の母は、甲田光雄先生の一番弟子である「森美智代」先生と同じく、『エビオス』を一日20錠摂取しています。

 エビオス


 いくら糖質制限をしていても、「肉食(獣肉食)の多食」などし続けたら、私はマジでヤバイと思います。
 肉食(獣肉食)は「少量」ならまだしも、「肉(獣肉)を毎日た~っぷりと食べる」なんていうのは、総合的に見つめれば、私は言語道断だと思います。「肉食(獣肉食)の多食」から発生する病気など、いくらでもあるのです。
 死病は癌だけではないことを、もう一度、振り返られてみてください m(__)m


 ただ、甲田光雄先生のお弟子さんは、このように言われています。

   それこそが、還元電位(酸化還元電位)を下げて、(体の)pH を正しい pH に(改善して)、
    血液を再生する視点と、ビタミンD前駆物質濃度、
    そして、放射線濃度調整と α線、ラドンガス、飲料水、温浴の応用にて、
    酸化還元を実用LVで行うことを基本にして生活をしたことで起きた改善ではなく、
    根本的な体質改善に成功したのです。
    試験的に、連日連夜、肉を食べても体調は悪くなりませんし
    多少、夜更かししても、寝れば疲れは取れますし、
    散歩しても疲れが少なく、疲れても休憩すれば、すぐ回復するようになれたのも、
    この還元電位(酸化還元電位)を理解してからなのです。

 この「試験的に、連日連夜、肉(獣肉)を食べても体調は悪くなりませんし」という部分を見て「肉(獣肉)を毎日たっぷり食べても大丈夫なのでは?」と思い込んではいけません。
 甲田光雄先生のお弟子さんは、多額のお金を投資して様々な方法で酸化還元を行なって「酸化体質」の改善を果たし、体液の「酸化還元電位」を マイナス に維持しているからこそ、このような「試験的に、連日連夜、肉(獣肉)を食べても体調は悪くなりません」という体質を得ているのです。
 甲田光雄先生のお弟子さんが実行されている行動は並大抵のことではなく、一般人ができる範囲を遥かに超えており、とても真似できるものではありません。「水素風呂」「水素水」などの『水素療法』、天然の放射線による「ホルミシス」作用の活用など、様々な「抗酸化治療」「酸化還元治療」を実行されて、ご自身の重度の膠原病を劇的に改善させています。
 甲田光雄先生のお弟子さんのように、ここまで様々な酸化還元の方法をもって「酸化体質」を改善する努力ができる方なら、肉(獣肉)をそこそこ多めに食べても問題は起こらないのかもしれませんが、一般人が肉(獣肉)を多食すれば、上述のような問題が確実に発生してくると私は思います。
 甲田光雄先生のお弟子さんが、もし「酸化体質」が何も改善されていない状態であれば、「連日連夜、肉(獣肉)を食べ」ることなど、とてもできることではないと思います。「酸化体質」が改善されていない状態で「連日連夜、肉(獣肉)を食べ」たならば、おそらく、炎症が亢進して体調を大きく崩されるはずだと思います。この「試験的に、連日連夜、肉(獣肉)を食べても体調は悪くなりません」というのは、甲田光雄先生のお弟子さんが様々な酸化還元の方法をもってして「酸化体質」の改善を果たし得たからこそ得ることのできた恩恵です。ですから、「抗酸化治療」「酸化還元治療」による「酸化体質」の改善を何も実行していない一般の患者さんが、甲田光雄先生のお弟子さんの「連日連夜、肉(獣肉)を食べても体調は悪くなりません」と同じ目線に立ってはならないのです。
 まァ~、これは、あくまで「試験的に」行なった上での話です。これがもし、連日連夜の肉食三昧(獣肉食たっぷりの食事)をず~っと継続していったなら、肉食(獣肉食)の多食が引き起こす弊害の問題が必ず起こってくると思います。


 『銀座東京クリニック』院長の『福田一典』医師も「「酸化ストレス」の軽減は、癌の進行を抑制する! - 福田一典医師」記事において、このように言われていました。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


酸化ストレス」を軽減する方法

 「酸化ストレス」を軽減する方法は、「水素ガス風呂水素風呂入浴〔皮膚吸収 吸引〔呼吸吸収)」や「水素水」飲用や「点滴」の他に、以下のような「食事療法」や「サプリメント」や「漢方薬」なども有用です。

(1)食事療法
 「赤身の肉」や「動物性脂肪の多い食事」ががんの発生を促進する一番の原因は、これらの食品が『体内で活性酸素やフリーラジカルを発生させる原因になる』からです。野菜や果物ががんを予防するのは『活性酸素やフリーラジカルを消去する「抗酸化物質」を多く含む』からです。穀物も、精白したものよりも「未精白の全粒穀物玄米など)」ががん予防に推奨されている一つの原因は、精白で除去される胚芽や糠の中に『抗酸化作用のある成分が多く含まれている』からです。
 野菜や果物や豆類や全粒穀物のように、植物が含む「抗酸化成分」をまとめて摂取することは、がんや老化の予防に効果があることは、多くの研究が支持しています


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


 肉食(獣肉食)は「体内で活性酸素やフリーラジカルを発生させる原因になる」のです。
 肉食(獣肉食)には、体内を「酸性化」させ、「酸化」させる元になる側面がどうしてもあります。
 癌が成長増殖転移悪性化していくための必須の要因(要素条件)である「酸性体質」&「酸化体質」という体内環境を改善するためには、やはり、肉食(獣肉食)は、なるべく控えられたほうが良いと思います。
 肉食(獣肉食)を多食させる糖質制限食により体内の癌が消滅したとしても、その糖質制限食を止め、また糖質(ブドウ糖)を普通に摂取し始めた時点で(体内に「癌が発生する条件」が揃うことで)癌が再発し、再び癌患者に戻ってしまうでしょう。
 しつこいようですが、実際にそういう症例があるようです。でも、これは理論的に考えてみれば当然の帰結です。

 ここまでお読み頂ければお分かりになって頂けると思いますが、肉(獣肉)を多く食べる糖質制限食は『癌体質』をより一層深めてしまう食事です。ですが、この糖質制限食でも「糖質制限ができている」ため、癌細胞の唯一のエサである「ブドウ糖」を癌細胞に利用させないことによって癌細胞は生きることが困難になりますから、癌は体内から消滅するでしょう。
 しかし、また糖質(ブドウ糖)を摂り始めて癌細胞にエサ(ブドウ糖)を与えてしまうと、癌は再び勢力を盛り返してくるのです。なぜならば、癌が繁殖しやすい体内環境である『癌体質』が何も改善されておらず、そのまま温存されているからです。
 癌細胞に「ブドウ糖」を与えないと癌は消滅する・・、このようなことは、実際に「断食療法」でもやっていることなのです。
 でも、それだけでは(糖質制限をして体内の癌を消滅させただけでは)、また糖質(ブドウ糖)を摂り始めて癌細胞にエサ(ブドウ糖)を与え始めた途端に、癌は再び勢力を盛り返して再発してきます。癌が再発してくるというのは『癌体質』が改善されていない証拠です。

 癌細胞が生きるために、癌が成長増殖転移悪性化していくために絶対に必須の環境が「酸性環境乳酸アシドーシス乳酸による酸毒pH5~6」と「酸化環境」です。癌が勢力を広げるためには、この “「酸性環境酸化環境」” という組み合わせがどうしても必要です。癌は「酸性環境」と「酸化環境」がなければ、成長も増殖もできず、転移もできず、悪性化することもできないのです。癌細胞にとって「酸性環境」と「酸化環境」を失うのは、本当に困ってしまう死活問題なのです。
 ゆえに、体内の「酸性化」と「酸化」を予防して「酸性体質」と「酸化体質」という二大『癌体質』を改善することこそが、癌治療の根本となり得る二大要項だと言えるのです。

 ですから、逆に言えば、癌が転移したり、癌が悪性化している癌患者さんは、ご自身の体内の「酸性環境」と「酸化環境」が深まっている証拠であると真剣に悟らなければなりません。ご自身の体内の「酸性化」と「酸化」を予防し、「酸性体質」と「酸化体質」という二大『癌体質』を大きく改善して、ご自分を癌から生還させる大きな道筋を歩み始めることです。

 肉(獣肉)を多く食べる糖質制限食であっても「糖質制限ができる」ため、体内の癌が消滅する症例は出ています。しかし、この「肉食(獣肉食)の多食による糖質制限」を継続していって、果たして「酸性体質」と「酸化体質」という二大『癌体質』を根本的に改善することができるのでしょうか・・? 私は難しいと思います・・・。

 「肉食(獣肉食)の多食による糖質制限」を継続して頑張っていても、「酸性体質」と「酸化体質」という二大『癌体質』を改善しない限り、糖質(ブドウ糖)の摂取如何によって、癌とのイタチゴッコがず~っと続いていくことになるでしょう。
 「肉食(獣肉食)の多食による糖質制限」を止めて、また糖質(ブドウ糖)を普通に摂り始めた時点で、また再び癌患者へと逆戻りする可能性のあることを、決して決して忘れないでください m(__)m

 もし「肉(獣肉)を多く食べる糖質制限食」によって体内の癌が消滅されたなら、その後はなるべく肉食(獣肉食)は控えるように(少なく)され、植物食中心で、肉食(動物性タンパク質の摂取)をするならば魚介食にした糖質制限食を行ない、少食療法、「週末一日断食」や「半日断食」などの(短期間の)断食療法の継続によって『癌体質』を改善しながら、癌の再発予防に努められたほうが適切ではないだろうか・・、というのが、私の個人的な見解になります。


 甲田光雄先生のお弟子さんは「糖質制限食について」記事にて、このようにお話しされています。

   癌による糖質制限食と、膠原病の糖質制限食は、変えたほうがよろしいと思います。
   
糖質制限食を双方の病状を持つ患者さんの場合、
    肉類を食べた時に腐敗臭などの強い臭いがする場合は、毒素が多く排出している証拠ですので、
    肉類を止めて、魚と野菜に切り替えるべきだと考えています。
    魚は、鮭を除いた赤身はできる限り避けて、

    青物(青魚)、白身のほうが酸化し難いので、腐敗し難い傾向があります。

 丹羽耕三医学博士は『魚介食の栄養は正常細胞を養い、肉製品乳製品の栄養は癌細胞を養う』と言われています。
ここは「丹羽靱負(耕三)医学博士が語る、肉製品・乳製品の真実!【肉製品・乳製品の栄養はすべて、癌細胞の栄養になっている】」記事を参照してください

 私は、肉製品乳製品から動物性タンパク質を摂取するよりも、魚介食から動物性タンパク質を摂取するほうを推奨します。
 肉製品乳製品の動物性タンパク質は「発癌」「癌の成長を促進させる」という癌研究報告がありますから、私は、肉製品乳製品は避けたほうが無難だと考えています。アメリカが癌患者を減らすのに肉食(獣肉食)の多食を諫めたのを見ても、私はどうしても癌患者さんが肉製品乳製品に頼るのは危険だと思うのです。

 日本人の肉食は本来、魚介食です。日本人はたった数十年前まで、肉製品乳製品など食べていませんでした。
 日本人はつい数十年前から肉製品乳製品を食べ始めたばかりなので、昔から肉製品乳製品を食べてきた欧米人のようには体の機能がついていかないのです。欧米人は長年の肉製品乳製品の食事の経験がありますので、肉製品乳製品を食べた時に発生する毒素を解毒したり、肉製品乳製品を消化する酵素も備わっています。しかし日本人には、肉製品乳製品の食事から発生する毒素を解毒することに長けていない人も多いですし、肉製品乳製品を消化する酵素がない人もいるのです。
 日本人は昔から魚介食を食べてきましたので、魚介食を食べた時に発生する毒素の無害化、魚介食を消化する酵素などは得意中の得意、お家芸なのです。
 こういう、欧米人と日本人の食の歴史的側面、及び、体の機能面から肉製品乳製品の食事を見た場合、やはり、日本人には肉製品乳製品の食事は弊害があるはずですし、食の歴史的実地から見ても、日本人の多くは魚介食をするのが一番安全で適合すると思います。

 例えば、「長寿世界一は沖縄、その秘密は豚肉食だった ~ 日本SPF豚研究会」とか「コラム「南風」 「肉・卵・チーズ」で健康長寿 - 琉球新報 - 沖縄の新聞」のような広告を見たことはありませんか?
 これは「真っ赤な大嘘」です。これは、豚肉の売り上げを上げたい畜産業界が演じた「大嘘」なのです。
 こちらの「「沖縄県民の長寿の秘訣は豚肉」はウソだった!」や「長寿県沖縄の食 ~ 豚肉が長寿の元は「誤り」~」が本当のことです。
 沖縄では昔から豚肉が食べられていたのは事実ですが、これは何も「沖縄の人が豚肉を常食していた」というわけではなく、本土の日本人が年に2回ほど「ハレの日(正月や夏の祭りなどの特別な日)」に家畜の鶏を屠殺して食べていたように、沖縄の人は年に1~2回ほど「ハレの日」に家畜の豚を屠殺して有り難く頂いていたのです。
 そのような沖縄の人たちだって、沖縄に米軍が来て、米軍の影響から肉食(獣肉食)を多食するようになると、やはり、様々な病気が勃発して現われるようになり、沖縄の長寿が首位から急転落したのです。
参照記事沖縄 長寿崩壊の危機 - NHK クローズアップ現代 - NHKオンライン」「長寿日本一の沖縄が首位から急転落! 沖縄県民を取り巻く食環境の実態

 例えば、「イヌイット(エスキモー)は昔から肉食(獣肉食)ばかりしているが、癌をはじめとする病気にはなっていない」ということで、「肉(獣肉)を食べても癌にはならない! 肉食(獣肉食)はどんどんすべきだ! 肉(獣肉)を食べて糖質制限だァ~!」とお謡いなされている医学博士や医師、治療家の先生もおられますが、これがまったくの大問題なのです。
 イヌイットは、確かにクジラアザラシ魚などの肉食(獣肉食)だけをして生きてきました。それは、氷の世界に覆われた地域に暮らしている北極圏の民族には、植物食などまったくできなかったからです。
 イヌイットは確かに肉食(獣肉食)だけをして無病息災に暮らしていたことは、アメリカの調査団が現地で確かめていることですから事実です。しかし、これは「原始イヌイット」であって、「原始イヌイット」から枝分かれして近代化したイヌイットではありません。
 「原始イヌイット」は大昔からクジラアザラシ魚などの肉食(獣肉食)だけをして生きていますが、「原始イヌイット」がしている肉食(獣肉食)は、ほとんどすべて「生食」です。「原始イヌイット」は狩猟で獲れたクジラアザラシ魚などをほとんどすべて「生で」食べています。魚を獲ると倉庫や穴倉に放置して発酵させ、その発酵した魚を「生で」食べています。これは「発酵食品」になっています。私は実際に TV で視ましたが、アザラシの脂肪も「生で」食べていました。
 (ただ、私が昔、TV で視た中では、クジラの「皮の部分」は狩猟直後にその場で「煮込んで」食べていました
 このように、「原始イヌイット」は獲れ立ての新鮮な肉(獣肉)を「生食」しているからこそ、癌をはじめとする病気を一切起こさないのです。
 ところが、この「原始イヌイット」から枝分かれして近代化したイヌイットは、肉(獣肉)を「火食加熱調理)」で食べるようになりました。この、肉(獣肉)を「火食加熱調理)」で食べるイヌイットには、病気が確認されたそうです。
 これらは、アメリカの調査団が現地で調べて報告していることであり、アメリカの「酵素栄養学」では有名な話です。
 ましてや、イヌイットの肉食(獣肉食)というものは、獲れた獲物の全体すべてを食べている「全体食」です。
 日本人のような一部の肉(獣肉)だけを食べている「切り身食(部分食)」ではないのです。
 このイヌイットの肉食(獣肉食)の実情(内訳中身)を知ってか知らないでか分かりませんが、「イヌイットは昔から肉食(獣肉食)ばかりしているが、癌をはじめとする病気にはなっていない」という部分だけを見て、「日本人だって、肉(獣肉)を食べても、癌や病気にはならない」と錯覚を起こすのは本当にどうかしています。
 これは、例えて言えば、「インディアンはタバコを吸っていたが、特に病気を起こしてはいなかった。だから、人間がタバコを吸っても、病気の原因にはならない」と言うのとまったく同じことです。実際にそういう人もいましたが、これは本当に茶番です。
 インディアンに喫煙習慣があったのは事実ですが、インディアンは “宗教上の儀式” で「無添加のタバコ」を主に儀式の時に吸っていたのであって、日本人の喫煙者のように「化学添加物てんこ盛りで薬漬けされたタバコ」を毎日、何十本も吸っているわけではないのですから、「インディアンの喫煙」と「日本人の喫煙」をまったく同一視するなんて、ほとんど「狂気の沙汰」です。これは、完全な「盲(メクラ)様」です。
 イヌイットが肉食(獣肉食)ばかりして無病息災に生きていたのは事実ですが、それは上述しました「原始イヌイット」の話であって、獣の体の一部の肉(獣肉)だけを食べる「切り身食(部分食)」の「火食加熱調理)」しかしていない日本人には適合しないことです。
 この「原始イヌイット」の肉食(獣肉食)の内容(生肉食)の事実を無視して、「イヌイットは昔から肉食(獣肉食)ばかりしているが、癌をはじめとする病気にはなっていない! 肉(獣肉)を食べても癌にはならない! 肉食(獣肉食)はどんどんすべきだ! 肉(獣肉)を食べて糖質制限だァ~!」と「だけ」都合よくお謡いなされている医学博士や医師、治療家の先生には注意されたほうが良いでしょう。
 日本人が「肉(獣肉)を多く食べる糖質制限食」をすると、後年、何らかの問題を引き起こす可能性があると私は考えます。ですから、「肉(獣肉)を多く食べる糖質制限食」を実行されておられる癌患者さんは、もう一度、よくよく真剣に考えられたほうが良いと思います。

 欧米では、肉製品乳製品の食事よりも、植物食による食事療法が多いです。
 ましてや、欧米では昔から「肉食(獣肉食)を諫め、植物食を推奨する古典」も多く存在するのです。
 それは、欧米人は今まで肉製品乳製品を食べてきた経験が長いために、肉製品乳製品から起こる健康上の弊害に早くから気づいていたからです(中には「動物愛護」的な要素の傾向もあったとは考えられますが・・・)。
 ところが日本人は、肉製品乳製品の食事をたった数十年前に始めたばかりですから、肉製品乳製品の害に対して、経験的に無知なのです。
 肉食(獣肉食)を今の医学的な知識だけで判断するのではいけません。問題を起こす原因となるでしょう。
 肉食(獣肉食)は、過去の人類の食の歴史、食の文献、及び、食の実地的事実を考慮して判断せねばならないのです。
 「「食事は炭水化物抜き」が一番危ない 糖質制限ダイエット ~ 現代ビジネス Kodansha」記事を読まれてみてください。

 以上、私は総合的にトータルで考えて、癌患者さんがすべき肉食(動物性タンパク質の摂取)は、肉製品乳製品ではなく、魚介食であるべきだと思います。


 また、これに加えて、「水素吸引」「水素風呂」「水素水」といった『水素療法』などのご自分の納得できる「抗酸化治療」「酸化還元治療」を併用して活用され、「酸化体質」という『癌体質』の改善を強く推し進めることができたなら、なおベストだと思います。
この項でお話しさせて頂きました「肉食(獣肉食)の多食による糖質制限食」に対する私の見解が、糖質制限食を実行されている癌患者さんのご参考になって頂けましたなら幸いです m(__)m
抗酸化治療」「酸化還元治療」は、酸化体質」の改善が必要な方に対しては、私は強く推奨します。しかし、何も病気がないのに、ただ美容目的のために『水素療法』などの「抗酸化治療」「酸化還元治療を乱用するのは、私は絶対に反対です。まァ~、適宜なら良いんですけど・・・。
 何も病苦がないのなら、基本的には食養(食事療法少食療法断食療法など)による健康促進健康維持を図って頂きたいのが私の本音です〔私は食養野郎なので、そういう考えの持ち主です・・・〕。食養ができたその上で、適宜「抗酸化治療」「酸化還元治療」も併用して活かされるなら良いのではないかと思います。このことにつきましては「『水素療法』には、盲点的な「欠点」がある!」記事を参照されてみてください。
 でも、考えてみれば・・、現代の日本社会は「大酸化社会」になっちまいましたから、もはや、日本人の誰もが「抗酸化治療」「酸化還元治療」を適宜活かしていかなければ健康を保てない時期に入っているのかもしれませんね・・〔なんてこったい・・〕。
 これは、文明の便利さに溺れて酔狂した現代人の『自己責任』でしょう。人類は、文明という便利の影に病魔があったことに気づかなかったのです。今後は「酸化体質酸化ストレス酸化ストレス・クライシス)」の悪夢が、もっと酷く現われてくるはずです・・、癌患者もさらに増えるでしょう・・・。「本(もと)正さずして、末(すえ)治まらァ~ん!」のです・・・


 私なりに肉食(獣肉食)についてお話しさせて頂きましたが、肉食(獣肉食)につきましは、あとは個人の認識と判断の問題になります。癌患者のみなさんも、癌治療の食事療法に肉食(獣肉食)を多く取り入れるべきなのか否かについて、ご自分なりによく考えられてみてください。よろしくお願いします m(__)m



重篤な「酸化体質」の体に栄養を取り込んでも、栄養素が酸化されて「酸化物質」になる!
  酸化した栄養素では、栄養素の機能役割を果たせない!
  ゆえに、重篤な「酸化体質」の前には、食事療法すら無意味と化す!


 ここからは、甲田光雄先生のお弟子さんの次の内容をピックアップして見つめていきたいと思います。
 ちょっと、長いですけれども、ご覧になってください。よろしくお願いします m(__)m


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


   体質が酸化した状態で強い酸化が進み、「活性酸素の毒」が酸化と複合的に遺伝子すら傷付けてしまい、
    「その酸化した細胞だけに、癌は増殖と転移をすることができる」ことを証明したのが、
    東大の渋谷現役教授です。教授は、こうも付け加えています。
    「癌が転移をしない条件は、細胞が酸化していなければ、転移ができない」と話しているのです。

   その「体質」を渋谷教授は、
    “『酸化した乳酸毒2種類』と『活性酸素の酸性物質』により酸化した細胞以外には、癌は転移できない” ことを、
    きちんと説明しているのです。

   癌も、根拠ある東大の渋谷教授も論文で報告していますが、
    「癌は)アシドーシスで酸化させた場所だけに転移をする」と話しており、
    「酸化できない場所には(癌は)転移できない」と結論を出しています。
    「癌を)転移させないためには、癌が転移する『酸化させる条件』を取り消せば、癌は転移できない」と、
    結論も、報告もしています。

   癌化するのは、抗がん剤(の強い酸化力)で(体の)還元電位(酸化還元電位)が元に戻らず、
    「酸化状態で癌が転移繁殖しやすい環境をつくる」ということが、
    「アメリカ国立がん研究所」が『抗がん剤は、むしろ増癌剤である』と結論した理由であると考えると
    腑に落ちるのです。

   渋谷教授が言う「酸化」とは、癌自体が出す『2種類の乳酸毒』だけではなく、
    『人間が酸化した体質酸化体質)』自体も、当然、含まれて然るべきなのです。
    年老いた人でも癌にならないのは、(体内が)酸化していないからです。
    若い頃は、いわゆる、この「酸化したら体液を酸化還元する力」が強いのですが、
    加齢と共に「還元力」が低下するのです。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

   すべての薬は、人体が正常な「還元されている体組織液血液」を前提につくられております。
    その体質ではない時、酸化している体質(酸化体質)の度合いに応じて、
    効く人、効かない人が差別化されてしまうのは当然のことです。

  活性酸素が病状病気の90%の原因である」と結論を出していますが、
    この活性酸素を多く生み出す根本原因を、誰も追究していません。
    体の還元電位(酸化還元電位)の変化により、体内の活性酸素量が増減すること、
    これは、腸内で「水素」をつくる(産生する)細菌群(腸内細菌群)も、
    体液の還元電位(酸化還元電位)に一番強く影響を受けていき、
    その上で、食品や外の環境にも影響を受けるという複合的な要因であると推測すると、
    すべて理論的に矛盾点が消えるのです。

   腸内細菌にO157細菌群を入れたとしても、
    「還元電位(酸化還元電位)が マイナス250(-250)であり、弱アルカリ性の体液の環境下である」ならば、
    例え、O157が生息していても、毒性を吐くことはないのです。

   世界中の文献を見ても、人間の根本基本根源すべてが、
    「還元電位(酸化還元電位)マイナス250(-250)を維持すること」、
    これこそが一番重要であることを研究した人はおりません。

   この「(還元力が)低下する年齢」がいつ頃ピークになるのか統計学もしていないし、学者でも、誰も、
    この「体組織液の還元電位(酸化還元電位)が変化して癌化現象が起きる」という仮説すら打ち出していませんが、
    おそらく、私は、ここらへんは推測ですが、
    (体の)還元電位(酸化還元電位)が下がる(下記注釈)ことで癌が繁殖しやすくなり、
    その上で、加齢により免疫力が低下したことで、
    「癌を淘汰する力」と「癌が)繁殖する力」()関係が逆転現象を起こした時に、
    癌が癌として成長をしていき、体内の個体差に応じた細菌やウイルスを巻き込んで、
    癌の種類に変化が出て、DNA の損傷により酸化したあとで起きる不具合に応じて悪性度が変わるのだ、
    と推測をしております。
注釈この「下がる」というのは「上がる」の誤記でしょう。「体の酸化還元電位が上がり(酸化傾向になり)、体内の酸化が進行することで癌が繁殖しやすくなる」という意味ですブログ管理人

    この根拠ある渋谷教授の理論に、私の体験した「還元電位(酸化還元電位)による酸化」を推測して、
    (還元電位による酸化」体の酸化還元電位が上がる(酸化傾向になる)ことによって起こる体内の酸化」
    それを改善させる生活習慣を取り入れてみると、四期の人でも、それなりに癌も消えてしまうし、
    全身の20ヵ所あるリンパ種でも縮小して、みるみる小さくなるのです。
    “癌もどき” のシコリ程度なら、数ヵ月で完全に消失したという報告もあります。

以上の内容をまとめますと、このようになります。
 体液の正常な「酸化還元電位」は「マイナス250-250)」です。体液の酸化還元電位」が「プラス」に傾いて酸化傾向となり(酸化体質」となり )、体液が「酸性pH5~6アシドーシス」に傾いていると、体に様々な不調や異常が現われてきて、生体機能が正常に働かなくなります。
 体液の酸化還元電位」がマイナス250-250)」に維持されていて、体液が「弱アルカリ性pH 7.4前後〕」の体内環境下であればこそ、生体の様々な機能が正常に働くのです。
 体液の「酸化還元電位」が「プラス」に傾いて酸化傾向になり(体内を酸化してしまう「酸化体質」になり)、体液が「酸性pH5~6」に傾いて「アシドーシス」を起こしていると、生体機能が正常に働かなくなってしまい、体のあらゆるところに不調や不具合、異常が発生してきます。生体というものは、体液が「弱アルカリ性pH 7.4前後〕」であり、体液の酸化還元電位」がマイナス250-250)」に維持されて「体内の酸化」が防がれている(体内が酸化していない)体内環境下であればこそ、体内の様々な機能を正常に働かすことができるのです。
 社会環境や生活習慣の悪化により、体液の酸化還元電位」が「プラス」へと傾き、「体内の酸化」が悪化して重度の「酸化体質」となり、体液が「酸性化pH5~6アシドーシス」してしまうと、生体は正常に運営されなくなってしまいます。この悪化した体内環境が「膠原病や癌を呼び込んでいる」のです。

    体液の「酸化還元電位」が プラス化    体液の pH が 酸性化pH5~6
     ⇒  膠原病や癌になる体内環境 〔癌体質
    体液の「酸化還元電位」が マイナス250-250  体液の pH が 弱アルカリ性
     ⇒  生体が正常に機能する体内環境 〔健常体質

 「癌は「酸化した細胞」だけに、増殖と転移をすることができる!」記事にてお話しさせて頂きましたように、癌の元凶なるは、(1)体内の酸性化(2)体内の酸化、の2点です。この2点の改善を重点的に努めていきましょう!
ブログ管理人


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

   ビタミンも “投与をした時だけ酸化還元を行い、時間が経つと、逆に「酸化物質」に変わる” ことも
    証明されています。どんな還元でも「その場だけ」なのです。

   ビタミンは、体内で還元されて初めて意味がありますが、
    酸化している体質(酸化体質)では、ビタミンを服用しても、還元ではなく「酸化物質」になるという、
    最新の論文根拠を参考にせねばなりません。
    なので、アメリカから遅れて、今現在の日本は、ビタミン大ブームを長い時間巻き起こしていますが、
    難病や癌患者には、体に良い影響ではなく、悪い影響を与えている可能性があるということを、
    繰り返し忘れないでください。

   酵素反応、イオン化という、還元している体液や血液状態を維持してなければ、
    体に必要な各栄養素を(体は)利用できません。
    体外から来た(体外から摂取した)栄養素を重点的に体は利用も致しません。
    (体は)体内で生産して、体内でイオン化させた栄養素を優先使用して、
    体内で生産できない必要な栄養素をイオン化させてから、体内で使用するのです。

   体が回復する(のに)必要な正しい微栄養素(微量栄養素ビタミンミネラル)を取り込み(摂取し)、
    還元電位(酸化還元電位)を マイナス に下げた環境下で調理をして、還元された栄養素を取り込み(摂取し)、
    酸化された体質の電位も「正しい電位」にすることで、
    「正しい酵素反応」と「正しい栄養素の吸収利用」が促進されることで病状が回復する

   体の中で起きる化学反応、電気をつくる量も、
    「酸化還元電位」という基本が正常であり、初めて正しい化学反応が起きる、
    ということを理解していけば良いと思います。

   体内の腸内細菌環境も、酵素反応もすべて、
    「酸化還元電位」が正常な上で、初めて正しい働きをするのです。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

   それらすべて理解せず、世間の二次的、三次的な療法をいくらしても、
    「酸化した度合いが強い人には(それらの療法は)すべて無効である」と考えて然るべきなのです。

   当然、免疫を培養しても、どんな癌ワクチンをしても、免疫療法をしても、
    「酸化が強ければ、期待する効果を得ることはない」という前提で動いたほうが建設的であるということです。

   どんな良い療法や食事療法、ビタミンや他のすべての療法だとしても、
    酸化している体質(酸化体質)には、すべて化学反応が起きませんので、無効になるのです。

   酸化しているので “化学反応をはじめとした酵素反応という「化学反応の連鎖」が起き難い” という事実を
    理解するべきです。

   酸化還元をした上で、自分に合う療法を併用して初めて効果が出るのです。
    この真実は、永遠に変わることがない最終結論です。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


 以上、甲田光雄先生のお弟子さんがここで言われたいことをまとめますと、

   体の「酸性体質」と「酸化体質」は、癌になる大きな原因である
  酸性体質」と「酸化体質」は、癌が成長増殖転移悪性化していくための必須条件(環境要素要因)である
   癌は「酸性化」&「酸化」している細胞や組織で、成長増殖転移悪性化していく
   細胞や組織が「酸性化」&「酸化」していなければ、癌は成長増殖転移悪性化することができない

   体液の「酸化還元電位」が正常値の マイナス250(-250)であり、体液が「弱アルカリ性」あればこそ、
    生体機能が正常に働く
   体液の「酸化還元電位」が プラス化しており、体液が「酸性」に傾いていると、生体機能が正常に働かなくなり、
    体に異常が発生してくる
   体液の「酸化還元電位」が正常値の マイナス250(-250)ではなくなると(プラス化してしまうと)、
    腸内細菌も、酵素反応などの生化学反応も、正常には働かなくなる
   体液の「酸化還元電位」の プラス化は「体内の酸化」を助長し、「酸化体質」を悪化させる
   体液の「酸化還元電位」の正常性異常性は、「活性酸素」の増減に関与している
   体液の「酸化還元電位」の異常によって「癌化現象」が起こる

  酸化体質」の下では、栄養を摂取しても、栄養素が酸化されて「酸化物質」になる
  酸化体質」の下では、腸内細菌も、酵素反応などの生化学反応も、栄養素も、正常に働かない
  酸化体質」の下では「生体内の化学反応が起きない」ので、どのような良い療法であっても無効となる
    当然、食事療法も無効となる
   ゆえに、「体内の酸化」を還元して「酸化体質」を改善した上で初めて、他の療法が効果する

 このような感じになるでしょう。


 当記事でお伝えしたいのは、最初の項でお話しさせて頂きました次の点です。

   細胞や組織が「酸性化」しておらず、「酸化」していなければ、癌は成長増殖転移悪性化することができない
   癌が成長増殖転移悪性化するためには、細胞や組織が「酸性化」&「酸化」していることが必須条件!
   細胞や組織が「酸性化」&「酸化」していなければ、癌は成長増殖転移悪性化することができない!

 ここが、癌治療において一番重要な視点です。
 癌が成長増殖転移悪性化して行くための必須条件である「酸性体質」&「酸化体質」という二大『癌体質』を改善することこそ、癌治療の要となり得る根本治療です。

 糖質制限や断糖の食事をすれば、上述しましたように、癌細胞に「ブドウ糖」を利用させないので癌細胞における「乳酸」の蓄積が抑制されて、癌細胞で生じている『乳酸アシドーシス』の「酸毒」を軽減しますから、「(1)体内の酸性化 」は改善していくでしょう。

 しかし「(2)体内の酸化 」は、「酸化体質」が軽度の癌患者さんならば食事療法でも改善するでしょうけれど、問題は、癌が末期癌まで進行しているような重度の癌患者さんは「酸化体質」が非常に悪化していますので、この場合は、食事療法だけでは難しい人もいるのです。
 それは、この項のタイトルにもありますように、『重篤の「酸化体質」の前には、食事療法すら無意味と化す』からです。

 重篤な「酸化体質」の体に栄養を摂取して栄養素を取り込んでも、重篤な「酸化体質」の下では摂取した栄養素が酸化されて「酸化物質」になってしまうため、酸化した栄養素では栄養素の機能役割を果たすことができないので、食事療法すら無意味となってしまうのです。
 「酸化体質」が重篤となり、体液の「酸化還元電位」が プラス化しており、体液が「酸性」に傾いていると、体の生体機能が正常に働かなくなります。この体内環境下では「生体内の化学反応が起きない」ので、もはや、腸内細菌も、酵素反応などの生化学反応も、栄養素も、正常には働かないのです。

 重度の「酸化体質」になっていると、栄養を摂取したとしても、体内に取り込んだ栄養素が酸化されて「酸化物質」となってしまい、酸化した栄養素は機能役割を果たすことができず、食事療法が無効になってしまいます。
 重度の「酸化体質」というのは、体中が「どこもかしこも、異常に酸化しまくっている」状態であり、活性酸素が大量に発生しては体中を酸化し、体の「酸化ストレス」が異常に高まり、体液の「酸化還元電位」が プラス化して酸化傾向が強くなっている状態です。「活性酸素の毒」が激しく、細胞や組織が強く酸化しています。このような重度の「酸化体質」は、酸化傾向が強くなっていますから、体内に入って来たものを強く酸化させてしまうでしょう。

 「酸化体質」がここまで重度になっている患者さんは「還元する力」などほとんどなくなっており、もはや「自力では収拾がつかない」ほど、体中が「異常に酸化しまくっている」のです。重度の「酸化体質」の下では「生体内の化学反応が起きない」ため、酵素反応も働いていません。つまり「抗酸化酵素」も機能していないということになりますから、体の「酸化を還元する作用」が正常に働いていないと考えるべきです。重度の「酸化体質」の体は「酸化する一方」になっているのです。
 この体内環境下では、体内に入って来たものを「酸化してしまう」体制が常時整っているでしょう。
 これは、まさに「酸化体質」の極みです。

 この重度の「酸化体質」の体内環境下では「体内に入って来たものが、何でも酸化されてしまう」のですから、この体の中に栄養を摂取して取り込んでも、栄養素が酸化されて「酸化物質」になってしまいます。酸化した栄養素では機能役割を果たすことなどできませんから、重度の「酸化体質」の前には「食事療法ですら無意味となってしまう」というのは、よく理解できることです。

 酸化した栄養素では、その栄養素の機能役割を果たせません。
 ビタミンが酸化されれば、破壊を受けて壊れてしまいます。ビタミンも、これでは役に立ちません。
 脂肪が酸化すると有害な「過酸化脂質」という「脂質酸化物」になりますが、これは、癌や老化、動脈硬化などを引き起こす原因となります。
 ましてや、重度の「酸化体質」の下では、体は酸化傾向が強くなっていて「還元する力」などほとんどないのですから、酸化した栄養素を還元することは、まず難しいはずです。

 栄養素が酸化してしまうと、その栄養素の機能役割を果たせなくなります。
 重度の「酸化体質」という体内環境下でいくら栄養を摂取しても、この「何でも酸化しまくってしまう体内」に取り込まれた栄養素は酸化されて「酸化物質」となってしまい、酸化した栄養素は機能役割を果たせませんから、栄養療法が通じないことになります。重度の「酸化体質」の体内環境下では、食事療法が通用しないのです。
 ですから、重度の「酸化体質」になっている癌患者さんの場合は、食事療法栄養療法が無効になってしまうのです。
 食事療法栄養療法が通用した癌患者さんは、まだ「酸化体質」が軽度であったため、効果したのです。

 重度の「酸化体質」の体内環境下では「生体内の化学反応が起きない」ために、腸内細菌も、酵素反応などの生化学反応も、栄養素も、正常には働かない・・、これは本当に恐ろしいことです・・・。
 生体は様々な酵素の働きがあればこそ生きていくことができます。この酵素反応が正常に働かないというのは、まさに生命の危機に直結することで、本当にどエライことです。栄養素も正常に機能を果たせないのであれば、生体の生命を維持できるわけがありません。
 ですから、重篤な「酸化体質」の癌患者さんであれば、食事療法で栄養を摂取するよりも前に、まずは「電子」を取り込んで体に与え、栄養よりも先に、悪化した「体内の酸化」を還元して「酸化体質」を改善してあげなければ、食事療法すら通じないことになるのです。「酸化体質」を改善して、食事療法栄養療法が通じる体にせねばなりません。
 これを果たすためには、ご自分の納得のいく「抗酸化治療」「酸化還元治療」によって体に集中して「電子」を与え、重篤な「酸化体質」に陥って「酸化しまくっている体内」を強制的に酸化還元して「酸化体質」を改善することが大きな助けとなるのです。



癌治療において、食事療法を盲信してはならない!
  癌治療で食事療法は必須だが、食事療法が通用しない癌患者には、
  まず、食事療法よりも先に、適切な治療のほうを優先すること!



 甲田光雄先生のお弟子さんは、甲田光雄医学博士に師事され、ご自身の重度の膠原病を西式甲田療法で治そうと必死でした。西式甲田療法の厳しい食事療法少食療法断食療法を実践し、最長で180日間にも及ぶ断食を敢行されて、合計で1000日間も断食をし続けました。しかし、甲田光雄先生のお弟子さんの重度の膠原病は、根本的には治らなかったのです。

 甲田光雄先生は、甲田光雄先生のお弟子さんに「もっと断食をすれば治る」とお話しされていたそうですが、断食をやれどもやれども重度の膠原病は治らず、甲田光雄先生は最後には「一生、断食をすれば治る」という言葉に変わっていったそうです。

 ここまで来た時、甲田光雄先生のお弟子さんは「甲田療法には、何かが足らないのでは?」と感じられたそうです。
 西式甲田療法は本当に素晴らしい自然療法ですし、現に、難病難民となっていた多くの患者さんを救われていたのは、今では世間でもよく知られている厳然たる事実です。
 しかし、その反面で、救うことができなかった(病気が治らなかった)患者さんがいたのもまた事実なのです。

 食事療法少食療法断食療法で病気が治ってしまった方は「食事療法少食療法断食療法で治る!」と思われてしまうのです。なぜならば、ご自身がその経験をされたからです。
 でも、それは「食事療法少食療法断食療法を真面目にやっても治らなかった・・」という経験をされた方は、やはり「食事療法少食療法断食療法では治らない!」という立場になってしまうわけです。これは当然至極のことです。

 この「食事療法少食療法断食療法で治る!」と「食事療法少食療法断食療法では治らない!」の両者は一体どちらが正しいのかと言えば、当然、どちらも正しいわけです。これは実際に、ある患者さんは食事療法少食療法断食療法で病気が「治っている」わけですし、ある患者さんは食事療法少食療法断食療法で病気が「治っていない」わけですから、どちらも事実ですね・・・。

 しかしながら、ご自分が「食事療法少食療法断食療法で治る!」という経験をした患者さんは、「食事療法少食療法断食療法では治らない!」という経験をした患者さんを理解できないわけです。「食事療法少食療法断食療法で治る!」という経験はしましたが、「食事療法少食療法断食療法では治らない!」という経験をしていないために、その理解に及べる人は少ないのです。

 実際に、40日間に及ぶ断食で、膠原病が治った患者さんもいます。だからこそ、甲田光雄先生も「断食をすれば治る!」と甲田光雄先生のお弟子さんに言われ続けたのでしょう。そして、甲田光雄先生のお弟子さんも、その言葉を信じたのです。
 ところが、甲田光雄先生のお弟子さんの重度の膠原病は、断食療法では治りませんでした。

 おそらくは、甲田光雄先生のお弟子さんも、ご自身の重度の膠原病が食事療法少食療法断食療法で治っていたとしたら、「膠原病は、断食療法で治る!」の立場になっていたことでしょう。でも、いくら断食をしても、断食をしても、重度の膠原病はまったく治らず、膠原病の症状はかえって悪化していき、甲田光雄先生のお弟子さんはそこまで行って、ようやく「甲田療法には、何かが足らない・・」ということに気づかれたそうです。

 甲田光雄先生のお弟子さんの重度の膠原病の症状は、亢進した全身の炎症の痛みで気を失い、その痛みでまた目を覚ます、という連続だったそうです。炎症が出ると数日間の断食をして炎症を抑える・・、西式甲田療法で学んだことを活かしながらご自身の生命を自力で延ばしつつ必死に独学していく中でようやくたどり着いたのが、当記事でご紹介させて頂いています癌研究報告の内容なのです。常人では、ここまでできません・・・。

 その甲田光雄先生のお弟子さんがたどり着いた「最終的な答え」こそ、癌や膠原病が治らない状態に陥っている「酸化体質」という体内の状態(体内環境)でした。甲田光雄先生のお弟子さんは、ご自身の極限の「酸化体質」がすべての原因であることに気づかれて、この重篤な「酸化体質」を改善しないと「すべての療法が通じない」ことを悟り、ご自身の重度の「酸化体質」を集中的に改善するために「抗酸化治療」「酸化還元治療」に努められ、それでようやく、ご自身の重度の膠原病を劇的に改善することが叶ったのです。
 私は、この数年来、甲田光雄先生の弟子さんのそのご様子をネットを通して拝見させて頂いてきましたので、その並々ならぬ努力の結晶に対して、ただただ感嘆するばかりです(完全に生意気ですけど・・・)。

 甲田光雄先生のお弟子さんは「食事療法を盲信してはならない!」記事にて、このようにお話しされています。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


 実体験の患者さんからのお便り
 【「膠原病、難病、癌は寛解する病気です。究極の体質改善法」(甲田光雄先生のお弟子さん)より 】


 食事療法の間違いは、酸化している体質(酸化体質)の度合いが強い(重度である)と(栄養素が)イオン化せず、
 微栄養素(微量栄養素ビタミン・ミネラル)も、必要な栄養素も取り込めない体質に変化している、
 「人に(よって)は、食事療法の仕方を変えねば命取りになる」という危険性を理解していない点です。

 これは、私自身も食事療法を深く学び得ていても、実体験として、劇的な体調不良の中、
 極限に酸化している状態(極限の「酸化体質」の状態)での食事療法を経て、
 「これは、下手に行なうと死ぬ!」と体験したため、初めて理解できたことなのです。
 食事制限をすると、骨髄炎が再燃して腫れ上がり、体調が著しく悪くなるのです。
 これを「反応」とか「好転反応」というお粗末を言うと、取り返しがつかない状態に落ちてしまうのです。
 「これは明らかに、栄養不足という過度な症状が体内で起きている」という体験をして、初めて理解できたのです。
ここは、食事療法をして栄養を摂取しても、極限の「酸化体質」の状態の体であると、『摂取した栄養素がイオン化されないために体が利用できない』また『重度の「酸化体質」の体内環境下では栄養素が酸化されて「酸化物質」になってしまうため、栄養素が機能役割を果たせない』ことから、体内で過度の「栄養不足」が起きている、ということを言われています。
 このような、極限の重篤な「酸化体質」の体内環境下では、食事療法栄養療法がまったく通用せず、無効となってしまうのです。ですから、この場合は、栄養素の前に、「抗酸化治療」「酸化還元治療」によって酸化還元をして重篤な「酸化体質」を改善することのほうが先になります。ここにつきましては、「「酸化体質」で栄養摂取しても、栄養は酸化されて「酸化物質」となる 」カテゴリを参照してください
ブログ管理人

 過去の食事療法における文献や論文では、これらのことは明記されていませんから、
 長期間の酸化した体質(酸化体質)や、極限の『癌体質』の酸化状態(酸化体質」の状態 )での食事療法が、
 如何に危険かを理解していないのです。
 また、その危険性を回避する知恵や答えがどこにも記されていません。

 それこそが、「酸化還元電位」が「-600」ある『水素水素分子H2)』が一つの答えだったわけです。
 (酸化体質)軽症で、あまり酸化していない体質の人は、
 この『水素H2』を取り込んでも、あまり変化は起きません。
 それは、(酸化体質)軽症で(体内が)酸化していないからです。
 または、(酸化体質)重症で、反応が起きないほど(体内が)酸化しているか、です。

 ただし、(水素水」は )『リアルドラフト』という機種で作り立てでなければ良い反応は起きないでしょうから、
 他の機種の人は「現状維持」が目的だと考えれば良いかもしれません。
「水素水」の水素H2)』の含有量が業界でトップクラスである水素水 7.0ppm」でも、「現状維持」か「健康促進」程度の効果です。詳しくは「水素水の臨床」記事を参照されてください。
 重度の「酸化体質」になっている体の体液は「酸化還元電位」が プラス化しており、この状態では、腸内細菌も、酵素反応などの生化学反応も、栄養素も、正常には働かないのです。
 体液の正常な「酸化還元電位」は「-250」です。プラス化した体液の「酸化還元電位」を「-250」へと改善するために、「水素水(酸化還元電位」がマイナスです )」を飲用すると良いでしょう。
 しかし、市販されている「水素水」では「現状維持」か「健康促進」程度の効果なので、「水素水」は酸化還元の【補佐役】と見なすべきです。『水素療法』は「水素吸引」や「水素風呂」によって大量に『水素H2)』を摂取する(吸収する)方法を【主体】に置くべきだと思います。
 ここは、「水素療法(水素吸引・水素風呂・水素水)」カテゴリの、特に「株式会社フラックス製の水素発生機『spa-H(スパエイチ)』」記事を参照されてください
ブログ管理人

 これ以外に、ラドンガスを風呂で『水素H2』と併用して、呼吸から『水素H2』やラドンガスを吸入したり、
 ラドン水を飲用して酸化還元を行ない、その上で食事療法を段階的に変えていけば、
 栄養素を取り込みながら、理想の食事療法をすることができるのです。
この「ラドンガスを風呂で『水素H2)』と併用して」というのは、「株式会社フラックス製の水素発生機『spa-H(スパエイチ)』」記事でご紹介させて頂いています『spa-H』という “「水素風呂」に特化して設計された家庭用の「水素発生機」” を使用して行なうものと思われます。ここにつきましても「水素水の臨床」記事を参照されてくださいブログ管理人

 きちんと『自己責任』を理解して、その上で、抗がん剤のような副作用がある(治療)よりも、
 改善していく副作用の頻度が少ない自然療法をするほうが建設的であると思える人が、
 初めて行動していけば良いのです。

 今後も、さらに良い体調を維持して、免疫力を高めて、自然治癒を目指してほしいと思います m(__)m
 心から応援したいと思います。



 西式掲示板について
 【「膠原病、難病、癌は寛解する病気です。究極の体質改善法」(甲田光雄先生のお弟子さん)より 】


 私自身、西式甲田療法をしてきて延命したことは間違いないですし、
 食事療法の大家、甲田光雄医学博士を学び、身も心も成長させて頂きました。
 しかし、現実的には、食事療法では私は寛解し切れず、今のような体調の良い日も送ることはできませんでした。
 そして、再発をしてしまい、そして、相談者の多くの人が食事療法で改善をしない人が多数を占めていたのです。

 恩師(甲田光雄医学博士)という、尊敬した医者という研究を否定してはいけない、
 また、臭いものに蓋をするかのように、
 改善しない人は「隠れて食べているからだ!」「真面目にしていないからだ!」「真面目にしすぎては駄目だ!
 あらゆる言葉で、改善しない人の意見や気持ちを追い返すように相手を非難している言葉が多く、
 文献や診察中の医者、治療家らの言葉が溢れており、
 妄信的に「食事療法で、膠原病、難病、癌は治る!」と、ただただ、思い込んでいる人が多すぎているのです。
 これは正直、私自身が警鐘を鳴らさねばなるまい、そう思うのです。

 効果がない患者さんは「なんで?」という疑問に、「体質」以外の具体的な答えを知る人はいませんでした。
 文献でも、本でも、論文でもです。

 現場で見ていれば、改善しない人が多くいて、サーチュイン遺伝子が働いた時だけ体調が良くなり、
 それを聞いて「やはり、食事療法は良い!」と誤解をしているだけで、
 サーチュイン遺伝子が働いてない、
 もしくは、起きたけど寝た人(サーチュイン遺伝子が働き始めたけれど、また眠ってしまった人)、
 (体内の)酸化が激しく、ミトコンドリアが死滅している細胞が多い人、
 脳の酸化や神経まで病状が及ぶ場合も、改善するための自律神経が働かないため、
 体が調子良くなることはあり得ないのです。

 なので、私はそれらを理解できた、知ることができた一人として、
 西式や甲田療法以外の回答やアドバイスが主体になると、どうしても「西式」という言葉に壁ができてしまうのです。
 なので、迷惑をかけてしまうのですね。



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


 この内容は、甲田光雄先生のお弟子さんが死の淵からようやく自力で生還した上で発露した「生きた言葉」です。
 癌患者を地獄の淵に追い落とすような、通常療法の「抗がん剤治療」や「放射線治療」ではなく、食事療法だけで癌を治そうとされている医学博士医師治療家の先生方を私は尊敬しておりますし、感謝もしております。
 しかし、甲田光雄先生のお弟子さんがたどり着かれた上記の言葉は、肝に銘じて頂きたい内容です。


 甲田光雄先生のお弟子さんは、昨年の2014年から「食事療法は必要ですが、悪化した癌は食事療法だけでは治りません」と言われていました。
 私も「食事療法だけで、癌がコロリと治る」などとは露も思っていませんし、「癌は、体の代謝機能や免疫機能を高めないと治らない」のは外国の先進国も打ち明ける事実ですから「癌は食事療法が必須である」というのは言わずもがなですが、「癌が悪化しすぎると、もはや、食事療法だけでは手に負えなくなってしまう・・」とは感じていました。

 世間には「玄米菜食のお料理(玄米菜食の火食)」で癌が治ると思われている医学博士医師治療家の先生が多いようですが、私はこれは茶番だと思っています。初期の癌や、癌の再発防止ならばまだしも、「玄米菜食のお料理(玄米菜食の火食)」で悪化した癌が治るなどというのは、はっきり言って、私には夢物語に映ります。これは、なかなか難しいことです。
 「玄米菜食のお料理(玄米菜食の火食)」は糖質(ブドウ糖)を大量に摂取してしまいますから、これでは逆に、癌を大いに育ててしまうのは明白です。実際に、この「玄米菜食のお料理(玄米菜食の火食)」では癌が治らずに、かえって癌が悪化して失敗し、無念の中で亡くなっていった癌患者さんは数知れずいるのです。

 なので、私は個人的に、糖質(ブドウ糖)の摂取を大きく抑制することができる、西式甲田療法の「玄米菜食の生食(生菜食療法)」という食事療法を強く推奨していました。これは、私が個人的に、この8~9年間、日常の食事の9割が「生菜食」という暮らしをしてきて、私も父母も、この「生菜食」の食事によって不快な症状(病状)がほとんど消失したから、という理由が大きいのですが、この『生菜食療法』という食事療法ならば、玄米を食べながら糖質(ブドウ糖)の摂取を抑制できますし、「玄米菜食のお料理(玄米菜食の火食)」よりも優れた栄養摂取ができます。この『生菜食療法』が「癌を育てない食事療法」であるのは言わずもがなであり、代謝機能や免疫機能を大きく向上させますし、腸内環境も整え、腸内細菌も正しく育みます。その実績は、西式甲田療法の数多くの臨床が物語っています(10万もの数多くの臨床があるそうです)。

 この『生菜食療法』をしながら安全に糖質(ブドウ糖)を断ち、癌が育つことができない体内環境を自力で作り出し、代謝機能や免疫機能を向上させて、腸内環境を整え、腸内細菌を正しく育み、『癌体質』を改善していき、体内の癌が消失したあとは「玄米菜食のお料理(玄米菜食の火食)」に緩和しても良いから、そのまま、ご自分のできる食養(食事療法少食療法断食療法)を継続して、癌の再発予防をしてほしい・・、そう願って私がお伝えさせて頂いたのが『短鎖脂肪酸食(ブドウ糖の摂取を排除し、短鎖脂肪酸を摂取する食事)』です。
 『生菜食療法』を中心とした食事である『短鎖脂肪酸食』は、私や父母、ましてや、我が家のお婆ちゃま(現在95歳)まで継続している食事であり、私たち家族はこの『短鎖脂肪酸食』で随分と健康になれましたから、私は声も大にして叫んでしまうわけです。

 しかし・・・、これはあくまで「食事療法が通用する」体の上での話です。
 もし、この『生菜食療法』を中心とした『短鎖脂肪酸食』が、重篤な「酸化体質」の下では通用しなくなる・・、無効になってしまうのであれば、当然、話は別になります。

 甲田光雄先生のお弟子さんは「癌は『乳酸アシドーシス』による「酸毒」で成長していく! この『乳酸アシドーシス』を改善して、体内の酸化を還元すること(体内の酸化還元)が大事!」記事において、「再発した癌は(癌特有の特殊能力が増えていることがあるので)食事療法は必要ですが、食事療法だけでは無理です」と言われています。

 また、以前も「化学汚染の激しい現代の癌は、昔の癌とはまったくの別物に進化しており、食事療法だけでは治らなくなっている」記事にて、「現代の癌は、昔の癌とは違って進化しており、悪化した癌は食事療法だけでは無理です」ということをお話されてもいました。

 その癌患者さんが重度の「酸化体質」に陥っていおり、食事療法が通用せずに無効になってしまうのであれば、まずは、その重篤な「酸化体質」を大急ぎで集中して改善せねばなりません。これは「先後の序列」として考えても、当然の帰結です。
 この重篤な「酸化体質」を集中的に大きく改善するために(酸化還元するために)有効である治療が、甲田光雄先生のお弟子さんも上述されていましたような、『水素H2』を活用した『水素療法』などの「抗酸化治療」「酸化還元治療」です。
 癌が悪化している癌患者さんや、末期癌患者さんは「酸化体質」が重度になっている可能性は高いのですから、癌の生還率を大きく引き上げるためには、ご自分の納得のいく「抗酸化治療」「酸化還元治療」を何らか併用して組み合わせたほうが賢明であると言えます。


 癌の二大『癌体質』は「酸性体質」と「酸化体質」ですが、やはり、『癌体質』の中で一番恐ろしいのは「酸化体質」のほうです。『血液の酸毒化』によって起こっている「酸性体質」ならば、ある程度は、食事療法栄養療法を駆使して、血液や体液を汚染している「酸毒」を浄化して排除し、「体内の酸性化」を食い止めることはできます。ところが、上述しましたように、重度の「酸化体質」の下では、もはや、食事療法も、栄養療法も通用しません。

 現代の日本のような「大酸化社会」により体内が異常に酸化している癌患者さんは、その重度に陥ってしまった「酸化体質」を食養(食事療法少食療法断食療法)だけで改善することは非常に難しいのです。これが簡単にできてしまうのであれば、甲田光雄先生のお弟子さんは、あのようなご苦労をされていないでしょう。重度の「酸化体質」が改善されなければ、癌も根本的には改善していかないのです。重度の「酸化体質」であるならば、真っ先にこれを改善せねばなりません。

 食事療法をいくら真面目にやっても、癌が治らずに亡くなられていった癌患者さんが過去にたくさんいました。
 その癌患者さんたちは重度の「酸化体質」であったために食事療法栄養療法が通用せず、「酸化体質」を重点的に改善する方策(抗酸化治療酸化還元治療)を何も取らなかったため、「酸化体質」の悪化と共に癌も悪化して亡くなられていったのだと思います。
 逆に、食事療法栄養療法で癌が改善して治った癌患者さんは「酸化体質」が軽度であったため、食事療法栄養療法が通用して効果したのでしょう。このような癌患者さんは、本当に恵まれていると思います。
 しかし、重度の「酸化体質」のために食事療法栄養療法が通用しない癌患者さんがいるならば、食事療法栄養療法に固執せず、食事療法栄養療法を盲信せず、まずは食事療法栄養療法よりも、より最適な処置、より適切なる対処を取らなければならいないのは言わずもがなです。
 この場合、「先後の序列」として考えれば、まずは食事療法栄養療法よりも、真っ先に「抗酸化治療」「酸化還元治療」を重点的に行ない、重篤な「酸化体質」を急速に改善せしめて、食事療法栄養療法が通用する、食事療法栄養療法が効果する体にまで回復させるのが、正常な判断だと言わざるを得ません。

 ですから、重度の癌患者さんには、ご自分の納得できる「抗酸化治療」「酸化還元治療」を何か併用して組み合わせて癌治療を行なって頂いたほうが、より賢明な癌治療になり得ると、私は判断します。
 重度の「酸化体質」を重点的に集中して改善するには、今の時点では「抗酸化治療」「酸化還元治療」しかないでしょうし、何より、これが一番適切であり、酸化還元を大急ぎで果たし得るためには一番手っ取り早い手段(方法)です。
 癌治療はその癌患者さんに応じて、その癌患者さんにとっての「先後の序列(何を先にして、何を後にするか、その順番)」を見つめながら、その癌患者さんに一番適切な治療を得て頂いて、癌の生還率を大きく引き上げて頂きたいと思います。

 「酸化体質」が悪化して重度となり、体の「酸化ストレス」が極まった最終段階が癌なのです。
 この「酸化体質」自体を改善しないと、癌を改善する根本治療にはなり得ないのです。
 「酸化体質」が重度に悪化している癌患者さんは、癌を成長増殖転移悪性化させる根本原因となっている「酸化体質」「酸化ストレス」を重点的に改善してくれる「抗酸化治療」「酸化還元治療」の意義と価値を見つめられて頂き、ご自分なりに「抗酸化治療」「酸化還元治療」を併用して活かして頂きたいと思います m(__)m



自分なりに抗酸化治療」「酸化還元治療」を導入して活用し、
  「酸化体質」の改善を図りましょう!


 重度の「酸化体質」というのは「体内が酸化されまくっている」状態です。
 「酸化」というのは「電子を失うこと」です。「還元」というのは「電子を与えること」です。
 ですから、「酸化されまくっている体内」というのは、「電子」を失いすぎて、「電子」が不足している状態です。
 「電子」が不足している体に、「抗酸化治療」「酸化還元治療」をもって、たくさん「電子」を与えてあげれば、酸化還元をどんどん果たすことができ、それに伴い「酸化体質」が軽減されて改善していきます。

 『水素療法』とは、水素分子H2を「通して」体に「電子」を与える「抗酸化治療」「酸化還元治療」です。
 水素分子H2)は電子」を2個持っています。
 この水素分子H2)を『水素療法』をもって大量に摂取すれば(吸収すれば)、水素分子H2)を「通して」体にたくさんの「電子」を与えて酸化還元を果たしてくれますので、「酸化ストレス」が軽減され、「酸化体質」が改善していくのです。


 『水素療法』には、「水素水」「水素風呂」「水素吸引」とあります。
 『水素療法』で重要なのは、水素分子H2)の摂取量(吸収量)であり、水素分子H2)の摂取量(吸収量が少ないと、当然ながら、酸化還元の効果も薄くなります。

 『水素療法』で、水素分子H2)を大量に摂取する(吸収する)のに適しているのは、「水素風呂」や「水素吸引」です。
 特に「水素吸引」は横になりながら安静にした状態で大量の水素分子H2)を摂取する(吸収する)ことができますので、体力の失われた癌患者さんには最適と言えます。
 「水素風呂」も「皮膚吸収」と「呼吸による肺吸収」により水素分子H2)を大量に摂取する(吸収することができますが、そこそこ長時間、お風呂に入らなければならないので、体力のある癌患者さんでなければ、これは難しいでしょう。
 「水素水」は、水素分子H2)の摂取量(吸収量)が非常に少ないので(本当に少ないです・・)、水素分子H2)の摂取量(吸収量)の面では、やはり、「水素風呂」「水素吸引」が【主体】であり、「水素水」は【補佐的】と言えます。

 「水素水」は、水素分子H2)の摂取量(吸収量)が非常に少ないです。
 しかし、「水素水」の「酸化還元電位」は マイナス を示しますので、「水素水」を飲用すれば、プラス化した体液の「酸化還元電位」を マイナス 方向に改善する助けになるでしょう。
 水道水は「+600」ほどありますから、かなり酸化している水です。
 市販されている天然水の「酸化還元電位」も、だいたいは「+200~+300」はありますから、天然水も酸化している水なのです。この酸化している水を飲めば、体内は酸化傾向(酸化する傾向)になります。
 ですから、「酸化還元電位」が マイナス を示す「水素水」を飲用していけば、飲み水で体内が酸化することがなくなりますので、飲み水でこれ以上「酸化体質」を悪化させないで済むでしょう。
ここにつきましては、「水素療法(水素吸引・水素風呂・水素水)」カテゴリの、特に「株式会社フラックス製の水素発生機『spa-H(スパエイチ)』」記事、及び「水素水の臨床」記事を参照されてください


 我が家は『水素療法』として、次の『株式会社 フラックス』製の『spa-Hスパエイチ)』という家庭用の「水素発生機」を選びました。

             お風呂用水素発生器 スパエイチ SPA-H

              水素風呂 spa-H(スパエイチ)超豪華セット



 詳しくは「株式会社フラックス製の水素発生機『spa-H(スパエイチ)』」記事を参照して頂きたいのですが、この『spa-Hスパエイチ)』は「水素風呂」に特化された製品で、水素分子H2を大量に発生させます。
 「水素風呂」だけでなく、「水素エアー」という機能が搭載されていますので、「水素吸引」としても利用できます。

 『株式会社 フラックス』製の家庭用の「水素発生機」には、『spa-Hスパエイチ)』を リーズナブル にした『spahareスパーレ)』という製品もあります。
 『spa-Hスパエイチ)』は20万円しましたが、この『spahareスパーレ)』は 99,900円です。
 『spahareスパーレ)』は、『spa-Hスパエイチ)』の半額の10万円くらいですね。
 ただ、この『spahareスパーレ)』は、おそらく「水素風呂」の機能しか備わっていないと思います。
 『spahareスパーレ)』の製品紹介ページには、「水素エアー」のことがまったく載っていません。
 私は「水素吸引」しか考えていなかったので、「水素エアー」機能が確実に搭載されている『spa-Hスパエイチ)』のほうを選びました。
 「水素風呂」だけで良いという方には、『spa-Hスパエイチ)』よりも リーズナブル で良いかもしれません。


        フラックス スパーレ spahare 【浴槽用水素生成器】 イルマーレブルー FLSP-14B

        フラックス スパーレ spahare 【浴槽用水素生成器】 ローザピンク FLSP-14P



 「水素吸引」としては、「福田一典」医師の『銀座東京クリニック』にて「水素吸引」セットが販売されています。
 詳しくは、『銀座東京クリニック』の「自分でできる『水素ガス吸入療法』」や「水素ガス浴」のページや、「株式会社フラックス製の水素発生機『spa-H(スパエイチ)』」記事を参照してください。


 「水素水」としては、『株式会社 フラックス』製の家庭用の「水素水サーバー」に『aurora plusオーロラ・プラス)』という製品があります。


           水素水サーバー オーロラ・プラス(Aurora plus)

           水素水生成器 家庭用浄水器・整水器 オーロラ(Aurora)(古いバージョン)


 次のような、「水素水」をつくる『Red Hydrogenレッド・ハイドロゲン)』というものもあります。


           レッド・ハイドロゲン(6個入り)

           レッド・ハイドロゲン(2個入り)



 『水素療法』は、水素分子H2を「通して」体に「電子」を与える「抗酸化治療」「酸化還元治療」ですが、体に直接的に「電子」を与える『タカダイオン 電子治療器』もあります。
 これはロングセラー製品であり、「ガンの特効薬はミトコンドリア賦活剤」ブログの鈴森さんも絶賛されているものです。
これは「癌が悪化している場合は、「体内の酸化」を強制的に還元する『抗酸化治療』『酸化還元治療』を併用すべき!」記事を参照してください


               タカダイオン 電子治療器



 また、活性酸素を除去する治療器(抗酸化治療器)である『エアナジー』&『SOE-MACエスオーイー・マック)』という製品もあります。これにつきましては、「『エアナジー』が、癌や放射性障害を改善する!」記事を参照されてみてください。


 以上、自宅でできる「抗酸化治療」「酸化還元治療」の一例をご紹介させて頂きました。
 ご自分でも調べられて頂いて、ご自分の納得いく「抗酸化治療」「酸化還元治療」を活用されてみてください m(__)m


 「ガンの特効薬はミトコンドリア賦活剤」ブログの鈴森さんは、2013年の12月30日にブログを立ち上げられてから、「癌は人体の酸化現象である」と、ず~っと叫ばれています。

 鈴森さんは「小澤医院の小澤博樹医師は名医」記事において、このようにお話しされています。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


 小澤医院の小澤博樹医師は名医
 【「ガンの特効薬はミトコンドリア賦活剤」
より 】


 http://www1.ocn.ne.jp/~ko-za-wa/sub2.html (小澤医院 検査治療内容

 愛知県碧南市の『小澤医院』の『小澤博樹』院長は、化学薬品などを一切使わずに、ガン慢性病を治す名医です。
 現代医学的治療は、人体に有害であることを熟知されています。
 本も何冊か出版されていて、多くの医師に影響を与えています。

 「ガンをはじめ、すべての病気は人体の酸化現象」であることを随分前から見抜かれていて、
 徹底して『酸化した身体を還元する治療法』に特化しています。
 マクロビオティック食養療法が中心ですが、
 Mi エナジー電子治療器光線治療器琉球温熱器遠赤外線治療器プハン療法なども併用しています。

 すべての病気は「人体の酸化現象」、つまり「人体の電子不足」なので、
 とにかく、食事や治療器を使って「酸化した身体に電子を与えて還元している」のです。

 Mi エナジーは、『堀口昇』医学博士が開発した『還元電子マイナスイオン)』を発生させる装置で、
 発生した『還元電子』を経皮的に体内へ投与し、治療効果を上げるものです。
 『タカダイオン 電子治療器』と同じような原理です。

 (小澤博樹』院長は、

   人体について言えば、酸化の状態が病気であり、抗酸化の状態が健康であると表現できる。
    電子、つまり、マイナスイオンが増加すれば、抗酸化の状態となり健康につながるが、
    プラスイオンが増加すると酸化の状態となり、病気につながるというわけである。
    当院では、Mi エナジーを臨床の場で活用し、顕著な効果が得られている。

 と書かれています。

 日本の医者の多くは、「ガン慢性病が人体の酸化現象」であることを知りません。
 知っていても、本当の意味を理解していません。
 だから、平気で酸化して弱っている患者に、化学兵器を注入し、酸化を促進して衰弱させてしまうのです。

 ミトコンドリアが機能不全になれば、必ず「乳酸」が蓄積して「人体は酸化します」。
 ミトコンドリア機能不全細胞は、酸化糖化炎症の原因で、人体を劣化させます。
 「乳酸」蓄積が「人体酸化」の一番の元凶で、ガン慢性病の一番の原因です。

 『小澤博樹』医師のように、病気の本質を知りつくした医師が増えれば、日本は良くなります。
 東海地方に住んでいる人は、ガン難病と診断されたら、
 酸化促進治療(通常療法)をされる前に、『小澤医院』へ行くのが良いかもしれません。



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


 鈴森さんは最後のところで、このように言われています。

   ミトコンドリアが機能不全になれば、必ず「乳酸」が蓄積して「人体は酸化します」。
    ミトコンドリア機能不全細胞は、酸化糖化炎症の原因で、人体を劣化させます。
    「乳酸」蓄積が「人体酸化」の一番の元凶で、ガン慢性病の一番の原因です。

 これは、“癌の成長増殖転移悪性化は、人体の「酸性体質」と「酸化体質」が常にリンクし合いながら進んでいく” ということです。「酸性体質」と「酸化体質」は、常に相乗的連動的に深まっていき、協力し合いながら悪化していくのです。

 つまり(最初の項でお話しさせて頂きましたことを振り返って頂きたいのですが)、

  癌細胞の「乳酸」の蓄積によって生じている『乳酸アシドーシス』の「酸毒
  (1)の「体内の酸性化(人体の酸性化)」が促進 酸性体質」の悪化
  (2)の「体内の酸化(人体の酸化)」が促進 酸化体質」の悪化 癌の成長増殖転移悪性化
   さらに酸性体質」が悪化  さらに酸化体質」が悪化 さらに、癌が成長増殖転移悪性化していく
   尚更に酸性体質」の悪化 尚更に酸化体質」の悪化 尚更に、癌が成長増殖転移悪性化していく
   癌が成長増殖転移悪性化の一途をたどっていく・・・

 という流れがあるのですね。
 これは、癌の「負の循環」「負の連鎖」「負のサイクル」「負の相乗」「負の連動」と言えるでしょう。
 この「負の流れ」を断つには、糖質制限をして癌細胞に「乳酸」が蓄積しないようにすることが第一歩になります。

 ですから、「人体の酸性化」「酸性体質及び「人体の酸化」「酸化体質」を改善する上で、糖質制限食は非常に重視すべきなのです。糖質制限食とは、ぜひ「抗酸化治療」「酸化還元治療」と同時進行で併用して進めて頂きたい、癌の二大『癌体質』である「酸性体質」と「酸化体質」を制するための「癌治療の基本」だと言えます。


 こうして見つめれば、「酸性体質」と「酸化体質」が癌における二大『癌体質』であるのは、火を見るよりも明らかです。
 この、癌の二大『癌体質』である「酸性体質」と「酸化体質」の2点を改善して制すれば、癌は改善して治っていきます。
 特に、癌が悪化している癌患者さん、末期癌患者さんは、ご自分の納得いく「抗酸化治療」「酸化還元治療」を導入して活用することで「人体が酸化した結果」である「酸化体質」を大きく改善し得て、癌から生還するための道筋と可能性を「自力で」太く大きく広げていきましょう!
 そして、ご自分なりに「抗酸化治療」「酸化還元治療」を活用して「酸化体質」を大きく改善することで、食養(食事療法少食療法断食療法)が通用して効果する、健全な体質へと返り咲きましょう! 



 東京大学の渋谷教授は「癌は人体の酸化現象によって悪化進行していく」ことを解明されました。

 『小澤医院』院長の『小澤博樹』医師は「癌は人体の酸化現象である」ことを深く悟られ、癌治療に積極的に「抗酸化治療」「酸化還元治療」を導入されている医師の一人です。

 『銀座東京クリニック』院長の『福田一典』医師も「人体の酸化現象が、癌の悪化進行に大きく加担している」ことに注目され、「抗酸化治療」「酸化還元治療」である『水素療法』を癌治療に推奨されています。
ここは「「酸化ストレス」の軽減は、癌の進行を抑制する! - 福田一典医師」記事を参照してください

 「ガンの特効薬はミトコンドリア賦活剤」ブログの鈴森さんは、ブログを立ち上げてから、毎日、毎日、ブログの中で、もう口が酸っぱくなりすぎるほど(もはや「口内酸化」を懸念する必要があるほど)「癌は人体の酸化現象である」ということを、繰り返し繰り返し、返す返す、ず~っと叫ばれています。

 甲田光雄先生のお弟子さんがたどり着かれたのも、やはり「癌は人体の酸化現象である」でした。

 『本物』たちがたどり着いたのは、みな、この「癌は人体の酸化現象である」という、最終的な答えだったのです。
 癌の根本治療は、「酸性体質」と「酸化体質」という二大『癌体質』を改善することにあります。
 癌患者さんは「酸性体質」と「酸化体質」の2点を大きく改善して制することができるように、ご自分のできる範囲で進んで努力していきましょう! 必ずや、ご自身の癌の改善に大きく貢献してくれるでしょう。
 癌から生還できる道筋と可能性を「自力で」太く大きく広げていってください!
 癌患者のみなさん、よろしくお願いします m(__)m