当記事は「癌が悪化している場合は、「体内の酸化」を強制的に還元する『抗酸化治療』『酸化還元治療』を併用すべき!【悪化した「酸化体質」のままでは、他の療法が効果しない!】」記事の中の、甲田光雄先生のお弟子さんの部分を抜粋したものです。

 「体内の酸化」は万病の元であり、癌においては、癌を悪化させ、癌を成長転移させる元凶となります。
 どうぞ、当記事を通して、「体内の酸化」が極度に進行した「酸化体質」の恐さや、その「酸化体質」を改善して行く『抗酸化治療』『酸化還元治療』の意義と価値を見つめられてみてください。よろしくお願いします m(__)m




 良く考えることです ~ 癌患者さんへ ~
 【「膠原病、難病、癌は寛解する病気です。究極の体質改善法」(甲田光雄先生のお弟子さん)より 】



 まず、冷静に考えてください。

 癌は「魔物」や「原因不明の新生物」でもありません。
 いわゆる、誰の体内でも生息している普通の共生関係、細菌、常在菌と何なんら変わりません。

 体質が酸化した状態で強い酸化が進み、「活性酸素の毒」が酸化と複合的に遺伝子すら傷付けてしまい、
 「その酸化した細胞だけに、癌は増殖と転移をすることができる」ことを証明したのが、東大の渋谷現役教授です。

 教授は、こうも付け加えています。
 「癌が転移をしない条件は、細胞が酸化していなければ、転移ができない」と話しているのです。

 どうでしょうか?

 この実話を以前も記事に書いているのですが、
 この話を信じ切れなくて、いろいろな高額治療をして癌が収束せず、悪化をたどる人がいるのです。

 酸化した体質を還元するのは、世間や普通の医学を修得した医者らは、
 ビタミン類や、少し勉強した医者(銀座東京クリニック』の「福田一典」医師 )だと、
  ジクロロ酢酸ナトリウムによる悪性リンパ腫の治療効果 (銀座東京クリニック』の「福田一典」医師
 「ジクロロ酢酸」や「ホウ酸」などの酸化還元を考えつきますが、よく考えてください。

 「投与した時だけ、酸化還元をする」のが上記すべての特徴です。
 ビタミンも “投与をした時だけ酸化還元を行い、時間が経つと、逆に「酸化物質」に変わる” ことも証明されています。
 どんな還元でも「その場だけ」なのです。


 よろしいでしょうか?

 ウラン系統が高い高純度ウランだけが、体内で90時間もの間、連続的に休むことなく、
 ある程度の高容量であれば、30分にレモン3~5個分の酸化還元を体全体に行うことができるのです。
 例え「ジクロロ酢酸」だとしても、酸化が酷い体質だと、同系列の酸化と酸化では、体内の化学反応が起きません。

 薬という反応は、還元されている体液や血液が「弱アルカリ性」であり、
 その「弱アリカリ性の性質」と「酸性の性質」が交じり合う時に起きる体内の化学反応を利用して、
 初めて薬理効果が起きるのです。

 「薬が慣れてしまい、耐性ができた」とか言う医者がいますが、これは勉強不足の典型的な例で、
 薬の感受性を調べると、大体が感受性を示すわけです。

 耐性ができたわけではなく、酸化した体液&血液に応じて化学反応が起き難い薬だからこそ、
 薬理効果も減る、という視点を理解していないのです。
 当然、酵素反応も遅れてしまうので、化学物質伝達も遅れた分、効果も反応しない、ということにつながるのです。

 すべての薬は、人体が正常な「還元されている体組織液血液」を前提につくられております。
 その体質ではない時、酸化している体質(酸化体質)の度合いに応じて、
 効く人、効かない人が差別化されてしまうのは当然のことです。

 それらを理解できず、「体質」だと言えば患者が理解すると考えている人たちが、
 都合よく理解できないことを「ストレス」とか「体質」に責任転換しているのです。

 科学者や医者が「ストレス」や「体質」という言葉を出す人で結論を終えている人は皆、
 真実が見えていない人だと断言しても良いのです。

 その「体質」を渋谷教授は、
 “『酸化した乳酸毒2種類』と『活性酸素の酸性物質』により酸化した細胞以外には、癌は転移できない” ことを、
 きちんと説明しているのです。


 手術で治る人は、“癌もどき” か、
 “酸化していたけれど、酸化還元が簡単な方法で戻れるぐらいの「酸性体質」であった” と考えるべきなのです。

 酸化が酷い人が手術をしたら、どうなると思いますか?
 私に相談に来た人で、医者の言うことを信じて手術をして、いきなり癌が倍に成長した人が多いのです。

 せめて、自己防衛で、手術をする前に、
 酸化している体組織液や血液酸化ストレス検査、遺伝子酸化割合を示す検査などをして、
 それらが正常になり、初めて手術をせねば、
 手術後、脳に転移をした話をよく聞きますが、(癌は)“酸化している場所にしか転移できません”。

 手術後、癌ができると、転移ではなく「再発」と必ず言ます。
 手術をしなければ必ず「転移した」と情報操作を日本中で行うので、
 誰もが「手術をすれば助かる」かのような錯誤をしてしまうのです。

 手術後、再発ではなく、転移の可能性もあること、
 手術後、特に即日、癌ができる場合は、特に転移である可能性が高いことを視野に入れたほうが建設的です。

 余程、緊急手術以外は、時間が許される限り、「酸化体質」改善を図れば、
 手術で癌細胞から流れ出た癌細胞で「二次的に感染する転移する」という被害を防ぐことが可能なのです。

 どんな良い療法や食事療法、ビタミンや他のすべての療法だとしても、
 酸化している体質(酸化体質)には、すべて化学反応が起きませんので、無効になるのです。

 これらを理解できない治療家や医者は「癌患者は体が弱り、(栄養を)吸収できない」と勘違いをしているのです。
 「(栄養の)吸収ができない」のではなく、
 酸化しているので “化学反応をはじめとした酵素反応という「化学反応の連鎖」が起き難い” という事実を
 理解するべきです。

 それらの言葉の中で「(栄養を)吸収できない」という言葉がサイトで溢れているので、
 世間では「真実ではない言葉」が氾濫して溢れていますので、
 癌患者に「(栄養の)吸収率を上げた」「細胞壁を壊して(栄養の)吸収率を上げた」とかいう製品が溢れたのです。

 これは、開発者もサプリを研究した研究者も皆、
 「真実が見えていない」ことで起きている、自己満足の研究でしかありません。
 なので、何を信じれば良いのか分からなくなります。


 どんな療法をするのかは自由です。
 私は、自分がしたいと思う療法をするべきだと考えています。

   しかし、酸化還元をした上で、自分に合う療法を併用して初めて効果が出るのです。

 この真実は、永遠に変わることがない最終結論です。

 体の中で起きる化学反応、電気をつくる量も、
 「酸化還元電位」という基本が正常であり、初めて正しい化学反応が起きる、
 ということを理解していけば良いと思います。

 体内の腸内細菌環境も、酵素反応もすべて、
 「酸化還元電位」が正常な上で、初めて正しい働きをするのです。

 それらすべて理解せず、世間の二次的、三次的な療法をいくらしても、
 「酸化した度合いが強い人には(それらの療法は)すべて無効である」と考えて然るべきなのです。

 当然、免疫を培養しても、どんな癌ワクチンをしても、免疫療法をしても、
 「酸化が強ければ、期待する効果を得ることはない」という前提で動いたほうが建設的であるということです。

 抗がん剤は、論じる気すら起きません・・・・、論外です。


 私は、私の読んだブログで、癌という大病の中、
 命や人生をかけた大切な情報を投げかける時、相当、悩みました。

 しかし、私の超人的な回復や、癌患者さんが簡単に治る人がいて、
 少なからず、この真実を理解した以上、何かのヒントにしてくれればと考えています。

 生きれたこと、生き残れたこと、死から逃れることができたことを経験して乗り越えたら、
 次は、過去と同じ生き方をせず、生まれ変わる気持ちで本当の幸せを手に入れてください。

   私に病気を治す治療方針とアドバイスを求めるのはお止めください m(__)m
    ブログから見て、自分で行いたいと思う人の場合、理解できない点を補うことは可能です。
    判断を下すことは、私にはできかねます。よろしくご理解ください。お大事にです m(__)m





◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


 癌は「酸化した細胞」だけに、増殖と転移をすることができる!
  ~ 「体内の酸化」が、癌を成長増殖転移させる元凶!
    極度に悪化した「酸化体質」のままでは、他の療法が効果しない ~


 当記事でご紹介させて頂いています内容、これは非常に重要です。
 「体内の酸化」が如何に恐ろしく、万病を生み出す元凶となっているかを思い知らされます。
 とにかく、現代の日本人は「大酸化社会」の到来により、もはや、異常なまでに体内が酸化しているのでしょう。
 現代の日本人は「抗酸化治療」「酸化還元治療」を併用して行わないと、もう、食養(食事療法少食療法断食療法)だけでは手に負えなくなっているほど「体内の酸化」が進行している人が多いのだと思います。

 甲田光雄先生のお弟子さんがお話されていた次の部分は重要です。

   ビタミンも “投与をした時だけ酸化還元を行い、時間が経つと、逆に「酸化物質」に変わる” ことも
    証明されています。

   どんな良い療法や食事療法、ビタミンや他のすべての療法だとしても、
    酸化している体質には、すべて化学反応が起きませんので、無効になるのです。

 食事療法が著効を得るのは確かです。食事療法によって救われている人たちが多いのは確かなのです。
 我が家だって、その一例です。

 しかし、それは「体内の酸化」の深さによるのです。
 「体内の酸化」がそれほど深くない人は、食事療法栄養療法などで改善して行くのでしょう。
 でも、「体内の酸化」があまりにも進行し、「体内の酸化」があまりにも深まっている人は、その極度に酸化した体内では、もはや、栄養が正常に働かない(本来の機能をしない)のです。
 栄養をいくら摂取しても、その摂取した栄養が働かない(機能をしない)のであれば、これじゃ、食事療法栄養療法が有効するわけがありません。「体内の酸化」が極度に悪化した「酸化体質」の体内環境の下では、他のすべての療法が、残念ながら無効となってしまうのでしょう。
 「体内の酸化」の状況(酸化体質」が深いか浅いか )により、同じ食事療法栄養療法でも、有効する人もあれば、有効しない人もおられるのですね。

 甲田光雄先生のお弟子さんが「酸化還元をした上で、自分に合う療法を併用して初めて効果が出るのです」と仰られていますように、「体内の酸化」が極度に悪化し、「酸化体質」が異常に深まっている人は、まず真っ先に「酸化還元治療」を行ない、悪化している「酸化体質」を改善しながら、他の療法を行なうべきでしょう。


 癌治療においても、これは重視すべきです。

 甲田光雄先生のお弟子さんは、

   体質が酸化した状態で強い酸化が進み、「活性酸素の毒」が酸化と複合的に遺伝子すら傷付けてしまい、
    「その酸化した細胞だけに、癌は増殖と転移をすることができる」ことを証明したのが、
    東大の渋谷現役教授です。教授は、こうも付け加えています。
    「癌が転移をしない条件は、細胞が酸化していなければ、転移ができない」と話しているのです。

   その「体質」を渋谷教授は、
    “『酸化した乳酸毒2種類』と『活性酸素の酸性物質』により酸化した細胞以外には、癌は転移できない” ことを、
    きちんと説明しているのです。

 とお話しされています。

 『酸化した乳酸毒2種類』というのは、次の「2種類」です。

  (1)ミトコンドリアの不具合により体内に蓄積した『乳酸』の「酸毒
  (2)その蓄積した『乳酸』によりアシドーシス(酸性)に傾いて生じる『
乳酸アシドーシス』の「酸毒
  ( ここは「癌は『乳酸アシドーシス』の「酸毒」を成長因子にして成長していく」カテゴリを参照してください

 「癌は『乳酸アシドーシス』による「酸毒」で成長していく!」記事を参照して頂きたいのですが、癌は、この(1)(2)の「癌成長因子の酸毒 2種類」が定着した組織に、癌細胞が遊離して結合していく、という転移を行ないます。
 癌細胞は「酸性環境(pH 5~6)」でなければ生きることができません。
 癌は、その組織が(1)(2)の2種類の「酸毒」に侵されていないと、成長も、増殖も、転移もできないのです。
 ゆえに、「重曹療法・メープル重曹療法」カテゴリでお話しさせて頂いていますように、アシドーシスを改善する効果のある『重曹水重曹液)』を飲用することによって、この「酸毒」を中和して制酸すれば、癌を「成長も、増殖も、転移もできない状況」へと追い込むことができるでしょう。


 また、癌において、この「酸毒」の他に、もうひとつ恐ろしいのが、身体の「酸化」が極度に悪化した「酸化体質」です。
 これは、甲田光雄先生の弟子さんが言われている次の部分です。

   その「体質」を渋谷教授は、
    “『酸化した乳酸毒2種類』と『活性酸素の酸性物質』により酸化した細胞以外には、癌は転移できない” ことを、
    きちんと説明しているのです。

 上述しました『酸化した乳酸毒2種類』は、基本的に『乳酸』が蓄積したものですが、蓄積した『乳酸』は周囲の細胞や組織を酸化させますので、『乳酸』が蓄積して発生している『乳酸毒』は身体を酸化させる原因になります。
 そして、『活性酸素の酸性物質』は言わずもがな、「活性酸素の毒」が激しく、細胞や組織が強く酸化している状態です。

 渋谷教授は、この『酸化した乳酸毒2種類』と『活性酸素の酸性物質』によって酸化した細胞以外には、癌は転移できない、と言われています。これは、『乳酸』が蓄積して発生している『乳酸毒』と、『活性酸素の酸性物質』が大量に発生して身体を蝕んでいる「活性酸素の毒」の、この2つの「酸化原因」により細胞や組織が酸化していないと、癌は増殖も転移もできない、ということです。

 いわゆる、身体の「酸化」が進行していくのは、『乳酸』が蓄積して発生している『乳酸毒』と、『活性酸素の酸性物質』が大量に発生して身体を蝕んでいる「活性酸素の毒」の2つが主原因となっており、この2つの主原因によって細胞や組織が酸化していないと、癌は増殖も転移もできないのです。
 ということは、癌が成長増殖転移をして行くためには、どうしても「酸化している細胞や組織」が必要だ、と言えるわけです。癌が成長増殖転移をして行くためには、身体に「酸化している細胞や組織」があること、これが、癌が成長増殖転移をして行くための必須条件なのです。

 つまり、細胞や組織を酸化させている主原因である『乳酸』が蓄積して発生している『乳酸毒』と、『活性酸素の酸性物質』が大量に発生して身体を蝕んでいる「活性酸素の毒」の2つを改善すれば、癌が成長増殖転移するのを阻害して防ぐことができる、と言えるわけです。
 『乳酸』が蓄積して発生している『乳酸毒』を打ち消すには、上述しました『重曹水重曹液)』の飲用が役立ちます。
 また「活性酸素の毒」を打ち消すには、『水素療法』『電子治療』などの「抗酸化治療」「酸化還元治療」が役立ちます。
 こうして、癌が成長増殖転移をして行くための必須条件である「酸化している細胞や組織」自体を改善することにより、身体から「癌が成長増殖転移をして行くために絶対に必要な必須条件(酸化している細胞や組織)」を排除してしまえば、癌はそれ以上、成長増殖転移をして行くことができなくなる、と言えるわけですね。

 「体内の酸化」は、癌化を促し、癌の温床になり、癌の悪性化の元凶となります。
 そして、癌は「酸化している細胞や組織」で、成長増殖転移をして行きます。
 つまり、癌は「酸化していない細胞や組織」では、成長も、増殖も、転移もできないのです。
 ゆえに、癌が成長増殖転移をして行く元凶となっている「酸化している細胞や組織」自体を改善していくことによって、癌の成長増殖転移を抑制しながら癌を衰退させ、癌の改善治癒に結び付けることができるのです。

「体内の酸化」は、体内の「酸化ストレス」を高め、癌をはじめとする様々な病気を生み出す元凶です。
 「酸化ストレス」は、癌細胞に対して「増殖促進(プロモーター活性)」と「DNA 変異」を引き起こし、癌細胞の悪性化を進展します。さらに、生体構成物質の障害や機能の低下は免疫監視機構を障害して、癌の転移や再発を促進します。抗がん剤放射線手術などの癌治療は、酸化負荷を増大し、抗酸化力を低下させる欠点があります。
 癌患者さんが『水素療法』『電子治療』などの「抗酸化治療」「酸化還元治療」によって「体内の酸化」を強制的に還元することは、癌化の原因、癌の温床、癌の悪性化を防ぐのに著効を得るのは言わずもがなです



 癌患者さんが最も改善しなければならないのは、次の2点です。

  (1)体内の酸性化
  (2)体内の酸化

 (1)は、食事内容が大きく影響します。
 体内を酸性に傾けるような食事(糖質〔ブドウ糖〕の過剰摂取肉食の多食など)を控え、体内を弱アルカリ性に保つ食事(植物食中心の食事)を心がけるべきです(参照記事)。

 しかし、(2)の「体内の酸化」が大きく進行し、「活性酸素の毒」が激しく、「酸化体質」が異常に深まっている人では、上述の如く、食事療法栄養療法ではどうにもならなくなります。酸化が強く進んだ組織では、もはや、栄養が働かない(本来の機能を果たせない)で「酸化物質」に変わってしまうからです。

 癌が悪化している癌患者さんの体内は、酸化が強く進んでいるでしょう。
 異常な「酸化体質」になっているはずです。
 この極度な「酸化体質」を急速に改善するには、「体内の酸化」を強制的に還元して行くしかありません。
 ここで、『水素療法』『電子治療』などの「抗酸化治療」「酸化還元治療」が著効を得るのです。

 鈴森さんがお話されています、
 『還元水』『水素水』『タカダイオン』『クエン酸』『スパエイチ参照記事)』『エスオーイー・マック参照記事)』
 これらの「抗酸化治療」「酸化還元治療」が「体内の酸化」を強制的に還元し、極度な「酸化体質」を大きく改善します。

 ともぴーさんも「体に必要だったのは、栄養ではなく、マイナス電子でした」と言われていますが、体内の酸化が強く進んでいる人に必要なのは、まずは栄養ではなく、「電子を与える」という「抗酸化治療」「酸化還元治療」なのです。
 この「抗酸化治療」「酸化還元治療」により、極度に悪化した「酸化体質」を急速に改善し、癌の改善へとつなげます。
 癌は、その組織が酸化していないと成長も増殖も転移もできないのですから、極度に悪化した「酸化体質」を「抗酸化治療」「酸化還元治療」によって急速に改善してあげることが、癌の改善へとつながって行くのです。


 また、甲田光雄先生のお弟子さんは、このようにも言われています。

   どんな良い療法や食事療法、ビタミンや他のすべての療法だとしても、
    酸化している体質には、すべて化学反応が起きませんので、無効になるのです。

 この「酸化している体質には、すべて化学反応が起きませんので(良い療法であっても、すべて)無効になるのです」というのは、「酸化体質のままでは、他の療法が効果しない」ということを言われています。悪化した「酸化体質」の体内環境下では他の療法が正常に働かないので、まず「酸化体質」を改善しないと、他の療法がすべて無効になってしまうのです。
 ですから、「酸化体質」が悪化している癌患者さんであれば、「体内の酸化」を還元する「抗酸化治療」「酸化還元治療」を併用して「酸化体質」を先に改善して行かないと、他の療法がすべて無効になってしまい効果せず、癌が改善して行かないことになります。癌が悪化した癌患者さんで食事療法が効果しなかった方は、悪化した「酸化体質」に原因があったのでしょう。

 癌が悪化している癌患者さん、末期癌患者さん、また、体中に癌がある癌患者さんは、ご自分の納得いかれる「抗酸化治療」「酸化還元治療」を何か併用されるべきだと思います。ご自分が納得できる、ご自分に合った「抗酸化治療」「酸化還元治療」をご自身の癌治療に導入され、これにより、極度に悪化した「体内の酸化」を強制的に還元し、酷くなっている「酸化体質」を大急ぎで改善して、癌の改善につなげて行くことを考えられてみてください m(__)m