癌は『乳酸アシドーシス』による「酸毒」で成長していく!
 この『乳酸アシドーシス』を改善して、体内の酸化を還元することが大事!(仮題)

 【「膠原病、難病、癌を治す会 掲示板」(甲田光雄先生のお弟子さん)より 】



 癌は再発の場合、癌特有の特殊能力が増えている事があるのです。
 最初は、例えば、特殊能力が2つだけでしたので、
 転移する力や速度、免疫で抑える力が伝わりやすいなどの点がありますが、
 時間の経過と共に、癌は特殊能力を増やして、最大10種類まで能力を増やすという性質を持つのです。

 この場合、

   重水素減少水
   ベンズアルデヒド
   水素水

 が必要になります。

 癌は “『乳酸』や『アシドーシス』という酸毒” という癌成長因子2種類を産出して、
 成長因子が定着した組織に、癌細胞が遊離して結合していく、という転移を行い、
 増殖をしていく時に「重水素」が必要なのです。

アシドーシス」は「酸血症」とも言い、体液中に異常に酸が蓄積するか、塩基が失われた状態を言います。
 『乳酸アシドーシス』とは、「乳酸」が蓄積して血液が「アシドーシス酸性度が高くなり過ぎた状態」になっている状態ですが、この『乳酸アシドーシス』は、癌を成長させる原因となります。
 癌は『乳酸アシドーシス』の「酸毒」を成長因子にして成長していきますから、『乳酸アシドーシス』が深まると癌の成長を促進させますので、『乳酸アシドーシス』を改善することが必要です。
 そして、癌を改善するためには、体内の酸化を還元すること(体内の酸化還元)が重要となります。
 また、上記に「ベンズアルデヒド」とありますが、ここは「アミグダリンビタミンB17」と見ても良いでしょう。
 「アミグダリンビタミンB17」=「ベンズアルデヒド」+「シアン化合物」です。
 甲田光雄先生のお弟子さんは、以前から「ベンズアルデヒド」「アミグダリンビタミンB17」の制癌力を重視され、
 「ベンズアルデヒド」「アミグダリンビタミンB17」の制癌力で癌細胞を直接「叩く」ことを推奨されていました。
 なので、私は誰でも入手しやすい「アミグダリンビタミンB17」として『枇杷の種の粉末』を推奨しています。
 「アミグダリンビタミンB17」は『天然の抗がん剤』として、癌細胞だけを直接「叩く」制癌作用を発揮します。
 「ベンズアルデヒド」「アミグダリンビタミンB17」は、癌細胞には有害ですが、正常細胞には一切無害です。
 『枇杷の種の粉末』は、用法用量を正しく守れば、誰でも自宅で、抗がん療法をご自分で行えるようになるでしょう。
 「枇杷療法・枇杷種の粉末(アミグダリン:ビタミンB17)」カテゴリを参照されてみてください
ブログ管理人

 「アシドーシス」を還元できる根拠はありませんが、
 還元できる体質の人に癌はいませんから、酸化還元することが適切な判断になります。
 (体内の)「重水素」を減らして(癌細胞の)結合力を弱めて、免疫を高めた上で、
 「ベンズアルデヒド」で癌細胞をアポトーシス(細胞死)させて行く、という4つの構成を同時に行うことが、
 癌の特殊能力を抑制して、増殖を減らせると思います。

体内の「重水素」量を減らしただけで、免疫が高まります。
 体内に癌がある癌患者さんは、「ベンズアルデヒド」「アミグダリンビタミンB17」の制癌力(癌細胞への殺傷力)で癌細胞を直接破壊していくことを組み合わせるのも非常に重要なことです。「ベンズアルデヒド」「アミグダリンビタミンB17」は、病院の「マスタードガス系の抗がん剤」と比べれば、副作用が無く、安全無害に実行できます
ブログ管理人

 再発した癌は、食事療法は必要ですが、食事療法だけでは無理です。
 癌の種類、手術の治療方針なども含めて真剣に話さないと、間に合わないと思います。




 癌転移ステップの法則(仮題)
 【「膠原病、難病、癌を治す会 掲示板」(甲田光雄先生のお弟子さん)より 】



 癌の種類が分かれば、進行度が分かり、
 癌の性質を知れば、生存率と時間が分かります。
 その答えの中で何をするべきなのか、
 闇雲に癌だと言われても、とても難しい問題なのですね。

 前回の癌と再発した今の癌は別物です。
 すでに遺伝子変性を繰り返して、耐性獲得しているはずです。

 癌の種類が分かれば、原発癌同様なのか、転移性かも分かります。
 分化なら怖くありませんが、未分化なら悠長に食事療法をしている場合ではないでしょう。
 未分化度の割合をデータ化しているので、検査では分かるようにできています。
 患者へは、理解できないと考えて伝えることはありませんが、聞けば教えてくれます。

 癌転移ステップの法則、1~4番まであるのですが、
 この法則の1つを潰せば、転移はできず、
 2つを潰せば、原発癌も増殖できず、
 3つを潰せば、癌が縮小して行き、
 4つを潰せば、再発し難い体質になるのです。

 癌を治すには順番があります。