この記事は、「ガンに対する、もう一つの考え方」サイト様からのご紹介です。
 「ガンに対する、もう一つの考え方」サイト様にも「アミグダリン」に関する内容がありますので、ここでご紹介させて頂きます。短い記事ですが、ご覧になってみてください m(__)m




 7.レートリル(アミグダリン、ビタミンB17)
 【「ガンに対する、もう一つの考え方」
より 】


 「レートリルビタミンB17、別名アミグダリン)」は、アメリカではガン治療薬として認められています。
 『ビワの葉茶』や『ビワの種』でも、同じ成分の摂取はできます。

 「アミグダリンとガンの関係」の研究が始まったのは、
 世界三大長寿村の一つである、パキスタンの「フンザ」という村では、
 ガンの患者がきわめて少ないことで有名ですが、
 彼らが常食している杏(アンズ)に「アミグダリン」が豊富に含まれていることが明らかとなってからのようです。

 これに含まれる「シアン化合物」が「シアン」に分解されて、ガン細胞のみを攻撃するとされています。

 「シアン」は本来、毒性物質であるため、大量に食べると危険であると言えます。


 もう少し詳しい説明では、、、

 「アミグダリン」は「青酸配糖体」に分類されますが、
 「アミグダリン」として存在する時は、不活性で「青酸」の毒性はないようです。

 「アミグダリン」が体内に入ると「β-グルコシダーゼ」という酵素により、
 「青酸」と「ベンズアルデヒド」という成分に分解されます。

 これらが毒性を持つものですが、正常な細胞には「ローダネーゼ」という保護酵素があるため、
 「青酸」と「ベンズアルデヒド」は、この酵素によって無害化されます。

 「ベンズアルデヒド」は鎮痛作用もあり、末期ガンやリウマチの痛みを鎮めるといった働きもあるようです。

 ガン細胞は、この「ローダネーゼ」という保護酵素がないため、
 「青酸」や「ベンズアルデヒド」の毒性により死滅してしまうようです。

 杏、サクランボ、りんご、桃、梅、プラムなどの『』、『ビワの葉』に多く含まれます。

 一度に摂取する量は「1グラム」程度までとされています。
 最近では『ビワの葉の煮汁』を飲んで、さまざまな体験をされている方もいらっしゃるようです。

 日本でも『ビワの種』を摩り下ろし服用することによって、
 実際に、ガンを克服された方がいらっしゃいます。

 これも「レートリルアミグダリン)」の働きであったのではなかと考えられます。



   この記事を作成された方は、「ガンに対する、もう一つの考え方」サイトの管理人さんです。
    サイドバーにもリンクを張らさせて頂きました。
    とても素晴らしい内容ですので、ぜひ、ご覧になられてみてください m(__)m (ブログ管理人




◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


 補足

 『枇杷の種の粉末』がどのような商品であるかを把握しやすいように、以下にアマゾンで人気のある商品を列挙します。
 『枇杷の種の粉末』は、正しく活かすことによって、癌治療に有効する自然療法になると思います。

  癌治療とは『食事療法』を基本基軸土台に置いたその上で、他の様々な自然療法をいろいろと複合的に組み合わせて行ったほうが良いです(食事療法』に関しましては、サイドバーを参照してください )。

 たった一つの療法しか行っていないと、癌細胞はその一つの療法に耐性を付けやすいそうです。
 しかし、いろいろな療法を様々複合的に組み合わせて行うと、癌細胞はそれらの『複合的に組み合わせた療法たち』に耐性を付けるのが追い付かないようです。

 ですから癌治療は、癌治療に有効する自然療法を一つに絞って行うのではなく、癌治療に有効する療法をいろいろと複合的に組み合わせて行うことで、癌細胞に「その療法に対応して、耐性を身に付けるゆとり」を与えさせないことによって、より癌を追い込んでいきやすくなるように、ご自分なりに配慮していきましょう!

 もちろん、癌を追い込みやすくなる『少食療法』や『断食療法半日断食・週末一日断食)』、そして、できれば、癌免疫を改善して強化してくれる『飲尿療法』を組み合わせて癌治療を行うのがベストです。

 当然ですが、癌細胞を育てて増大させてしまう最悪御三家食品「糖質(ブドウ糖)」「肉製品」「乳製品」を控えるか止めるかすることが必須です。この「癌細胞を育てて増大させてしまう食事を控えるか止める」という『癌の食事療法』の基本を真剣に実行しない限りは、“火災を消火したいはずなのに、火災に放水して消火活動を行っているその傍らで、同時に、火災に油を撒き続けて、火災の勢いを余計に強く大きくしている” 愚かな行為と同じ過ちを犯すことになってしまうでしょう。

 そして、発癌の原因となる化学物質化学化合物が含まれる食品、体内を酸化させて癌細胞を増殖しやすくさせてしまう精白食品加工食品人工食品を、食事からしっかりと排除することも必須です。

 ここまでしてこそ、癌の正体である『癌体質体内に癌が生み出されてしまう体の状態)』を改善していけます。
 これもなく「癌から生還したい」と言われても、かなり難しいと私は思います。


 癌治療は、通常療法(三大療法抗がん剤放射線手術)だけで行うと、必ず癌死してしまいます。
 ですから、癌治療は『食事療法』を基本基軸土台に置いたその上で、他の自然療法代替療法をいろいろと複合的に組み合わせて併用して行うしかありません。自然療法代替療法を多く組み合わせて行いましょう!

 当たり前ですが、まずは「お金がかからない方法」から実行です。
 特に、お金のかからない『少食療法』『断食療法半日断食・週末一日断食』『飲尿療法』などは、『食事療法』と共に、一番最初に実行して然るべきです。
 この『枇杷の種の粉末』はそこそこお金がかかりそうですから、『枇杷の種』に多く含まれる「アミグダリン」の制癌作用を活用しようとされる癌患者さんは、よく調べ尽くして熟慮された上で決められてください m(__)m


 また『枇杷の種の粉末』の商品は、それが本物であるかどうかを、必ずご自分でよく確認されてからご購入されてください。
 よろしくお願いします m(__)m