この記事は、「医療法人 再生未来クリニック」での「アミグダリン」の効用を活かした「IPT療法」を紹介している記事です。アミグダリン」の価値を知るための一環としてご覧になってみてください。
 また、この記事の最後に【私の意見】をお話ししていますので、ぜひご参考にして頂けたらと思います。
 よろしくお願いします m(__)m




 天然の抗がん剤である「アミグダリン」を点滴し、
 効果的に癌細胞に投与するIPT療法について

 【「医療法人 再生未来クリニック」
より 】


【診療のご案内】

アミグダリンビタミンB17
 ガン細胞が正常細胞よりも、約16倍も糖(ブドウ糖)を取り込む特性を利用して、
 糖(ブドウ糖)とともに「アミグダリンビタミンB17)」をガン細胞により多く取り込ませる治療法です。

上記には「16倍」と固定的に書かれていますが、癌細胞は悪化すればするほど、より多くの糖質(ブドウ糖)を取り込んでいます。正常細胞の「数十倍」も取り込んでいることもあるのですブログ管理人



【治療法】

IPT療法とは

 ガンの栄養療法として世界的に有名なメキシコのサンタモニカ病院、ゲルソン病院、オアシス病院の中で、
 サンタモニカ病院元院長の「カート・ドンスパック」先生が推進するガンの「IPT療法」を、
 そのまま当院で実施しています。

 この治療法は、ガン細胞が正常細胞よりも、約16倍も糖(ブドウ糖)を取り込む特性を利用して、
 糖(ブドウ糖)とともに「アミグダリンビタミンB17)」をガン細胞により多く取り込ませる治療法です。

 効果的に取り込ませるために、インシュリン投与で一時的に低血糖状態にして、ガン細胞を飢餓状態にします。
 そこに、天然の抗がん剤である「アミグダリン」を点滴します。
 「アミグダリン」は糖(ブドウ糖)と一緒に選択的にガン細胞に取り込まれることになります。
 しかも「アミグダリン」は正常細胞には無害で、副作用はありません。
 「アミグダリン」の代わりに “1/10” 量の抗がん剤を使うこともあります。

 当院では、非常に空腹な状態(低血糖状態)で安全に点滴をする事により、
 インシュリンを投与しない治療法も施行しております。


アミグダリンとは

 「アミグダリンビタミンB17)」は、米国シカゴ大学教授「ハロルドマンナ」博士らのガンに対する多くの研究があり、
 日本でも、片瀬教授(大阪大学「片瀬淡 (あわし)」教授)により、
 実験的にガンがほとんど死滅する事が立証されています。
 正常細胞に対する有害作用は何ら認められていません。

 また「アミグダリン」は、血液をアルカリ化し、正常細胞の活性作用があり、その他に鎮痛作用もあるなど、
 抗がん治療に極めて優れた天然物質です。


アミグダリンの特長

(1)ガン細胞に対する抗ガン作用
 「β-グルコシダーゼ」という分解酵素が「アミグダリン」を分解させることで、毒性となりガン細胞を死滅させます。
 その様子は、大阪大学の片瀬教授(大阪大学「片瀬淡 (あわし)」教授)が発表されています。

(2)ガン以外の正常細胞に対する活性作用
 正常細胞は「ローダネーゼ」という大量の酵素により保護され、何ら影響を受けません。
 むしろ、抵抗力や活性度は上がります。

(3)アミグダリンの鎮痛作用
 「アミグダリン」には「ベンズアルデヒド」があり、酸化されて無害な「安息香酸」に変わります。
 これはアスピリンと同様の働きがあり、ガンに伴う痛みを沈静化します。



【治療の流れ】

 月に5日の治療を基本とします。
 連日5日の治療でも、週2日のペースでも結構です。
 ライフスタイルに合わせて行います。
 腫瘍の治療効果を見ながら、数回繰り返します。
 IPT療法に連続して、「ウクライン」「高濃度ビタミンC点滴療法」を組み合わせるとより効果的です。


 副作用について

 現在、クリニックで点滴で使用する場合は、ほとんど副作用は報告されていません。
 しかし、サプリメントとして使用する場合は、量、吸収の問題があり、副作用を起こす可能性があります。


 治療費参照

  点滴療法
   1本 4,630円
   2本 7,200円
   3本 9,770円

  内服処方
   19,440円



【共同研究機関のご紹介】


  国立大学法人 徳島大学大学院ソシオテクノサイエンス研究部
  国立大学法人 徳島大学大学院ソシオテクノサイエンス研究部 堀均 教授

  国立大学法人 神戸大学医学部付属病院
  国立大学法人 神戸大学医学部付属病院 坂本憲広 教授

  京都府立医科大学大学院医学研究科 細胞生理学
  京都府立医科大学大学院医学研究科 細胞生理学 丸中良典 教授

  甲南大学フロンティアサイエンス学部
  甲南大学フロンティアサイエンス学部 西方敬人 教授



ブログ管理人から一言

 「アミグダリン」を癌治療として提供している医療機関は、日本にもいくつかあります。
 当ブログサイトの「枇杷療法・枇杷種の粉末(アミグダリン:ビタミンB17)」カテゴリの記事をお読み頂けばお分かりになって頂けると思いますが、「アミグダリン」は制癌作用のある『天然の抗がん剤』です。現在もなお、癌医療で主流となっている「マスタードガス系の毒物抗がん剤」と比べ、遥かに安全な『無害な抗がん剤』として医療機関も着目しているのです。

 しかし、上記の治療費を見て頂けばお分かりのように、とにかく、「アミグダリン」は医療機関を通して行うと、ひっじょ~に(非常に)バカ高くなります。

 もし「アミグダリン」の点滴療法をするとしたら、月に5回で、月に点滴を5本ですから、単純計算をしても、点滴「2本(7,200円3本(9,770円)=5本で「16,970円」となっり、しかぁ~も、内服処方もすることになったら、内服処方は「19,440円」のようですから、合計で毎月「36,410円」という、ベェ~リィ~ナイスなお値段がかかるわけです。
 ましてや、他にもいろいろと進められてしまったならば、おそらく軽く、毎月「5万円」は飛ぶことになるでしょう。
 医療機関にお任せするのは「安心料」が重なる分、お高く付いてしまっても、これは仕方がありません。
 医療機関に従事する先生方はこうして飯を食っているのですから、これは「正当な料金」として見る他ないのでしょう・・・。

 なので、私は以下でご紹介させて頂いていますような、「アミグダリン」を多く含む『枇杷の種の粉末』を活かしたほうが、医療機関を通すことを考えれば、遥かにお安く(破格の安さで)実行することができますので、当ブログサイトでご紹介させて頂きました。


 『枇杷の種の粉末』は、天然の『枇杷の種』を「粉砕しただけ」ですから、「食品の部類」に当たる自然なものです。
 その用法用量をしっかりと守って行なうならば、自宅で「アミグダリン」の制癌作用を得ることができる「安全な自然療法」に成り得ます。ただ、すべて「自己責任」で行わなければなりません。

 癌治療とは本来、『食事療法』が示すように「自分で身に付けていくべきもの」ですから、この天然の『枇杷の種の粉末』による「アミグダリン」の制癌作用も、ご自分で身に付けていけば良いのです。
 癌治療は基本的に、ご自分で『癌の真相』をしっかりと学び取り、ご自分が見出した自然療法に対して「自己責任」に重なる信念を持ち、「自分で身に付けていく」志を持たれてください m(__)m
 そうしないと、いつまで経っても『癌の真相』に対して「無知のまま」で何も分からず、結局、医者におんぶにだっこせねばならない羽目になってしまうでしょう。標準的な癌医療におんぶにだっこしてしまうこと・・、これはつまり、ご自分でご自分を「死地に追いやる」ことを意味します。とにかく、私は、標準的な癌医療の三大療法(抗がん剤放射線手術)だけに頼った癌患者さんで、癌から生還している元癌患者さんに会ったことないですし、いまだに知りません。みなさんも同じだと思いますけれど・・・。

 癌治療は、標準的な癌医療の三大療法(抗がん剤放射線手術)だけに頼ると、必ずアウトになります。
 必ず癌死します。世間には、そのような実例しかないのです。癌患者のみなさん、そうですよね・・・。
 ならば、癌治療において重要無二なる『食事療法食事改善栄養改善』を基軸基本土台に置いたその上で、少しでも『癌の生還率』を上げるために、いろいろな自然療法を組み合わせて併用して行っていくしかないのです。
 ご自分が見出された自然療法に対して「自己責任」と「信念」をしっかりと持ち得て(自分はなぜ、この自然療法を選んだのか」という理由を常に確認されてください )、ご自分の癌治療に本気になって向き合い、実行していかねばなりません。

 「自己責任」の伴わない癌治療など、本来はあり得ないことです。「自己責任」という “心力” を理解できない癌患者さんは、癌を学ぶこともしないでしょうし、医者におんぶにだっこして「医者の言いなりペット」となり果ててお任せするしかないでしょう。これは何も嫌味ではなくして、実際に世間では、こういう癌患者さんがやたらと多い現状があるのです。

 世の多くの癌患者さんが、ご自分で癌を学ばないから、ご自分の頭でしっかりと考慮しないから、「医者の言いなりペット」へと堕し、医者の勧めるままに抗がん剤や放射線をガンガンやらされ、それでキチンと癌が悪化していき、最終的には「最悪の結末」を迎えてしまうのです。そして、最後はちゃんと癌死させられて、死んでなお、病院にはしっかりと何百万円もお支払いしているのです。世間には、こういう癌患者さんばかりが目立ちます。こんなこと、悔しくはないですか・・・。


 ご自分で癌を学び得ることもせずして、三大療法(抗がん剤放射線手術)しか行なっていない標準的な癌医療「だけ」におんぶにだっこして頼りきってしまうと、必ず『本当の癌治療』から遠ざかっていってしまいます。

 よく考えてみてください・・・。

 病院で行われている「マスタードガス系の毒物抗がん剤」は、免疫を破壊して低下させ、癌細胞に耐性を身に付けさせて癌を悪化させ、体が内側から破壊されて、体をボロボロにされながら、最終的には増癌していくんですよ・・。
 そして、最後は必ず癌死します・・・。
抗がん剤」につきましては、基本的には「抗がん剤・放射線 の真相」カテゴリの記事を参照してください。
 また、「抗がん剤は新しい癌を誘発する『発癌剤』『増癌剤』に過ぎず、放射線も癌を拡大させる『増癌治療』に過ぎない! 手術は、生命を助けるための『間に合わせ手段』である!」記事も参照されてください。とても分かりやすい記事です


 しかし「アミグダリン」という『天然の抗がん剤』は、『枇杷の種の粉末』を用法用量を正しく守って身に付けさえすれば、「アミグダリン」の制癌作用を得ることができるのみならず、さらに枇杷』には制癌作用以外にも「血液浄化」などの様々な効用(参照)がありますから、総合的に見てもマスタードガス系の毒物抗がん剤」とは真逆の良い方向性が得られるのです。

 同じ『抗癌』を狙っている抗がん剤であっても、癌患者のためになる本当の抗がん剤もあれば、癌患者の体を破壊しかしない抗がん剤もあることを知ってください。そして、それをご自分でしっかりと見抜かれてください。

 「アミグダリン」という『天然の抗がん剤』を活かそうとされる癌患者さんは、必ず、当ブログサイトの「枇杷療法・枇杷種の粉末(アミグダリン:ビタミンB17)」カテゴリの記事をすべて何度も何度も読み込んで頂き、正しい用法と用量を守って(身に付けて)実行されていってください。絶対に絶対に「いい加減」にやったらダメですよ!
 よろしくお願いします m(__)m




◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


 補足

 『枇杷の種の粉末』がどのような商品であるかを把握しやすいように、以下にアマゾンで人気のある商品を列挙します。
 『枇杷の種の粉末』は、正しく活かすことによって、癌治療に有効する自然療法になると思います。

  癌治療とは『食事療法』を基本基軸土台に置いたその上で、他の様々な自然療法をいろいろと複合的に組み合わせて行ったほうが良いです(食事療法』に関しましては、サイドバーを参照してください )。

 たった一つの療法しか行っていないと、癌細胞はその一つの療法に耐性を付けやすいそうです。
 しかし、いろいろな療法を様々複合的に組み合わせて行うと、癌細胞はそれらの『複合的に組み合わせた療法たち』に耐性を付けるのが追い付かないようです。

 ですから癌治療は、癌治療に有効する自然療法を一つに絞って行うのではなく、癌治療に有効する療法をいろいろと複合的に組み合わせて行うことで、癌細胞に「その療法に対応して、耐性を身に付けるゆとり」を与えさせないことによって、より癌を追い込んでいきやすくなるように、ご自分なりに配慮していきましょう!

 もちろん、癌を追い込みやすくなる『少食療法』や『断食療法半日断食・週末一日断食)』、そして、できれば、癌免疫を改善して強化してくれる『飲尿療法』を組み合わせて癌治療を行うのがベストです。

 当然ですが、癌細胞を育てて増大させてしまう最悪御三家食品「糖質(ブドウ糖)」「肉製品」「乳製品」を控えるか止めるかすることが必須です。この「癌細胞を育てて増大させてしまう食事を控えるか止める」という『癌の食事療法』の基本を真剣に実行しない限りは、“火災を消火したいはずなのに、火災に放水して消火活動を行っているその傍らで、同時に、火災に油を撒き続けて、火災の勢いを余計に強く大きくしている” 愚かな行為と同じ過ちを犯すことになってしまうでしょう。

 そして、発癌の原因となる化学物質化学化合物が含まれる食品、体内を酸化させて癌細胞を増殖しやすくさせてしまう精白食品加工食品人工食品を、食事からしっかりと排除することも必須です。

 ここまでしてこそ、癌の正体である『癌体質体内に癌が生み出されてしまう体の状態)』を改善していけます。
 これもなく「癌から生還したい」と言われても、かなり難しいと私は思います。


 癌治療は、通常療法(三大療法抗がん剤放射線手術)だけで行うと、必ず癌死してしまいます。
 ですから、癌治療は『食事療法』を基本基軸土台に置いたその上で、他の自然療法代替療法をいろいろと複合的に組み合わせて併用して行うしかありません。自然療法代替療法を多く組み合わせて行いましょう!

 当たり前ですが、まずは「お金がかからない方法」から実行です。
 特に、お金のかからない『少食療法』『断食療法半日断食・週末一日断食』『飲尿療法』などは、『食事療法』と共に、一番最初に実行して然るべきです。
 この『枇杷の種の粉末』はそこそこお金がかかりそうですから、『枇杷の種』に多く含まれる「アミグダリン」の制癌作用を活用しようとされる癌患者さんは、よく調べ尽くして熟慮された上で決められてください m(__)m


 また『枇杷の種の粉末』の商品は、それが本物であるかどうかを、必ずご自分でよく確認されてからご購入されてください。
 よろしくお願いします m(__)m