この記事は、「ガンに対する、もう一つの考え方」サイト様からのご紹介です。
 現役のお医者さんが癌になった場合、自分たち医者が常日頃、癌患者に対して当たり前顔して勧めている三大療法(抗がん剤放射線手術)は受けずに避けて、「健康食品」に走り、それでしっかりと(ちゃっかり)癌を治している、という実情をお話しされています。

 この記事にあります内容は、今ではよく知られるようになった「お医者さんの実情」です。
 すでに多くのお医者さんが、出版物を通してこの記事に付随する内容を打ち明けていますし、いろいろなところで暴露しています。それらに絶対共通するものが『食事改善食事療法食養)』です。

 癌になったら(癌が発見されたら)必ず『食事改善食事療法食養)』をすること。
 これは、今では多くの著名な医学博士や医師、医療関係者が、共通して叫ぶようになっている事実です。
 これはもはや、癌治療の「絶対常識」です。これが理解できない方は、かなり遅れている方です。
 食養食事療法食事改善は、癌治療における最低限のマナーなのですね。


ガンに対する、もう一つの考え方」サイト様には、ゲルソン療法の開発者である「マックス・ゲルソン」医学博士の次の言葉が載っています。

 『医学界は、腫瘍のみがガンだと錯覚している。
  これが最大の間違いで、ガンの腫瘍はガンの症状の一つであっても、ガンの全てではない。
  ガンとは、ガン細胞や腫瘍を生み出すような「体全体の栄養代謝の乱れ」なのだ。
  そして、ガンとはすべての病気の中で、最もひどく栄養代謝の乱れた病気である。
  腫瘍に目を向けるのではなく、体全体の栄養代謝を正せば、それでガンは治る。』


 これは『癌の正体は “癌体質” である』ということを言われています。
 つまり、『癌は “部分病” ではなく、“全身病” である』ということを説明している言葉です。
 体の中に生み出された「癌の塊」だけをいくら突いても(薬で殺しても、手術で取り除いても)根本的な解決には一切ならず(根本的に癌は治らず)、『癌体質体内に癌を生み出してしまう体の状態)』になってしまっている “体全体” を内側から改善しなければ、癌は決して治らない!ということを、ゲルソン博士は言われているのです。
 あの時代に、ここまで『癌の真相』を見抜いていたゲルソン博士は凄い人です。
 だからこそ、権力の放った刺客によって、ゲルソン博士は絶頂期に暗殺されてしまいました・・・。
 いつの時代も、『癌の真相』を世間にバラしてしまう指導者は、権力にとっては目の上のたんこぶなのです。

 この『癌体質』を改善する上で、絶対に必要であるのが『食事改善食事療法食養)』です。
 『食事改善食事療法食養)』なくして、『癌体質』を改善できることはあり得ません。
 (癌体質』につきましては、「癌の正体は「癌体質」(癌は全身病)」カテゴリを参照されてください


 この記事で頻出する「健康食品」という手段は、『食事改善食事療法食養)』をしているその上で活かすのでなければ、大きな効果を発揮させるのは難しいです。
 癌を生み出す体にしてしまう現代食を毎日貪っていながら、いくら「健康食品」だけを取り入れていたところが、元が正されていないのですから、まったくお話しになりません。「健康食品」の効果を最大限に引き出すためには、やはり『食事改善食事療法食養)』という母体(土台)を得ていることが必要条件です。

 これは、例えて言えば、部屋の掃除をまったくせずして(部屋が臭うからと言って)消臭スプレーだけを撒くのと同意です。まずは、臭いの出元を正しましょう! お願いですから大掃除してください・・・(涙)
とりあえず、部屋の大掃除からスタートです! それができたその上で、安全な消臭スプレーも活かしましょう!

 体内に「癌を生み出し発生させている」根本原因となっている『癌体質』という「癌の大元」を改善しないことには、癌の根本解決に成り得るわけが無いのです。元と末の関係を見れば明らかです。
ここは「中国古典の名書『大学』から見つめる、癌と癌治療の「本」と「末」」記事を参照されてみてください


 医者に勧められたからと言って、抗がん剤や放射線に安易に走るのではなく、抗がん剤や放射線の使用はよくよく調べ尽くした上で「自己責任」でご判断ください。その結果を享受せねばならないのは、癌患者さん本人なのです。

 抗がん剤や放射線を使用すれば、癌は確実に悪化していきます。
 抗がん剤や放射線で癌が一時的に縮小するのは「一時の慰め」に過ぎず、その後は「津波のように」癌は以前より勢力を増してくるでしょう(増癌します)。
 津波が、第一波よりも第二波のほうが、第二波よりも第三波のほうが、以前よりも勢力を増して強くなるのと同様に、抗がん剤と放射線を使えば使うほど、最初の癌が可愛く見えてくるほど、癌の勢力はどんどん増すばかりになるのです。これはすでに、科学的に明らかとなっている事実です。ご自分でしっかりと調べ尽くしてください。
 できれば、まず「抗がん剤・放射線 の真相」カテゴリの記事をすべてご覧になってみてください。

 医者は、癌患者さんが抗がん剤や放射線を使用したことが原因して「癌が悪化して」亡くなったとしても、本当には何も困らないんですよ・・。医者は癌患者がいくら亡くなろうとも、ま~ったく困りません・・・。
 多くの医者が、癌医療ビジネスの売り上げが倍増するように仕組まれているだけの「癌治療ガイドライン」通りに動いているだけですし、ましてや、大学病院の医師などは、癌患者に抗がん剤放射線手術をやらせればやらせるほど、大学病院で「自分の点数が上がるつまり、大学病院での「自分の出世」につながる)」のですから、まるで「売り子の販売員のように」癌患者に対して抗がん剤や放射線を勧めてくるのです・・・。

  「あの先生は雰囲気がとっても良い先生で、態度が懇切丁寧だし、いつもお声をかけてくれるし・・、
   あの先生が抗がん剤や放射線を勧めてくれるのだから、間違いはないのではないかしら・・・」


 ちょ・・、ちょ~ッと待ってください!
 そんな理由で、抗がん剤と放射線の使用を決めてしまうのですか・・・(涙)

 今、世に著されている「抗がん剤と放射線の実態を暴露する、すべての図書」を読破すれば、そのお心が如何に「幼稚な判断」であったかがお分かりになるでしょう。抗がん剤や放射線に対してまず勉強不足であり、そのような判断をしてしまう自己の心が「幼稚」以外の何ものでもなかったことが、恐怖心と共にお分かりになるはずです。
 このような判断しかできない癌患者さんは、自己の「幼稚さ」を早くご理解ください!
 そして、学びと共に大急ぎで改心されてください・・、『無知の罪』を自ら生み出してしまう、その前に・・・。

 その医師の「姿(うわべの姿)」ではなく、その医師の「心の奥(本音本心)」を見抜きましょう!
 その医師が本当に懇切丁寧であるならば、癌患者に対して抗がん剤や放射線を勧める前に、当ブログサイトで掲載しています「抗がん剤や放射線の実態」についてコンコンと説明してくれるはずです。
 それもなく・・、癌患者に対して「ただ単に、抗がん剤や放射線を勧める」医師は、その医師が抗がん剤や放射線に対してまったくの「無知」であるか、抗がん剤や放射線の実態を隠して「商売上の医者の姿」を演じているだけかのどちらかです。

 ましてや、その医師が、癌治療の上で重要無二なる『食事改善食事療法食養)』の指導を一切何もせずして、抗がん剤や放射線の話「しか」しなかったとしたら、その医師はまったくお話しにならないレベルです。
 その医師は、確実に「要注意」医師です!
 世間にはまだ、このような「要注意」医師ばかりが目立ちますから、日本の標準的な癌医療に対しては、本当に「要注意の視点」を欠かさないでください m(__)m
 癌患者さんは基本的に、「ご自分で」癌を学んで、「ご自分で」癌治療を実行していきましょう!
 病院との付き合いは必要ですから、病院は「癌の検査」などに上手く使って、上手に対応されてください。


 どうか、この記事も「抗がん剤や放射線の実態」を知るための資料の一環とされてください。
 癌医療のことを知るには、できるだけ多くのいろいろな記事に触れて、眼を養っていってください。
 よろしくお願いします m(__)m

.





 現役のお医者さんが癌になった場合、
 どのような癌治療を選択しているのか・・・(仮題)

 【「ガンに対する、もう一つの考え方」
より 】


 ガンの情報を集めていて、あることに気がつきました。

 それは、現役のお医者さんがガンになった場合です。

 ガンから見事生還され、現役復帰を果たされた方(お医者さん)の場合は、
 「一般の患者さんに勧める医療行為はしていない場合がある」ということです。

  盲腸程度で済む手術はするようですが、この初期段階で発見される確率はかなり低いようです。

  大手術になる場合は、あまり積極的には実施していない、とのことです。

  抗がん剤も、ほとんど用いたりしないようです。

 もちろん、放射線療法もです。


 実際にガンになってしまわれたお医者さんで、見事快復なさった例を見ますと、
 「健康食品」、あるいは「機能性食品」と言われる『食品』を摂取されています。

 もちろん、ある種の抗がん剤は併用する場合もあるようです。

 抗がん剤のみでは、ガンの全快の見込みは非常に少ないのでしょうか?

 実際に、抗がん剤の副作用を目の当たりにすると、誰もがそう思うかもしれません。

 ガンは無くなるかもしれないが、体はもっとボロボロになる・・、それほど(抗がん剤の)副作用はすごいものです。

 もちろん、あまり副作用のひどくない方もいらっしゃると思います。

 「その違いは、どういう理由からか?」という点についても興味があるところです。


 あるお医者さんの場合には、
 「大手術を受けて良くなった患者さんをあまり見たことがない」とのことで、
 ご自分は「絶対に手術は受けない」と言って、手術や化学治療(抗がん剤)を受けず、
 結局、このページでも紹介しています、ある「健康食品」で見事全快されているのです。

 余命数ヵ月からの生還です(お見事です!)。

 (どなたでも必ず良い結果となる、というものではないのが現状ですから、
  ご自分で良く判断されることをお願いいたします


 この例では、通常は大手術が必要とするような、余命数ヵ月というかなり進行したガンの場合でも、
 手術をしないで、いわゆる「健康食品」でガンが治ってしまった、ということですから、
 もっと初期のガンにも、当然、有効な手段であると思っても間違いではないでしょう。

 「健康食品」の場合は、いわゆる副作用などありませんが、これが大きな特徴でしょう。

  抗がん剤と併用されても、良い働きがあるようです。


 あるお医者さんは、ご自分のご子息をガンで亡くされ、
 この時、今のままの医療行為ではダメとばかりに研究を始められ、
 活性酸素除去酵素(SOD)と同じ作用をする「SOD様作用食品」を自らの手で開発されています。
 (この「あるお医者さん」は丹羽耕三医学博士のことです。
  「丹羽靱負(耕三)医学博士が語る、肉製品・乳製品の真実!」記事を参照してみてください
ブログ管理人


 これらは一体、どういうことでしょうか?

 医師が自ら、こうしているのです!

 一般の患者さんには、抗がん剤や手術という現在の主流となっている現代医療行為を勧めています。

 大手術が必要なった場合には、これで治癒する場合は極めて少ないという現状を知っていて・・ です。

 (もちろん、手術前後にできるだけ早い時期に、
  何らかの代替医療を実施することは非常に重要であると思えます


 我々一般の患者側も、ガンになってしまわれたお医者さんと同じように、
 自ら情報を集め、それを実行するしかないのでしょうか・・・?

 少なくとも、いわゆる「健康食品」をガンの治療の中に活かすことは、非常に有効な事だと思えてなりません。

 ただし、「健康食品」に依存することなく、上手にご利用になられることが大切です。

 ある患者さんの場合には、医師に止められても、自分で大好きな登山を奥様とご一緒に決行され、
 宣告された余命をとっくに過ぎて、今もなお、健在で元気に過ごされている方もいらっしゃいます。

 通常は、酸素の薄い山への登山では悪影響があるハズですが、ほんと、不思議なことがあるものです。

 何が、そうさせているのでしょう?

  ガンになっても決して諦めない、強い心が大切なのでしょうね!

 もし、ガンを患っていらっしゃる方がこのページをご覧になって頂いているのなら、
 どうか、勇気をお出しになり、そして、元気になって頂きたいと思います。

 このページがほんの少しでもお役に立つことができれば幸いです。

 大丈夫! きっと治ります!!

 心よりお祈り申し上げます。



   この記事を作成された方は、「ガンに対する、もう一つの考え方」サイトの管理人さんです。
    サイドバーにもリンクを張らさせて頂きました。
    とても素晴らしい内容ですので、ぜひ、ご覧になられてみてください m(__)m (ブログ管理人