抗がん剤に関して(仮題)
 【「内海聡 facebook」(内海聡医師)より 】



 ガン死の80%は三大療法(手術、抗がん剤、放射線治療)による。
 岡山大学付属病院のインターンの学生が調べてみると、
 80%がガンの三大療法(手術、抗がん剤、放射線治療)で死んでいた。
 その発見を論文にしようとしたが、握りつぶされた。

 年間のガン利権は15兆円、国防費の3倍。
 抗がん剤は、0.1g 7万円。


船瀬俊介氏の話 わが身に危険が迫ってもこれだけは伝えたい日本の真相!

 厚生労働省にガンの専門技官て(いうのが)いるんです。
 技官ていうのは医師免許持ってるんです。
 要するにプロ中のプロですよ、日本の厚生行政の。

 そこに聞いたんですよ。

  「ズバリ聞きます。抗がん剤はガン治せるんですか?」

 そしたら、

  「お答えします。抗がん剤がガン治せないのは常識ですよ。」

 って、はっきり言った。





効かないと知りながら、平気で抗がん剤を使う癌の名医達
  立花隆
がん 生と死の謎に挑む72p~

 僕自身(立花隆)が、がんになって癌関係のシンポジウムに招かれたときのことです。
 それは朝日新聞の主催で開かれた、一般市民向けの大きなシンポジウムだった。
 僕以外の演者はすべて、大学や大学病院のそうそうたる名医ばかりが集まっていた。

 昼休みだったとき。
 控え室でみなが雑談的にいろんな話をしていた。
 いつの間にか話題が抗がん剤の事になっていた。

 抗がん剤がどれほど効かないかの話を一人がし出すと、
 皆が具体的な抗がん剤の名前を挙げて、
 次から次に “それがどれほど効かないか” を争うかのように話し始めました。

  「結局、抗がん剤で治る癌なんて、実際にはありゃせんのですよ。」

 と議論をまとめるように大御所の先生が言い出すと、皆、その通りだという表情でうなずきました。

 僕はそれまで、効く抗がん剤が少しでもあるのでは、と思っていましたが。

  「それじゃ、『患者よ、がんと闘うな』の著者の近藤誠さんの言っていたことが正しかった、
   という事になるじゃありませんか?」


 と問うと、大御所の先生はあっさりと、

  「そうですよ、そんなことみんな知ってますよ。」

 と言いました。





【コメント欄】

Nさん

 船瀬俊介さんは、ご自分の子供が中学生の時に医療ミスで亡くなり、
 その件で病院の医療過誤を調べていくうちに、とんでもない事実が分かり、
 自分の娘さんが医療によって殺されたとして、病院を訴えました。

 弁護士なしで最高裁まで争いましたが勝訴しました。

 それ以後は、病院のデタラメさ、
 特に、がん治療が、がんマフィアによって、患者を食い物、保険制度を食い物にしている事実を、
 講演やメディア出演や出版物などで訴え続けています。

 船瀬さんの徹底した調査と情報収取の下での発言ですから、医療側の反論は虚しく響きます。

 その他にも、近藤誠教授、安保徹教授、臼田篤伸博士など、多くの反体制側の専門家の方々が、
 がん三大治療が効果が無いどころか、逆に、がんを促進させている事実を訴えています。