きつい食事療法の回復食で、
 体力を付けるために『玄米の火食』をして「糖質(ブドウ糖)」を摂取すると、
 体力が戻らずに “癌だけが大きくなってしまう” 人もいる(仮題)

 【「膠原病、難病、癌を治す会 掲示板」(甲田光雄先生のお弟子さん)より 】



 (糖質制限食などの)きつい食事療法だと、体力が減り、

 仕事をしながら家事をする事ができない状態になる人も多いので、

 こうなると、体力を付けるために一時的に回復食を図る時に、

 糖分である玄米(「玄米ご飯」や「玄米粥」などの “玄米の火食)を多く食べる事になるのですが、

 (玄米を火食すると『糖質ブドウ糖)』の摂取となりますブログ管理人

 この場合、体力が戻らず「癌だけ()大きくなる」という最悪な状態になる人もいる、という事実があるので、

 鰯(いわし)や豆腐、食べてよい食材をできる限り活用する事だと思います。




◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


 感想

 「糖質(ブドウ糖)」は “癌の最大のエサ” となり、癌を育ててしまうので、体内に癌がある癌患者さんが癌を自然抑制するためには、糖質制限食を導入する必要があります。

 この場合、当然、癌を育ててしまう「肉製品」「乳製品」の食事も排除する必要があります。

 しかし、糖質制限食がきつくて、体力が落ちて仕事も家事もできなくなってしまった時に、体力を付けるために一時的に回復食を図るため、玄米ご飯や玄米粥などの『玄米の火食加熱調理)』で「糖質(ブドウ糖)」を摂取した時に、体力が戻らずに「癌だけが大きくなってしまった」という人もいるようです。

 癌細胞は常に「糖質(ブドウ糖)」に飢えています。
 癌細胞は正常細胞に比べ “数倍から数十倍” もの非常に多くの「ブドウ糖」を取り込んでいますから、上記のような理由から「糖質(ブドウ糖)」を摂取した時に、「ブドウ糖」が正常細胞に利用されないで、糖質制限食の実行によって「ブドウ糖」にあまりにも飢え過ぎた癌細胞に優先して「ブドウ糖」が利用されてしまうのでしょう。

 糖質制限食を実行されている癌患者さんは、こういうケース(症例)があることをよく覚えておいてください m(__)m


 糖質制限をする時に、私が推奨しますのは「生玄米粉」の食事です。
 「生玄米粉」の食事は「糖質(ブドウ糖)」の摂取にはならず、ブドウ糖の代替エネルギー源である『短鎖脂肪酸』の摂取となり、癌を育てなくて済みます。

 糖質制限食を実行している癌患者さんで、「体力が落ちたかな・・」と感じられた方は「生玄米粉」の量を増やしてみると良いと思います。または、豆腐や魚介食(白身魚など)を増やすなどして、「糖質(ブドウ糖)」を加えたり増やしたりしない工夫をされてください m(__)m

 また、『癌と摂取カロリー』の面では、「糖質制限食で、癌の成長が止まる! 1100kcal 以下の食事で、癌は増殖し難くなる! 癌の成長を止めるには、食事で “糖質(ブドウ糖)の摂取” を止めること!」記事にありますように、

   1100~1300kcal 以下の食事であれば、癌は増殖し難くなる。
   1500kcal 以上の食事になると、癌が増殖し始める。

 ということが言われています。

 以上のような “癌の食事療法の重要な基本部分” を総合してバランスよく見つめ、ご自分でしっかりと熟慮しながら、すでに外国の先進国の癌治療では常識となっている糖質制限食を活かして、「癌の自然抑制」を果たし得て頂きたいです。

 ここは、通常療法(抗がん剤放射線手術)しか提供していない病院では、癌専門医の先生自体がさっぱり分からない範囲でしょうから、癌患者さん本人が、こういった「癌の食事療法」を独学して学び、よく理解されて、しっかりと熟考しながら、『自己責任』の上で実行しなければなりません。

 標準的な癌医療では、こういった “癌治療における重要な要素” を一切無視しています。
 これらの癌治療における重要な着眼点を、日本の大方の癌専門医(癌の専門家の医師)の先生がさっぱり分かっていない・・ というのは、「専門家の専門足らず」という悲劇でしかありません・・・。

 癌患者のみなさんは、日本の “拝金根性に腐敗した癌医療ビジネス” からしっかりと身を守って行くために、医師におんぶにだっこで済まさないで、必ず、自ら癌を学び、ご自身の癌治療は自ら選択して行きましょう!
 三大療法(抗がん剤放射線手術)だけで癌治療をした癌患者さんは、必ず癌が悪化して亡くなって行きます。
 癌治療は必ず、食事療法を基軸に置いた「代替療法や自然療法を組み合わせて行う癌治療」を選ばれてください m(__)m

 また、これが深くご理解できるまで、当ブログサイトの記事を活かして頂けたなら幸いに思います。
 よろしくお願いします m(__)m


 なお、一般の方の場合、玄米を2~3日間、水に浸けて『発芽玄米』を作り、この『発芽玄米』で作った「生玄米粉」の食事にすると良いでしょう。
 『発芽玄米』は、普通の玄米よりも栄養価が高く、解毒作用も高いです。
 それに、『発芽玄米』で作った「生玄米粉」のほうが、とても美味しく食べやすいです。
 私はこれを『生発芽玄米粉』と呼んでいますが、私も個人的に大好きな食品です。
 私は今でも、この『生発芽玄米粉』と『生菜食』を、日常の基本食にしています。

 最近の我が家では、『発芽玄米』をミキサーにかけて作った『生玄米クリーム』と、『生菜食』をミキサーにかけて作った『生菜スムージー』とを混ぜ併せた “生玄米クリーム生菜スムージー” を、私が家族4人分作っています。
 私はこれが主食(9割)ですが、私の父母とお婆ちゃま(94歳)は他の食養食にこれ(生玄米クリーム生菜スムージー)をプラスしています。これ(生玄米クリーム生菜スムージー)ですと、94歳のお婆ちゃまでも食べやすくて非常に良いですし、何よりも「胃腸への負担が軽減されます」ので本当に良い感じです!

 ただ、ミキサーを使って粉砕する時には「食物の酸化」に気をつけなければなりません。
 この “ミキサーによる粉砕時の食物の酸化” につきましては、「現代栄養学が語らない、セルロースの大きな可能性」記事の最後のほうでお話ししていますので、ぜひ参照されてみてください m(__)m


 しかし、ここで、癌患者さんの場合は、この『生発芽玄米粉』には注意が必要です。
 発芽玄米は「発芽の過程」で「糖化デンプン ブドウ糖)」されているため、『生発芽玄米粉』は「ブドウ糖の粉」になっています。この『生発芽玄米粉』を「空腹時」に「単品」で摂取すると高血糖を起こします。癌患者さんの場合であれば、癌細胞に「ブドウ糖」が取り込まれてしまい、癌を育ててしまうことになります。ですから、癌患者さんが『生発芽玄米粉』を使用する場合には必ずご注意ください。
 癌患者さんの場合は『生発芽玄米粉』ではなく、できる限り「生玄米粉」の食事にしましょう。