現役医師による! 抗がん剤治療相談室!」からのご紹介です。

 この記事は、札幌近郊の急性期病院で現役の医師として抗がん剤による診療をしておられます「加藤隆佑」医師の運営されるサイトのものです。

cropped-o09800300cancerlabo13681027055100
加藤隆佑 医師


 この『加藤隆佑 医師 ①』では、加藤医師の “「動物性たんぱく質」に多く含まれている『インスリン様成長因子(IGF-1)』が、癌を育てて増殖させる” という内容の記事をご紹介させて頂きます。
 この記事は、当ブログサイトにて何度もお話しさせて頂いています “肉製品乳製品が癌を育てて増殖させる” という内容に重なるものです(加藤隆佑 医師 ②』では「ヨーグルト」について取り上げています )。

 ただ、加藤医師の説明は少し不足していて、記事中では動物性のたんぱく質には多くの『インスリン様成長因子(IGF-1)』が含まれ、これは癌の成長を増やします」と言われていますが、『インスリン様成長因子』を多く含む「動物性たんぱく質」は『乳牛の肉』です。『乳牛の肉』には、牛乳と同じくらいの『インスリン様成長因子(IGF-1』が含まれているようです。

 しかし、「動物性たんぱく質」自体に “体内の『インスリン様成長因子(IGF-1)』の分泌を促進させる” 働きがありますので、「動物性たんぱく質の摂取によって『インスリン様成長因子(IGF-1)』の分泌が増え、癌の成長増殖を後押しする」と考えたほうが良いです。
 肉製品乳製品の「動物性たんぱく質」は、癌細胞を活性化して、癌を育てて増殖させる要因となることを知っておいてください m(__)m
ここは「動物性タンパク質が『インスリン様成長因子(IGF-1)』の分泌を促進させて、癌の成長・増殖を促進させる!【「南カリフォルニア大学」の研究グループの癌研究報告 】」記事を参照してください


 チャイナ・スタディの著者であり、栄養学における世界的権威の「T・コリン・キャンベル」博士は、巨額を投資して行われた「チャイナ・プロジェクト」による科学的データをもって、次のことを発表しています。
参照記事「チャイナ・スタディ」が明かす、肉食の真実!

  動物性食品は癌の最大の要因であり、この食習慣を止めれば、
   癌ばかりか、心臓病、脳梗塞、糖尿病、骨粗鬆症、関節リウマチ、ほかの様々な自己免疫疾患、
   アルツハイマー病、白内障、加齢黄班変性(AMD)など、あらゆる病気を予防し、回復させることができる。

  肉(肉製品)や牛乳(などの乳製品)の動物性タンパク質が、癌を促進させる。

  動物性食品は『腫瘍の成長』を増加させるが、植物性食品は『腫瘍の成長』を減少させる。

 しかも、肉食をすれば体内で「ニトロソアミン」という非常に強力な “発癌性物質” が形成されますので、癌患者さんにとっては「癌を改善させる上で、肉食は良いことがない」ように思います・・・(ホントです!)。

 「丹羽靱負(耕三)医学博士が語る、肉製品・乳製品の真実!」記事を参照して頂きたいのですが、丹羽耕三博士は『肉製品乳製品の栄養は癌細胞の栄養となるが、魚介食の栄養は正常細胞の栄養となる』と言われています。
 肉食と言っても、『魚介食』ならば「正常細胞の栄養」となり、癌細胞を育てることは無いようです。
 ぜひ、白身魚を中心に魚介食をされてください。ここは「魚食は、コエンザイムQ10が豊富な「鰯(いわし)」がベスト!」記事など参照されてみてください m(__)m


 加藤医師は『食事面のケア』と『メンタル面のケア』を推奨しておられます。これが正解です。
 『癌と食事の関係』が世界中の癌研究報告で明かされている今、『食事面』を何も考慮できない癌治療では、本当にお話しになりません(お手上げです)。
 もし、癌患者のみなさんの担当医が食事に関して何も指導してくれなかったとしたら、その医師の癌治療は完全に「指導不足」であり、癌においてその程度のレベルであると知っておいたほうが良いです。癌患者の体に抗がん剤や放射線をぶち込むことしかできないような癌専門医では、とても「癌専門の医師」であるとは言えないのです・・・。

 この時節に入って、癌専門医でありながら、いまだに『癌と食事の関係』について何も知らない医師であるならば、これは本当に癌専門医(癌を治すための “癌専門の医師”)として “お手上げ医師” なので、ご自分でちゃんと『癌と食事の関係』を学んで、ご自身の癌治療に必要な要素をどんどん取り入れて行ってください m(__)m

 加藤医師のように、特に重要な『癌と食事の関係』があることを、こうしてサイトを通して、医師としてキチンとお話ししてくださる医師がいてくれることは、本当に有り難いことです!

 癌患者さんは、肉製品と共に、牛乳ヨーグルトチーズなどの乳製品の摂取には必ず気をつけてください!
 「癌を育ててしまう食品の摂取を避ける」ことによって、ご自分の努力で『食事のコントロール』を図りながら、少しでも『癌の自然抑制』を成し得て行きましょう!

.




 どのような「たんぱく質」を摂れば良いか?
 【「現役医師による! 抗がん剤治療相談室!」
より 】


どのような「たんぱく質」を摂れば良いか?

 こんにちは。 加藤隆佑です。

 今日は「たんぱく質」の “” に関するお話です。
 すなわち、どのような「たんぱく質」を摂れば良いか、ということです。


 まずは、「動物性のたんぱく質」は減らしてください。

 「動物性のたんぱく質」には、多くの『インスリン様成長因子IGF-1)』を含みます。
 これは、がんの成長を増やします。

 それだけではなく、飼育の過程で大量の「ホルモン剤」や「抗生剤」を使用します。
 それらが問題になるのです。


 したがって、「植物性のたんぱく質」を中心にしてください。

 「植物性のたんぱく質」には多数ありますが、その代表が『大豆』です。

 豆腐、納豆、高野豆腐、豆乳です。それらを中心にしましょう。

 大豆以外ですと、そば、ごま、しいたけ、にんにく、とうもろこし、小豆、ほうれん草に
 多く「植物性たんぱく質」を含んでいます。

 大豆にかたよらず、いろんな食品からバランスよく摂取してください。


 ここまでが一般論ですが、大豆製品を摂取するときに注意しないといけいことがあります。

 大豆には、体に毒となる物質である『トリプシンインヒビターたんぱく質の消化酵素の働きを邪魔する物質)』を
 含むことです。

 それは、膵がんの原因にすらなると言われています。

 それを取り除かないと、大豆が害になるのです。

 それを取り除く方法として、

   ローストする
   発酵させる
   長時間、水に浸ける

 という方法がなされます。

 そういう視点で「納豆」を見てみると、
 発酵処理されているので、『トリプシンインヒビター』が取り除かれて安全なわけです。


 しかし、最近になり、そのような考えにも疑問を持たざる得なくなりました。

 納豆は、十時間以上の発酵が必要なのですが、
 科学技術の発達により、2時間程度の発酵でも、見た目と味は本当の味にそっくりな納豆ができました。

 納豆は納豆なのですが、『トリプシンインヒビター』が残っている可能性が危惧されます。

 また、原料である大豆も、遺伝子組み換えのものが混入している可能性が高いです。

 スーパーに並んでいる納豆で1つ30~40円程度の納豆が、そのような納豆なのです。

 ( 私もそのことを知りませんでしたが、食品メーカーの方と話をしていて始めて知ったのです。
   30円で利益を出すには、手抜き生産をするしかないのです・・・


 もし納豆を摂るならば、1つ100円以上はするものでないと、品質は保証されないのです。


 豆腐、納豆、高野豆腐、豆乳に関しても、原産地なども注意しながら選ばないといけません。

 世の中に出回っている食品は、悲しいことに “偽物ばかり” です。

 健康のつもりが、全く健康ではない健康食品も多数あります。

 単に「健康に良い」と言われるものを摂れば良い、という時代は終わったのです。

 だからこそ、みなさんも勉強をして食品を選んでください。

 それが、がんを克服する一歩につながるのです。

甲田療法で『豆腐』が選ばれていた理由は、『豆腐』は「大豆たんぱく質」が “吸収されやすい状態” になっているからで、煮豆で食べるよりも『豆腐』のほうが「大豆たんぱく質」が吸収されやすくなっています。なので、ぜひ「大豆たんぱく質」の摂取のために『豆腐』の食事を選ばれてみてください。
 また、スーパーで売っている安い『豆腐』は、薬を使って製造されていますので、危険ですからこれは絶対に避けましょう。『豆腐』はなるべく、町の “お豆腐屋さん” の「国産大豆を使用した手作り豆腐その日の早朝に作った新鮮な豆腐)」を選ぶことを、私は推奨します。
 我が家も、近所の “お豆腐屋さん” で、安全な「国産大豆使用の新鮮な手作り豆腐」を購入しています♪
ブログ管理人