癌に完全な治療は存在していませんが、一つの大きな選択です
 【「特定疾患膠原病患者を辞めました。膠原病は治る病気です! 膠原病13年」(甲田光雄先生のお弟子さん)より 】



 私は『尿療法飲尿療法)』を、癌には推奨しています。
 (飲尿療法につきましては「飲尿療法(尿療法)」カテゴリを参照してくださいブログ管理人

 それと同時に、琵琶の種&ベンズアルデヒド&食事療法です。
 (琵琶の種は「枇杷の種酒・枇杷療法(アミグダリン・ビタミンB17)」カテゴリを参照してくださいブログ管理人

 その上で、ハスミワクチン&丸山ワクチンの選択をされてください。


 癌により一番生還率が高い食事療法は「飢え」です。

 医学的なデータも、臨床もあります。

癌で生還する率が一番高い食事療法は “飢え” である』につきましては、「「腹六分目の少食にすると、動物が癌で死なない体になった」という癌研究報告」記事や「癌は「飢餓に非常に弱い」生き物ゆえ、『少食療法』や『断食療法』が顕著に効果する!」記事を参照してください。『癌はなぜ “飢えに弱い” のか』について書いてありますブログ管理人


 玄米を食べる時、『発芽玄米粉』にして、生の玄米粉(生玄米粉)を主食にする事で、

 アルファ化されていない食事が糖(糖質ブドウ糖)に変換されずに「癌の栄養」にはならず、

 正常な細胞へは栄養として生命を維持してくれます。

発芽玄米粉』とは、自宅で玄米を水に浸けて発芽させた「発芽玄米」をミルサーで粉にしたものです。
 私は『生発芽玄米粉』と勝手に呼んでいます。これはコクがあってマイルドで美味しいので、私も大好きです。
 『生玄米粉』につきましては「生玄米粉食(生玄米食)」カテゴリを参照してくださいブログ管理人



 (生玄米粉は、消化するのに)酵素の消費が激しくなるので、

 大根・人参・山芋を摩り下ろしたものを食せば、酵素を5倍多く取る事ができるでしょう。
 (根菜類の野菜(大根人参山芋)を摩り下ろすと、酵素が活性化して3~5倍に増えますブログ管理人


 癌は、基本的に小さい時は手術で取る事を選択されてください。

 民間療法などで選択をする前に、まずは(先に癌を)手術で取る事です。

 その上で、上記を総合的に行うことで、治癒、改善を目指してください。

 化学療法だけを頼る事なく、また、民間療法だけを頼らないでください。

 個人的には、化学と民間療法の融合こそが、あるべき姿だと思います。

 病気を克服するために、癌を克服するために頑張られてください!


 また、ベンズアルデヒド水溶液が有名ですが、病院では粉薬を処方します。

 最初は水溶液で濃度を濃くして、最後は粉にして濃度を個人に合わせて、

 一晩かけて、その人に合うオーダーメイドのベンズアルデヒドの粉薬を作ります。

  ここが肝心です。

 ベンズアルデヒドは免疫を強化しません。

 自然免疫を高める非特異的免疫療法ワクチンで免疫力強化、

 尿療法(飲尿療法)で(自己尿』の中に含まれている )「抗原癌抗原」を(体内に)入れて、

 免疫力を特異的に上げて行く免疫力強化で、別々の免疫を強化するのです。

癌患者さんの “朝起きた時の一番最初の初尿” には「癌抗原」や「癌の死細胞」がわずかに含まれていますから、この初尿を毎日コツコツと飲用して行けば、確実にワクチン作用が起こって、癌免疫が改善されて強化されます。飲尿療法は一切無料の、安全な『癌の免疫療法』となるのです。
 詳しくは「飲尿療法は、必ず「起床してから一番最初に出る尿」を飲用すること【 飲尿療法を効果させるために守るべき、飲尿療法の『基本的ルール』】」記事を参照してください
ブログ管理人


 片方だけを強化しても意味がありません!

 なぜだか分かりますか?


 加齢や様々な環境因子や生活習慣で、癌を攻撃する(免疫の)攻撃力が低下するだけではなく、

 (免疫が)敵(癌細胞)を識別する能力すら低下したために、癌は増殖を始めます。

 丸山ワクチンで非特異的に免疫を強化して自然免疫を倍増させても、

 癌を攻撃する能力を失った免疫に、癌を攻撃する再教育(をすること)はできる事がありません。

 (癌を攻撃する能力を失った免疫に)癌を(攻撃することを)再教育するためには、

 (飲尿療法によって、『自己尿』に含まれる)特異的な「癌抗原」を体内へ入れて、

 (皮下注射や口腔内の様々なリンパにいる免疫に特異的な抗原を与えていく事で再教育をして行く、という考え方です

 癌を認識させて(免疫に癌の)攻撃を再びさせて行く事が重要なのです。

ここは、詳しくは「飲尿療法が「癌治療に有効する」という科学的エビデンスは、もうすでに揃っている!【2つの『癌の免疫療法』から、飲尿療法が癌治療に有効する原理を紐解く】」を参照してくださいブログ管理人


 その上で大切なのが、「血液の綺麗さ」が非常に重要になります。

 食事にて、癌に餌を与えない(癌細胞に「餌」となる『ブドウ糖』を与えない)食事療法を習得されてください。

糖質(ブドウ糖)は『癌の最大のエサ』です。糖質(ブドウ糖)を摂取すればするほど癌が育ちますので、少しでも癌を自然抑制して行くためには、糖質(ブドウ糖)の摂取を止めるか制限して行くことが大事であるのは言わずもがなです。
 「ブドウ糖は「癌の最大のエサ」(ブドウ糖は癌を増大・進行させる)」カテゴリを参照してください
ブログ管理人

 琵琶の種や葉(や食事療法)などで血液を綺麗にしなければ、免疫療法は効果が出ません!

 これら全ての良い相乗効果、薬理効果を考えて、

 複合的に様々な免疫を高めて、初めて効果が出るのだと思います。