10日ほど前に、ちょっと、ショックなことが重なりまして、思わず「癌と食養」ブログサイトを閉鎖してしまいましたが、あれから10日ほど経って、今、冷静に考えて後悔しました。

 このブログサイトは、市井の若僧の私が一人で作成していますので、
 正直、どうしたら良いのか分からなくなる時もあります・・・(涙)

 ブログサイトの内容が内容なので、ネットの世界の規制も厳しくなっているのは事実ですし、『癌の真相』にやたらと触れてしまうと、ヤバイこともあります。

 私は父親の癌と向き合った延長線上の思いで「癌患者さんに役に立ってもらえる資料や癌の内容をこの場に集積させて集めておこう」という気持ちでやっていましたので、このブログサイトを作成するに当たって自分で自分に課していたことは「自分のできる範囲内でやる」ということでした。

 もし、自分のできる範囲を超えたら、それは私の器以上のことになるので、私に負担がかかってしまうため、とにかく「自分でできる範囲内で」を守っています。

 10日ほど前は、ちょっと動揺してしまったので、思わずこのブログサイトを閉鎖してしまいましたが、この10日間、落ち着いて考えて、継続できるだけやってみようと思い直しましたので、やっぱり当ブログサイトをできるだけ継続して行くことに決めました。

 お騒がせしてしまって、本当にごめんなさい m(__)m

 ここまで作成してきましたので、一瞬で閉鎖するのは悔しいですし、とりあえず、この10日間、若僧なりに揺さぶられながら、こういう処置を取りました。

 こういう『癌の真相』を訴える内容を作成するのは、決して甘い気持ちでできるものではないです。

 今、医師や医療関係者の先生方の中にも『癌の真相』に目覚めて、市民の方々と一緒に、製薬会社や癌医療界の悪事と闘ってくださっている先生たちが出てきてくれています。あとは、癌患者のみなさんが、どれだけ『癌の真相』に目を覚まして、今のこの流れに乗るかだと思います。

 なので、この10日間、私なりに考えたりしたのですが、癌患者のみなさんに、私からお願いがあります。

 今、『癌の真相』に目覚め、ネットの世界を通して世に訴える活動をされている市民の方々がだんだん増えてきています。
 同時に、医師の先生方の中にも『癌の真相』を世間に伝えて訴えてくだされている先生方が増えてきています。

 ですから、当ブログサイトの内容に共感してくださったり、『癌の真相』に目覚めた癌患者さんは、ご自分なりの方法で良いので、これらの活動家の人たちと一緒に『癌の真相』を世間に訴える活動をされてほしいと願います m(__)m

 大げさなことはしなくて良いのです。
 ご自分ができる範囲内を必ず守って頂ければ、これはどの癌患者さんにもできるはずだと思います。

 パソコンが操作できるならば(インターネット検索ができる方ならば)、今では様々な無料ブログが作成できるのですから、『癌の真相』に目覚めることができた癌患者のみなさんは、ぜひ、無料ブログという手段を通して共に訴えて頂きたいのです。

 たとえば、「食事療法が大事だ!」と気づいて、ご自分なりに食事療法を始められたならば、そのご自分の食事療法による癌治療の経過を無料ブログサイトでありのまま綴って頂いたり、ご自分の癌治療で効果した自然療法についてのレポートや意見をそのまま掲載したりして頂いて、癌患者さん同士、みなさんで協力し合ったほうが良いに決まっています。

 「自分にはそれはできない」とか、「そこまではやりたくない」とかの “受け身” でいたらいけないと思います。

 無理強いはしませんが、できる限り、癌患者として、今の世の動きに協力してあげてください m(__)m

 これからなのです、癌患者が世間でさく裂して現われて来るのは・・・。

 世に『癌の真相』が広まるほど、散々「大嘘ぶっこき癌医療」で甘い汁を吸い続けてきた製薬会社も癌医療界も、自分たちの汚点を守るのに必死で行動を起こして来るでしょう。

 権力とは、その力を行使して警察まで動かし、著名な「本物の先生」を上手いこと潰してしまうのです。
 癌利権に抹殺された先生は、世界中でどれほどいるかしれません。
 一般市民など “あっ” という間に消されます・・・。マジで怖いんですよ・・・。

 その時、自分の身を守るのはあくまで自分自身であり、『癌の真相』を訴え続けてくださる諸先生方だって、どのような形で潰されるか分からないですから、『癌の真相』に目覚めた市民がこの先生方を守ってあげないと、最終的にはご自分が損をすることになるはずです。

 本物が潰されたら、あとに残るのは “おぞましい偽腹軍団” だけです。
 そして、今後もこの国(日本)では、延々と “ふざけた馬鹿劇場癌医療” が継続されていくのです。
 そんなの、嫌じゃありませんか!

 一般市民は権力にはとても敵わないですけれど、『癌の真実』を訴える市民の人数が巨大になれば、さすがに権力もどうすることもできなくなるでしょう。『フランス革命18世紀のフランスで起きた市民革命)』みたいなものです!

 ただ、『フランス革命』のように、市民が権力を潰す必要はないのです。
 権力という存在は、どうしてもどこかで発生してしまうのが人間社会なのですから、要は、権力が改心して改善され、真面な仕事をしてくれるようになれば、それで良いわけです。市民が結束して、製薬会社や癌医療界を潰してしまうのではなく、権力を改心せしめて(改心させて)真面にならさせれば、それで良いはずです。

 しかし、それがなかなかできないのが、カミッペラ(マネーお金)に呑み込まれて腐敗した人間たちなのです。
 それが悪行と知りながら、平気な顔して “殺人癌医療” をやりのけている連中(合法殺人犯罪組織)なのです。
 やがて自分たちが、巨大な清算をこの世から受ける予定になっていることも知らずに、気の毒なものです・・・。

 とにかくはまず、『癌の真実』に目覚めた市民が一人でも多くネットの世界で活躍することが必須です。
 そろそろ市民が本気で結束して、彼ら(権力)をお尻ペンペンしてやりましょう!
 私も、一人でも多くの癌患者さんのご協力を期待します!(決して無理はせず、できる範囲で良いのですから♪
 よろしくお願いします m(__)m



 10日前に私が血迷って「癌と食養」ブログサイトを閉鎖してしまった時、「ガンの特効薬はミトコンドリア賦活剤」ブログの管理人さんが「「癌と食養」ブログが突然閉鎖!」記事にて、閉鎖のことを取り上げてくださっていました。
 「癌と食養」ブログサイトの趣旨をご理解してくださる方がいてくださることに、気持ちが救われるような思いがしました。

 「ガンの特効薬はミトコンドリア賦活剤」ブログの管理人さんである「鈴森」さんに、心から感謝します。
 鈴森さん、本当にありがとうございました m(__)m

 鈴森さんも、私と同様に『癌の真実』『癌の真相』を世に訴えてバラしている活動をされている方ですから、
 どうぞ、充分にお気を付けになられてください。必ず、身の保全を第一にされてください。
 鈴森さん、よろしくお願いします m(__)m
 応援しています!



 また、書かなきゃいけないこともあるんですが、気持ちが落ち着いてから、書くことができたら書きます。
 今回は、私にとっても、一区切り付いたのかもしれません。
 勉強になりました。


 あとですね・・、また強烈なことが起こったら、もしかしたら、また閉鎖する可能性もありますので・・、
 このブログサイトの記事で気に入ってくださった記事がありましたなら、
 お手数ですが、ご自分でプリントアウトしたり、word 保存したりして頂いて、
 事前にご自分で記事保存などしておいてください m(__)m

 ちょっと、そんな感じでご協力してください。
 よろしくお願いします m(__)m

 今回はお騒がせしてしまい、本当にすみませんでした。
 ごめんなさい m(__)m

 もう少し落ち着きましたら、また記事作成を始めたいと思います。
 よろしくお願いします m(__)m