甲田光雄先生のお弟子さんが、癌細胞における「重水素」の見解について説明してくださっています。

 癌細胞が増殖する時に、この「重水素」が大きな役割を担っているようです。
 癌を改善させるためには、体内の「重水素」を減少させることが要と言えます。
 体内の「重水素」を削減すると、癌細胞の結合力が弱体化するのです。

 癌を改善させる時に絶対に無視することが許されないのが「免疫力を高める」ことです(「免疫力を高める」ことを無視しては絶対にダメです!)。体内の「重水素」を減少させると、免疫力が驚異的に高まります。その驚異的に高まった免疫力によって、癌が死滅するようです。

 「重水素」は「」と「食品」に含まれています。体内の「重水素」を減少させる方法としましては、「重水素」量が減少している「」と「食品」を摂取すること、そして、過食をすると体内の「重水素」が増えるので、体内の「重水素」を減らすのには「少食」や「断食」が有効であること、が挙げられます。

 そのあとで、完全に「断糖糖質の摂取を断つ」した食事療法をしながら、「ビタミンB17」もしくは「枇杷の種酒」を使用し、場合によっては「丸山ワクチン」も使用して、癌を死滅へと追い込む、ということのようです。

 この記事を読まれる前に、甲田光雄先生のお弟子さんの次の記事を拝見されてみてください m(__)m


    化学汚染の激しい現代の癌は、昔の癌とはまったくの別物に進化しており、
     食事療法だけでは治らなくなっている【癌の「五大法則」:筋力を付けること:食事療法について】


    癌の正体【癌は「重水素」と結合して初めて強化する:
     癌細胞=ミトコンドリアが活動不能な酸性環境の細胞:
     正常細胞を『癌の分泌物・乳酸』で酸化させて癌細胞化させる】



 癌を改善させる上で、食事療法は絶対に重要不可欠な手段です。
 体内の「重水素」を減少させて免疫力を高める上で「食事療法」「少食療法」「断食療法」が効果します。
 体内の「重水素」を減少させて「癌細胞の結合力」を弱体化させて免疫力を高めたあとは、完全に「断糖糖質の摂取を断つ」した食事療法が大事だそうです。
 ただ、この「断糖糖質の摂取を断つ」は、体内の「重水素」を減少させて「癌細胞の結合力」を弱体化させて免疫力を高めたあとに『短期決戦』で癌を一気に叩く手段として用いるものだと思います。

 癌細胞が唯一利用できるエネルギー源は「ブドウ糖」だけですから、癌を自然抑制する上で「糖質制限食」が効果するのは言わずもがなです。
 しかし、糖質が腸内細菌によって発酵分解されると『水素』を産生され、この腸内細菌を介して得られる『水素』が「抗酸化」「酸化還元」するのに役立ち、「身体の酸化」を還元して改善しますので、糖質を完全に断ってしまう「断糖食」は賢明ではありません。
 ゆえに「断糖糖質の摂取を断つ」はずっと行なうべき「糖質制限食」ではなく、甲田光雄先生のお弟子さんが当記事にてお話しされていますように、体内の「重水素」を減少させて「癌細胞の結合力」を弱体化させて免疫力を高めたあとに『短期決戦』で癌を一気に叩く手段として用いるものです。

 「断糖糖質の摂取を断つ」とは、腸内細菌を介して糖質から得られる『水素』を失う食事療法です。
 「酸化還元」において『水素』の右に出るものはなく、「身体の酸化」を還元して改善するのに『水素』は非常に重要な役割を担っているのです。
 癌患者さんは身体が「酸化」した結果として癌になっていますので、癌を改善する上で「身体の酸化」を還元して改善することが必須です。その癌患者さんが腸内細菌を介して糖質から得られる『水素』を失うと、「身体の酸化」を促進させ「酸化体質」を悪化させる原因になるでしょう。

 ここは非常に重要な視点ですから、ぜひ次の記事を参照してください m(__)m


    糖質1gから、水素が50cc つくられる!【「完全な糖質制限食(断糖食)」が本当に正しいのか、
     糖質を完全に除去した糖質制限が本当に安全なのか、よく考えましょう!】



 癌治療とは、たった一つ(1種類)の療法に絞って行なってはなりません。
 たった一つ(1種類)の癌治療しか行なっていないと、癌細胞はその一つの療法に対応して耐性を身に付けやすくなります。癌治療に有効する自然療法を「複数種類」組み合わせて行なうと、癌細胞はその「複数種類」の療法に対応できず、耐性を身に付けることができないのです。
 ですから、癌治療は必ず、有効する自然療法を「複数種類」組み合わせて行ないましょう!
 よろしくお願いします m(__)m


.





 癌の重水素のお話
 【「西式健康法 掲示板」(甲田光雄先生のお弟子さん)より 】



 もし、私が癌なら、下記の療法をします。

 事実上、副作用が無く、私のような薬害が無理な人でもできる療法です。

 癌は増殖をする時に、必ず「重水素」という水素の一つを利用します。

 日本では、重水素科学者が現在はいなくて、

 1名だけ引退した科学者がいるだけで、重水素自体、知る人は極稀です。


 中性子が1つ余分にある重水素は質量が2倍となるので結合力がとても強くなり、

 癌細胞同士が増殖するには重要な役割を担うわけです。

 癌細胞は、エラー、コピー細胞が炎症 > 酸化環境にて酸素が不足していると、

 栄養を得ようとした細胞がその場で栄養を取るために、細胞単体で成長した姿こそが癌細胞です。

 どんな癌細胞でも、重水素を取り込み化学反応を起して、癌細胞は強い結合力を得るので、

 通常の免疫力や、抗がん剤では、この化学結合力を破壊することは不可能なのです。


 癌が薬剤耐性を得るという見解がありますが・・・・・・・、

 これは、茶番劇です。

 抗がん剤で活性酸素が増えて、重水素量も増えて、結合力がさらに増強されて、

 今までの抗がん剤では効果が無いとした見解こそが、正しい視点と言えるでしょう。

重水素と活性酸素が化学反応を起して結び付くことで、細胞を破壊する動きを見せるようです。
 特に重水素は癌細胞と結び付くと結合力が強い分、薬も効かなくなり、薬に耐性が付きやすくなるそうです
ブログ管理人

 また、強い抗がん剤という化学物質が、酸化した細胞という温床にエラー、コピーができやすく、

 再発という認識よりは、抗がん剤で多用のエラー、ミスコピーを大量につくり、

 炎症 > 酸化温床地帯が酸欠となり、

 栄養を得るために再び癌化するという考え方も大いにあると推測できるのです。


 重水素は、多く食べると(過食すると)当然増えます。
 (重水素は「水」や「食品」に含まれています。体内の重水素は「少食」や「断食」でも軽減できますブログ管理人

 (重水素は)活性酸素を増やしても体内で増えてしまうので、重水素を減らす事がとても重要です。

 医学的に証明されているのが、

 (重水素は)DNAの損傷を修復するタンパク質、または、酵素及び酵素反応を阻害してしまうことが証明されています。

 いわゆる、癌化するために必要なプロセスの重要な役割の2つ、3つを持ち合わせている、という事なのですね。


 重水素の毒性は驚異的です。

 70kg × 0.7 × 0.000150% = 7.35g

 体内重水素を調べる時の目安は、体重と食べている食品の地域の重水素量で決まりますね。

 もし、重水素濃度が0.000140%であれば、

 6.86gとなり、体内重水素濃度が7%推移、変化したと仮定できるわけです。

 コカインの致死量と同じ質量だと換算されています。

 地上で強いテタヌストキシンは、重水素の60億分の1で致死する値となるようです。

 0.0035mg の量になるわけですね。

 老化とか衰弱とか、病死とか言われている言葉の本当の裏側には、

 実は、医学では検査で出ない重水素の毒性にて生命力が低下している、という事実の一つを

 理解していかねばなりません。


 重水素の計算法は、とても単純で誰でも簡単にできるので、

 (体内の)重水素量を30%削減するだけで、癌細胞の結合力は半減以下になり、

 酵素反応が増えて、NK細胞値が60%の癌患者さんが60という驚異的な数値を出すようになるようです。

 上がらない40%は、酸化還元、腸内細菌改善、ビタミンD 前駆物質 不足など、

 不足した問題点を埋めてあげれば、当然、免疫力は上がると推測できるわけです (^-^


 癌細胞を(体内の)重水素(を削減すること)で結合力を弱体化して、免疫力を高めたら、
 (体内の重水素の量を減らすと免疫力が高まりますブログ管理人

 完全断糖食事療法をします。

 (完全に断糖した食事によって)癌細胞は貧困にあえぐので(癌細胞は生きるための栄養に枯渇するので)、

 この時に、少量の糖分とビタミンB17、もしくは、枇杷の種酒を飲み、
枇杷の種酒” につきましては「ペットの末期癌が治った!? ビワの種を末期癌のペットに飲ませる ⇒ 癌が治る! 「ビワ」に強い抗癌作用か?」を参照してくださいブログ管理人

 癌細胞破壊を食い止めるために、尿酸値を計りながら(上限8mg) 、

 段階的に少量から、ビタミンB17、枇杷(枇杷の種酒)の量を増やしていき(糖は増やさず)、

 飢えた癌細胞は少量の糖分と同時にビタミンB17を取り込み、

 癌細胞がベンズアルデヒドを取り込み分解できず、

 結合力が失われた癌細胞が破壊されて縮小していく、という方法が、

 私自身が癌になればしていく自己治療です。


 当然、酸化還元と低ホルミシス療法は取り入れます。

 上記全てをしても、NK細胞が60以下の場合は、追加して丸山ワクチンを打ちます。

 あとは、通常()断糖生活、

 ビタミンB17を服用する時だけ糖を少量、

 段階的に量を上げて、尿酸値を調べながら適切増量で事故を防ぐ事です。


 食事療法は、生玄米粉が甲田療法の中でベストでしょう。
 (生玄米粉につきましては「生玄米粉食(生玄米食)」カテゴリを参照してください

 その他に、多少は、糖質が無い品目(食物)なら食べてOKでしょう。