一日三食は不健康
 【「キチガイ医の素人的処方箋」(内海聡医師)より 】



 こんな当たり前のことが、まだまかり通ってるんですよね♪

 半分食べれば2倍長生き

   腹八分で医者いらず
   腹六分で老いを忘れる
   腹四分で神に近づく

 ヨガの教えの中には、生と食の話があります。

 ヨガとは、古代サンスクリット語で『つなぐ』という意味ですが。

 「宇宙」と「生命」を『つなぐ』という意味があります。

 これは、中国でいう仙道とも通じるものがあります。
 (ちなみに「生菜食」は、もともと仙人食の上級食ですブログ管理人

 仙道では君薬と言って、小食にして栄養素が詰まった君薬を浄化のために用います。

 食べ過ぎは不健康への道であり、悪への道でもあります。


 しかし、高度成長期の中で、ニホンジン(日本人)はいっぱい食べれることが幸せと刷り込まれました。

 白米へのあこがれもそうですが、

 飽食と洋食と中国食と韓国食の普及、ラーメンやパスタやパン食などの普及は、

 まさに、そのなれの果てだと言えます。

 どうしても、そのような食事ばかりだと飽食になってしまうのです。


 そもそも、野生動物は病気になった時、何も食べず、じっとして治すのが基本です。

 もちろん、現代の社会毒事情を考えると、何でも断食で治せるほど甘くありませんが、

 それでも(断食は)現代病の多くに適応できる治療でもありますし、予防法でもあります。

 これは自然治癒力の鼓舞でもあり、自然との一体化でもあります。

 空腹時に、本能や生命力が鼓舞されるのは偶然ではありません。


 私はぽっちゃりデブですが、一日一食か二食です。

 ただし、その食事には良いものを使いますので、単価は高い方だと思います。

 よく自然食などにするとお金が高くなると言われますが、

 良いものを適量食べる方が美味しいし、体に良いし、お金も気になりません。

 実際、ぽっちゃりデブではありますが、

 体調が悪いこともありませんし、どこも痛くありませんし、

 この数年、風邪や感染症など一度もひいたことはありません。

 痩せるかどうかは、自然に任せます♪


 砂糖や甘味料やうまみ料、添加物や加工食品はこれらを狂わせますので避けましょう。

 別に難しい話でなく、本物を少し減らして食べれば良いだけです。

 食べてしまう人は、まず三回食を二回食にしましょう。

 それだけで、おカネも、食にかける無駄な時間も、自分の医療費も、外資への無駄は保険料もカットできます。

 栄養学的や第三医学的に言えば、生命力豊富な食材を食べるようにして、

 GI値が低いものを食べるようにすることが重要です。




◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


 補足

 仏教の世界には、次の言葉があるそうです。

   一日一食は聖者の食事。一日二食は人間の食事。一日三食は動物の食事。


 また、中世の西洋には、次の諺があったそうです。

   一日一食は天使の生活。一日二食は人間の生活。一日三食は獣の生活。


 私は個人的に、上記の言葉・諺が好きですね。

 一時期、これをプリントアウトして、壁に張っていた頃もありました (^_^;)


 内海医師が上述されています次の言葉も、食養の世界では有名です。

   腹四分で神に近づく


 これらの言葉は、「少食」や「断食」の真理を表わすものでもあります。

 いわゆる、少食や断食は “病気治し” のためだけにあるのではなく、

 人間の「精神修養」「精神形成」のためにもなるんですよ、ということですね。

 ですから、世界中の宗教では、昔から「食事の在り方」「少食」「断食」が盛んに研究され、

 当然の如く、宗教生活の一助として実践されていたのですね。


 内海医師が「食べ過ぎは不健康への道であり、悪への道でもあります」と言われることは非常に重要で、

 美食や飽食を甘く見ていると、本当に人間の精神までもが、腸内と共に「腐って」行きます。

 気づかぬうちに、腐敗街道を爆走して行きます。

 今の日本人は、もしかしたら、その腐敗街道を爆走中なのではないでしょうか・・。

 そうなっていやしないかと、私はかな~り心配です・・・。


 道徳性、精神性の腐敗する国は、決まって「美食・飽食・B級グルメに溺れる」という道を歩んでいます。

 国民の道徳性、精神性が腐敗すると、国が亡びやすくなるのです。

 昔、欧州にローマ帝国という強大な大帝国がありました。

 ローマ帝国はとても強大でしたが、結局、滅んでしましました。

 強大なローマ帝国が滅んだ理由は、美食と飽食に明け暮れてしまったからだそうです。

 食が乱れると性が乱れ、性が乱れると道徳が乱れ、道徳が乱れると国民が乱れ、国民が乱れると国が乱れ、

 国が乱れると国が亡ぶことにつながるのです。

 今の日本人は、こんなに美食と飽食を繰り返していて大丈夫なのか・・、みなさんはどう思いますか?


 日本の幕末時代、日本を植民地化しようとする諸外国の魔の手から日本を立ち直らせ、

 新しき時代「明治」を開き、日本を必死で守った志士たちがいました。

 その多くが貧しい生まれの下級武士の出身で、

 今でも多くの日本人の心に「幕末の志士」として生き続けています。

 この志士たちはなぜ、あのような「日本を守る」という情熱と精神()を有していたのか・・・?

 それは案外、下級武士出身であるがゆえ、

 「粗食の少食を強いられて育った」その生まれの環境が、

 彼ら志士を「大なる人(大人)」へと育んでくれていたのではないか・・、

 その「粗食の少食」によって育まれた精神()が、我がことよりも「他がため」という “思い” を発露させ、

 志士たちの精神()を「日本のために」動かしていたのではないか・・、と私は思うのです。


 幕末当時、上級武士や上級層の者たちが食べていたのは、白米や美食です。

 そのような者たちよりも、

 雑穀しか食えない、一飯一汁一菜しか食えないような「粗食の少食」という環境で育った下級武士たちのほうが、

 肉体性、精神性()の上で遥かに上回り、

 一見、つまらぬかのように見える「粗食の少食」が、

 志士たちを「日本を守る」という行動へと突き動かしていた精神()の “原動力” になっていたように思います。

 幕末以降、明治の日本を動かしていたのは、下級武士の出身の者が非常に多いです。

 その後の日露戦争で活躍した軍人もみな、下級武士の出身の者ばかりです。


 いざという時に本当に動ける者はみな、「粗食の少食」という環境に育まれた心身の所有者なのでしょう。

 美食や飽食に甘んじて心身を損なってしまった者はみな、いざという時に心身がどれほど動けるのでしょうか・・・?

 いざという時に「心身が動く」ということ、これが「人間の本質」なのです。

 いざ動くべき時に動けないのは、健全な心身が備わっていないからです。

 「健全な心身を育む元は、一体何であるか?」について、

 歴史が示すこの事実から、「食と人の関係」を、みなさんも何か感じられてみてください m(__)m


 間違っても私は、今の日本人が甘んじているような「美食と飽食による過剰栄養環境」ではないはずだと思います。

 血液が過栄養化すると、体が病むくらいですからね!

 「過剰な栄養摂取の環境」は、人間の心身を蝕むと認識したほうが無難です。

 美食・飽食・B級グルメに溺れてしまった(自惚れてしまった)今の日本人が、

 果たして今後、日本の本当に大事な時節に「精神()を持って動けるのか・・」ということを、

 我々日本人は「粗食による少食」の価値について、そろそろ本気で考えていくべき時期に入っています。

 

 人間の肉体と精神()はつながっているゆえ、

 美食・飽食・B級グルメによって、体内や腸内が腐ると、

 それはそのまま、精神()の腐敗にまで進んで行ってしまうのでしょう。

 この危険性に気づいた諸氏から、食養を大事に実践していきましょう!


 食養とは、体づくりになるだけでなく、心づくりの大きな助けにもなります。

 食養という手段を、ご自身やご家族・お子様の「心身の形成」「心身の浄化」のために役立ててみてください m(__)m