これは、名古屋大学 大学院 生命農学研究科 栄養生化学研究分野の「北浦靖之」助教授の研究です。
 脂肪酸自体に「癌細胞を細胞死に誘導する効果がある癌細胞だけに細胞自殺(アポトーシス)を起こさせる効果がある)」という内容です。

 この報告では、“短鎖脂肪酸と長鎖脂肪酸による癌細胞死誘導効果に関する報告は多数ある” と言われています。
 しかし、“中鎖脂肪酸に関してはほとんど報告がない” とも言われています。
 私は『短鎖脂肪酸』の推進派なので、私にとっては、これは有り難い報告です!
 この記事が『短鎖脂肪酸の価値』を知るための資料の一助となって頂ければと思います m(__)m




 異なる脂肪酸を組み合わせることで、強力に癌細胞を死滅させる
 【「名古屋大学 大学院生命農学研究科 栄養生化学研究分野 助教授 北浦靖之」
より 】


研究背景
  脂肪酸一価のカルボン酸(カルボキシル基‐COOHを持つ化合物

  【飽和脂肪酸】
  ● 短鎖炭素数が6以下(酢酸、ブチル酸
  ● 中鎖炭素数が8~12(カプリル酸、ラウリン酸
  ● 長鎖炭素数が14以上(パルミチン酸、ステアリン酸

  【不飽和脂肪酸】主に長鎖脂肪酸
  ● 一価二重結合の数が1つ(オレイン酸)
  ● 多価二重結合の数が2つ以上
  ● ω-3 メチル末端から3番目の炭素-炭素結合に二重結合(α-リノレン酸、ドコサヘキサエン酸DHA
  ● ω-6 メチル末端から6番目の炭素-炭素結合に二重結合(γ-リノレン酸、アラキドン酸


脂肪酸による細胞死誘導Lipotoxicity
  短鎖、および、長鎖飽和脂肪酸による癌細胞死誘導効果に関する報告は多数あるが、
  中鎖に関してはほとんど報告がない。

  ● ブチル酸(C4炭素数4短鎖脂肪酸)による大腸癌由来細胞の細胞死誘導
    J. Int. Med. Res. 37: 803(2009年
    Cancer Research 63: 5401–5407(2003年
    J. Nutr. 132:1812-1818(2002年

  ● パルミチン酸(C16炭素数16長鎖脂肪酸)、ステアリン酸(C18炭素数18長鎖脂肪酸)による
    肝臓癌由来細胞の細胞死誘導
    AJP Gastrointest. Liver Physiol. 299: G236–G243(2010年
    J. Hepatology 52: 586(2010年
    J. Biol. Chem. 281: 12093(2006年
    Clinical Nutrition 23: 721–732(2004年


    続きは「異なる脂肪酸を組み合わせることで、強力に癌細胞を死滅させる」をご覧になってください。