これは「YAHOO! 知恵袋」の記事です。
 末期癌患者さんが病院で「ブドウ糖入りの栄養点滴」を投与された数日後に様態が急変して亡くなられています。
 質問者様のご遺族の方は「これは医療ミスではないか?」とご質問されています。

 回答者様は、おそらく医師の先生がおられると思います。
 みな口を揃えて「医療ミスではない」とお答えされていますが、果たして、どうなのでしょうか・・・。

 私の周りには、病院で「ブドウ糖入りの栄養点滴」を投与されてから、たった数ヵ月後に亡くなられてしまった癌患者さんが幾人かいます。世間でも、このパターンが多いはずです。

 それが、この質問者様のお父様のような、末期の末期の末期癌患者に対して躊躇なく「ブドウ糖入りの栄養点滴」を投与したら、一体どうなるでしょうか・・・?

 「末期癌」の勢いが、さらにヒートアップしていくに決まっています。
 その理由は、「ブドウ糖は「癌の最大のエサ」」カテゴリの記事をご覧になって頂ければお分かりになられるはずです。これを「医療ミスではない!」と言い張っている時点で尋常ではありません。

 だいたい、標準的な癌医療の三大療法(抗がん剤放射線手術)自体が「医療ミス」だらけなのです。
 民間療法や自然医学を何も知らず、西洋医学しか頭にない医師に面倒を見てもらうことは、このように非常に恐ろしいことだと思います。
手術の場合は、手術後に自然療法(食事療法少食療法断食療法飲尿療法など)を実行して癌体質を改善すれば、癌の再発は予防できます

 とにかく一度、この記事を真剣にご覧になってください。
 そして、現代医療が本当に “正しき医療” を行っているのかどうかを、みなさんも真剣に考えてみてください。

 この質問者様のお父様のように、ここまで酷い状態に癌を進めてしまうその前に、私が推奨する『短鎖脂肪酸食』を早く実行して、『短期決戦』で癌を改善して頂きたいのです。癌の状態がまだ軽いほうが改善しやすいに決まっています。酷くなってからでは体力的にも大変だからこそ、早いうちに始められるようであってほしいのです。

 私だって、このように考えることがあります。

「今まで普通食ばかり食べていた癌患者さんが、ある日を境に、生の玄米の粉を食べて、生野菜をたくさん食べて、副食には豆腐(1丁大豆タンパク質)や黒ゴマ(適宜)、肉は食べても白身の魚(脂肪の少ない天然の白身魚を適量)、そして、自然海水塩(海の塩8~10g)くらいで他に甘いものも食べられなかったら、俺のような生菜食が大好きなヤツでない限り、かなりキツイだろうなァ・・」

 やはり、このように思う時があります・・・。

 しかし、この質問者様のお父様のように、(おそらく、現代食を食べ続けながら)末期の末期の末期癌まで進み、しかも、病院のミス医療によってもがき苦しみながら亡くなっていく・・、こういう死に方のほうが『短鎖脂肪酸食』よりも遥かに苦しいんじゃないか・・、それに比べたら、『短鎖脂肪酸食』で癌の改善に努力したほうが遥かに楽じゃないか・・、私にはそのようにしか思えないのです。だからこそ、ここで、こういうお話をさせて頂いています。

 私の祖父の弟の叔父は病院に勧められるままに散々放射線をやってしまい、癌治療以降、何かの錠剤を飲んでいたらしいので、もしかしたら経口用の抗がん剤も飲まされていたのかもしれませんが、とにかく叔父は癌治療を始めてから、確か1~2年間という短期間のうちに亡くなられてしまいました。前立腺癌だったので、お年寄りでしたから放置療法をして余計なことをしていなければ、癌は悪さをせず、こんなに早くは亡くならなかったはずです。
 叔父は最後、涙を垂れ流して叫びながら、私の目の前で息絶えて亡くなっていきました。私はその光景を今でも忘れられず、「あの苦しみに進むくらいならば、生玄米粉食や生菜食を活かすことぐらいできるはずだ!」という意識しか浮かばないのです。 (詳しくは「我が家の「癌の車窓」から見えたもの」を参照してください

 どうか、このような癌患者さんの姿を無駄にしないでください。
 ここから何か大事なことを、当ブログサイトの記事に重ねて感じ取られてください。

 癌患者さんは、自然療法(食事療法少食療法断食療法飲尿療法など)を絶対に甘く見てはなりません!
 癌が悪化する前に、早い段階で「自然療法の道筋」に自ら進んで頂きたいと願います。
 そして、「ブドウ糖の摂取」に関しましても、絶対に甘く見ないでください。

 この質問者様は最後に「いろいろ調べてみようと思います」とおっしゃられています。
 厳しい言葉になりますが、お父様が亡くなられたあとに調べても、もう遅いです・・。
 亡くなる前に調べ尽くし、亡くなる前に『本当の癌治療』にたどり着いていかなければならないのです。
 生きているうちに『本当に必要な手段』を力強く実行していかなければなりません。
 やはり、亡くなってから気づいても「知らなかった・・」では済まされないのです・・・。

 この質問者様のように、事前に自分で調べ尽くさなかったため、人間社会の常識(という名の非常識)に流されて「本当の正しき情報」にたどり着けず、自ら「不幸をつくり出してしまう」ことを『無知の罪』と言います。
 この『無知の罪』は「自分で引き起こしている」のですが、多くの人たちはそのことに気づいていません。
 『無知の罪』とは「自分が引き起こすもの」ですから、これは誰のせいでもなく、当然「自己責任」になります。
 今も多くの人たちが『無知の罪』を自らつくり出し、「自己責任」によって泣いているのです。

 当ブログサイトに来てくださる癌患者のみなさんは、どうか自ら進んで癌を調べ尽くし、癌の知識に偏りを持つことなく、癌を幅広く深く見つめていくことで、この『無知の罪』を回避してください。
 よろしくお願いします m(__)m


 また、私はかなり疑問なのですけれど、『癌とブドウ糖の関係』がすでに医学的に解明されているのですから、今の時代、「ブドウ糖」を使用せずに、『短鎖脂肪酸蟻酸酢酸プロピオン酸酪酸吉草酸カプロン酸)』を使用した栄養点滴というものは、まだつくれないのでしょうか・・?

 化学も、医学も、製薬も、日進月歩と言われて、ここまで進歩していながら、いまだ、癌患者用の『短鎖脂肪酸の栄養点滴』もつくれないというのでしょうか・・・?
ブドウ糖ではなく、『短鎖脂肪酸』が入っている栄養点滴であれば、癌を悪化させずに癌患者の体を支えることができるのではないでしょうか・・。製薬のことはよく分からないので、何とも言えませんが・・・

 癌患者のみなさん、どう思われますか・・・?


 【追記】
 現在、『エコサンテ』という『短鎖脂肪酸』のサプリメントの健康食品がすでにあるようです。
 このような『短鎖脂肪酸』のサプリメントがすでにあるということは、『短鎖脂肪酸』を精製して使用することはまだできないのでしょうか・・? 癌患者用の栄養点滴に「ブドウ糖」の代わりに『短鎖脂肪酸』を採用して「癌を悪化させない栄養点滴」を開発できれば、癌患者さんの生命を支えることができるはずだと思います。
 ここは「エコサンテ ~ 短鎖脂肪酸って? その役割とは?【『短鎖脂肪酸の価値』を知ることができる、代替療法の先生のメール 】」を参照してください。


.




 点滴のせいで病状が悪化してなくなる事はあるのでしょうか?
 父が末期の肝臓癌で・・・

 【「YAHOO! 知恵袋」
より 】


質問者様 (2009/4/21 17:57:30

 点滴のせいで病状が悪化してなくなる事はあるのでしょうか?

 父が末期の肝臓癌で、転移もあり、心臓に癌が食い込んでぶらさがっている状態で、腹水もあり、足もむくんでいました。
 しかし、数日前まで普通に歩いてしゃべっていたのですが、転院した病院の点滴したら心臓が苦しく感じると言い、嫌がったので外してもらったりしていました。

 ごはんが食べられない状態なので、点滴には糖分が入っているので、やらないと逆にあぶないと言われ、しかたかなく2日前くらいから点滴をしてみました。
 その結果、昨日、昼に急変したと連絡があり、かけつけたら、顔色は黄色くなり、息も荒く、今までになく苦しみ、一時間後ぐらいに他界しました。

 これは医療ミスでしょうか?
 それとも、もう限界な状態だったんでしょうか?

 もっと早くやめさせておけば・・・ と思うと、悔しくて悔しくて気が狂いそうです。
 いろいろ調べてみようと思います。

 あと、癌でものが食べられない状態なのに、ビタミン注射などをしないのはなぜでしょうか?
 癌には危険なのでしょうか?



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



回答者様(1) ベストアンサーに選ばれた回答2009/4/21 20:04:27

 どのような方針で治療を希望されていたのか、文面からは分かりませんが・・・。
 病院は、患者さんがいらした以上、何もしないわけにはいきません。
 食べられない状態なら尚更、点滴しなければ脱水になってしまいます。

 文面から状態を推測する限り、いつ心不全になってもおかしくはないと思います。
 それが点滴のせいかというと判りませんが、むやみに点滴をしているわけではなく、その状態によって量を決めていると思います。

 また、お顔が黄色かったそうなので、肝不全もかなり進んでいたでしょう。
 少しでも何とかしてあげたい、けど点滴はしたくない、というのはやはり無理があると思います。
 だって、食べられない方に点滴をしないということは、餓死させるようなものですから・・・。
 まず、点滴ですよね。

 あと、ビタミン剤はまず最低限の点滴のときは入れません。
 心不全になるような方なら、まずは水分・糖分が優先なので。

 想像ですが、急変ではなく、ゆっくり状態が悪くなっていくなら納得ができたのでしょうか。
 心構えがまだできていなっかたのですね。

 でも、「死」は突然です。私の祖父も肝硬変で、突然でした。
 ご家族を亡くされて、悲しい、もっと何かしてあげたかった、というお気持ち、お察しします。
 ご冥福をお祈りいたします。


回答者様(2) 2009/4/21 20:14:59

 難しいところの判断だと思います。

 確かに御飯が食べられない状態であれば栄養は点滴で入れる必要がありますが、転移した癌が心臓に食い込んでいる状態の場合、点滴によって心臓に負荷がかかる可能性はあるかもしれません。
 心臓の手術などをした後には水分摂取の制限、コントロールをされる場合がありますので・・・。

 ただ、急変時の顔色に関しては点滴の影響ではなく、おそらく肝臓癌によって起こった黄疸の症状だと思われます。
 悔しい気持ちはとてもよくわかりますが、医療ミスではなく、限界だったのかもしれません。


回答者様(3) 2009/4/21 20:09:17

 心中、お察し申し上げます。
 ご冥福をお祈りもうしあげます。

 ミスでもなんでもないと思います。
 診察していないので断定はできませんが。

 最初の病院に入院した時点で、いつお亡くなりになってもおかしくない状態です。
 経過をみると、おそらく「急変」したのは、右心房内に転移した腫瘍が右心房と右心室の間にある弁を閉塞したためと思われます。
 癌の進展による死亡であり、点滴が原因であったり、医療ミスであったり、というのは考えにくいように思います。

 他の回答者様たちがおっしゃっているように、点滴による心不全はあり得ないことではないですが、この場合は私の考えている機序のほうが正しかろうと思います。
 (右心房内腫瘍栓は突然死をおこす可能性が極めて高いのです

 ただ、急変、死亡の原因をこのように説明してくれなかったのは、ミスとまでいえませんが、少し配慮不足かな、とは思います。
 あなたが後悔する必要は、どこにもありませんよ。


回答者様(2) 2009/4/21 18:21:20

 点滴 心不全。
 違法銀行スルガと闘う被害者の会 VAIBS の回答でした。