この記事は、京都大学の研究グループによる『短鎖脂肪酸の働き』に関する研究報告です。
 単純に「短鎖脂肪酸がエネルギー源になる」という事実を知って頂きたくて作成しました。

 この記事のご紹介のあとの【補足】にて、癌患者における「ブドウ糖の摂取」の問題に重ねながら、癌患者さんが「ブドウ糖」エネルギー源から『短鎖脂肪酸』エネルギー源へとシフトする価値についてお話ししています。
 ぜひ、ご一読されてみてください。よろしくお願いします m(__)m




 腸内細菌による宿主のエネルギー恒常性維持機構の解明
 - 短鎖脂肪酸受容体 GPR43 活性化は、脂肪の蓄積を抑制し肥満を防ぐ -

 【「京都大学」
より 】(2013年5月8日)


 「木村郁夫」薬学研究科助教、「井上大輔」同研究科大学院生、「小澤健太郎」奈良県立医科大学准教授らの研究グループは、「井上啓」金沢大学教授、「今村武史」滋賀医科大学准教授らとの共同研究により、腸内細菌が産生する栄養( 酢酸等の『短鎖脂肪酸』)を認識する脂肪酸受容体 GPR43 が脂肪の蓄積を抑制し、肥満を防ぐ機能を有することを明らかにしました。

 このことは、腸内細菌や『短鎖脂肪酸』の一種である酢酸が食事性の肥満防止に有効である可能性、さらには、この短鎖脂肪酸受容体 GPR43 を標的とした肥満、糖尿病等の生活習慣病予防・治療薬への応用が期待されます。

 本研究成果は、英科学誌「Nature Communications」電子版に2013年5月7日(英国時間)付けにて公開されました。


【研究概要】

 エネルギー恒常性の維持は生命にとって非常に重要なものです。食事によるエネルギー摂取は日々のエネルギー利用のために重要であり、必要以上のエネルギーは脂肪として体内に蓄えられ、後のエネルギー不足時に有効利用されます。
 しかしながら、過度な食事(過食)による過剰エネルギー摂取は脂肪を必要以上に膨大させ、エネルギー恒常性維持の破綻と、その結果として、肥満や糖尿病に代表される生活習慣病等の「代謝疾患」を引き起こします。

 近年、腸内細菌がその宿主のエネルギー調節や栄養の摂取等のエネルギー恒常性維持に深く関与し、結果、肥満や糖尿病などの病態に影響するということが明らかになり、食事と腸内細菌そしてエネルギー恒常性への関係が非常に注目され始めました。

 食事時、腸内細菌によって産生される酢酸に代表される『短鎖脂肪酸』は、主に宿主のエネルギー源として利用されます。
 しかしながら、本研究グループは以前に、この『短鎖脂肪酸』がエネルギー源としてのみではなく、体内のエネルギー状態の指標となり、脂肪酸受容体 GPR41 を活性化することにより交感神経系を介してエネルギー恒常性の維持に関わることを明らかにしました(PNAS 2011)。

 今回の研究で本研究グループは、この『短鎖脂肪酸』のもう一つの受容体である GPR43 の脂肪組織における機能と腸内細菌による GPR43 を介した宿主へのエネルギー恒常性維持への関与について明らかにしました。


【研究手法と成果】

 GPR43 は脂肪組織に豊富に存在しており、その Gpr43 遺伝子を欠損させたマウス(Gpr43KO マウス)は体重、脂肪重量の増加という肥満の傾向を示しました。さらに、本研究グループは脂肪組織における GPR43 の機能の詳細な検討を行うために、この GPR43 を脂肪組織特異的に過剰発現させた aP2-Gpr43 トランスジェニックマウス(aP2-Gpr43TG マウス)を作製しました。結果、Gpr43KO マウスとは逆に痩せの傾向を示し、また、高脂肪食負荷による肥満型糖尿病の誘導に対し、aP2-Gpr43TG マウスは抵抗性を示しました。

 また、これらの変化が GPR43 を活性化する『短鎖脂肪酸』の主要な産生源である腸内細菌が原因であるかどうかを確認するために、腸内細菌が全く存在しない無菌マウスや抗生物質処置により体内の腸内細菌叢を消失させたマウスを用いて実験を行ったところ、Gpr43KO マウス、aP2-Gpr43TG マウスともに、これらのエネルギー代謝異常が消失しました。
 さらに、この GPR43 の脂肪組織直接的な機能として、筋肉や肝臓などの他のインスリン作用組織ではなく、脂肪組織でのインスリンの作用のみを選択的に抑制することがわかりました。

 すなわち、GPR43 の活性化は「ブドウ糖」や「脂肪酸」等のエネルギー源を脂肪組織に取り込んで脂肪として蓄積することを抑え、脂肪組織の増大のみを防ぐことで、結果的に体全体のインスリン感受性の上昇、エネルギー利用効率を上昇させることがわかりました。



018e9by3zbx8e3y98be2
図1.過剰な食事性エネルギーに対するセンサーとしての GPR43 機能


 

 したがって、腸内細菌の宿主に対する重要な機能として、

(1)食事時、食物より直接得られる「ブドウ糖」や「脂肪酸」などのエネルギー源と同時に、腸内細菌によって『短鎖脂肪酸』がエネルギー源として産生される。

(2)通常はこの『短鎖脂肪酸』はエネルギー源としてだけ使用されるが、過度な食事により過剰エネルギーが得られた時に、同様に『短鎖脂肪酸』も過剰に上昇する。

(3)この過剰に上昇した『短鎖脂肪酸』を認識するセンサー受容体 GPR43 が活性化し、脂肪組織への過剰エネルギー蓄積を抑制し、エネルギー消費の方向へ誘導し、結果として過度な肥満から起こる代謝機能異常を防ぎ、また、体全体のエネルギー消費を高め、体内のエネルギー恒常性の維持に働く。

 ということを、本研究グループは明らかにしました。

 以上から、本研究グループは、腸内細菌叢による宿主の恒常性維持に働く、全く新たなエネルギー調節機構を明らかにしました。さらには、この短鎖脂肪酸受容体 GPR43 を標的とした肥満や糖尿病に代表される生活習慣病に対する予防・治療薬への応用が可能であると期待されます。

02z1xny1283xeby2




◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


 補足

 私がこの記事で知って頂きたいことは、やはり医学的な小難しい知識などではなく、単純明快に「短鎖脂肪酸が人間の重要なエネルギー源になっている」という事実です。京都大学という一流機関が正式に研究報告をはぴょうしている内容から、この『短鎖脂肪酸エネルギー源』の事実を何か感じ取って頂きたかったのです。

 世間の人たちで一番良くない癖は、「世間で聞いたことのあるものしか信じられない」「世間で一度も聞いたことがないようなことに対しては、よく調べもせずに馬鹿にしてしまう」という傾向です。

 つまり、世間では有り難くも「ブドウ糖は重要なエネルギー源だ」という日本の栄養学の偏った指導によって、日本国民は「ブドウ糖は何が何でも摂取しなければいけない!」と思い込まされているようですが、当ブログサイトで何度もお話しさせて頂いていますように、実は、このブドウ糖はかなりの「曲者」なのです。
 「ブドウ糖は「曲者」であり、宿便はもっと「曲者」です!【ブドウ糖は病状を進行・亢進させる曲者! 宿便は万病の元で、もっ~と曲者!】」の【感想】にてお話ししましたように、ブドウ糖の摂取は必ず病気の症状を悪化させます。

 甲田光雄先生の一番弟子である「森美智代」先生は特定疾患の「脊髄小脳変性症」という病気で、生菜食を持って世界で初めてこの病気を克服している方です。
 この内容について、私は「ブドウ糖を摂取すれば、癌を育てて進行させる原因になることを忘れてはならない!」にて、このようにお話ししています。



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



 甲田光雄先生の一番弟子である「森美智代」先生(鍼灸師森鍼灸院 院長)は、特定疾患の「脊髄小脳変性症」という病気でした。病気が発病した森美智代先生はだんだん真面に歩けなくなっていき、診察を受けた医者からは「もう治らない」と宣告を受けていました。これは同時に余命宣告でもありました。その時、森美智代先生が思い出したのが、甲田光雄医師のことでした。甲田医院に来院された森美智代先生に対して、甲田光雄先生は「宿便がだいぶ溜まっていますね! 宿便を出せば、病気は治りますよ」と言われ、森先生は「治らないと言う先生よりも、治ると言ってくれる先生について行こう」と思い、甲田療法で「脊髄小脳変性症」を治療する決心をされました。

 しかし、森美智代先生は極度の陰性体質で、宿便もたくさん溜まっていたので、この時は生菜食療法ができない状態にあったのです。生菜食療法をすると、体調がもろに悪化してしまいました。なので、仕方なく「玄米菜食の火食(調理された玄米菜食のお料理)」で対応されていました。「玄米菜食の火食」では、生菜食療法のような力は発揮できません。体質上の理由から「玄米菜食の火食」しかできなかった森美智代先生は、「脊髄小脳変性症」がどんどん悪化し、進行するばかりだったのです。このように、「玄米菜食の火食」をしてブドウ糖の摂取をいくらしても、病気は進行するばかりなのです。

 森美智代先生のこの様子に焦った甲田光雄先生は「宿便さえ出せば陰性体質が変わり、生菜食療法ができるようになる。生菜食さえできれば、森さんの病気は良くなるはずだ!」と言われ、断食をして一気に宿便を排泄する方向に進めようとしました。しかし、この頃の森美智代先生は病状が悪化して進み、もはや断食ができる体力さえ残されていなかったのです。このような「体力の無い」状態で断食をするのは大変危険だったのですが、しかし、森美智代先生が生き残れる道筋はそこにしか残されていなかったのです。危険を承知で賭けに出た甲田光雄先生は、森美智代先生に確か「すまし汁断食」を2~3週間行って、それを確か2回ほど行い、その断食で森美智代先生は宿便を排泄することが叶い、陰性体質が改善されて、生菜食療法を実行することができるようになりました。

 思いっきり話を進めてしまいますが、気づいた頃には、森美智代先生は一日青汁1杯で生きられる仙人になっていて、「脊髄小脳変性症」を世界で初めて克服することになったのです。今の時点で「脊髄小脳変性症」を克服して生きているのは、世界中で森美智代先生、ただ一人です。

 森美智代先生は「脊髄小脳変性症」を克服されましたが、それは完全に治ったのではなく、生菜食療法によって進行を止めている状態で、(ブドウ糖を摂取しないで)青汁1杯で生きていくならば病気が現われて進行することなく生きていくことができます。しかし、また普通食を食べてしまえば(ブドウ糖をたくさん摂取してしまうと)病気がぶりっ返して来てまた進行してしまい、生きていくことができません。森美智代先生が病気を抑えて生きていくためには、(ブドウ糖を摂取しないで)青汁1杯で生きていく以外にはなかったのです。

 現代医学ではどうにもならなかった森美智代先生の「脊髄小脳変性症」を改善して病気の進行を止めてくれたのは、ブドウ糖の摂取ではなく、明らかにビタミン・ミネラルという微量栄養素と酵素の大量摂取だったのです。だからこそ私は、このブログサイトで何度も何度も「『玄米菜食の火食』では、食事療法としては弱い。『生玄米粉+生菜食療法』のような “植物の生食” の力まで活かさなければ、強力ではない」と言ってきたのです。

 『生玄米粉』で食せば『短鎖脂肪酸』がエネルギー源になり、「ブドウ糖の摂取」を避けることができます。



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



 お分かり頂けますように、森美智代先生は「玄米菜食のお料理(玄米菜食の火食)」でブドウ糖を摂取している間は病状が悪化するばかりだったのです。しかし、断食で宿便を排泄して生菜食の実行ができるようになったことで「ブドウ糖の摂取」を極力断ち、「ブドウ糖」エネルギー源から『短鎖脂肪酸』エネルギー源にシフトしたことで、世界でまだ事例の無い「脊髄小脳変性症」を克服するという快挙を成し遂げることができたのです。

 曲者である「ブドウ糖の摂取」を如何に抑制して病気の進行を食い止めるか・・、そして、ブドウ糖に替わる優れたエネルギー源である『短鎖脂肪酸』にシフトすることで如何に「曲者のブドウ糖を断ちながら」体を養うか・・、治病の上ではこれが一番の決め手となるのです。これは、世間ではまだ確実に盲点です。世の病人の病気が進行ばかりしてしまうのは、この「ブドウ糖の盲点」に気がつけず、日々の食事で「ブドウ糖の摂取」を絶え間なく続けているからです。

 世間の癌治療においても、この「ブドウ糖の摂取」の問題についてはあまり叫ばれていません。
 では、癌患者における「ブドウ糖の摂取」は危険ではないとでも言うのでしょうか?

 否! 断じて、否!!!

 癌細胞こそが「ブドウ糖を最大のエサとする生き物」なのですから、癌治療にこそ森美智代先生のように『生菜食療法(生菜食生玄米粉食)』の実行で「ブドウ糖の摂取」を極力断ち、ブドウ糖に替わる『短鎖脂肪酸』エネルギー源で体を養い、こうして「癌の最大のエサ」となる「ブドウ糖の摂取」を安全に避けることで「ブドウ糖の摂取癌の進行」の危険性から己を回避させることができるわけです。

 世の癌患者さんの癌がなぜ進行してしまうのか・・、これは当然、日々の食事で「癌が進行する条件(ブドウ糖の摂取肉製品や乳製品の摂取など)」を体内の癌にせっせと与えて「癌細胞を元気付けているから」です。一生懸命に癌治療をしていても、これで「癌よ・・、進行しないでおくれ・・・」と願ったところが、まったくお話になりません。
ブドウ糖は「癌の最大のエサ」となります。「ブドウ糖は「癌の最大のエサ」」カテゴリの記事を参照されてください。
 また、肉製品・乳製品は「癌を進行させる最悪の促進剤」となります。これにつきましては「肉食・乳製品の真実」カテゴリの記事の中でも、特に「「チャイナ・スタディ」が明かす、肉食の真実!」や「丹羽靱負(耕三)医学博士が語る、肉製品・乳製品の真実!」を参照されてみてください


 これは、例えて言えば、火災の消火活動を行っている時に、火災に向かって放水しているのと同時に、火災の中に大量に油を撒いているような行為とまったく同じです。火災の中に大量に油を撒きながら「火災を消火してくれ~ッ!」と願っているようなものです。物理的にあり得ないことです。
ここでは「火災」「放水による消火活動癌治療」「火災の中に大量に油を撒く食事で癌を育てて進行させる」と置き換えて感じてみてください

 癌が悪化していればいるほど、より多くのブドウ糖が癌細胞に取り込まれているのが医学的にもう分かっているのですから、特に癌が悪化している癌患者さんであればあるほど、この「ブドウ糖の摂取」については特別に注意を払わなければならない大事なのです。


 癌患者さんは、ご自分の癌をしっかりと治したいのであれば、この「ブドウ糖の摂取」の問題を決して甘く見ずに、癌患者にとってブドウ糖は「癌の最大のエサ」となってしまうという医学的事実を考慮に入れながら、ブドウ糖エネルギー源よりも遥かに優れている『短鎖脂肪酸』エネルギー源にシフトする価値を、この記事の中からつかまれてみてください。そのために、まずはこのような資料から、「人間はブドウ糖だけがエネルギー源になるのではなく、ブドウ糖よりも遥かに優れた『短鎖脂肪酸』というエネルギー源もある」ということをキチンと把握されてください m(__)m



 この記事で私が注目してほしいのは、次の点です。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


エネルギー恒常性の維持は生命にとって非常に重要なものです。食事によるエネルギー摂取は日々のエネルギー利用のために重要であり、必要以上のエネルギーは脂肪として体内に蓄えられ、後のエネルギー不足時に有効利用されます。
  しかしながら、過度な食事(過食)による過剰エネルギー摂取は脂肪を必要以上に膨大させ、エネルギー恒常性維持の破綻と、その結果として、肥満や糖尿病に代表される生活習慣病等の「代謝疾患」を引き起こします。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


 これは、あっさりと「過食の害」を打ち明けています。

 そして、次の点です。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


近年、腸内細菌がその宿主のエネルギー調節や栄養の摂取等のエネルギー恒常性維持に深く関与し、結果、肥満や糖尿病などの病態に影響するということが明らかになり、食事と腸内細菌そしてエネルギー恒常性への関係が非常に注目され始めました。

 食事時、腸内細菌によって産生される酢酸に代表される『短鎖脂肪酸』は、主に宿主のエネルギー源として利用されます。


  (中略)

 したがって、腸内細菌の宿主に対する重要な機能として、

(1)食事時、食物より直接得られる「ブドウ糖」や「脂肪酸」などのエネルギー源と同時に、腸内細菌によって『短鎖脂肪酸』がエネルギー源として産生される。

(2)通常はこの『短鎖脂肪酸』はエネルギー源としてだけ使用されるが、過度な食事により過剰エネルギーが得られた時に、同様に『短鎖脂肪酸』も過剰に上昇する。

(3)この過剰に上昇した『短鎖脂肪酸』を認識するセンサー受容体 GPR43 が活性化し、脂肪組織への過剰エネルギー蓄積を抑制し、エネルギー消費の方向へ誘導し、結果として過度な肥満から起こる代謝機能異常を防ぎ、また、体全体のエネルギー消費を高め、体内のエネルギー恒常性の維持に働く。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


 お分かりのように、もう~とにかくは「腸内細菌によって生産された『短鎖脂肪酸』は、主に宿主のエネルギー源として利用されます」という点に尽きます。京都大学のお偉い大先生がこのように解説してくれていれば、『短鎖脂肪酸』の価値についてご理解して頂けるのではないかと思い、癌患者における「ブドウ糖の摂取」の問題と重ねてお話しさせて頂きました。

 癌患者さんはぜひ、世間ではまだまだ盲点である「ブドウ糖の摂取」の問題と『短鎖脂肪酸』エネルギー源にシフトする価値の視点を深められてください。よろしくお願いします m(__)m