この記事は健康食品などを製造している大手企業のものですが、『短鎖脂肪酸』は近年、こういった業界でも注目を集めているそうです。『短鎖脂肪酸』は、食物繊維のうちの「水溶性食物繊維」が大腸で腸内細菌によって発酵分解されることで得られます。生玄米粉食の他にも、生菜食や生野菜ジュースに含まれている「水溶性食物繊維」からも『短鎖脂肪酸』は得られるのです。
 この点につきましては、この記事のご紹介のあとの【注釈】にて少しお話ししています。この記事からも、人体における『短鎖脂肪酸』摂取の有効性を何か感じ取って頂けたらと思います m(__)m




 「短鎖脂肪酸」と食物繊維との関係
  過敏性腸症候群の改善食品など、新しいマーケットの開拓を
  【「太陽化学株式会社」
より 】


 「短鎖脂肪酸」は最近の研究で、腸内環境、便通、過敏性腸症候群など優れた効用をもたらすことが分かってきました。
 その「短鎖脂肪酸」と食物繊維との関係についてご紹介してまいります。

短鎖脂肪酸とは
 短鎖脂肪酸とは、腸内細菌が作る、酪酸、プロピオン酸、酢酸などの有機酸のことです。
 特に酪酸は腸上皮細胞の最も重要なエネルギー源であり、抗炎症作用など優れた生理効果を発揮します。
 これらは有用性が高いのものの、その臭い、味、吸収性などから食べたり飲んだりして摂ることが困難です。
 その代わり、もともと体内にいる腸内細菌に短鎖脂肪酸を作らせる(発酵させる)ことが有効であり、そのエネルギー源として「水溶性食物繊維」が必要となります。(下記注釈)


短鎖脂肪酸を活用する仕組み

06_34_photo01

        炎症性サイトカイン腸障害(過敏性腸炎等)などの炎症を引き起こす生理活性物質。
        β-グルクロニダーゼ発ガン物質の前駆体である β-グルクロニドに作用してガンを誘発する酵素。

 例えば、過敏性腸症候群に大きなマーケットが
 学校や職場など、あらゆるところでストレスのかかる現代社会。
 ストレスによる過敏性腸症候群(下痢や便秘)は、年齢問わず非常に多くの方が自覚症状を持っていると言われています。

06_34_photo02


短鎖脂肪酸の産生に、最も有効な「水溶性食物繊維」は?

 「水溶性食物繊維」として国内で利用されている主なものを比較すると、グアーガム酵素分解物は短鎖脂肪酸の中でも特に有用な酪酸の産生量が最も多いことがわかります。

06_34_photo03


なぜ、グアーガム酵素分解物は優れた効果を発揮するのか
 グアーガム酵素分解物は、腸内発酵によりほぼ100%分解されます。
 そのため酪酸の産生量も多くなり、生理効果の発揮につながると考えられます。


これからの食物繊維の考え方
 これまで便通改善など腸内環境改善効果中心に注目を集めてきた食物繊維ですが、今回ご紹介したように、これからは「短鎖脂肪酸」をキーワードにした新しい食物繊維の生理効果を活かした商品開発が期待できます。

06_34_photo04

 従来、食物繊維は栄養学上エネルギーにならないと考えられ、0kcal とされてきましたが、その後の研究により、大腸内で発酵分解を受けるものがあることが明らかになりました。厚生労働省は平成15年4月1日適用の栄養表示基準の一部改正により右のような変更を行いました。つまり、エネルギー値が高い程、短鎖脂肪酸(酪酸)の産生量が多いことを意味しています。

06_34_photo05





◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


 注釈

 食物繊維は『ヒトの消化酵素で消化されない食物中の成分(難消化性成分)』で、水に溶けない「不溶性食物繊維」と、水に溶ける「水溶性食物繊維」があります。

 一般的に「不溶性食物繊維」は糞便量を増やすなどの物理的な効果が大きく、「水溶性食物繊維」は小腸において他の栄養素の消化・吸収を抑制したり阻止する効果が大きいので血中コレステロール低下や血糖値の改善に効果がある他、腸内細菌による発酵を受けやすい性質を持つため、発酵産物の『短鎖脂肪酸』として「大腸の粘膜のエネルギー源」や「生体のエネルギー源」として利用されています。


 【食物繊維】
  不溶性食物繊維(水に溶けない食物繊維
   ⇒ 糞便量を増やしたり、腸の蠕動運動を促すなどの物理的な効果が大きいです。
  水溶性食物繊維(水に溶ける食物繊維
   ⇒ 腸内細菌によって発酵分解を受けて、発酵産物の『短鎖脂肪酸』が生成され、
    「大腸の粘膜のエネルギー源」や「生体のエネルギー源」として利用されます。
     水溶性食物繊維は、生玄米粉の「β(ベータ)デンプン」と同様の過程を経て『短鎖脂肪酸』が生成されます。

mz983nux
7bx2l4y7xe2by
食物繊維は「不溶性食物繊維(難溶性食物繊維)」と「水溶性食物繊維」に分類されます



 生玄米粉食の「β(ベータ)デンプン」は消化され難い「難消化性デンプン(レジスタントスターチresistant starch)」であり、生菜食や生野菜ジュースに含まれる「水溶性食物繊維」も消化され難い「難消化性成分」であるため、ヒトの消化酵素では消化されずに、そのまま小腸を通り抜けて大腸へと運ばれ、大腸の腸内細菌によって発酵分解されて『短鎖脂肪酸』が生成されます。その腸内細菌の発酵産物として生成された『短鎖脂肪酸』が大腸で吸収されて「生体のエネルギー源」となるのです。

 甲田療法の『生菜食療法』+『生玄米粉食』の組み合わせは、最高の『短鎖脂肪酸』摂取食です。
 『短鎖脂肪酸』はブドウ糖よりも優れているエネルギー源であり、エネルギー源となる他にも様々な恩恵があります。
 甲田療法の『生菜食療法』+『生玄米粉食』で、多くの難病患者さんが救われたのも分かる気がします。
 (『短鎖脂肪酸』につきましては、「『短鎖脂肪酸』について」を参照してください

 ゲルソン療法の場合には大量の生野菜ジュースを摂取しますから、水溶性食物繊維系の『短鎖脂肪酸』の恩恵が大きかったんでしょうね!
もちろん、大量の生野菜ジュースから多くのビタミン・ミネラル・酵素を摂取することで、代謝機能が賦活されて代謝能力が高まる、という恩恵も大きいですね!

 甲田療法の場合は『生菜食療法』+『生玄米粉食』ですから、水溶性食物繊維系の『短鎖脂肪酸』と、β(ベータ)デンプン系の『短鎖脂肪酸』の、この両系統の『短鎖脂肪酸』が得られるので超お得ですね!
 しかも、腸内細菌も正しく育ちますから、なおグッドです♪

 『短鎖脂肪酸』の良さについては、私は生菜食の実地の過程で以前から知っていましたけれど、まさか近年、こういった業界で『短鎖脂肪酸』が注目されているだなんて思ってもみなかったです。まァ~、人の世の中、悪いものをさも良いものと勘違いして注目されてしまうことが多い中、本当に良いものに注目が集まるというのは、こりゃぁ~ 有り難いことですよね!