『3日食べなきゃ、7割治る』船瀬俊介(著)
 『1日3食のうち2食は自分のため、1食は医者のため』~ ドイツの諺

  【「るいネット」
より 】

 3日食べなきゃ、7割治る!』 船瀬俊介(著)より

 病気を治す。その方法は5つあります。
 その内容とは、 少食 笑い 感謝 長息 筋トレ です。

ファスティング断食
 万病を治す妙法です。
 病気になっても「食うな」「動くな」「寝てろ」で、免疫力、排毒力が増強し、みるみる治っていきます。
 それは、あっけないほどです。
 少食のプチ断食でも、目を見張る効果があります(第1章)。
 風邪、腹痛、下痢、頭痛から、便秘、アトピー、水虫、腰痛、うつ、糖尿病、心臓病、肝臓病、透析患者まで治ります。
 さらに現在、ファスティングはガンまで劇的に治します。不妊症やEDまでも見事に改善するのです。

笑い
 笑えばガンも治ります。ガンと闘うNK細胞は6倍も増えるのです。
 免疫力がアップし、アトピー、リウマチ、糖尿病、高血圧など、あらゆる病気が快方に向かいます。
 「笑い」の医療効果に、あなたは驚嘆するはずです。

感謝
 「ありがとう」は万病を癒す “魔法の言葉” です。
 「感謝」の「心」が難病も治す。そのメカニズムは最新脳科学で立証されているのです。

長息
 息を深く、長く吐く。それだけで「副交感神経」が働き、血行が促進され、あらゆる病気が治っていきます。
 万病は低血流、低酸素から発症するからです。呼吸を数える「数息観」がおすすめです。
 (数息観は「白隠禅師(白隠慧鶴)」も薦めていた呼吸法です。
  参照1参照2参照3参照4参照5 など参照されてみてください


筋トレ筋力トレーニング
 筋肉からは病気を治す若返りホルモンが放出されます。それは、筋肉量と活動量に比例するのです。
 病気、老化の大きな原因が筋肉の衰えです。
 筋肉を鍛え、増強すれば、若さの治癒ホルモンが出て、病気も改善します。


 政府や医学界が「3食キチンと食べろ」とうるさく言うのは、
 「キチン」と食べて、しっかり病気になって、 しっかり稼がせてください、という “ホンネ” が裏にあるのです。

 ドイツには、古くから次の諺があります。

 「1日3食のうち2食は自分のため、1食は医者のため」



内海聡医師の facebook
 【「内海聡医師の facebook」
より 】

247584_117525854997843_3632848_n
内海聡 医師


 断食にもいろいろあります。詳しくは『3日食べなきゃ、7割治る!三五館)』をお読みくださいませ♪

プチ断食半日断食
 朝食を抜く。ただそれだけ。もっとも簡単です。
 そして、効果は高い。甲田医師(甲田光雄博士)も推奨しています。
 これは、一生続けられる少食健康法です。

一日一食
 これは、わたしのライフスタイル。じつに快調です。
 最近、「一日一食主義」の人が増えています。なんと、ビートたけしさんも一日一食だそうです。
 わたしは、無理はしない。友人たちとの旅行などでは、三食いただきます。
 ただし、食べると体が重くなりますね。

三日断食
 本書では、これを中心に勧めています。これなら、自宅でもできます。

七日断食
 自宅でも可能ですが、意志が弱いと復食のとき食べ過ぎるなど “事故” が起きる場合もあります。
 専門家の指導の下でやることがのぞましい。

20日断食
 これは、かつての断食療法では通常期間だったのですが、現代人は体力が落ちているので2週間ほどにしているようです。

水断食本断食
 もっとも古典的な方法。水分と塩分の補給のみで行なうものです。
 7日でも管理者の下で行なうほうが安心。

野菜ジュース断食
 野菜や果物ジュースなどを摂りながら行ないます。それだけ身体も楽です。

酵素断食
 生体に必要な酵素のみ補給しつつ行ないます。
 これは、水断食より、もっとも効果的と指示する医師も多い。

 (飲尿療法ができる方ならば、私は「尿断食(飲尿断食)」をお薦めします
  
生命の水 -奇跡の尿療法- ジョン・W・アームストロング(著)」を参照されてみてくださいブログ管理人

 ファスティングで大切なことは、心構えです。

 不安感や恐怖感を抱いて、行なってはいけません。それは、マイナスの効果のみ与えるからです。
 これで、健康になれる。スリムになれる。そうポジティブに考えて、わくわくしながら始める。それが大切です。
 また、断食中に不安感などに襲われたら、そこで中止するのが賢明です。

私の母はずっと「半日断食(午前中は何も食べない)」をやっています。私の父は「週末一日断食」です。私から父母を見て間違いなく言えることは、両親ともに断食を実行してから持病の改善が大きく進んだということでした。みなさんも、ご自分ができそうな断食にトライされてみてください。内海医師のおっしゃられる通り、断食は「医療」ですから「安全性」を確保せねばなりません。断食は決して無理だけはせず、絶対に安全性を失うことなく、ご自分のできる範囲をしっかりと守りながら、くれぐれも、安全性を確保した「医療としての断食」を実行されてくださいねブログ管理人



3日食べなきゃ、7割治る!
 【「kawaguchistyle 川口整体」
より 】

 心と体と環境・食 おすすめの本 2014年1月

 Kawaguchi Style の 川口ひでひろ です。

 先日、船瀬俊介著の『3日食べなきゃ、7割治る!』という本をパラパラと読んでみたのですが、

 その中に『調子の悪い時は、食べない、動かないで、ただ寝ている』という、

 犬や猫でも知っている病気の治し方が紹介されていました。

 断食による様々な病気の改善例が載っていて、

 断食のメリットとして、

   血液を汚し病気の元になる宿便が出やすくなる

   体が飢餓を感じて 免疫力が高まる

   シャンプーや食品添加物、薬、農薬などの 環境毒素を排出する力が出る

   心が穏やかになる

   肌がきれいになる

 などがありました。


 そして、普段は少食が良いそうで、

 ヨーガの教えでは、『腹八分で医者いらず、腹六分で長生き、腹四分で神に近づく』そうです。
 (1万年以上前のヨガの教え

 ヨーガは古代サンスクリット語で『つなぐ』という意味で、宇宙と生命()をつなぐ。

 ヨーガとは、宇宙の真理に沿って生きることだそうです。

 著者は、健康に対して5つの提言もしています。

 (1)少食や断食
 (2)笑い
 (3)感謝
 (4)長息
 (5)筋肉を付ける

 全部、自分でできますね。

 それに、お金もかからない。

 それから「あまり病院に頼りすぎるのは良くない」とも書いてあり、
 イスラエルでは医者がストライキをした年だけ国民の死亡者数が半減したそうです。

 この本、面白いですよ。



3日食べなきゃ、7割治る!
 【「BS セラピー KOBE 院長の心と体のカイホーを目指して!」
より 】

 腹八分に医者いらず
 腹六分で老いを忘れる
 腹四分で神に近づく


 1万年以上前のヨガの教えだそうです。
 昔から、飽食は病の元なんですね。

 「自然の恵み健康法 - 野菜とフルーツの自然食」のノーマン・W・ウォーカー博士も、

 その著書の中に、友人からの教えで、

「万一、君が病気になるようなことがあれば、どんなことがあっても薬を一切飲んではいけない。薬は毒だぞ。
 病気は体内に老廃物が蓄積していることが原因だから、三日間食べ物を何も食べず、
 その間、毎日約半時間おきに純粋な水をコップに1杯飲むとよい。三日で元気になる。」


 と教えられ、

 肝硬変を患って医師から余命数週間と宣告された状態から、一気に快復して109歳まで現役で働き続けたのです。