治癒力・抗癌力を高めるミネラル
 【「銀座東京クリニック」
より 】


 体に必要な栄養素として、タンパク質、脂質、糖質、ビタミン、ミネラルを5大栄養素と言います。普通の食事ができれば、タンパク質や脂質や糖質が欠乏することはありませんが、ビタミンやミネラルは健常人でさえ不足しがちです。特に癌患者さんは、食事の摂取が少なくなると、ビタミンやミネラルの不足が目立ちます。

 ミネラルを補充したくらいで癌を消滅させたりできるわけがないと多くの人は考えるかもしれません。確かに、ミネラルには癌を直接殺す作用はありません。しかし、体の免疫力や抗酸化力や再生能力などは、必須ミネラルが不足していると満足に行なうことができないのです。

 免疫力を高めるために β グルカンのような免疫増強剤を使用しても、栄養が不足していては、免疫細胞を増やすことはできません。特にミネラルは細胞の分裂や酵素反応に必須であるため、ミネラルが不足すると体の治癒力が低下することになるのです。体の自然治癒力と関連する必須ミネラルについては、表にまとめています。


自然治癒力の柱
働き
関連する主な
必須ミネラル
免疫監視機構
免疫力
病原体やがん細胞など体にとって害となるものを攻撃して排除する
銅、亜鉛、鉄、セレン
抗酸化システム
抗酸化力
がんや老化の原因となる活性酸素やフリーラジカルの害を防ぐ
亜鉛、銅、マンガン、鉄、セレン
修復・再生力
創傷治癒、DNA変異の修復、細胞・組織の再生によって体の構成成分を維持する
銅、マンがん、亜鉛、
マグネシウム
恒常性維持機能
神経やホルモンの作用によって、生体機能を正常に維持する
鉄、マンがん、亜鉛、銅、マグネシウム

表:自然治癒力を支える4つの柱と密接に関連するミネラル



 免疫力と密接に関連するミネラルに、亜鉛があります。亜鉛は300種類もの酵素の働きに必要で、細胞の成長と分裂に重要なカギを握っているため、亜鉛が不足すると免疫細胞の産生と働きが上手くいかなくなります。

 免疫システムそのものを活性化する「免疫賦活(増強)剤」と呼ばれる薬や健康食品が使用されますが、免疫増強作用を持った薬剤や健康食品をいくら大量に使っても、栄養状態が悪ければリンパ球を十分に作れません。たとえ、蛋白質や脂質や糖質を十分に摂取しても、ミネラルが不足すれば働けないのです。ガソリンがあっても、エンジンオイルがきれていれば車を動かすことができないのと同じで、潤滑油の役目をするミネラルが大切なのです。

 ミネラルは、体に備わった抗酸化酵素の働きを高めるために重要な働きをしています。スーパーオキシドを過酸化水素に変えるスーパーオキシドディスムターゼ(SOD)の活性には、マンガン、銅、亜鉛が必要です。過酸化水素を水と酸素に分解するカタラーゼには鉄が、グルタチオン・ペルオキシダーゼにはセレンが必要です。

 セレンの不足は、癌の発生と密接に関連しています。セレンに富んだ食事は、大腸、直腸、肝臓、乳房、卵巣、前立腺、膀胱、肺、皮膚の癌や白血病のリスクを減少させることが分かっています。土壌中のセレニウム濃度が高い地域ほど癌発生率が少ないという結果が報告されており、それはセレニウム濃度が高い地域に育つ農作物はセレニウムの含量が多く、それを食べる住民の血中セレニウム濃度も高くなって体の抗酸化力が増すことが癌予防につながると予想されているのです。

 生体の抗酸化システムで重要な役割を果たすグルタチオン・ペルオキシダーゼは、その酵素活性部位にセレンをセレノメチオニンの形で含むため、セレンが欠乏するとグルタチオン・ペルオキシダーゼの活性が減少して体の抗酸化力が低下することになるのです。

 体の傷を治す力(創傷治癒力)、細胞の働きの大本である遺伝子の異常を絶えず監視している DNA 修復システム、組織の欠損を補う再生能力が全ての細胞・組織・臓器に備わっており、この自己修復・再生システムの働きによって、体の構成成分を一定に、しかも正常な状態に保全することが可能になります。このような自己修復がスムーズに行われるためには、必須ミネラルの働きが重要です。細胞が分裂したり、細胞内外の酵素反応の多くに必須ミネラルが関わっているからです。さらに体の恒常性を維持する上で必要な神経やホルモンの働きにも、ミネラルは重要な役割を担っています。

 以上にように、不足しがちな必須ミネラルをサプリメントで補充することは、体の治癒力や抵抗力を高める上で大切であることが理解できます。癌の休眠療法を行う時にも、体の抗癌力を良い状態に保つために、ミネラルの不足には注意が必要なのです。




 補足

 この記事ではミネラルの補充にサプリメントを推奨していますが、サプリメントは人工的な工業製品なので、できるだけ避けたほうが無難です。ミネラルはサプリメントからではなく、なるべく「天然の食品」から摂取しましょう。

 私は、「天然の食品」に含まれるビタミン・ミネラルと、サプリメントのビタミン・ミネラルとを同一視するのは危険だと思っています。「天然の食品」に含まれるビタミン・ミネラルには不足や問題は一切無いでしょうけれど、人工的な工業製品であるサプリメントには、人工物であるがゆえの何らかの不足や問題が必ずあるはずだと思っています。なので、ビタミンやミネラルはできる限り「天然の食品」から摂取することを私は推奨します。

 細胞の修復、代謝の賦活に関与しているのは「ビタミン」「ミネラル」「酵素」です。
 生菜食や生野菜ジュース(青汁)ならば、「ビタミン」「ミネラル」「酵素」を大量に摂取できます。