誰の体でも、毎日、癌細胞が発生しています。最近の研究では、赤ん坊から老人まで、毎日平均して癌細胞が約5000個ほど体内で発生し、成人の健康体でも数百万から数億個の癌細胞が存在しているそうです。健康体の人であっても、癌細胞は平均して毎日5000個程度は生まれているのです。

 健康な人でも毎日、癌細胞が発生しています。なのに、健康体の人が癌細胞が悪性化して癌にならないのは、癌細胞を攻撃して食べてしまうマクロファージやNK細胞(ナチュラルキラー細胞)などの血液中の白血球(免疫担当細胞)の働きがあるお陰です。これが『免疫系の働き』であり、この白血球(免疫担当細胞)の働きを高めてあげれば「癌になり難い体になる」のです。

 通常、発生した癌細胞は癌免疫によって抑制されています。癌細胞が体内に発生するのは正常なことなのです。
 癌細胞とは「誰でもあって当たり前」の存在であり、癌細胞が悪性化して肉体を蝕んでいかなければ別に問題はないのです。

 体内ではこのようにして、癌細胞が常に増減しています。
 癌細胞の増減は「免疫力の増減と関係している」のです。
 これは『生命現象の一環』です。


 私は、正常細胞と癌細胞は『陰陽原理』の関係にあるのではないかと思っています。

 正常細胞が「陽」で、癌細胞は「陰」です。

 陰の存在というのは凄く重要で、「陰があるから陽が成り立つ」というところが “この世の仕組み” にはあります。この視点に立ち、癌細胞は誰でも「毎日、当たり前に発生している」ところから癌細胞を見つめると、「陽である正常細胞」を支えるために “必要悪” として発生しているのが「陰としての癌細胞」である、と私には思えるのです。

 誰でも平均して毎日5000個程度、体内に発生している癌細胞ですが、癌免疫が正しく機能していれば癌は抑制されながら「陰としての役割」をちょうどよく果たして体に貢献してくれますが、免疫の極度な低下や癌免疫の機能不全などが原因して癌免疫が癌を抑制しきれなくなると、小勢力であった癌細胞が勢力を拡大することとなり、やがて、巨大な “癌の塊” となってしまい、そのまま進行していくと生命を脅かす存在となってしまう、ということだと思います。


 また、血液が極度に汚れてしまうと、その汚れた血液の浄化に協力するために、体は癌という『血液の浄化装置』を体内に生み出します。あまりに血液が汚れてしまうと、解毒の働きをしている肝臓に負担がかかりすぎてしまうので、その肝臓の解毒機能を補うために、体は体内に “新たな器官” として『浄血装置』となる癌を生み出すのです。
この「癌は浄血装置である」につきましては「癌は「血液の浄化装置」」カテゴリを参照されてみてください

 この森下・千島学説の『癌は血液の浄化装置である』という視点から見れば、体内に『浄血装置』として発生した “新たな器官” である癌は、血液が汚れれば汚れるほど巨大化していく、と見れるわけです。食事療法や断食療法で血液浄化を果たした癌患者さんの癌が自然退縮する症例(ケース)があるのは、血液が浄化されて綺麗になったので、もはや『浄血装置』として体内に発生した癌は不要になり、自然退縮して消滅した、と見れるのです。

 現代の日本人の食事は洋食化が極度に進み、血液を汚す食事が多いのです。血液が汚れたままですと、人間は敗血症になって死んでしまいますから、生命を守り生かすための『浄血装置』が体内の適所に生み出される、それが癌であるわけです。

 ですから、癌患者でありながら食事療法を何もせず、血液浄化を果たしていかないと血液は汚れる一方ですから、それに伴って癌もますます巨大化の一途をたどり、やがて体中が癌となり、癌で亡くなっていきます。でも、この場合は、癌で亡くなったというよりは、血液の “激しい汚れ” で亡くなった、と言ったほうが正確な表現なのだと思います。


 体がこの状態になっている人は『癌体質(体内に巨大な癌を発生させてしまう体質)』の状態だと言えるでしょう。ここが理解できれば、癌の正体は明らかに『癌体質』であり、体内に発生した “癌の塊” などは「癌体質の末に現われた表面現象にすぎない」ということがお分かりになるはずです。

 「癌の根本」はあくまで『癌体質』であり、体内に発生した “癌の塊” などは単なる「末の現象」ですから、末の “癌の塊” を抗がん剤で殺したり放射線で焼き殺したりしても、癌の根本である『癌体質』を改善しない限りは「癌は完治しない」ということが分かるはずなのです。

 標準的な癌医療に呑み込まれている医師たちは、この「癌の視点」が一切無いために、根本治療にはならない三大療法(抗がん剤放射線手術)しか頭にないのです。だから、標準的な癌医療が三大療法でいくら癌患者を治そうとしても、癌患者は一向に救われないのです。三大療法だけで癌治療をした癌患者さんは、みなさん、物の見事に癌死されていきます。それは、上述のような「三大療法では癌を治せない」という事情がちゃんとあるからです。
 現代医学は癌を「悪い奴」としか見ておりませんが、癌は様々な種類があり、様々な発癌事情もありますから、癌の存在理由をひとつに絞る事などできないのです。


 血液が極度に汚れていると正常細胞の生命運営が正常に機能しませんから、上述の森下・千島学説のような「正常細胞の生命を守るために、浄血装置の役割を持って体内に “新たな器官” として生み出された癌細胞」があるはずです。

 この視点に立てば、癌細胞とは「正常細胞の生命を守るために生み出されている細胞」と見る事ができるのではないでしょうか。正常細胞の生命を陰(かげ)で支える『陰(いん)の役割』を持って生み出された細胞、それが癌細胞である・・、私はそう思っています。

 「陽の正常細胞」を支える細胞、それこそが「陰の癌細胞」なのではないでしょうか。