「独立行政法人 理化学研究所」が発表した癌研究報告をご紹介させて頂きます。

 「理化学研究所」は歴史が長く、日本人として初のノーベル賞(ノーベル物理学賞)を受賞した「湯川秀樹」博士を輩出した事でも有名ですね。
 「理化学研究所」は、他にも名だたる科学者を多数輩出している “自然科学に関する超一流の総合研究所” です。

 流石に「理化学研究所」が発表しただけあって、この記事の内容は信用できるものと思います。
 この記事のご紹介のあとに、いつものように【補足】にて、この記事の内容から何が見えるのかを、私なりにお話ししたいと思います。よろしくお願いします m(__)m

.





がんの死細胞を食べ、がん免疫を活性化する新マクロファージを発見
- 効率的にがん免疫を誘導する新しい免疫治療への応用に期待 -

 【「独立行政法人 理化学研究所」
より 】

【ポイント】
 ● 新マクロファージは、がんの死細胞(癌細胞の死骸)を効率よく取り込む
 ● 食べたがん細胞の情報をキラー細胞(細胞傷害性T細胞)に伝え、免疫機能を発揮
 ● 新マクロファージの効率的な活性化が、がん免疫の治療への道


【要旨】
 独立行政法人理化学研究所(野依良治理事長)は、がんの死細胞を貪食し、がん免疫を活性化する新しいマクロファージを発見しました。これは、理研免疫・アレルギー科学総合研究センター(谷口克センター長)自然免疫研究チームの田中正人チームリーダー、浅野謙一研究員らによる研究成果です。

 がん細胞は、体の免疫監視をかいくぐり、免疫系の攻撃を受けずに増殖していきます(注釈1)。しかし、放射線照射などによってがん細胞を殺すと、死んだがん細胞を免疫系が認識し、がんに対する免疫が活性化する場合があることが知られ、この現象を利用した治療法が応用されつつあります。これまで、このがん免疫を誘導する具体的なメカニズムは不明のままでした。

 マクロファージは、死んだ細胞を食べて処理する免疫細胞です。これまでの研究で、マクロファージの役割は、体に侵入した異物や自己の死細胞の掃除だけのようにとらえられていましたが、最近、食べた死細胞を有効活用して、多種多様な免疫反応を制御していることが分かってきました。研究チームは、マウスを用いた実験で、がんの死細胞を食べると、がん免疫を活性化するマクロファージの一種(CD169 陽性マクロファージ)を発見しました。このマクロファージは、リンパ節の入り口で待ち構え、リンパ流に乗ってやってきたがんの死細胞を食べてしまう、門番のような働きをします。さらに、この門番のようなマクロファージの一部(CD169 陽性 CD11c 陽性マクロファージ)は、がん細胞を直接攻撃するキラー細胞(細胞傷害性T細胞)に食べたがん細胞の情報を伝え、がん細胞を殺すよう指令を出す、重要な役割を持つことが分かりました。

 今後、このマクロファージを効率的に活性化することによって、がん免疫を誘導する新たな治療につながる可能性があります。

 本研究成果は、米国の科学雑誌『Immunity』(1月27日号)に掲載されます。


【背景】
 がん細胞は、体の免疫監視をかいくぐるさまざまな仕組みを持ち、免疫系に認識されず、攻撃も受けずに増殖していきます(注釈2)。しかし、放射線照射や化学療法(抗がん剤)などによってがん細胞を殺すと、死んだがん細胞を免疫系が認識し、がんに対する免疫が活性化する場合がある(がん免疫)ことが知られています。このがん免疫では、マクロファージなどの食細胞が、がんの死細胞を取り込み、死細胞に含まれるがん抗原(癌抗原)を提示して、リンパ節にいるがん細胞を殺すキラー細胞(細胞傷害性T細胞)を活性化します。最近では、この現象を利用した治療法が応用されつつありますが、がん免疫が誘導される詳細なメカニズムは不明のままでした。

 研究チームは「どのようにして食細胞は死んだがん細胞を認識して取り込むのか」、「どの食細胞がどのようにしてリンパ節にいるキラー細胞にがん抗原(癌抗原)の情報を提示し、がん細胞を殺すよう指令を出すのか」の2点に着目しました。

 食細胞ががんの死細胞を認識して取り込む方法には、2つの可能性があると考えました。
 1つ目は、がん細胞が殺されると、食細胞がその場でがんの死細胞を認識して食べ、リンパ節へ持って行く方法です。この場合、樹状細胞という移動性の食細胞が関わっていると考えられます。樹状細胞は、体に侵入した異物を常に監視し、異物を察知すると食べて取り込み、リンパ節へ移動して免疫応答を誘導する、免疫監視の中心的な役割を担う細胞です。
 2つ目は、死んだ細胞がリンパ節へ流れていって、リンパ節にいる食細胞が認識し取り込む方法です。この場合、マクロファージという貪食細胞が関わっている可能性があります。マクロファージは、死んだ細胞を食べて処理する免疫細胞です。これまでの研究で、このマクロファージの役割は、体に侵入した異物や自己の死細胞のごみ掃除だけと思われていましたが、最近、いろいろな種類のマクロファージが、多種多様な免疫反応を制御していることが分かってきました。

 研究チームは、この樹状細胞とマクロファージに焦点をあて、がん免疫を誘導する仕組みの解明に取り組みました。


【研究手法と成果】
 まず、がんの死細胞を使って、がん免疫を誘導したマウスを作製しました。具体的には、放射線照射により殺したがんの死細胞をマウスの皮下に注射した後、このマウスに生きたがんを植えて、がんの大きさの変化を調べました。その結果、あらかじめがんの死細胞を投与したマウスは、投与していないマウスに比べ、がんの発育が抑えられている、つまり、がん免疫が誘導されていることが確認できました(図1)。

Macrophage01
図1 がんの死細胞を使ったがん免疫誘導実験の手法と結果

《図1解説》 放射線を照射して殺したがんの死細胞を、皮下注射しておく。何も投与していないマウスに生きたがん細胞を植えると、がんが大きくなってマウスは死んでしまうが、あらかじめがんの死細胞を投与しておいたマウスでは、がんの発育を完全に抑えることができる。つまり、がんの死細胞は、がん免疫を活性化するワクチンとして利用できることを示している。

 このマウスを使って、最初に、移動性の樹状細胞の関与について調べました。皮膚からリンパ節へ移動してくる樹状細胞の数は、がんの死細胞を注射しても変化しませんでした。また、がんの死細胞の断片は、数日かかってリンパ節へ移動してくる樹状細胞よりずっと早く、接種後3時間程度で近くのリンパ節にとどまり始めました。さらに、リンパ節に存在する樹状細胞を解析したところ、がんの死細胞を貪食している樹状細胞は5%程度と非常に少ないことが分かりました。以上の結果から、樹状細胞はがん免疫にあまり関わっていないことが分かりました。

 次に、マクロファージの関与について調べました。リンパ節のマクロファージ(CD169 陽性マクロファージ)は、リンパ節の表面付近の、リンパ流が流れ込む場所(リンパ洞)に、わずかに存在しています。しかしその役割は重要で、リンパ節の入り口で異物を待ち構え、リンパ流に乗ってやってきた死細胞を食べてしまう、いわば門番のような働きをしています。がんの死細胞を皮下注射した後、注射部位近くのリンパ節を調べると、CD169 陽性マクロファージの27%が、がんの死細胞を取り込んでいました(図2)。

Macrophage02
図2 がんの死細胞を食べるマクロファージ

《図2解説》 がんの死細胞を赤く染色してマウスに皮下注射した。次の日に、注射部位の近くのリンパ節を取って顕微鏡で観察したところ、がんの死細胞は CD169 陽性マクロファージによって取り込まれていることが分かった(白い矢印)。

 そこで、CD169 陽性マクロファージの役割を確かめるため、誘導的に CD169 陽性マクロファージを欠失する遺伝子改変マウス(CD169-DTRマウス)を作製しました。

 CD169-DTR マウスの CD169 陽性マクロファージには、ヒトのジフテリア毒素受容体が発現しているため、このマウスにジフテリア毒素を投与すると、CD169 陽性マクロファージが一時的に欠失します。このマウスで CD169 陽性マクロファージを欠失させると、がんの死細胞を取り込むことができず、がん免疫が誘導されないことが分かりました(図3)。

Macrophage03
図3 CD169 陽性マクロファージによるがん免疫の強化

《図3解説》 がんの死細胞を皮下注射しておくと将来のがんの発育を抑えられる()が(図1参照)、CD169 陽性マクロファージを欠損したマウスでは、がんの死細胞を注射しても抑制効果が発揮されなかった()。つまり、CD169 陽性マクロファージは、がんの死細胞を取り込んで、がん免疫をうまく強化していることが明らかになった。

 さらに、がんの死細胞を取り込んだ CD169 陽性マクロファージについて、がん抗原(癌抗原)を細胞表面に提示しているかどうかを調べました。その結果、CD169 陽性マクロファージの一部の細胞(CD169 陽性 CD11c 陽性マクロファージ)が、効率的にがん抗原(癌抗原)を提示し、キラー細胞を活性化することが判明しました。

 これらのことから、CD169 陽性マクロファージは、がんの死細胞を貪食して抗原提示し、がん免疫を誘導する重要な役割を持つことが分かりました(図4)。

Macrophage04
図4 がん細胞の死とがん免疫

《図4解説》 抗がん剤を投与したり、放射線を照射したりすると、がんが壊れて一度に大量のがんの死細胞が生じる。このがんの死細胞は、近くのリンパ節に流れていき CD169 陽性マクロファージに取り込まれる。がんの死細胞を取り込んだマクロファージがキラー細胞を活性化し、がん免疫を強化する。


【今後の期待】
 これまで死んだ細胞を掃除するごみ処理係ととらえられていたマクロファージですが、近年、マクロファージにはいろいろな種類があり、多種多様な免疫反応を制御することが分かってきています。今回研究チームは、リンパ洞という、リンパ節の特殊な部位に存在するわずかなマクロファージが、意外にも、がん免疫に重要な役割を果たすことを明らかにしました。

 これまで、がん免疫には樹状細胞が重要ではないかと推測されてきました。がんの死細胞を貪食してがん免疫を誘導する、新たなマクロファージを発見した今回の成果は、がん免疫のメカニズムを明らかにする上で非常に重要です。今後、このマクロファージを効率的に活性化することによって、がん免疫を誘導する新たな治療につながると期待できます。


【発表者】
 独立行政法人理化学研究所
 免疫・アレルギー科学総合研究センター
 自然免疫研究チーム
 チームリーダー 田中正人




◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


 補足

 この記事は2011年1月6日にアップされたものですので、この記事の内容は医学界ではすでに既知だと思います。
 ここで、この癌研究報告の内容を私なりに簡潔にまとめながらお話しして行きたいと思います。

 まず、この癌研究では「マクロファージ」に焦点が当てられています。
 この癌研究報告を分かりやすくまとめますと、このようになるでしょう。

「マクロファージは死んだ細胞を食べて処理する免疫細胞で、これまでマクロファージの役割は、体に侵入した異物や自己の死細胞の掃除だけのようにとらえられていましたが、最近、食べた死細胞を有効活用して、多種多様な免疫反応を制御していることが分かってきました。
 研究チームは、癌免疫を活性化するマクロファージの一種(CD169 陽性マクロファージ)を発見しました。このマクロファージの一部(CD169 陽性 CD11c 陽性マクロファージ)は、癌細胞を直接攻撃するキラー細胞(細胞傷害性T細胞)に食べた癌細胞の情報を伝え、癌細胞を殺すよう指令を出す重要な役割を持つことが分かりました。
 死んだ癌細胞(癌細胞の死骸)を免疫系が認識し、癌に対する免疫が活性化する場合がある(癌免疫)ことが知られていますが、この癌免疫では、マクロファージなどの食細胞が癌の死細胞(癌細胞の死骸)を取り込み、死細胞に含まれる癌抗原を提示して、リンパ節にいる癌細胞を殺すキラー細胞(細胞傷害性T細胞)を活性化します。このマクロファージを効率的に活性化することによって、癌免疫を誘導する新たな治療につながる可能性があります。」


 これはつまり、

「研究チームが新しく発見した、癌免疫を活性化するマクロファージの一種(CD169 陽性マクロファージ)の一部(CD169 陽性 CD11c 陽性マクロファージ)は、食べた『癌の死細胞(癌細胞の死骸)』の情報を『癌細胞を直接攻撃するキラー細胞(細胞傷害性T細胞)』に伝えてキラー細胞(細胞傷害性T細胞)を活性化し、キラー細胞(細胞傷害性T細胞)に癌細胞を殺すよう指令を出す重要な役割を持つことが分かった。
 これを応用して『癌の死細胞(癌細胞の死骸)』を体内に投与すれば、その『癌の死細胞(癌細胞の死骸)』をマクロファージの一種(CD169 陽性マクロファージ)の一部(CD169 陽性 CD11c 陽性マクロファージ)が食べて癌情報をキラー細胞(細胞傷害性T細胞)に伝えるので、キラー細胞(細胞傷害性T細胞)が活性化する。癌細胞を直接攻撃するキラー細胞(細胞傷害性T細胞)が活性化すれば癌免疫が高まり、安全に癌を抑制することができる。」


 ということです。


 これを立証するためにマウス実験をすると、

「放射線を照射して殺した癌の死細胞(癌細胞の死骸)を、マウスに皮下注射しておく。
 何も投与していないマウスに生きた癌細胞を植えると、癌が大きくなってマウスは死んでしまう。
 しかし、あらかじめ癌の死細胞(癌細胞の死骸)を皮下注射して投与しておいたマウスでは、癌の発育を完全に抑えることが確認できた(図A)。これは、癌の死細胞(癌細胞の死骸)が “癌免疫を活性化するワクチン(癌ワクチン)” として利用できることを示している。」

Macrophage01

《図A解説》 癌の死細胞(癌細胞の死骸)を投与したマウス群(□)は、投与していないマウス群(■)に比べて、確実に癌を抑制できている。お話しにならない差です。

 という実験結果が得られたわけです。


 もう一度、この癌研究報告をまとめますと、

癌の死細胞(癌細胞の死骸)を皮下注射で体内に投与すると、その癌の死細胞(癌細胞の死骸)をマクロファージが取り込んで効率的に『癌抗原』を提示してキラー細胞(細胞傷害性T細胞)を活性化するので、癌免疫を高める事ができます(強化できます)。癌の死細胞(癌細胞の死骸)を体内に投与すれば、それが “癌ワクチン” となって癌免疫が活性化して高まり、癌の抑制に貢献する事が動物実験で確認できました。」

 という内容になります。


 ただ、ここでは「新しく発見されたマクロファージ」だけに焦点が絞られていますが、「癌の死細胞(癌細胞の死骸)」には『癌抗原』が含まれており、この『癌抗原』があれば抗体が正しく作り直されるので、「癌の抗体が正しく作り直される事で、癌免疫が高まった(強化された)」という恩恵もあるはずだと思います。

 「こちら」の記事で、甲田光雄先生のお弟子さんが、

抗体は、異物を捕え貪食分解したマクロファージなどがその成分を抗原として提示し、提示を受けたT細胞がB細胞に働いて作られるものです(T細胞から提示を受けたB細胞が抗体を産生します)。」
食細胞は、マクロファ-ジ・樹状細胞・好中球の3種類あります

 と言われていますように、提示を受けたB細胞による「癌の抗体の産生」も、癌免疫を高めるのに貢献しているでしょう。

 まァ~、「新しく発見されたマクロファージ」の働きによるものであろうが、「正しく作り直された癌の抗体」の働きによるものであろうが、『癌抗原』を含む「癌の死細胞(癌細胞の死骸)」を体内に投与すると癌免疫が活性化して高まるのですね。

 この癌研究報告で大事なる要点は、

「『癌抗原』を含む “癌の死細胞(癌細胞の死骸)” を体内に投与すれば、それが “癌ワクチン” となって癌免疫が活性化して高まり、癌の抑制に貢献してくれる。」

 という医学的事実をよくつかみ、これを正しく理解する事です。
この記事では『樹状細胞は癌免疫にはあまり関わっていない』と言っていますが、「個別オーダーメイドの癌ワクチン」での「高石繁生」医学博士が開発された『癌の免疫療法』では『樹状細胞ワクチン療法』を行っています。こちらの「参照1」「参照2」の記事はとても参考になります



 私がこの癌研究報告で一番着目したのは、「癌の死細胞(癌細胞の死骸)を皮下注射で投与する」という点です。
 この記事で一番大事なポイントは『皮下注射で投与した』という点にあります。
 これを理解するためには、『飲尿療法』の方向から見つめると分かりやすいです。

 実は、この記事は『飲尿療法による “癌ワクチンの効果” を、医学的に立証してくれている研究内容』と言えるでしょう。
 それは一体どういう事なのかを、これからお話しして行きます。


 「飲尿療法は、必ず「起床してから一番最初に出る尿」を飲用すること」にてお話ししました通り、癌患者さんの『起床してから一番最初に出る尿』には『癌抗原』が僅かながら含まれています。古く死んだ癌細胞は血液で運ばれて尿から排出されるので、癌患者さんの尿には「癌の死細胞(癌細胞の死骸)」も含まれています。
 有名な「ハスミワクチン(参照1参照2参照3)」の『自家ワクチン』は、癌患者自身の尿から採取した「癌細胞の死骸(癌の死細胞)」や「細胞膜抗原(癌抗原)」でワクチンを作っています(尿の他には、癌患者自身の腹水や胸水、子宮の洗浄液、うがい水などから採取します)。癌患者の尿には、その癌患者当人のオリジナルの『癌抗原』や「癌の死細胞(癌細胞の死骸)」が存在しているのです(癌患者の尿に含まれる『癌抗原』や「癌の死細胞(癌細胞の死骸)」はその癌患者自身のものですから、その癌患者に一番適合するのです)。
 この癌患者オリジナルの『癌抗原』や「癌の死細胞(癌細胞の死骸)」を含有している『起床してから一番最初に出る尿』を飲用すれば、この記事と同様の「癌免疫が活性化して高まる」効果が得られるのです。飲尿療法が『自家ワクチン(オリジナルワクチン)』と呼ばれる所以です。

 この癌研究報告のマウス実験のように、放射線照射や抗がん剤などによって殺した「癌の死細胞(癌細胞の死骸)」を使用しても構わないのですが、何もそんな大それた事をするまでもなく、癌患者さんの『起床してから一番最初に出る尿』には癌患者自身に一番適合する『癌抗原』や「癌の死細胞(癌細胞の死骸)」が含まれているのですから、この『起床してから一番最初に出る尿』を使用していけば、それが立派な『自家製の癌ワクチン(癌患者オリジナルの癌ワクチン)』となるわけです。癌患者自身に一番適合する『癌抗原』や「癌の死細胞(癌細胞の死骸)」の摂取にはこれが一番最適で安全であり、何しろ医療機関に頼らなくても毎日自宅で簡単に無料でできてしまうのですから、何も文句はないはずなんです。

 癌患者さんは自分オリジナルの(自分に一番適合する)『癌抗原』や「癌の死細胞(癌細胞の死骸)」が含まれている『起床してから一番最初に出る尿』を毎日コツコツと飲用して体内に取り入れて行けば、この癌研究報告で医学的にも立証されている『癌ワクチンとしての効用(癌免疫を活性化して高める)』が毎日自宅で安全に簡単に無料で得られて行くわけなのです。

 癌患者のみなさん、どう思いますか?
 「これでいいのだぁ~!」と思いませんか? (私は「これが一番良い!」と思うのですが・・・


 ここで、「癌の死細胞(癌細胞の死骸)を皮下注射で投与する」の話に入ります。

 「尿療法バイブル」という、飲尿療法の素晴らしい名著があります。


 この「尿療法バイブル」の中には、多数の医学博士による尿療法の論文や文献が多く掲載されています。この中でまず目に付くのが、患者自身の新鮮な尿を『経口摂取』するか、『皮下注射』する事で、様々な病気に著効を得ている事です。

 私がこの癌研究報告のマウス実験で最初に目に付いたのが、マウスに『癌抗原』を含む “癌の死細胞(癌細胞の死骸)” を『皮下注射している』点でしたが、これこそが『癌抗原』や「癌の死細胞(癌細胞の死骸)」を『癌ワクチンとして機能させるポイント』なのです。
 『癌抗原』や「癌の死細胞(癌細胞の死骸)」を『癌ワクチン』として活用するのには、『経口摂取』か『皮下注射』である必要があるのです。このマウス実験では『皮下注射』によって『癌抗原』を含む「癌の死細胞(癌細胞の死骸)」を体内に投与する事で、『癌ワクチン』としての働き、つまり「癌免疫を活性化して高める」効果を実現していたので、「マウスの癌を抑制する事ができた」という好結果が得られたわけです。
 ですから、『癌抗原』や「癌の死細胞(癌細胞の死骸)」は『経口摂取』か『皮下注射』で投与する必要がある、という事が『癌ワクチンとして機能させる上で、絶対に必要となる最重要条件』となります。


 以上を踏まえまして、再度、この癌研究報告の内容をまとめますと、

『癌抗原』を含む「癌の死細胞(癌細胞の死骸)」を『経口摂取』か『皮下注射』で体内に投与する。
体内に投与した『癌抗原』を含む「癌の死細胞(癌細胞の死骸)」が『癌ワクチン』としての働きを示し、マクロファージの一種(CD169 陽性マクロファージ)の一部(CD169 陽性 CD11c 陽性マクロファージ)がこれを食べて癌情報をキラー細胞(細胞傷害性T細胞)に伝える事でキラー細胞(細胞傷害性T細胞)が活性化する。
癌免疫が活性化して高まり、癌の抑制が実現する。
  また同時に、「癌の死細胞(癌細胞の死骸)」に含まれる『癌抗原』に対応する抗体が正しく作り直されるので、癌免疫が改善されて高まり、癌の抑制に貢献する。

 と言う事ができるでしょう。



 さて、ここで「この癌研究報告の記事の中にある問題点」に入ります。

 このマウス実験では、『癌抗原』を含む「癌の死細胞(癌細胞の死骸)」を『皮下注射』によって体内に投与して、これを『癌ワクチン』として機能させる事で「癌免疫を活性化して高める」効果を得ていました。

 しかし、この記事にはこうあります。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


【要旨】
 放射線照射などによって癌細胞を殺すと、死んだ癌細胞を免疫系が認識し、癌に対する免疫が活性化する場合があることが知られ、この現象を利用した治療法が応用されつつあります。

【背景】
 放射線照射や化学療法(抗がん剤)などによって癌細胞を殺すと、死んだ癌細胞を免疫系が認識し、癌に対する免疫が活性化する場合がある(癌免疫)ことが知られています。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 これでは、まったくの説明不足です。
 これじゃァ~まるで、抗がん剤や放射線で殺した癌細胞(癌の死細胞癌細胞の死骸)を免疫系が認識し、それにより癌免疫が活性化されて癌の抑制に貢献する、とでも聞こえてきそうです。

 「えっ!? そうじゃないの!!?」と思われましたか?
 実は、これはあり得ない事なのです。

 だってですよ、よく考えてみてください。

 抗がん剤や放射線を受けた癌患者さんは、みなさん、免疫が高まっていますか?
 実際にはその真逆で、抗がん剤や放射線を受ければ、様々な副作用の原因もあるのでしょうけれど、免疫は決まって低下して行き、体の「癌に対応する力(癌免疫など)」をどんどん削がれてしまい、最後は癌がさく裂して体中が癌だらけとなり、癌で亡くなって行くのです。

 ですから、上述の【要旨】【背景】の解説には問題があります。これは本当に大問題です。
 この解説では、まるで「抗がん剤治療や放射線治療によって癌免疫が活性化して高まる」ように聞こえて来ますが、実際の実地を見れば、そんな事は絶対に起こっていないのが実情なのです。


 抗がん剤や放射線で殺した癌細胞(癌の死細胞癌細胞の死骸)があろうがなかろうが、人間の免疫は誰でも常時、癌と闘っているのですし、特に、癌患者自身の「血液」や「体液」には「癌の死細胞(癌細胞の死骸)」くらいは常時存在しているはずです。だからこそ、その血液の発生物である『尿(血液が腎臓で濾過された体液)』に、「癌の死細胞(癌細胞の死骸)」が排出されて出て来るのです。

 癌患者であれば、体内の「血液」「体液」「尿」には『癌抗原』や「癌の死細胞(癌細胞の死骸)」が常時あるものですが、体内に『癌抗原』や「癌の死細胞(癌細胞の死骸)」があるだけでは、『癌ワクチン』としての「癌免疫の活性化して高める」効果は得られないのです。
 もし、体内に『癌抗原』や「癌の死細胞(癌細胞の死骸)」があるだけで癌免疫が活性化して高まり癌を抑制できるのであれば、誰も癌では死にませんよ・・・(汗)。

 しかも、抗がん剤や放射線で殺されて死んだ癌細胞(癌の死細胞癌細胞の死骸)が体内で『癌ワクチン』として機能して、それで癌免疫が活性化して高まるのであれば、一度だけ抗がん剤や放射線を受ければ、抗がん剤や放射線に殺されて死んだ癌細胞(癌の死細胞癌細胞の死骸)がそれなりに発生するのですから、抗がん剤や放射線を一度受けただけで癌免疫が活性化して高まってしまう事になりますが、実際にはそうではないはずです。
 やはり、抗がん剤や放射線を受けると免疫が低下してしまうのは、世間でもよく知られている事実です。抗がん剤や放射線をいくらやっても、癌免疫が活性化して高まるなんて事は全然ないわけです。

 このように、体内に『癌抗原』や「癌の死細胞(癌細胞の死骸)」があれば、これを免疫系が認識し、それによって癌免疫が活性化して高まる、なんて事はあり得ないのです。それに、体内に『癌抗原』や「癌の死細胞(癌細胞の死骸)」があるだけでは、抗体も正しく作り直せないのですね。これが、実地に現れている事実なのです。


 ところが、癌患者の体内に存在している『癌抗原』や「癌の死細胞(癌細胞の死骸)」を、一度、体内から体外に取り出してから(分派させてから)、再びもう一度、体内に戻してやる(融合させてやる)と『癌ワクチン』として機能して、「癌免疫を活性化して高める」効果が実現します。

 その「戻し方(融合方法)」は、『経口摂取』か『皮下注射』です。

 これは、なぜそうなるのかは、医学的にはまだはっきりと分かっていません。
 「尿療法バイブル」に載っている医学博士たちの論文にも、「なぜだかはまだよく分からないが、患者自身の新鮮な尿を患者に投与すると、患者に改善反応が見られる」という報告が多数あります。

 日本で飲尿療法を広められた故「中尾良一」博士は、尿療法の原理について、

喉(のど)の部分に特殊センサー細胞が存在し、尿という体内情報を秘めたメッセージを感知して、大脳に於いて処理された病因を、自然治癒力の作用によって治癒効果を表すのであろう。

 と推測されていました。
 これはつまり、尿療法は『経口摂取』でなければ意味がない(飲尿でなければならない)、という事になります。

 しかし『癌ワクチン』として行なう尿療法は、『経口摂取』だけでなく(飲尿だけでなく)、『皮下注射』による投与でも、癌免疫の活性化による “癌免疫の向上” が得られます。それは、この癌研究報告のマウス実験の結果を見ても分かる事です。
 このマウス実験では、『癌抗原』を含む「癌の死細胞(癌細胞の死骸)」を『皮下注射』でマウスに投与しています。すると、それが『癌ワクチン』として機能し、マウスの癌免疫が活性化して高められ、マウスの癌が抑制された、という好結果を得ているのです。この貴重な実験結果を見れば、『皮下注射』による投与でも、充分に『癌ワクチン』として用を成す(癌免疫が活性化して高まり、癌の抑制力が強化される)事が分かります。

 結局、癌患者自身の『癌抗原』や「癌の死細胞(癌細胞の死骸)」を『経口摂取』か『皮下注射』で体内に戻して再び融合させてやると、それが『癌ワクチン』として機能して、癌患者の癌免疫を活性化して高める事ができるわけです。


 もう一度繰り返しますが、『癌抗原』や「癌の死細胞(癌細胞の死骸)」が癌患者の体内に存在するだけでは『癌ワクチン』としては機能せず、癌免疫の活性化も向上も起こりません。癌患者の体内にある『癌抗原』や「癌の死細胞(癌細胞の死骸)」を一度、体外に取り出して分派させてから、また再び癌患者の体内に戻して融合させてやると、それが『癌ワクチン』としての機能を発揮して、癌免疫が活性化して高まって行くのです。

 つまり、ここで理解すべき事は、癌患者の体内にある『癌抗原』や「癌の死細胞(癌細胞の死骸)」を、一度、体外に “分派” させてから、また体内に戻して “融合” させる、という「過程」が必要なのです。癌患者の体内にある『癌抗原』や「癌の死細胞(癌細胞の死骸)」を『癌ワクチン』として機能させるためには、この「過程」がどうしても必要なのですね・・・。

 私は、この「過程」の道筋を『分派と融合理論』とでも呼んであげたらいいんじゃないかなァ~ と思います。
 まァ~、この「過程分派と融合)」の必要性が分かれば、何と呼んでもいいんですけれども・・・(汗)。


 なぜ「分派させてから、また融合させる」必要があるのか、私には正確には分かりませんが、いずれにせよ、ここで重要な事は、癌患者の体内にある『癌抗原』や「癌の死細胞(癌細胞の死骸)」を一度、体外に分派させてから、その体外に分派させた『癌抗原』や「癌の死細胞(癌細胞の死骸)」をまた再び体内に戻して融合させてあげると『癌ワクチン』として機能する、という事実です。これを一番簡単に活かせる方法が『飲尿療法』であるのは言わずもがなです。

 癌患者さんの『起床してから一番最初に出る尿』には自分オリジナルの『癌抗原』や「癌の死細胞(癌細胞の死骸)」が僅かながら含まれているのですから、毎日『起床してから一番最初に出る尿』を飲用して摂取する事で、『癌抗原』や「癌の死細胞(癌細胞の死骸)」を含有している自分の尿を『癌ワクチン(自家製の癌ワクチン)』として活用すれば良いのです。
 『飲尿療法』は、副作用もなく一番安全であり(尿はいくら飲んでも無害であり、安全な飲み物です。副作用はありませんが、好転反応は絶対にあります)、一番自然であり(自然界の動物も、人類も、太古の昔から飲尿療法を活用して来ました)、一番お金がかからず(と言うか、完全に無料です)、気持ち一本で今日から即日実行できる自然療法です。

 ところが『飲尿療法』は、世間ではなぜか軽蔑視されてしまっているのです。
 この世間様の「無知なる風潮」に流されて『飲尿療法』の価値を無視するのは個人のご自由ではありますが、そんな世間様の「無知」に流されてこの価値ある『飲尿療法』を捨て去ってしまうのは、私は絶対に「もったいない!」と思います。

 だって、そう思いませんか・・・?


 ここで、もう一度まとめますと、

「体内に『癌抗原』や「癌の死細胞(癌細胞の死骸)」が存在しているだけでは免疫系は認識しない、つまり『癌ワクチン』としてはまったく機能しない(もし機能しているならば、癌患者の癌免疫は何もせずとも毎日ガンガン活性化して高まって行って当然なはずですが、実際にはそうなっていませんね)。
 しかし、体内に存在する『癌抗原』や「癌の死細胞(癌細胞の死骸)」を、一度、体内から体外に取り出して分派させ、再びもう一度『経口摂取』か『皮下注射』で体内に戻して融合させてあげると、『癌ワクチン』としての機能を発揮して、癌免疫が活性化して高まるので癌の抑制が強化される(この癌研究報告のマウス実験で、それを立証する実験結果が得られている)。」


 と言う事ができるでしょう。


 しつこいようですが(汗)、最後にもう一度だけ、まとめさせてください。

 癌患者の『起床してから一番最初に出る尿』には、癌患者自身のオリジナルの『癌抗原』や「癌の死細胞(癌細胞の死骸)」が僅かながら含まれています。この『自尿(自分の尿)』を毎日コツコツ飲用する事によって、自分に一番適合する『癌抗原』や「癌の死細胞(癌細胞の死骸)」を確実に『経口摂取』できます。
 そうすれば、(この癌研究報告のマウス実験で立証されたように)飲尿によって経口摂取したその『癌抗原』や「癌の死細胞(癌細胞の死骸)」が『癌ワクチン』として機能を発揮して、癌患者の癌免疫が活性化して高まり、癌を抑制する力が強化されます。

 この『飲尿療法』と併用して「食事療法」「少食療法」「断食療法」を組み合わせれば、癌が抑制されるだけでなく、さらに「癌の改善反応」が得られて行く事でしょう。癌体質が改善され、癌の自然退縮も実現できるはずです。

 「免疫療法は、食事療法とセットで効力を発揮する」でも書きましたが、癌の免疫療法というものは必ず『食事療法とセットで行ってこそ、その本領を発揮できる』という事を忘れないでください。「食事療法」だけでなく、「少食療法(1300kcal 以内の少食)」や「断食療法(「半日断食」や「週末一日断食」のような、短期間の安全な断食 )」を組み合わせれば、さらに有効です。

 だからこそ、私は「食事療法」「少食療法」「断食療法」に『飲尿療法』を加えて、この4つの自然療法を “癌治療の4柱” として『癌治療の母体土台)』に置いています。このどれもが、日本や世界の癌研究で報告されている「癌治療で実際に効果している自然療法(癌患者を実際に救っている自然療法)」です。
 この4つの自然療法は、日本においても、世界においても、実際に癌患者を数々救って来た療法です。しかし日本では、これは『自己療法』の部類に入りますから、この「自然療法の価値」を活かすも殺すも、癌患者さんご自身の判断力と実行力次第になります。



 最後に、(注釈1)と(注釈2)に関する問題点をお話しします。
 (注釈1)と(注釈2)には、こう書かれています。

注釈1
  がん細胞は、体の免疫監視をかいくぐり、免疫系の攻撃を受けずに増殖していきます。

注釈2
  がん細胞は、体の免疫監視をかいくぐるさまざまな仕組みを持ち、
  免疫系に認識されず、攻撃も受けずに増殖していきます。

 これは、絶対にいけません! これじゃ、本当に “遺憾” です!!
 一流であるはずの「理化学研究所」が、こんな文句を平気で並べていてはダメです・・・(涙)。


 もう一度、この文句をよく見てみましょう。

(1)細胞は体の免疫監視をかいくぐり、免疫系の攻撃を受けずに増殖して行く。
(2)癌細胞は体の免疫監視をかいくぐる様々な仕組みを持ち、免疫系に認識されず、攻撃も受けずに増殖して行く。

 こりゃぁ~、「安保徹」医学博士が聞いたら泣いて呆れるでしょう・・・。

 もし(1)(2)の文句のように、癌細胞は「免疫系の攻撃を受けずに増殖して行く」し、「免疫系に認識されず、攻撃も受けずに増殖して行く」のであれば、はっきり言って、免疫系の存在価値はまったくなくなってしまいます。

 一体、何のために存在している免疫系なのでしょうか?
 (癌細胞を含む外敵から身を守るためではないのですか・・・?


 最近の研究では、赤ん坊から老人まで、毎日平均して癌細胞が約5000個ほど体内で発生し、成人の健康体でも数百万から数億個の癌細胞が存在しているそうです。しかし、健康体の人が癌細胞が悪性化して癌にならないのは、癌細胞を攻撃して食べてしまうマクロファージやNK細胞(ナチュラルキラー細胞)などの血液中の白血球(免疫担当細胞)の働きがあるお陰です。これがすなわち『免疫系の働き』ですが、この白血球(免疫担当細胞)の働きを高めてあげれば「癌になり難い体になる」というわけです。癌細胞は「誰でもあって当たり前」なのであり、癌細胞が悪性化して肉体を蝕んで行かなければ別に問題はないのです。体内ではこのようにして、癌細胞が常に増減しています。

 癌細胞はこのようにして体内で常に増減していますが、美食や飽食に明け暮れたり、心身にストレスが溜まれば、免疫は低下してしまい、化学物質・化学化合物などの発癌性物質を含む食品を摂取したり、癌を育ててしまう食事(ブドウ糖の摂取一日1500kcal 以上の食事量肉製品や乳製品の摂取過食飽食など)をすれば、その分、癌は増殖して行くでしょう。
 逆に、食事改善をして血液浄化をしたり、食事量を減らして少食にしたり、断食をしたり、癌を育ててしまう肉製品や乳製品の摂取を止めたり、腸内細菌を改善したり、宿便を取り除いたり、飲尿療法をしたり、心身を安静に保ったりすれば、免疫は自然と高まり、癌は減って行くでしょう。

 つまり、癌細胞の増減は「免疫力の増減と関係している」という事です。


 (1)(2)の文句を私なりにキチンと「より正確に」表現すれば、こうなるでしょう。

「人間の体には、(癌細胞を含む)外敵(非自己)から身を守るための免疫系が存在しています。
 この免疫系がしっかりと機能していれば、人間の体は(癌細胞を含む)外敵(非自己)に侵され難くなります。
 癌になっている人は、この免疫系の働きが非常に低下しています。中には “免疫系が癌を認識できない” などの免疫異常のある人もいます。こうした “免疫の低下” や “免疫異常” によって、免疫系は癌を抑制しきれなくなるのです(つまり、癌体質になっている状態です)。
 癌細胞には “免疫系の監視をかいくぐる” 様々な仕組みがあります。
 免疫が低下していたり、免疫異常があったりすれば、尚の事、癌細胞は免疫系の攻撃を受けずに増殖して行くでしょう。
 ましてや、癌を育ててしまうような食事(ブドウ糖の摂取一日1500kcal 以上の食事量肉製品や乳製品の摂取美食や過食飽食など)をしていれば、癌はより一層増殖して行く事になるのです。」


 このような視点から細かく見つめれば、上述の(1)(2)の文句が「説明不足の曖昧な表現」になっている事がお分かりになられると思います。日本の癌医療を担う「理化学研究所」の先生(癌医療のプロ)が平気でこのような文句を並べてしまう事に、私は本当に躊躇します。このような文句をそのまま鵜呑みにして信じ込んでしまうと、たいていの癌患者さんは「癌の増殖は、どうやっても抑えられない~ッ!」と思い込まされてしまうのです。

 私たちは日々メディアから受けてしまっている視覚的・聴覚的な「情報操作(情報コントロール)」によって、間違った情報を無意識に思い込まされてしまっています。この “思い込み” が本当に怖いのです。平気で真実を歪め、曇らせて行きます。
 多くの癌患者さんがこの “間違った思い込み” によって「癌の増殖はどうやっても阻止できない・・、早く癌医療にお任せしなきゃぁ~!」となってしまい、癌患者さんに「自分でできる、癌の抑制」を怠らせます。これが、世間に根付いてしまっている『癌医療界による洗脳(癌=死)』なのです。これは、癌になった人に「標準的な癌医療(抗がん剤放射線手術)を受けさせよう」とする、巧みな『癌医療の罠(トラップ)』です。癌患者さんをこの『罠(トラップ)』にかけるために、癌医療界は製薬業界と共謀して「癌は死病・・、癌は治らない・・、癌は通常療法(抗がん剤放射線手術)以外に道はなし!」と囁きながら、言葉巧みに日本国民を『洗脳(癌=死)』して来たのです。そして、多くの癌患者さんがその餌食となって来ました。
 こうして、日本の癌医療ビジネスは、今や「年間15~20兆円」もの凄まじい巨利を得ています。癌の専門家としての立場を上手く使い、日本国民を言葉巧みに洗脳しながら、平気な顔して絶大な巨利を生み出していたのです。まったく、癌医療ビジネスとは本当に恐ろしいビジネスです・・・。

 「癌が増殖するのは、どうする事もできないのか・・・」、そんな事は決してないのです。
 上述のように、食事のコントロール(食事の質と量)によって、癌細胞の増殖をコントロールできるのです。
 「食事療法」「少食療法」「断食療法」によって『癌を育てないような食事』をして行けば、癌の増殖は抑制できるのです。
 これに『飲尿療法』を組み合わせれば、尚の事、癌免疫を活性化して高められるので、癌の抑制を実現できるでしょう。

 現代医学らしいこういう謳い文句は、本当に遺憾に思います。
 世間の眼が曇らされてしまうわけです・・。多くの日本人が「癌の真実」から遠ざけられてしまっています・・・。
 ホント、「安保徹」医学博士に “お尻ペンペン” してもらいたいくらいです・・・(涙)。


 では、この続きは「飲尿療法が「癌治療に有効する」という科学的エビデンスは、もうすでに揃っている!【2つの『癌の免疫療法』から、飲尿療法が癌治療に有効する原理を紐解く】」にてお話しします。

 その前に、必ず「第4の癌治療法 ~ 癌ワクチン療法【 久留米大学医学部「伊東恭悟」教授の開発した『がんペプチドワクチン』】」もご一読して頂いてからご覧になって頂きたいと思います。 よろしくお願いします m(__)m