癌検診は受けてはいけない
 【「食べない生き方」
より 】

cancer[1]


  ① 人間ドック
  ② 脳ドック
  ③ 癌検診
  ④ メタボ検診
  ⑤ 定期健康診断


 これらを五大検診と呼びます。
 五大検診は、表向きは国民の健康を守るという建前になっています。
 しかし、実情は巨大医療産業の利益を守るために存在します。
 五大検診ビジネスは健常人を病人に仕立てて、さらに検査漬け、薬漬け、手術漬けで稼ぐための罠・仕掛けなのです。

 人間ドックは日本人だけの奇習です。
 人間ドック検診で最も恐ろしいのが、レントゲン検査によるX線被曝です。
 放射線の一種X線には、強烈な発癌性があります。
 さらに催奇形性もあります。
 いずれも、放射線エネルギーが遺伝子 DNA を破壊してしまうからです。
 一度でもレントゲン検査を受けると、発癌リスクは高まります。
 癌を防ぐための検診が、逆に癌を増やしているのです。
 人間ドックは癌患者製造施設なのです。

 定期健診には、病気を防いだり、寿命を延ばす効果はありません。
 欧米では、行政も企業も定期健診などしていません。
 定期健診は日本だけの奇習です。
 日本では労働安全衛生法で雇用主に強制されており、拒否すると処罰されます。
 特に怖いのが、胸部X線撮影を国家が強制している事です。

 日本人の死亡原因のトップは癌です。
 厚労省の発表では、年間約35万人が癌で死亡しているそうです。
 しかし、この数字には悪質な誤魔化しがあります。
 癌で死亡したとされる患者の約8割は、癌で亡くなっているのではありません。
 彼らは癌ではなく、病院で施された癌治療の犠牲者なのです。

 大半の患者は、癌以外の死因で亡くなっています。
 その多くは感染症です。
 肺炎、院内感染、インフルエンザ、カンジダ菌感染症・・・ など。
 なぜ、大半の癌患者が感染症で命を落とすのでしょうか?
 それは、彼らの免疫力が限りなくゼロになっているからです。
 では、なぜ癌患者の免疫力が失われたのでしょうか?
 それは、癌患者に大量投与された抗癌剤、大量照射された放射線、不要な手術による疲弊などによる副作用が原因です。

 ロック歌手の忌野清志郎さんは、最後は無菌室で息を引き取ったと報じられました。
 なぜ、無菌室なのでしょうか?
 それは、忌野清志郎さんが抗癌剤や放射線などにより、免疫細胞のリンパ球などがゼロの状態になったため、最後は感染症に全身を侵されて亡くなったのです。

 検査で見つかる癌は良性の癌もどきです。
 それを抗癌剤、放射線、手術で悪性化、狂暴化させているのが、癌治療の悪魔的正体です。


surgery-chemo-radiation


 1990年代から、海外では癌の代替療法が主流になっています。
 しかし、日本だけは相も変わらず、外科療法(手術)、化学療法(抗がん剤)、放射線療法の三大療法一辺倒です。
 日本の癌治療は、欧米に20年は遅れています。


gan_chiryou_no_uso_kondou


 癌医療利権を握る者たちは、自然療法などには見向きもしません。
 そんな治療方法では儲からないからです。
 癌治療利権が手にする利益は、年間推定で20兆円です。
 莫大な利益が、医者、病院、抗癌剤メーカーの懐に怒濤のように流れ込んでいるのです。

akuma911


 医者も、抗癌剤が猛毒物質である事を知っています。
 だから、自分や身内には絶対、抗癌剤は打たせません。
 患者が食事療法などを希望しても無視して抗癌剤を打ちまくってきた東大医学部の教授四人が、自ら癌になったら四人とも抗癌剤拒否で食事療法で治した、という意味不明なエピソードもあります。

 医者は、早期発見、早期治療のスローガンのもと、癌検診で本当は癌でない人たちに癌を宣告します。
 癌検診で見つかる癌は、すべて良性の癌もどきです。
 癌宣告により、恐怖に打ちひしがれた人々に、医者は抗癌剤を投与して本物の癌患者に仕立てます。
 こうして癌患者の数を増やせば、彼らの抗癌剤による売上利益も拡大します。
 癌検診は、医療利権の市場開拓なのです。

 抗癌剤による化学療法は有害無益です。
 抗癌剤を投与すると、一部の患者には腫瘍縮小が見られます。
 しかし、癌細胞は自らの遺伝子を変化させ、たちまち抗癌剤の毒性に耐性を獲得してしまいます。
 だから、抗癌剤は癌細胞に対して全く効力を失います。
 癌患者は、ただ抗癌剤の毒性を被るのみです。

img_504906_4083265_293f6bc7d99ce6c5ab9e513b6be5ca0cc
449f7c10799e9266c5ee3cfb2108b855


 人間の体内では、赤ちゃんから老人まで毎日約5000個の癌細胞が生まれています。
 それでも健康でいられるのは、白血球の一種であるNK細胞(ナチュラルキラー細胞参照1参照2)が常に体内をパトロールして癌細胞を退治しているからです。

 老衰で大往生したお年寄りを解剖したら約8割に癌があった、という報告もあります。
 癌が胃、甲状腺、前立腺、乳房など、体にどこかに潜んでいる人は非常に多いです。
 見方を変えれば、人々はすでに癌と共存共生しているのです。

 過食や喫煙などの不摂生をすると、気管や消化管の粘膜が傷つきます。
 そうすると、傷の周辺の細胞が分裂して穴を塞ごうとしますが、不摂生を続けると細胞分裂の度に染色体端部テロメアが日増しに短縮し、やがて限界に達すると、それ以上細胞分裂ができなくなります。
 この時、テロメアを複製する酵素テロメラーゼを持った修復細胞が生まれます。
 この修復細胞こそが癌なのです。

 西洋医学では、癌は私たちの命を奪う悪魔の細胞のように扱われていますが、実は、私たちの不摂生の後始末をするために現れた修復細胞だったのです。

 癌細胞は、自分の体の中にできる体細胞ですから、その根源を辿れば食事という事になります。
 癌患者が一番食べてはいけないものは、肉、卵、乳製品です。
 この三つは、腸の中に腐敗菌などの有害な細菌を繁殖させてしまいます。
 有害な細菌が急増すれば、様々な毒素が発生し、それが血液の中に取り込まれ、体中を巡り、癌や他の病気を発生させる事になります。
 人間は本来、果食動物なので、腸は動物性たんぱく質を円滑に処理できません。
 動物性食品には、繊維質がゼロです。
 よって、特に腸の中に停滞しやすく腐りやすいので、その結果、強烈な毒素を生み出してしまうのです。
 これら動物性たんぱく質こそが、史上最悪の発癌性物質です。
 とりわけ、肉は食べてはいけません。
 肉は体に癌を招く恐ろしい食品の筆頭です。
 肉を食べると腸の中で腐敗して、発癌性物質を発生させてしまうのです。
 人間の腸の中には、だいたい100種類、100兆個以上の腸内細菌が存在しています。
 肉を食べると、この中のウェルシュ菌が増加します。
 これは悪玉菌の代表バッターで、肉に含まれるアミノ酸を餌にして増殖し、アミン、スカトール、アンモニア、硫化水素などの毒素を発生させるのです。
 これら毒素は腸管から吸収されて血流に乗り、全身に様々な悪影響を及ぼします。
 中でも、アミンは胃腸内で亜硝酸と結び付いて、強力な発癌性物質ニトロソアミンを作るのです。
 肉は癌の餌と言われるのも、このような理由からです。

gan02
kanji
中医学では、内臓の事を「五臓六腑」と言いますが、腸は腑に当たります。
腑という字は「月編+府」と書きますが、月編は “人体” を意味する編です。
ですから「腐」には、人体の「府」である “腸” に「肉」が収まると『腐りますよ』
という意味があるのです。まさにこれは、先人が残してくれた「食の智慧」ですね!


 癌は、免疫力が低下した時に表面化してくる症状なので、発癌してもリンパ球を充分増やし、癌に猛攻撃を仕掛けられる体調をつくれば、癌細胞は増殖できません。
 そこで、癌細胞はリンパ球に負けそうになると散り散りになり、他の臓器で生き延びようとします。
 つまり、リンパ球に負けた癌細胞が転移の正体なのです。
 転移した癌は既に疲弊しているので、リンパ球の追撃を受けるとあっけなく自然消滅します。
 転移は癌が治る前兆なのです。

 多くの癌患者は、低体温で血液中に含まれている酸素が少ないという共通点があります。
 しかも、血糖値も高めの人が多いのです。
 癌患者に揃っているこの共通の条件、低体温、低酸素、高血糖がポイントです。
 ストレスによって、低体温、低酸素、高血糖の状態が、癌を生み出すのではないかと考えられます。

 低体温、低酸素、高血糖の状態を解消し、体内でミトコンドリアが活動しやすい環境を整えれば、癌細胞は自然に退縮します。

 癌を治すには、NK細胞を増やす事です。
 NK細胞を増強する方法は三つあります。

  笑う事
  食事を改める事
  体を温める事

 です。




◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


 補足

 記事中の次の部分をご覧ください。

「癌は、免疫力が低下した時に表面化してくる症状なので、発癌してもリンパ球を充分増やし、癌に猛攻撃を仕掛けられる体調をつくれば、癌細胞は増殖できません。
 そこで、癌細胞はリンパ球に負けそうになると散り散りになり、他の臓器で生き延びようとします。
 つまり、リンパ球に負けた癌細胞が転移の正体なのです。
 転移した癌は既に疲弊しているので、リンパ球の追撃を受けるとあっけなく自然消滅します。
 転移は癌が治る前兆なのです。」



 この内容に重なる資料を、「ゆっくり自然に生きよう!(癌があってもいいじゃないか^^)」ブログの「元気親父」さんが「この話には、勇気を頂いた^^」にてアップしてくださっていますので、ここでご紹介させて頂きます。



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


ガンは治るガンは治せる - 生命の自然治癒力 安保徹(著)

 【「Dr.シンスケ メディカルオフィス 「ガンが治るは、もはや当然」(安保徹)」より 】

                 ガンは治るガンは治せる - 生命の自然治癒力


 ガンの自然退縮の時に何が起こるかといいますと、ガンが死ぬときに腫瘍マーカーが上がるんですね。
 腫瘍マーカーはガン細胞の抱えている、膜とか細胞質の構成成分ですから、ガンが死ぬときに腫瘍マーカーが上がるときがあります。
 ですから、体調さえよければ、腫瘍マーカーが上がると喜ぶくらいの感覚でないといけません。
 あと、CT などで検査して、ガンのサイズが急に大きくなって、びっくりすることがあります。
 このときは、ガンの中が壊死して治っている、ということも、長崎の田嶋先生が症例を報告してらっしゃいます。
 見かけが大きくなって、中が壊死する、線維が強いときはそのまま空洞化して治るし、弱いときはそのあとで潰れるという形をとるんです。
 だから、あんまり、腫瘍マーカーがあがったり、ガンのサイズが大きくなったといって怯えて、せっかく体にいいことやって、さらに体調もいいのに、また体を痛める治療に引き込まれる人も多いです。そこは、注意したほうがいいですね。
 あと、京都研究所の福田先生は、転移したあとにいい結果が出るという症例をいっぱいもってらっしゃいます。やはり、リンパ球が働き出すと、もとのガン原発巣は悲鳴を上げて、ガンが散らばっていくんですね。そして、散らばったあとにスッと消えていく。
 意外と、肺転移・肝転移・骨髄転移したあとに消えていくことがある。
 転移をあまり気にすることはないですね。
 あとひとつ、治るときに通る、知っておかないといけないことがあります。
 温めて温めて、あるところまでは外から熱を加えて体温を上げているんですけれども、さらに進むと自分の力で体温を上げる反応が起こり出す人が結構います。
 実は、その時にリンパ球が最高の働きを示すわけです。
 ただ、その時の発熱の注意というのは、熱は副交感神経の極限で起こるために、熱が出たときにとてもだるいんですね。痛みも出ます。そうなると体もだるく、痛みも出るとなると、また悪くなったんじゃないかと思ってしまいがちです。
 せっかく今まで体にいいことを続けてきた人も、また慌てて抗がん剤治療に引き込まれる、という流れもあるので、発熱もプラスになるということを知っておく必要があると思いますね。



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



 この記事で言われている上記の内容(青字)は、「安保徹」医学博士が著書の中で説かれている癌の見解です。
 こういう癌の奥突っ込んだ見解は、安保博士のような人物でないと、これだけ分かりやすく解説できないでしょう。
 このような癌の認識はとても大事なので、ぜひ覚えておきたいところですね。

 ん~~、なんだか、この癌の見解は、まるで「平家滅亡」の流れによく似ていますね・・・。
 ここは、この癌理論を、癌の「平家滅亡理論」とでも表現したくなります。
 安保先生、いかがでしょうか・・?(やっぱし、怒られますか・・・:大汗


 癌の転移に関しましては、このような知識を知っておくのも大切な事だと思います。ただ、この記事で言われている「癌細胞は修復細胞である」「リンパ球に負けた癌細胞が転移の正体である」に関しましては、私はそれも癌の原理のひとつではあると思いますが、しかし、癌というものはそればかりではないはずです。

 例えば、「癌細胞は修復細胞である」ならば、せっかく傷付いた細胞を修復してくれているのに、なぜNK細胞は容赦なく癌細胞を攻撃して殺してしまうのか・・、です。NK細胞は正常な自己の細胞は攻撃しません。もし、すべての癌細胞が修復細胞であるならば、これから正常化しようとしている癌細胞を、なぜNK細胞は容赦なく攻撃してしまうのか・・、これは生体の連係プレーを考えれば、おそらく考えられない事だと思います。やはり、NK細胞が「やっつけにゃいかん!」と判断すればこそ(反応すればこそ)癌細胞を攻撃しているはずですから、NK細胞が攻撃している癌細胞は「体内から駆除すべき癌細胞」であろうと思います。

 私は以前、どこかの資料で見たことがあるのですが、「癌細胞を守っている免疫細胞が確認された」という記事を見たことがあります。もし本当に「癌細胞を守っている免疫細胞」が確認されたとするならば、それは世間で通常言われている「癌細胞を攻撃している免疫細胞」とは真反対の働き(行動)をしていることになります。
 これはつまり、癌に対応する免疫では、「癌細胞を守っている免疫細胞」と「癌細胞を攻撃している免疫細胞」の陰陽(真逆の存在)があるという事になります。癌細胞とは、免疫細胞が「守るべき癌細胞」と「駆除すべき癌細胞」の、大きく分けて2種類あると言えるのでしょう。この免疫細胞の動きを見る限りは、癌細胞とは大きく分けて「体に益成す癌細胞」と「体に害成す癌細胞」の2種類あると見るべきです。

 この「体に益成す癌細胞」と「体に害成す癌細胞」という、まったく真逆の癌細胞に関しては、私は以前から感じていた事でした。それは「【天然癌】と【化学癌】(現代医学と千島学説の「癌細胞発生プロセス」から見つめる)」や「藤田紘一郎教授の「病原性大腸菌 O-157」の解説に見る、癌の類似点」にて書きました【天然癌(体を守るために生み出された癌細胞)】【化学癌(体を破壊してしまう癌細胞)】です。

 上記の「癌細胞を守っている免疫細胞が確認された」という記事を見た時、私は「あぁ~、体を守るために生み出された【天然癌】を守っている免疫細胞もいるのかなァ~」と感じました。結局、癌細胞というものは、千島学説の「血液の浄化装置・排毒装置」としての役割を持った癌細胞もあり、この記事にありますような「傷付いた細胞を修復する」役割を果たしている修復細胞としての癌細胞もあって、これは体を守ろうとしている【天然癌】であろうと思います。現代の日本では、美食、飽食、肉製品と乳製品の過食、身土不二を破った食事などによる「食い間違い」が激しいので、食原病から来る癌は多いはずです。この食原病から起こる癌は【天然癌】に当たるでしょう。
 一方、先進国の強烈なる化学汚染によって人体に生み出されてしまった、体に害成す【化学癌】も、現代の日本では非常に多い事でしょう。特に現代の日本は日常のありとあらゆる面にまで化学汚染が深く浸透してしまっていますから、この【化学癌】がやたらと多いはずです。現代の日本には、【天然癌】と【化学癌】が入り乱れて存在していると思われます。現代の日本人が発症する癌は、まさに、様々な種類の癌の合併症(合併癌)です。


 この記事にある癌の見解は有用ではありますが、これが癌のすべてではないという事は忘れてはならないと思います。例えばですが、「癌細胞は修復細胞で、癌が転移したのは癌が治る兆しか!」と言えば、そういう場合もあるでしょうけれども、転移しっぱなしでそのまま亡くなって行く癌患者さんだって非常に多いはずなんです。すべての転移が「癌が治る兆し」だなんてあり得ないと思います。もしそうだとしたら、転移した癌患者さんが亡くなる事なんてないはずです。転移した癌患者さんは全員、サクッと癌が治って行って当然になってしまいます。しかし、現実はそうではありませんよね・・・。

 また、癌治療では「放置療法(何もせずに放ったらかしにしておく治療)」というものがありますが、高齢のお年寄りならば放置療法をしても、高齢ゆえに癌がほとんど進行しない場合は癌と共存しながら生きる事ができ、そのまま長寿で亡くなる人だっています。これは、癌で亡くなったのではなくて、長寿による寿命で亡くなっています。
 ところが、若い癌患者さんが放置療法などしようものならば、これは恐ろしい結末になるでしょう。若いゆえに癌の進行が早く、ましてや、現代食が止められずに肉製品や乳製品を過食でもしようものならば、短期間のうちに一気に末期癌へと進行して行く事になるでしょう。若い癌患者さんが食事改善を何もせず、自然療法(食事療法少食療法断食療法飲尿療法)を何も実行しないで「体内ケア(癌体質の改善)」を行なっていない状態で放置療法などしようものなら、癌はますます進行の一途をたどって行って当然です。これでは自殺行為です。

 癌に関しましては三大療法以外にも色々と言われていますけれども、幅広く見つめて行かなければ失敗する事もありますので、癌の情報は広く深く見つめて行く事が重要だと思います。

 何にせよ、癌治療というものは自然療法(食事療法少食療法断食療法飲尿療法)をして「癌体質を改善している」のが一番重要ですし、ここを無視すれば癌の克服などあり得ない事ですから、まずは、ご自分ができる範囲内で良いので、真っ先に自然療法(食事療法少食療法断食療法飲尿療法)を実行して行く事で「癌治療のスタートライン」を踏み出して頂きたいと思います。逆に言えば、自然療法(食事療法少食療法断食療法飲尿療法)すらしていなければ、癌を改善して治すための「癌治療のスタートライン」さえも踏み出せていない事を知ってください。


 やはり癌は、世間一般の医師のように、ただ「癌を叩け! 癌を殺せ! 癌を切り取れ! 癌をやっつけちゃえ~!」だけの見解では、とても癌患者を治してあげる事はできません。安保博士は当然のように「食事療法の超重要性」を説かれています。本当に、これが正しいのです。それなのに・・、安保博士は世間から「トンデモ」扱いを受けています。おっそろしい世間様です・・。これじゃ、世間の多くの癌患者さんの癌が治らなくて当然です・・・。

 もっと世間が本当の「癌の真相」をよく理解できるようになって、安保博士のように医学界を敵に回してまでして、世に「癌の真実」を説いてくだされている先生を応援できるようになって頂けたら有り難いです。製薬業界と癌医療界のおぞましい企みになど負けてはいられません。この「癌の真実」に気づかれた人たちから、ご自分なりに(ご自分が無理なくできる範囲内で)行動できたら、それがやがて大きなムーブメントを起こしてくれるのではないかと期待しています。私はちっちゃな事しかできませんが、当ブログサイトがどこかの癌患者さんのお役に立ってくれていたらいいなぁ~、と思っています。


 この記事の前半部分にあります「現代医療の実態(特に、癌医療に根付く悪態さ)」に関しましては、残念ながら、私は何も否定できません。日本の癌医療業界は、この記事のままの有様であるのが真相です。これは、医師の中でも気づいていない先生が多い事でしょう。日本の癌医療の現状は、とにかく「酷いぃ~」の一言しかありません。だって、これは事実です。癌患者を治せる可能性のある療法(食事療法少食療法断食療法などの自然療法)を通常療法に何も取り入れず、癌患者を治せない療法(抗がん剤放射線手術の儲かる三大療法)ばかりを発展させて最新医療だとか囁き、癌患者からさらに高額医療費を請求できるような医療環境だけを整えているのですから、標準的な癌医療は癌患者の癌を治す気はさらさらないと見てよいでしょう(ただ、手術の進歩は素晴らしいです。しかし、手術をしただけでは、絶対に癌は改善されません)。三大療法、特に抗がん剤と放射線の無意味さと恐ろしさを知り、癌治療において自然療法(食事療法少食療法断食療法飲尿療法など)が如何に重要であるかを知れば、この言葉の意味が鮮明に理解できるようになります。

 この内容は、今では様々な医学博士、医師、医療関係者が暴露している、日本の癌医療の「闇」の実情です。日本国民はこの癌医療の実態に対して、真剣に見つめて行かなければなりません。でないと、ご自分が損をします。損をする前に「癌の真実」を知り、自ら進んで『癌を改善して治す可能性を高める自然療法(食事療法少食療法断食療法飲尿療法など)』をご自分の癌治療に取り入れて行きましょう!

これは「損する」どころの騒ぎではなく、ご自分や、大切なご家族、お身内の生命が簡単に消されてしまう方向に向かう・・、恐ろしく危険な癌医療なのです。しかも、癌医療が原因で患者が死んでも、本当は不要であったはずの “高額” 医療費まで請求されるのです。
 この記事では『癌治療利権が手にする利益は、年間推定で 20兆円 です』と書いてあります。
 私は 15兆円 だと聞いていたんですけれども、私の気づかぬうちに、さらに上がってしまったのでしょうか・・・?
 まァ~、15兆円 であろうが、20兆円 であろうが、これはもはや、本当に「尋常ではない額」です!
 経営者の方ならばお分かりになられるかと思いますが、真面な事を真面目にやっているだけでは、こんな膨大な額には決して及びません。私たち国民の知らない「医療業界の影」で、癌医療には「用意周到に仕組まれていた “罠” があった」事に、早く気づいて行きましょう!