『朝食を抜いたらこうなった 』(甲田光雄)
 【「断食・少食・ダイエット日記」
より 】


朝食を抜いたらこうなった』甲田光雄 (春秋社 2003年)

                     朝食を抜いたらこうなった

 現代医学は、栄養を取り入れる面をよく考えた合理的なものだが、「老廃物を完全に排泄する」という “出す面” をあまり重視してこなかった。それが現代医学の重大な欠陥だ。しかも、その欠陥にまだ気づいていない。取り入れることも大切だが、「老廃物をいかに完全に出す」かという『排泄の医学』もそれに劣らず大切であるにもかかわらず、ほとんどその面が省みられなかったのだ。

 朝食抜きという午前中の断食(半日断食)は、(午前中は)前日に生成された老廃物を完全に出す重要な時間であることに、現代医学はまだ気づいていないのだ。この本は、現代医学で治らなかった患者に著者が朝食抜きの小食を指導して治していった多くの事例が掲載され、上の主張の正しさを雄弁に物語る。現代医学が見落としている人間の体の不思議を、これでもかというほどに見せつけられる。

 甲田療法や、そのもととなった西医学(西式健康法)が、もっともっと多くの人に関心をもたれてほしい。「朝食抜きは、体に毒」という「常識」がこれほどに蔓延している中で、その「常識」をまったく覆すような小食の実践が、驚くべき効果を挙げている事実は、現代医学を相対化する目を養ってくれる。


 この本は、朝食抜きの玄米、野菜食を基本とした甲田療法でも、とくに療法の途中で出る「一見、マイナスの現象(一見、マイナスに見える現象・症状」を事例として多く取り上げ、その意味や対処法にスポットを当てている。

 長年、リュウマチで苦しんだSさんの事例を見よう。

 医者に慢性の関節リウマチと診断され、ひどい痛みにステロイド剤を使用するが、痛みの軽減は一時的なもので、薬を増やしても痛みが楽にならない状態になった。ついには寝たきりになるのではないかという心配の中で、甲田医院を訪れた。甲田医師の元で食事療法を実行し、ほぼ6ヶ月でステロイド剤から解放された。ところが、小食で体重が減少し、160cm で、33kg にまで下がってしまった。

 以前かかっていた医師に「甲田療法のような馬鹿な治療はやめよ」と言われ、一時、現代栄養学のメニューに戻ったが、体重は増えてもリウマチの痛みは「復活」した。ついに決心して甲田療法に戻ったSさんは、その後、ある晩に3回もトイレに行き驚くほど大量の排便があった。つまり、宿便が出た。それから、Sさんの体調が一変する。それまで続いていた体重の減少が止まり、今度は、逆に太り出す。食事は以前と同じなのにである。29kg から、6ヶ月くらいで35kg になり、体力も増強し、リウマチの痛みも楽になっていった。宿便が排泄され、腸マヒが治り、腸がよく動くようになると、自己免疫疾患が改善されてリウマチが治ると甲田医師は言う。現代栄養学の常識では考えられないような超小食で元気に生活し、現代医学で難治とされる病気が見事に治っているのだ。これと同様の経過をたどって病気が治っていく事例がこの本に多く紹介されている。


 現代医学の驕り、私の母もリウマチで長年苦しみ、ステロイド系の薬で体力を消耗していたので、もう少し早く甲田療法を知ってたら、と無知を悔やむ。それにしても、こういう事例を多く読んでいると、現代医学、現代栄養学とは何なのかと今更ながら思う。西医学(西式健康法)や甲田理論をそのまま信じる必要はないだろうが、少なくともこうした考え方で目覚しい治療効果を挙げている療法がある以上は、現代医学も、社会も、もっと柔軟な目でこれらを観察し、真剣に検証していく必要があるのではないか。私の周囲を見る限り、そういう動きはあまりにも小さい。こうした実践と理論に目を閉ざしている現代医学には、一種の驕りのようなものを感じる。

 私は、出勤の前に野菜ジュースなどを飲んでいた時期もあったが、その後はずっと天然水だけにしている。職場でも、午前中はできるだけ天然水ということで朝抜きをかなり完全な形で行うようになった。昼食の量も少ないほうが調子が良いようだ。週一回の一日断食も含め、きわめて順調に朝抜き小食が定着している。便通が良くなり、血圧も下がっている。体重はさらに減少するだろう。

 しかし、この本を読むと、朝抜き小食にスムーズに移行できない場合も多いらしい。絶えられない空腹感やスタミナ切れ、痩せすぎ、貧血、頭痛、胃の痛み、脱毛、便秘、その他、各種の反応があるらしい。しかし、これらはちょっとした工夫や慣れで改善できる一時的な反応であり、工夫や継続で素晴らしい効果を挙げる前に、朝抜きから撤退してしまうのは実に残念だ。そのような人に何とか助け舟を出したい、そんな思いからこの本は書かれたと言う。




 補足

 この「長年、リュウマチで苦しんだSさん」の事例は、甲田療法が順調に進んだ時の典型例です。

 甲田療法の少食療法を実行された患者さんは必ず痩せて行き、痩せきったところで宿便が排泄され、宿便が排泄されると腸麻痺が治って「腸の栄養吸収能力が向上」することで、宿便排泄後には同じ少食メニューでもどんどん太り始めるのです。このV字の流れを「甲田カーブ」と呼んだりします。

 宿便が腸内にありますと腸が歪んだ形となり、腸がそのままその位置で癒着して腸麻痺を起しています。腸麻痺とは「腸が麻痺を起こして機能していない」状態です。この状態でいくら栄養満点の食事をしっかりと食べても、その食事の栄養がきちんと栄養吸収されているということはありません。栄養吸収されなかった栄養成分はそのまま排泄されるか、体内に残って余剰物質となり、毒となって患いの元になります。

 このSさんと同じような経験をしたのが、私の母です。まったくもって、そっくりです。
 まァ~、甲田療法を真面目にやられた方はたいていみなさん、こんな感じなんですよね。

 私は「福地さんへ(8月2日)」にて、この時の母の様子をこのようにお話ししました。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



 この「体重減少の現象」の良い典型例が、私の母です。母はず~っと持病の「冷え症」がありまして、「夏に骨が痛くなる」ほどの冷えの持ち主でした。病院に通っても、陽性食品で体を温めても、何をしても母の冷え症は良くならず、悪化の一途でした。断言しますが、冷え症は陽性食品では絶対に治りません。陽性食品を摂取した時だけ一時的に体は温まりますが、その後、冷えは悪化していくだけです。

 世間には冷え症の方が非常に多いですけれども、冷え症の方が陽性食品をいくら摂取しても「冷え性が一向に良くならない」のは、「陽性食品では冷え症を治せない」からなのです。陽性食品は「摂取した時だけ体を温め、その後は、逆に体を冷やす作用がある」ので、冷え症の方が陽性食品ばかり摂取していると、冷え症はかえってどんどん酷くなっていくのですね。

 数年前、母は持病の冷え症が急速に悪化して、顔色が恐ろしく悪くなり、父が心配して昭和医大病院(超どデカイ病院です)の漢方科に連れていって、そこで漢方治療を始めました。しかし、漢方療法を始めた途端に、母の体調はさらに悪化して、体はだるく、舌は痺れ、もはやどうにもならなくなりました。その時、私が母に甲田療法の生菜食のことを話しましたら、母は真剣に「お母さん、生菜食、やるぅぅ~!!!」とお言いになられまして、私は慌てて母の食事を指導しました。

 最初、母は「生玄米粉+生菜食」を中心とした食事をしましたが、確か2~3ヵ月後くらいに「お母さん、(ブリッジタイプの)入歯に玄米の粉が入り込んでしまって、痛くて食べられないのよ・・」と言ってきたので、私は「じゃぁ~、玄米クリームにしよう♪」と伝えて、そこから母は「玄米クリーム+生菜食」を中心にした食生活に入りました。母は生菜食をしっかりと食べ続けていきました(他には、豆腐、黒胡麻、ジャコ、卵などですが、ほとんど生菜食が中心です。今では玄米クリームよりか、浸水させた発芽玄米を生でポリポリ食べています)。

 それから1年間ほどで、母は長年の持病であった恐ろしいほどの冷え症がだいたい改善してしまったのです。今では、多少、腿が冷えるくらいだと言っていました。長年、病院に通っても、いくら陽性食品を食べて体を温めても良くならなかった母の酷い冷え症は、医学の冷え症の常識から外れた「生野菜食(生菜食)」で大きく改善してしまったのです。

 (中略)

 なぜ福地さんにこの話をさせて頂いたのかと言いますと、『この世の現象には、真逆の働きがある』という真理を何か感じて頂きたかったからです。世間で言われていることと、真相は「まったく真逆である」ことがたくさんあるのです。
 「少食減食)」も、また然り・・。体力が失われてしまうように思えて、逆に体力が付いていきます。ただ、あまりに極端ですといけませんけれども、適宜な「少食減食)」は体力を向上させてしまうものなんですね。

 それで、母はずっと「玄米クリーム(一日玄米3~5勺分)+生菜食(中皿大盛り程度)」を中心とした食生活を継続してきたのですが、今度は激痩せしてきたのです。母は隠れ肥満で、身長が158cm くらい、体重が当時58kg ありまして、下腹がそこそこ出ていました。これは宿便がある証拠です。

 母はこの食事療法を継続するにつれて、徐々に徐々に痩せていきました。一番痩せた時点で、母の体重は34kg ほどになっており、父はかなり心配していました。私は「良し良~し♪」と思いました。

 この「痩せる」現象は、甲田療法を真面目にやっていると、必ず通る現象なんですね。これは危険ではなくて、体質改善のためには「大事な現象」なのです。体が痩せきった時に、腸内の根深い宿便がようやく出てきます。この宿便が出てしまうと、その後に腸麻痺が治り、腸機能が整って元に戻り、腸の吸収率が優れてきます。そうすると、食事量は相変わらず少ないのに、今度はかえって太り始めるのです。母は34kg ほどまで痩せたあと宿便を出して、その後は同じ(上述の)食事内容で少しずつ太り始め、44kg ほどに落ち着きました。女性で身長が158cm ならば、体重は44kg であればちょうど良いと思います。母は今もスレンダー(slender)です。

 母がよく言っていたのは、「痩せはするけれど、体調がどんどん軽くなっていくし、凄く健やかな気分だった・・」ということと、太り始めた時に「(痩せていった時と)同じ食事しか食べていないのに、どんどん太っていったのが不思議だった・・」ということでした。これは甲田療法の特徴です。甲田療法は必ず痩せていきますが、痩せるほどに体調は好転して健やかになり、上述のように痩せきったところで根深い宿便が排泄され、腸機能が回復して腸の吸収率が良くなるため、今度は少ない食事量でも根こそぎ栄養吸収してしまうので太っていくわけです。そして、その頃には長年の持病がいくつも治ってしまっているのです。「生菜食の力」と「少食の力」のコラボレーションですね! こういう現象を「甲田カーブ」と言ったりします。甲田カーブは好転反応などでもよく見られる現象です。

 母のように、甲田療法を正しく実践して正しく痩せていけば、かえって心身は健やかになり、悪い体質が改善し、最後は適正体重に落ち着くのです。私が「良し良~し♪」と思ったのは、甲田療法実践者の順調な流れを母の姿に見たからでした。ただ、気は抜きませんでしたよ。食養は気を抜いてはいけませんからね♪



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



 このように、私の母も甲田療法実践者に起こる「甲田カーブ」をもろに経験しました。これは、宿便を排泄して体質を改善するために、どうしても通らねばならない道筋です。もし、一気に宿便を排泄するならば、やはり「長期間の断食(2~3週間か、それ以上の断食)」をせねばなりません。人によっては、この長期間の断食を数回繰り返さなければならないこともあります。私の母は「玄米クリーム+生菜食を中心とした食事の少食」と「半日断食(午前中は何も食べない)」の積み重ねで上記のような過程を経て宿便を排泄し、体質改善が叶いました。


 この宿便を排泄する直前に、強烈な強烈な腹痛が現われることがあります。これは「体が宿便を排泄できる準備が整った合図」です。私はこのことを「福地さんへ(8月19日)」にて、このようにお話ししました。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



 あと、この状態ならば、継続していくうちに、やがて宿便が出始めるとは思います。
 私は宿便を「簡単に出てくる宿便」「中くらいの深さの宿便」「根深い宿便」の3段階に分けて考えています。

 「簡単に出てくる宿便」は表面上の宿便で、生菜食の実行を始めてからしばらくすると案外と出てきてしまう変な便です。
 「中くらいの深さの宿便」は、食養をしっかりと継続していく中で、ある日、お腹が突然急にゴロゴロゴロ~っと鳴ってから出てくる変な臭い便です。結構、グチョグチョです(失礼を・・)。明らかに宿便であることが分かります。
 「根深い宿便」は、これは本当に深い深い宿便で、おいそれと簡単には出てきません。ずっと食養を継続していった時か、長期間の断食でもしないと、なかなか出てこない宿便です。この世のものとは思えないような恐ろしい臭さの古便です。グッチョングッチョンですね(ごめんなさい・・)。

 甲田光雄先生のお弟子さんも「宿便の排泄」の大切さを訴えられています。実例でも、生菜食療法で末期癌の治療をされていた方(女性:おば様)が3ヵ月間くらい継続したある日、突然、駅で急に激腹痛が起こり、駅のトイレに入ると、ビックリするような宿便が出たのです。その宿便を出したあとの検査で、体内の癌がすべて消滅していたそうです。宿便を出した途端に症状が激的に改善することが多いです。だからこそ、甲田光雄先生は『宿便は万病の元』と言われたんですね。

 このおば様の実例で大事なのは、「宿便が出る前には、急激な腹痛が起こる」という点です。これは私も経験しましたし、私の母も経験しました。私の母は食養を継続していたある日、夜遅くに急激な激腹痛に襲われ、そのままトイレに入りっぱなしになりました。母はあまりにお腹が痛かったためか、「うおおぉぉぉぉ~~~~~!!!」と叫んでいましたね。その時、父はあまりに心配して、「救急車! 呼んだほうがいいよぉぉ~!」と言っていましたが、母は「だいびょ~ぶぅ~」とお言いになられて、そのままず~っとトイレに入りっぱなしでした。本格的な籠城戦でした。

 私は一応心配しまして、トイレの外で見守っていましたが、私がトイレの外から母に、

「母さんは真面目に玄米クリームと生菜食をやってきたから、ようやく宿便が出る準備が整って、今、腹痛となって現われているだけだよ。甲田先生の図書にも『宿便が出る準備が整うと、その直前か前日に腹痛となって現われます。腹痛が起こったら、宿便が出る合図です』って書いてあったよ。その腹痛は俺もあったし、まァ~大丈夫だよ!」

 と伝えました。 すると母は、

 「おがぁ~ざんぼぉ~、ぞぉ~おぼうぅ~~、うおおぉぉぉ~~~~!!!
  (翻訳お母さんも、そう思う。うおおぉぉぉ~~~~!!!

 と叫ばれていました。

 私は「良し良~し♪」と思いました。

 案の定、あくる日、母はケロリとしていましたね(笑)。 体の反応とは、そんなものです。
 ただ、当然、絶対に甘く見てはいけませんけれど・・・(汗)。

 私が食養者の方に甲田光雄先生の著書にはぜひ触れておいてほしいと思うのは、甲田光雄先生の著書には、このような「食養の実地で現われてくる反応の実例が豊富に載っている」からです。それを目にしているだけで、何か反応が出て来た時に「あぁ~、そう言えば、甲田先生の図書にこんなこと書いてあったなァ~」とすぐに浮かんできます。その体の反応の本事情が分かるのと、まったくもってチンプンカンプンなのとでは、確信と迷いとの差が生まれるんですね。なぜ、体に今この反応が現われて来て、この反応がこの先どうなって行くのかが分かると、とても安心します(安心立命)。甲田光雄先生の図書にはこういうことがいろいろと載っていますから、読んでおくと非常に助かります♪ 甲田光雄先生は「超実地派」なので、医学的な空論止まりの内容はひとつもありません。

 私は生菜食を継続して数年経ったある日、砂の便が出ました。その時は肛門から水だけが出まして、私は「あれッ、肛門からおしっこが出たな・・」と思って覗いて見ますと、洋式トイレの綺麗な水の底に公園の砂場から取ってきた砂をそのまま沈めたような感じで、砂が沈んでいたんです。私はそれを見て「あれぇ~、砂があるぞ・・? あぁ~、そう言えば甲田先生の図書に、確か宿便の中には『砂状便』があるって書いてあったなァ~! ハッハァァ~ン、これかァ~!」と思いました。宿便の排泄が進んで行くと、やがて「砂状の宿便(砂状便)」が出てきます。私は、これが1~2度ほど出てきました。ただ、こういう宿便はすぐに出て来るわけではなくて、だいぶ食養を継続していった時に、ようやくやっと出て来る宿便です。福地さんは、まずは「グッチョグッチョ、グッチョン」宿便を出してくださいね。食養の継続によって、これは必ず出てきます。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



 この時の母の腹痛は相当なもので、この夜はずっとトイレに籠城されていました。大変だったと思います。しかし、こういった体の反応は、体を根本から改善するためにはどうしても通らなければならない道筋です。これを嫌って避けてしまうと、いつまで経っても体を根本から改善することは難しいでしょう。今も多くの方が西洋医学の化学医薬に平気で頼っています。西洋医学の化学医薬は治すための薬ではありません。基本的に、ただ、その症状を抑え込むためだけの薬です。「つらい症状を緩和する」と言っても、とにかく「その病気が改善されてその症状が無くなったのではなく、その症状をただ単に抑え込んでいるだけ」ですから、いつまで経っても治らないのです。その症状は「出さなければならない」から現われる(発露する)のであって、その症状を化学医薬でただ抑え込んでしまうだけでは、その病気はずっと体に蓄積して溜まり、治ることはありません。しかも、その化学医薬による副作用に悩まされる方も少なくないのです。

 体の悪い体質を根本から(体の根っ子から)改善するためには、どうしても宿便の排泄が必要になります。なぜならば、その悪い体質は、腸内に溜まってしまっている宿便が元になっていることが多いからです。その宿便を排泄した途端に、病気が好転する患者さんが多くいました。末期癌患者さんでは、宿便を排泄した直後の癌検査で、体内の末期癌がすべて消失していた方もいます。甲田光雄先生はこのような「宿便を排泄した直後に病気が改善する」事例を多く見て来られたので、『宿便は万病の元』と言われているわけです。

 癌患者さんも、できる限り宿便は排泄しておいたほうが良いです。癌患者であるならば、宿便は必ずあります。甲田光雄先生は『宿便は誰にでも2~5kgはある』と言われています。若僧の私でも、宿便は出てきました。腎臓癌をやった父も「週末一日断食」の継続で、やがて宿便が排泄されるようになりました。癌患者さんは「自分が癌にまでなった原因は、腹の中の宿便が原因のひとつになっているのかもしれない」ということを知って頂きたいと思います。



 この記事の中で、

「以前かかっていた医師に『甲田療法のような馬鹿な治療はやめよ』と言われ、一時(甲田療法を止めて)、現代栄養学のメニューに戻ったが、体重は増えてもリウマチの痛みは『復活』した。」

 とありますが、食養を理解していく中で、これは非常に重要な観点です。

 現代医学や栄養学では「ブドウ糖はエネルギー源」という認識しかないでしょうけれど、治病の上で重要なのが「ブドウ糖の摂取は、病気の症状を進行させたり、亢進させてしまう」という事実があります。特に癌患者さんにおいては「ブドウ糖は癌の最大のエサとなるため、ブドウ糖を摂取すればするほど、癌を進行させてしまう」ことを忘れてはなりません(参照1参照2)。「ブドウ糖はエネルギー源である」のは事実ですが、「ブドウ糖は、病気の症状を進行させたり、亢進させる」という事実も知っておいてください。

 Sさんの場合、甲田療法の実践によって「ブドウ糖の摂取を抑制していた」ので酷かったリウマチの症状が改善されて来ました。しかし、あまりに痩せすぎてしまったため、現代栄養学の食事メニューに戻した途端、現代栄養学の食事によって「ブドウ糖をたくさん摂取することになった」ので、それと同時に「リウマチが復活した」のです。「ブドウ糖の摂取」というのは、世間では案外と知られていない曲者なのです。Sさんはその後、また甲田療法に戻してから宿便を排泄して、リウマチが改善して楽になって行きました。宿便を排泄すると、病気の症状が大きく改善するのです。

 私の母が酷い冷え症を改善できたのは世間一般に言われている陽性食品ではなく、「甲田療法+半日断食」の継続によって宿便が排泄できたためであったのでしょう。また、私の父が右腎臓癌の手術後に「甲田療法+週末一日断食」の継続によって宿便が排泄できたことで、父は腎臓癌の手術後7年経つ今も、癌の再発は一切ないのでしょう(腎臓癌は手術をしても、5年以内に再発したり死亡したりする人が軽く9割を超えているそうです)。私もこの父母の姿を見て来て、「宿便の排泄は重要だ」と思っています。

 私はよく『宿便は、半永久的な “毒素発生装置” です』と表現します。「半永久的な」というのは “宿便を排泄するまでは” という意味です。宿便のような強烈な “毒の塊” をいつまでも腹の中に抱えていたら、甲田光雄先生のおっしゃられる通り、その “毒の塊” が『万病の元』になっているのは納得できるというものです。腎臓癌をやった私の父も宿便をたくさん排泄していましたが(参照)、癌患者さんであるならば、ご自分の腹の中に「必ず宿便がある」と思われたほうが良いです。そして癌患者さんは、ご自分の癌を改善するために(癌体質を改善する上で)、この宿便を排泄しておいたほうが絶対に良いと思います。

 宿便は「食べない方向性に進めた時」にのみ、排泄されてきます。「食べない方向性」とは、いわゆる『少食』と『断食』です。私の父母のように、副食に「生菜食」を多食して頂いて、「半日断食」や「週末一日断食」という安全な短期間の断食を組み合わせて頂くと、宿便は出やすくなります。癌患者さんは、癌を改善するために、癌体質を改善するために、ぜひ「宿便を排泄する」という認識を持たれてみてください。よろしくお願いします m(__)m