間違いだらけの塩の常識 ! 高血圧に減塩は嘘!
加工塩に隠された危険性と健康に良い本当の塩とは!?
  【「正しい情報を探すブログ」より

o0370024512109539964


 皆さんは御存知でしょうか?
 現在販売されている塩の大半は “化学的に精製” が行われており、「精製塩」という “人為的にかなり加工された塩” であるということを。

 この「精製塩」とは「天然塩」を塩水で洗い、微量ミネラルを取り除いた後に、溶解され真空蒸発缶という装置で結晶状にしたものです。

 精製塩の99%以上が “塩化ナトリウム(NaCl)” で構成されており、原料は天然塩ですが、含まれている物質は「精製」という化学的製法により、天然塩とはまったくの “別物になってしまった” と言えるのです。

 そのため、「精製塩」と「天然塩」とは雲泥の差があり、“全く別の物質” と思っていただいて間違いないほどの差があるのです。

 塩には「精製塩」「天然塩」以外には、「再生塩」と呼ばれる塩もあり、塩はかなり多種多様な種類があるのです。

 以下、塩の種類を整理してみました。

   天然塩 ・・・・・・ 天日塩、平釜塩、岩塩、湖塩に分類されます。
   再生塩 ・・・・・・ 海外から輸入した天然塩を洗った後に、ニガリなどを添加した物。
   精製塩 ・・・・・・ 先ほどの説明通り、精製されて99%が “塩化ナトリウム(NaCl)” になってしまった塩。

4352440257_a05c09a4c8


 塩の種類は、このような感じなります。

 ここで、注意しなければならないのが、精製塩ですね。
 (「精製塩」とは「食卓塩」のことです。別名「化学塩」「工業塩」とも呼ばれますブログ管理人

 精製塩は冒頭でも説明したように、本来、人間にとって必須なミネラル分(カリウムカルシウムマグネシウム等)がほとんど取り除かれた “塩化ナトリウム(NaCl)” が99%以上含まれている塩なのです。

 そのため、精製塩の摂り過ぎは “病気の元もとになる可能性” が非常に高いので、注意が必要になります。


 逆に言えば、天然の天日塩などは、市販の精製塩に比べて多少多く摂取しても、“体に問題ない” と言えるのです。

 さらに言えば、天然塩にはミネラルやマグネシウムなど、人体が欲している物質が多数含まれていますので、ある程度の量の摂取は体に悪いどころか、非常に有益です!

 元々、日本では非常に質の良い天然塩が多数採れていたのですが、太平洋戦争後にアメリカ軍がやってきて、日本の塩をほとんど規制してしまったのです。

 その結果、民間で塩を作ると規制違反行為になってしまうため、何もできない状態が続き、天然塩を作る能力がほとんど無くなってしまいました。

 今はそのような規制も無くなったのですが、アメリカ軍による規制のダメージは大きく、今尚、天然塩を作る能力が不足していると聞きます。

 相変わらず、日本の問題点にはアメリカが関わっているということです。東電を設立したのも彼らですし、原発を日本に買わせる体制にしたのも彼らです。

 今の憲法や法律も元は大半がアメリカが作成しましたし、日本に大量の在日朝鮮人を呼び込んだのもアメリカです。

 話を元に戻しますが、世間で出回っている数多くの減塩商品にも注意してください。

 塩の旨味を補うために、大量の化学調味料が使われているからです。

 そして、減塩のため保存性が悪くなるので、添加物も山ほど入ります。

 そのため、減塩により発ガン性などが上昇している場合もあるので、要注意です。

 それと、高血圧=塩犯人説は嘘なのでこちらも知っておくと良いでしょう。

 以下に、分かりやすく説明してくれている記事を以下にご紹介。



 ☆ 減塩、減塩、減塩は嘘だった高血圧、冷え性の方に必見情報!

 ☆ 根拠のない『高血圧=“塩”犯人説』は嘘!⇒年をとったら血圧は高くてもよい!

 引用:

 高血圧を予防するには、減塩食(リンク)がいいとの見解をよくメディアで流していましたが、それは、一面的な間違った見解。

 塩をきちんと摂取することは “健康を維持するために大切” との見解が吉岡英介氏のサイト(リンク)に書かれていたので、以下に≪抜粋転載≫します。

 「血圧は低い方がよい」という誤解が広まっています。

 しかし、血圧は必要です。

 たとえば、キリンは脳に血液を送るために高い血圧が必要です。
 血圧が下がったら、キリンは死んでしまいます。


年を取ると血圧が上がるのが自然

 人には適正な血圧があります。
 それは年を取るにつれて上昇します。

 人は年を取ると血管が狭くなり、血がドロッとしてきて血液が流れにくくなります。
 すると、脳から “血圧を上げよ” という指令が出て、自律的に血圧が上がって血が流れるようになります。
 これを “自律神経の働き” と言います。
 脳の指令に従って血圧を上げられるのは、その人が健康である証拠です。

 昔は適正血圧は年齢プラス90と言われていました。
 つまり、
  60才 60+90=150 mmHg
  70才 70+90=160 mmHg
  80才 80+90=170 mmHg
 などです。

  しかし、現代日本の血圧専門医はこれを「古い考え」だと切り捨てます。
 患者「血圧は年令+90くらいがいいと聞いたんですが・・・・・・」
 医師「あぁ、昔はそう言ったんですがね、それは古い考えですよ」

 しかし、そんなことはありません。


フラミンガムでの長期大規模調査の結果

 下のグラフは年令による血圧の変化です。
 米国フラミンガム市で戦後すぐの1948年から50年以上にわたって行われた長期調査の結果で、世界的にも有名な大規模調査です。

 年齢別グラフリンク
 (中略)
 「年齢別の血圧分布」は、たとえば神戸市なら神戸市で老若男女の何千人もの血圧を測定して、それを年齢別に並べると得られます。しかし、それは年齢別の分布ではあっても、一人の人の経年変化ではありません。

 フラミンガム調査の大きな特徴は、50年以上わたって2000人以上の同じ人々を調査した結果だということです。つまりこのグラフは、人の血圧は50年の加齢とともにどう変化するか、という経年変化を何千人もの実例で示しています。

このグラフは、人間という生き物の加齢による自然な血圧の変化を明確に示しています。

 血圧の絶対値には民族や生活習慣の差があるのでしょうが、このグラフから、人は年令とともに血圧が上がることがはっきりと分かります。

 85才での平均血圧は160を越えていて、それでみんな生きているのです。これらの人々は老化により血流が悪くなって血圧を上げる必要が生じ、それに体が正しく反応して血圧を上げることが出来て、長生きしてきたのです。

 これが人間の自然で正常な姿なのです。

 :引用終了


☆「高血圧に減塩」は嘘

 引用:

 東北地方には、漬物や塩鮭をたくさん食べる習慣がある。だから、高血圧で亡くなる人が日本で1番多い。そんな話をよく耳にします。これは本当の話でしょうか。

 東北地方に高血圧で亡くなる人が多いのは事実です。異常と呼べるほど多いわけではないが、他地域と比べれば多い。塩分の摂り過ぎが高血圧につながる、というのも全く嘘ではありません。

 塩にはナトリウムが含まれていて、ナトリウムには体内の水分を保持する作用があります。塩をたくさん摂れば、「体内に保持された水分」は増え、結果として血流量も増えて血管が受ける圧力が大きくなります。これが塩分の摂り過ぎが高血圧を招くメカニズムです。しかし、「東北地方の食生活」と「塩分の摂り過ぎが高血圧につながる」という2つのファクターには、密接した関係はないと言えます。

 塩分の摂り過ぎによって高血圧になる人は、高血圧患者の約1~2%に過ぎません(高血圧患者のおよそ9割は原因の特定できない「本態性高血圧」)。ご飯にソースをかけて食べる、といった習慣があるのなら、これは改めるべきでしょう。

 しかし、健康な人であれば、身体に不要な塩分は尿と共に排出されます。排出機能がきちんと働いているのなら、あえて「減塩」をする必要はないのです。余分な塩分を排出する為には、カリウムが有効です。カリウムは、リンゴやバナナ、 メロンなどの果物に豊富に含まれているから、塩辛いものが特に好きな人はこうした果物を積極的ニ摂るべき。

 東北地方の中で、高血圧で亡くなる人が最も少ないのは青森県です。これは青森はリンゴの消費量が多いという事実と無関係ではないでしょう。

 細胞の形を維持するのも、体液の総量を調整するのも、ナトリウム、つまり塩です。腎臓が尿を作る際も、塩は極めて重要な役割を果たします。筋肉の収縮を助ける。胃液などの成分となって働く、等と言ったことも塩の仕事。塩は生存に不可欠のものであり、過度の減塩は健康を害するものなのです。

 「減塩すれば病気にならない」などと考えてはいけません。高血圧の原因は塩分の取り過ぎにあると言うことが指摘され、医療機関や行政などが「減塩指導」を初めてから、40年ほど過ぎています。

 結果、日本人の塩の摂取量は大きく減りました。しかし、にもかかわらず、高血圧患者は減っていません。現在、日本には高血圧患者がおよそ3000万人いるのです。

 「高血圧には減塩」と言うことが短絡的な発想であるのは、この事実からも明らかでしょう。  

健康であれば、むしろ「塩分の控え過ぎ」に注意すべき。

 :引用終了


 前にも紹介しましたが、塩は放射能対策にもなるらしいという話がありますが、この放射能に良いとされる塩は「天然塩」のようなのです。

 ですので、放射能対策の面からも、これを機会に是非とも天然塩を食べてみてはいかがでしょうか?

【注意】
 市販の「天然」を掲げている塩の大半が精製、加工された塩なので注意です。
 購入する前には調べた方がよいです。



  塩を変えれば体は良くなる! ?:間違いだらけの塩の常識

  カンホアの塩(石臼挽き/500g)<天日塩>

  カンホアの塩【粉末(石臼挽き】500g【食用天然海水塩・おいしいもの特選品】【いまじん】

  NHK「地球いちばん」で紹介! インカの天日塩(500g)

  粟国の塩 500g



【コメント欄】

Re: 質問
 > 塩が体に悪くなく、減塩の必要がないはずなのに
 > りんごを食べて塩を排出している青森県民は長寿なんですね。
 > だったら最初から減塩ではだめですか?
 「りんごを食べて塩を排出している」というのは違いますよ。
 リンゴはイギリス国立がん研究センターでは、世界最高レベルの抗癌作用がある食品として推奨されており、免疫力増強作用もあります。
 石原元都知事とかもリンゴを食用していますし、そもそも、リンゴを食べても塩を完全に排出することは出来ません。何度も説明しているように、塩は人間の体を維持する上で必須な養分が多く含まれているので、塩を全く摂取しなければ、倒れてしまいます。
 ちょっと、こんさんは決めつけすぎていると思います。

  ヤマダヒサシ #- | URL | 2013/08/18 11:07 [edit]

質問

 塩が体に悪くなく、減塩の必要がないはずなのに
 りんごを食べて塩を排出している青森県民は長寿なんですね。
 だったら最初から減塩ではだめですか?

  こん #- | URL | 2013/08/18 06:29 [edit]

どんなことも、バランスが肝心。

 自分でお題の品を調達するようになってみて思い出す先人の話と重なるお題と米んとでさらに腑に落ちることも。当時はそれで食卓の塩の代わりに天然の海産物をふんだんに使っていたのかもしれないのだから。
 大半が幼児期に確立される味覚と健康が正常であったり、習慣化され身についていると、塩に限らず不必要な量は摂りづらくなる人が割といることは案外と大切なのかもしれませんね。
 いろんな産地の海塩を使ってみて初めてわかることってあり、いろいろな違いがあって毎度のことながら驚きます。

  天道虫のるんば #- | URL | 2013/05/11 11:33 [edit]

実験場

 精製塩や添加物がふんだんに入った加工食品がスーパーコンビニ外食ファストフード店など日本中にこれでもかと溢れています。これは異常なことではないでしょうか。
 例えばヨーロッパではちょっとした街なら日常的に街頭市場で多種多様で豊富な食材が簡単に入手でき、各家庭で独自に調理するのが当たり前です。加工品や出来合いの惣菜など有り得ないと言っていいと思います。ですからコンビニなど普及すべくもないのです。但しイギリスだけは一部大きな都市では日本のようにアメリカ化された部分が多少あるように見受けられましたが、それでも日本の異常な多さと比べればないようなものと言えます。
 それどころかアメリカだって日本ほど異常ではないと思います。加工食品はカップラーメンに至るまで細かく内容詳細が記載された別枠ラベルが添付されているのです。
恐らく危険なものを食べるのはまともな国民ではなく無知な人間か貧困な者が仕方なくだろうと多くが考えているためではないかと思えます。
 日本の現状は加工添加物食品の実験場にされてるのではないかと勘ぐりたくなります。それはあたかも福島事故原発の放射能災害の人体実験場とさせられているのを彷彿とさせられます。
 共通するのは多くの日本国民がお人好しにもあまり疑問や問題意識を持たないことです。

  Nobunanga #rNoWdFwc | URL | 2013/05/10 00:31 [edit]

塩のにがり

 以前、塩のにがりについて、コメントを書きましたが、今回の記事の中に、にがりについての説明がされてなかったので、コメントさせていただきます。
 自然塩の成分の中に、塩化マグネシウムの表示がありますが、これはニガリであり、この成分は岩塩には少なく、自然塩にはわりかし多く含まれています。ニガリの多い塩は、手で握ると湿り気があり固まります。ニガリの少ない塩は握っても固まることなく、指の間からサラサラと落ちていきます。ニガリは豆腐を固める時や、コンクリートを固める時にも使われます。ニガリは凝固作用があり、蛋白質と出会うと凝固作用によって固まるので、ニガリの多い自然塩などを普段から摂取していると、腎臓、肝臓、心臓、膵臓などは、ニガリの凝固作用によって固まり、機能低下をきたします。
 日本人のほとんどはニゴリの凝固作用の残っている自然塩を食べているので腎臓を硬化させるよりは減塩した方が体のためには良いことになります。ニガリ分が最適量なら本来、塩は減塩してはいけないのですが、ニガリの多い自然塩なら減塩した方が腎臓を硬化させない分長生きできるので医者の言うこともある意味正しかったと言えます。
 海水を直接、料理に使っていた古代大和民族クロボックは身長90cm、寿命20才くらいだという史実が残っています。江戸時代の日本人は、ニガリ15%の塩を食し、寿命は40~50才、貴族達はニガリの少ない藻塩を食し長生きしています。明治以降に寿命が延びたのは、ニガリの少ない精製塩を食するようになったためです。
 韓国ドラマの「チャングムの誓い」の中で、「握ってサラサラと落ちる塩は王様の塩」と言っていました。
 詳しくは、間違いだらけの健康常識・グローバルクリーンのホームページをご覧下さい。
 http://www.global-clean.com/

  五味 一 #- | URL | 2013/05/09 22:52 [edit]

驚!日本人には忌まわしいサリンの衝撃ニュースをテレビが驚く中身を伝えない

 地下鉄サリン事件があった日本には今度の中東のサリンのニュースは衝撃的! なんとサリンを巻いたのが反政府側のようだからだ! 反政府側はなんとアメリカ、イギリス側だ! 政府側はロシア、中国側。まさかだ! テレビ局はアナウンサーがわかっていないのか? 視聴者も馬鹿と化してしまったのか?
 http://s.ameblo.jp/64152966/entry-11525593949.html

  安いガイガーカウンターでいいから測って身を守ろう #- | URL | 2013/05/09 19:01 [edit]

塩は大事ですよね。

 いつもありがとうございます。
 塩の情報ありがとうございます。
 砂糖や塩、醤油、味噌、みりんなどは、生粋の日本食好きには外せません。
 現在、産地を選んで買っているつもりですが、今後は、海外産、九州や四国産、日本海産であっても、塩、そして昆布や海苔などの日本食の基本調味料の放射能汚染がどうなっていくのか、気になっています。

  ひっちゃん☆ #- | URL | 2013/05/09 16:56 [edit]

若い人は知らないかも

 渋谷には「たばこと塩の博物館」なんてものがあるが、少し前までは「身体にとても有害なもの」と、「身体にとても不可欠なもの」を一緒に国が強制管理して、精製塩ばかり摂らされていたんだから・・・。
 恐ろしいことだ・・。自然塩をスーパー等で自由に選択できるようになったものほんとつい最近の出来事だ。

  黙示録 #- | URL | 2013/05/09 12:39 [edit]

誤字。接種→摂取です。
 高血圧で病気になり、亡くなる危険性が高いの病気は心臓病、脳とはっきりしていますが、低血圧に死亡の危険性ははっきりとしていません。
 ミネラルを含んだ塩は体には良いとされていますが、やはり取りすぎは禁物です。
 高齢者でも、血圧が低い人が長命なのも周知の事実です。

  丸 #- | URL | 2013/05/09 12:34 [edit]

間違った常識が多いですね

 いつも情報ありがとうございます。
 塩の摂りすぎで血管系の疾患になるのは一割だと聞いています。
 殆どは、外食や中食の油や油の使い回しによる酸化油ですよね。
 卵を食べるとコレステロールが上がるなど、間違った常識を信じて疑わない人が多いです。
 私たちの親の世代はお医者さんの言うことが一番で、薬さえ飲んでいれば大丈夫、で耳を貸しません。
 結果、薬なしでは生きられない身体になってしまいました。
 健康さんのブログは本当に有意義でありがたいです。

  ハル坊 #- | URL | 2013/05/09 11:53 [edit]

いつもお世話になっております。
 「高血圧に減塩は嘘!」まさにその通りだと思います。
 私の故郷は岩手ですが、岩手の塩鮭は塩の塊のようでして 、そんなにたくさん食べられません。
 ほんの少しでご飯一杯食べられます。東京のスーパーなどで売ってある塩鮭は、甘すぎて私は塩漬けにしています。冷蔵庫に入れておいてもすぐに傷んでしまうのです。
 人間は水と塩がなければ生きていけません。昨今の減塩運動にかなり強い違和感を覚えていたので本記事は目からウロコです。ありがとうございました。

  田中和彦 #- | URL | 2013/05/09 10:18 [edit]