尿療法が病気を治癒させるメカニズム(by 飲尿会1)
 【「福田安孝のだから飲尿はやめられな」
より 】

尿療法が病気を治癒させるメカニズム

1.抗体を体に戻す  免疫力向上

 尿は血液の上澄みである血清の成分を含んでおり、血清の中には無数の抗体が存在している。抗体というのは、細菌やウィルスなどの異物を排除し治癒させる、いわゆる、免疫という仕組みのことで、免疫を生じる異物を抗原と言い、抗原に対して抵抗するものが、体の中で作られる抗体である。

 ガン細胞にも抗体ができ、ガン細胞が増殖すると抗体も作られるが、抗体が体の中で作られていってどんどん増えればいいのだが、どうしても腎臓から尿として排出されてしまう。しかし、尿を飲むことで、排出された抗体を再び体内に取り込むことができるのである。自分の尿だから、自分の体で作られた自分の必要とする抗体が含まれており、つまり、飲尿には免疫力を高める効果がある。


 尿療法が病気を治癒させるメカニズム(by 飲尿会2)
 【「福田安孝のだから飲尿はやめられな」
より 】

2.ワクチンを体に入れる  自分の症状に一番よく効く、オーダーメイドの抗体ワクチン

 ワクチンというのは、結核のBCG注射が代表的だが、非常に薄められた細菌や抗原となるものを体に入れると、体の中で抗体が作られ免疫力ができる。その後、本格的な細菌が体内に入ってきても、防衛機能ができているので安心である。

 たとえば、ガン細胞ができたとしたら、その細胞も新陳代謝するために、古く死んだガン細胞は血液で運ばれ、尿から排出されるが、尿に含まれたこういうものを飲むと、体内で抗体が作られて免疫力が高まるのである。ガン細胞を再び体に入れるといっても、すでに死んでおり、非常に薄いものなので転移の原因になるような危険性はないし、それによって免疫が強化される方の利点の方が大きい。

 抗体はウィルスが体内に入ると直ぐにできるが、排出される尿の中には、自家製の抗体やワクチンが入っているので、インフルエンザや風邪にかかったと思ったら、直ぐに自分の尿を飲めばいい。


 尿療法が病気を治癒させるメカニズム(by 飲尿会3)
 【「福田安孝のだから飲尿はやめられな」
より 】

3.ホルモンを取り入れる

 病気になったり、体のバランスが崩れた場合には、均衡を取り戻すためにあるホルモンがより多く分泌されるが、そのホルモンは尿にも含まれており、尿を飲むことでホルモンを体に入れ、体にとって必要なホルモンが体を活性化させ、よりスムーズにバランスを取り戻すのである。


4.プラシーボ効果

 強力な心理的タブー(尿は汚物、排泄物だという固定概念がある)を打ち破ったことによる、プラシーボ反応により自然治癒力が高まり治癒へ向うことも考えられる。