癌に対抗するべく免疫力を上げるには、
 積極的に「生玄米粉」を食べたほうが良い(仮題)

 【「西式健康法 掲示板(甲田光雄先生のお弟子さん)より 】


 食事療法をして、光線療法をして、前駆体が増えて代謝が回復してくれば、酵素も増えてきます。

 (人間には8つの酵素が存在しています。この酵素が無くなると、死ぬ危険性がある病気が発病するほど重要なのです

 増えてきて病状が安定したら、ビタミン療法を離脱して、食事療法と光線療法で充分だと思います。

 それまでは、個人的には、長い闘病患者の場合はとても必要だと考えています。

 電話で太陽の整体の先生にお伺いして、研究所にも相談をしてみると良いと思います。


 (以下の『生菜食療法』の内容は、甲田療法の「生玄米粉」の食事の価値をお話しされていますブログ管理人


 サプリを無くす頃、『生菜食療法』が良いと思います。

 なぜかと言えば、一般的に、生のデンプンは β(ベータ)デンプンと言われ、

 人間の消化酵素では消化できないとされているからです。

 消化できないなら、ブドウ糖として吸収されることはないので血糖値を上げることもなく、

 追加インスリンを分泌させることもなく、体に全く悪影響を与えません。

 それどころか、吸収されなかったデンプンは大腸に送られ、大腸の腸内細菌の良いエサとなり、

 腸内細菌が分泌する『短鎖脂肪酸酪酸酢酸プロピオン酸など)』は腸管粘膜のエネルギー源として利用され、

 腸管上皮細胞の増殖促進、抗炎症、抗潰瘍作用があるとされる他、

 体全体の免疫の活性化に大きく影響を与える可能性を示唆する多数の報告があります。

 癌に対抗するべく免疫力を上げるには、積極的に食べたほうが良いことになります。


 上記が明確な根拠があるわけではありませんが、研究者らの見解で内容的に書かれています。

 甲田先生(甲田光雄医学博士)も同様のことを述べています。

 腸内細菌を完全に良い状態に戻すには、菜食と光線療法こそが、

 私は最大限の大きな希望になると考えています。

 お大事にされてください m(__)m