ひこさん、コメントをありがとうございます (^-^

 ひこさんは2児の母なんですね!

 どうか、お子様のためにも、食養(食事療法少食療法断食療法)の価値を真に悟られて、真剣に実践していけるようになって頂けることを切に願います。


 やはり、抗がん剤治療はやっていたのですね・・・。

 たぶん、乳癌の治療マニュアルで、そのような治療方針になっているのでしょうね。

 まず、抗がん剤で癌を克服している癌患者さんはひとりもいないことを悟られてください。

 抗がん剤の実態を知らない癌患者さんで一番いけないのは、「抗がん剤が癌を治してくれる」と思い込んでいることです。

 これは、医師がきちんと言わないからだと思います。

 まァ・・、抗がん剤の怖さを患者さんにきちんと説明してしまえば、ほとんどの癌患者さんは抗がん剤治療をやらなくなってしまうでしょうから、癌患者に抗がん剤をやらせるためには、きちんと説明などできないのでしょう。
抗がん剤はドル箱ですから、製薬企業や癌医療機関にとっては、それは巨大な売り上げになるのです。癌患者にきちんと抗がん剤の恐ろしさを教えてしまったら、癌患者は抗がん剤を避けてしまうでしょうからね・・・。きちんとなんて話せないでしょう。ましてや、これだけ多くの癌患者さんが「抗がん剤が癌を治してくれる」という間違った観念に毒されているのを見ますと、癌専門医がどれだけ抗がん剤の実情を説明していないかが見受けられます。抗がん剤の実情を意図的に隠しているとしたら、こんなに恐ろしいことはありません。専門家と名の付く人が、その専門のすべてを知っていると思うのは早計です。自分たちにとって都合の良い専門知識しか言ってこないことも多いのです

 抗がん剤の内容については、このブログサイトに良質な資料を置かせて頂いているつもりです。

 あとは、それに目を触れて頂いて、さらにはご自分で抗がん剤の中身を暴露している医師の著書に触れて頂いて、ひこさんにご判断して頂きたいと思います。


 また、新しい記事を4つ作成しました。

 この4つの記事は、甲田光雄医学博士のお弟子さんのブログの記事です。

 そのブログは「膠原病、アトピー、アレルギー完治させます!」と言います。

 主に、膠原病や癌に関する深い内容と真実が掲載されています。

 ぜひ、ご自分で学ばれてみてください。

 今回作成しました「膠原病、アトピー、アレルギー完治させます!」の記事は次の4つです。

 癌、癌治療、食事療法、抗がん剤に関する内容です。

  なぜ、食から癌や病気になるのか?(1)
  癌から生還するひとつの提案(2)
  ベンズアルデヒドの効果について(3)
  愛する患者さんたちへ、癌治療【抗がん剤の怖さ:抗がん剤は必ず予後を悪くする】(4)


 食事療法には「絶対に癌が治る」という約束はありません。 しかし、大方の癌には必ず効果します。

 ましてや、癌の克服には必ず食事療法が絶対条件です。

 その上に、他の免疫療法、栄養療法が成り立ち、効果するのです。

 食事療法は癌治療の根幹に位置することを悟られてください。

 上記の(1)~(4)を見て頂いて、癌や食事療法についての理解を深められてください。

 食事療法に興味があるのであれば、ぜひトライしてみましょう!

 ましてや、お母様まで癌なのですから、お母様とともに二人三脚で食事療法に挑まれてみてください。

 食事療法は料理とは少し違いますので、料理の上手い下手は一切関係ありません。

 ご自分の納得のいくところから始められてみてください。

 お母様の余命5年というのは、医者の見立てに過ぎません。

 食事療法・少食療法・断食療法を併用すれば、体は大きく改善されて、そんな余命などは変化します。

 延命という意識よりも、「癌体質を改善して、生きれる体になる」という意識に変換して頂きたいです。

 どのような意識を所有するかで、結果は大きく変わってきます。

 現在、科学研究の分野でも、研究者の意識によって、実験結果の数値に大きな差が生まれてくることが理解されています。

 これは、「人間の意識の内容によって、物理的な結果は一定ではなく、面白いほど変化する」ということを自供するものです。

 癌治療においては、必ず「生きる」という意識をはっきりと持たれてください。

 そうでないと、自分が癌から生還して「生きれる」可能性を得られる手段が自分に引き寄ってきません。

 人間の意識は、人間が認知していない特殊な力(作用)があります。

 「癌を克服して生きるためには、一体どうすべきか?」を、常に意識に持ち続けてください。


 動物実験で少食の効果を試したものがありますが、腹6分目に食事量を抑えたラット群には、癌で死亡するラットが一匹もいなかったそうです。

 少食療法の価値を認めている発表ですね。

 化学療法よりも、絶食(断食)のほうが癌を改善するという実験報告もあります。

 医者が教えてくれない価値ある方法を、できる限り活かしていってほしいと思います。


 上記の(4)「愛する患者さんたちへ、癌治療【抗がん剤の怖さ:抗がん剤は必ず予後を悪くする】」の記事は、抗がん剤に関する内容です。

 このブログにあります抗がん剤関連の記事を読んで頂いて、(4)の記事を読んで頂ければ、抗がん剤の正体がお分かりになられるはずです。

 抗がん剤は決して甘く見てはなりません。

 (4)の記事にありますように、必ず予後が悪くなっていきます。

 ひこさんの担当医の先生は、ちゃんとそこまで抗がん剤の説明をしてくれましたか?

 もしそこまで説明をしてくれていないのであれば、これほど危険な抗がん剤をひこさんに使用させておいて、なぜ一番肝心な(患者の命に直結する)危険性のことを詳しく説明しないのか・・・、ここまで考えなければなりません。

 普通ならば、「こういう危険性がありますが、それでも使用されますか?」と確認されて当然のはずです。

 本来、これが医療であるべきはずなんです。

 しかし、ほとんどの医者が安易に抗がん剤を勧めてくるのではないでしょうか?

 ここに、多くの癌患者さんが医者に勧められたというだけで、安易に抗がん剤に手を出してしまう理由があるのだと思います。

 医者は抗がん剤の真相を言わないだけです。
一部では抗がん剤について徹底して説明してくれる医者もいるのかもしれませんが、そのような医者は、もはや抗がん剤の使用自体を止めていると思います。抗がん剤では癌を治せず、やがて悪化させるのが分かっているからです。そういう癌患者さんばかり見てきたので当然だと思います

 多くの癌患者さんが今でも、抗がん剤の副作用が原因で亡くなっている現実を忘れてはなりません。

 これは世間に散見される事実なのですから、抗がん剤の使用はより慎重になられたほうが良いです。

 多くの癌患者さんが「医者に勧められたから」という理由だけで、大して調べもせずに抗がん剤治療をやってしまうようですが、「医者の言うことに絶対に間違いはない!」と思ってはいけません。

 二次発癌の上では、抗がん剤だけでなく、放射線も同様に危険です。

 化学療法死が当たり前のように認可されている、この国の癌医療の基準はやはりおかしいのです。

 これを「合法殺人」と言われる方がいることも、私には分かる気がします。

 私には資料提供しかできないので、どうぞ、これらの資料を最大限、判断材料として活かされてください。

 抗がん剤の使用は考えすぎるくらいに考えられたほうが良いです。

 抗がん剤は、絶対に安易に考えてはなりません。

 あとは、抗がん剤に関する、より多くの資料、著書、意見、見解、体験談などに触れてご判断ください。

 ひこさん、よろしくお願いします m(__)m


 また、ひこさんの「親子揃って癌になるなんて、運が悪い。遺伝では?と医師から言われています」ですが、癌は遺伝でなるのではありません。ましてや、癌は運が悪くてなるものではないのです。必ず、癌を引き起こしている原因が存在しています。

 医者がよく言う「癌の原因」では、

   癌は年を取るとなる
   日本で癌が増えたのは、日本の人口が増えたことと、お年寄りが増えたことが原因だ
   癌は遺伝でなる

 これらはすべて、医者の言う「茶番のセリフ」だと思われてください。

 まず、「癌は年を取るとなる」ですが、世界の長寿地域では癌患者がいません。みなさん、100歳を越えても癌にならないのです。世界中にたくさんあります。年を取っても癌にならない人は、その長寿地域全体で癌にならないのです。その長寿地域の生活環境という物理条件の中に「年を取っても癌にならない」答えがあります。

 ですから、「日本で癌が増えたのは、日本の人口が増えたことと、お年寄りが増えたことが原因だ」も根本的に違います。長寿地域では癌患者がいない、つまり、誰も癌にならないのですから、その長寿地域の人口が爆発的に増えたとしても、みなさん100歳どころか200歳まで生きれるようになってしまったとしても、癌患者は絶対に増えないのです(もともと癌患者がいないのですから当たり前ですね)。
 「免疫の低下が癌の原因になる」のは事実ですけれど、『年を取ると、必ず免疫が低下する』という見解は決して正しいとは言えないのです。これもまた、世界中の長寿地域を見れば明らかで、長寿地域の方々は年を取っても免疫など低下しません(だからこそ、無病息災で100歳を迎えます)。
 年を取るとともに免疫を低下させてしまうのは、食生活などの当人の『生き方』による問題です。免疫を低下させてしまう生き方をその人がしてきただけです(今や日本人全体ですね)。それに、今では子供や若者の免疫が低下して様々な病気を生み出していることからも、この日本社会全体に、日本人の免疫を低下させやすい原因が潜在しているのです。
 癌を年のせいにして、癌の本当の原因から目をそむけてはいけないのですね。
ここのところは「加齢や人口増加は、本来「癌の増加」とは無関係【小児癌が発生する裏事情、他・・・】」を参照してください

 そして、「癌は遺伝でなる」ですが、これも癌の根本ではありません。もし、人間が遺伝で癌になってしまうのであれば、日本では昔から、今のように癌患者で溢れていたはずです。しかし、昔の日本には癌患者はほとんどいませんでした。アメリカのマクガバン・レポートにも「昔のアメリカには癌患者はいなかった。癌は明らかに現代病だ」というような記述があります。もし、癌が遺伝でなってしまうものならば、日本は大昔から、現代の日本のように癌患者だらけだったはずなのです。日本史の上で、これはまったく符合していません。

 昭和の中期頃までは、日本にも『長寿村』と呼ばれた長寿地域がいくつもありました。その長寿村では、村人が普通に無病息災で100歳を迎えました。その長寿村は都会から隔離されていて、現在のような交通の手段がなかったので、昔のままの粗食生活を続けていたのです。ところが、昭和の高度経済成長とともに交通の便が良くなり、長寿村まで何十キロメールも徒歩でなければ行けなかったのが、道路がつくられたため車で簡単に行けるようになり、都会で販売されている食品が長寿村にも流入するようになりました。これらの食品は、今まで長寿村には存在していなかった肉、洋食、お菓子、化学添加物てんこ盛り食品などの現代食でした。

 ここで、全国の長寿村に激変が起こりました。100歳を迎える親は無病息災のままなのに、その子供(70~80歳代)や、孫(40~50歳代)が癌や成人病になって先に死に始めたのです。100歳の親よりも先に、子供や孫が次々と病気で死んでいく現象が起こってきたのです。「親が子供や孫を看取る・・、これじゃ、まるで逆さ仏だ・・・」と言われたことから、この現象は『逆さ仏現象(さかさぼとけ・げんしょう)』と呼ばれるようになりました。

 なぜ「逆さ仏」になってしまったのか・・・、この原因は簡単です。長寿村の100歳の親たちは現代食(洋食中心)を食べる習慣がなく、また現代食に馴染めなかったので、長寿村にいくら現代食が流入しようとも今まで通りの粗食しか食べませんでした。しかし、子供や孫の世代は現代食の美味に反応して食べ始めてしまい、癌、その他の成人病が次々と現われてきて、親よりも先に死ぬようになってしまったということなのです。かつて日本全国に存在していた『長寿村』は、現在ではすべて消滅しています。これは「現代食の悪夢(現代食がどれほど寿命を縮め、病気を発生させているか)」を伝える、日本の過去に在った実地の記録です。まァ~、「実録」っちゅうヤツですね・・・(汗)。

 こういう実地の記録は、大事に見つめていくべき貴重な判断材料になる資料です。
 癌や成人病が日本で噴出してきた答えは、遺伝ではなく、現代食や環境の化学汚染が根本原因なのです。
 こういった一番大事な部分は何も見つめずに完全に無視して、いきなり遺伝はあり得ません。
 何でもかんでも遺伝のせいにするのは、現代医学の悪い癖です。顕微鏡の先しか見えないからです(涙)。


 この「癌は遺伝でなる」のカラクリをお話ししますと、これは『家族は皆、同じ食卓で、同じ食事を食べて暮らしてきた』というのが答えです。

 癌は食事の誤りが原因であり、日本社会の化学汚染が原因です。 これが癌の根本原因です。

 同じ食事をずっと食べてきた家族同士、その食事が癌の原因となれば、家族皆に同じように癌が発生して当然です。

 これは、物理的に見て、実に自然なことだと思います。

 「家族全員が癌になった・・。我が家は癌家系だ! 癌の遺伝だぁ~!」は、正しくはないのです。

 上記の理由があるから、自然とそうなっているのですね。

 もし、癌が本当に遺伝ならば、昔から日本人は今のように癌だらけだったはずなのです。

 しかし、実際はそうではありません。

 こういう、医者が平気で言ってしまう「茶番のセリフ」は、日本国民が「癌の真の原因」へと意識を向けないようさせる悪質な操作です。

 考えてみてください。

 「年を取ったから癌になって仕方ないよね・・・」

 「最近、日本で癌が増えたなぁ~、年寄りが増えたかららしい・・、仕方ないねぇ~」

 「俺も(あたしも)とうとう癌になっちまったよ・・、遺伝だから仕方ないよなぁ~」

 上記の悪質な操作は「情報操作」と呼ばれるもので、日本国民に「癌の真の原因」について考えさせないようにさせる「意識操作」です。

 「仕方ない・・」と思わせることで、「人間、癌になって当たり前」と思い込ませる手口です。

 癌や膠原病は、発展途上国にはほとんどありません。

 その国が先進国になると、癌や膠原病が発生してくるのです。

 「昔の日本に、癌患者はほとんどいなかった」というのは、現在進行で世界の発展途上国を見れば、それが事実であったことが分かることなのです。

 ましてや、日本の長寿村や世界の長寿郷といった長寿地域を見ればあからさまです。

 癌になる理由がないから癌にならないのですね。

 逆に、今の日本人がこれほど癌になっているのは、ちゃんと「癌になる理由がある」から癌になっているわけです。

 ここを見落としては、癌の克服はまず無理です。

 当ブログサイトや上記の4つの記事から、どうして癌になってしまうのかを見つめてみてください。

 そして、癌になる懸念のある食品は、自分たちの食卓から徹底して排除していましょう!

 そこが癌治療の「真のスタートライン」です。


 ひこさん、お母様とともに「癌体質の改善」を目指して頑張られてください!

 どうか、2人のお子様のためにも、癌治療というものを真剣に見つめ、世間の大嘘を見抜き、本当に癌を治す可能性のある方法を実行されてください!

 よろしくお願いします m(__)m