癌から生還する一つの提案
 【「膠原病、アトピー、アレルギー完治させます!」(甲田光雄先生のお弟子さん)より 】


 ベンズアルデヒド アミダグリン(枇杷 腸内細菌改善 小食 温熱療法

 どうやら、このキーワードが、長年見てきた中で一番効果があるという結論です。

 癌に罹ると冷静に判断がつき難くなります。

 私は幹細胞移植を受けていますから、癌になる可能性が高くなる癌の幹細胞も同時に体内へ入れています。

 健康な人は癌化しませんが、膠原病患者の場合は癌化しやすいです。

 上記の治療は、すべて年間を通して1万円~3万円程度です。

 私自身、癌や慢性病に関して高額な治療を限りなく受けてきましたが、なぜか効果があるものはありませんでした。

 仕事柄、相談を受けて、昔から癌患者や膠原病患者へのアドバイスをしてきて、その傍ら、生還できる方法を数多く見てきて、検証をして統計を積み重ねてきていますが、抗がん剤だけを頼る患者さんは再発が多くて、医療に見放されてから真実を探す旅に出ているので、そのときは正常な細胞も壊死してる状態ですから、治すことは難しいというコメントばかりが、治療家や末期癌患者を扱う医師らの総合的な見解です。

 早期治療から、上記の治療は副作用がそもそも抗がん剤よりなく、自然の食品ですから、私個人としては是非、癌生活に取り入れてほしいと思います。


 腸内細菌を、簡単に確実に改善する方法を教えます。

 大切なのは、スイマグ(水酸化マグネシウム)を服用して(副作用は、腎機能が悪い方は医師と相談です。腎機能が悪くなければ、副作用は報告がありません)を服用して、水分を多めに摂ることです。

 悪玉菌が異常繁殖した宿便をたくさん排出できます。(宿便は)3~5kg 以上出ます。

 食事は、基本「発芽玄米食」です。

 良性菌は、食物繊維を餌にします。

 糖を餌にする乳酸菌もいますが、残念ながら、糖で増える悪玉菌も多くいるので、癌患者さんは「糖分は厳禁」です。

 青汁を自作して服用すること。

 根菜(根菜類の野菜)、人参や大根、山芋などを摩り下ろして食べることです。

 摩り下ろすことで酵素が5倍に増えて、摩り下ろした効果でビタミンが死滅しません。

 オカズは、豆腐が基本です。
豆腐は昔ながらの「充填式」の豆腐が良いです。スーパーの安い豆腐は薬品を使って製造していて危険ですから絶対に避けましょうブログ管理人

 黒胡麻も少々と、塩10g が基本です。
塩は「自然海水塩(海の塩)」を選んでください。食卓塩(化学塩・工業塩・塩化ナトリウム100%)の塩は絶対に避けてください。塩については「自然海水塩」カテゴリを参照してくださいブログ管理人

 魚を食べるときは、白身の魚を100g 摂ると良いでしょう。

 食べる順番は、最後に玄米と塩、黒胡麻で食べることです。

 汁(汁物)を飲みたい場合は、酵素が含まれている手製の味噌汁なら良いでしょう。

 癌は、カロリーが1200kcal 前後だと増殖ができないということが分かっています。

 しかし、痩せ衰えて体力が心配になります。

 ですが、どんなに食べたとしても、1500kcal 以上食べてしまうと、癌は増殖を始めます。

 癌を抑えるためには、サーチュイン遺伝子を動かして、ミトコンドリアを5倍に高めることです。

 (ミトコンドリアは)サプリメントだと5倍まで高めることができません。

 できる限り、食事制限が必要です。

 上記の食事 スイマグ(で宿便)を出すことを2ヵ月行えば、悪玉菌の巣窟は多く排出されてますし、2ヵ月後にはミトコンドリアが5倍に高められていて、免疫力も数倍に高まる状態を維持している状態です。


 この食事療法は、甲田光雄医師の食事療法です。

 数々の難病や癌を治してきているので、根拠はあります。

 私自身、甲田療法を遂行して、長年勉強をしてきたので、この食事は自信をもってお伝えできます。

 ただし、甲田医師は食事療法だけで癌は治ると話していましたが、私は不十分だと考えています。

 弟子の私が師匠を批判したら駄目かもしれませんが、私は、ベンズアルデヒド 枇杷のお酒を少量、体を温める温熱療法を併用することが基本であると考えてます。

 この基本以外に、抗がん剤や手術を行えばよいのかもしれません。

 いろいろとサイトに情報は溢れていますが、

 私から見た真実は、この治療が一番効果がありますので取り入れてみてください。

 枇杷やベンズアルデヒド、宿便 腸内細菌、食事療法、温熱などで検索をしてみて、ご自身が得心されたら行われてみてください。

 膠原病の方は、上記の治療に非特異的減感作療法をお勧めします。