何に照準を合わせて癌と闘うのか
 【「末期がんでもあきらめないで! 可能性いっぱい」より 】


 「癌を治す最良の方法は、癌を治さないこと・・・」、これは中国の医師「高健忠」先生の言葉ですが、もし日本でお医者さんが患者さんに対してこのような事を言うと、患者さんは怒って2度とその病院には行かないのではないでしょうか?

 「治療をしてくれ!」と病院に行ったのに・・・、医師から「最良の方法は治療をしないことです」などと言われると「何を言ってるのだ!」となってしまうことでしょう。

 でも、もし本当に自信を持ってこの言葉を言ってくれるお医者さんがいたら・・・、本当に正直な人だと思います。

 今の癌治療の現状を冷静に考えてみてください。

医学が進歩して、医療機器が開発され、医療費はうなぎのぼりなのに・・・、癌で亡くなる人の数は増え続けているのです。

 癌を悪として、癌に攻撃を加えるだけの治療は、完全に行き詰っています。

 なのに・・・、やはり、癌は「悪い奴だから取っちまえ」という考え方だけが癌治療だということになっています。

 話を元に戻しますが、高先生のいう「癌を治さないこと」とは、「癌に対して治療をする」のではなく、「患者に対して治療する」という意味です。(このページを読んでみてください「がんを治す最良の方法は、癌を治さないこと

 日本でも「患者よ、がんと闘うな」と言って有名になった医師「近藤誠」先生がいます。

 本当に勇気のある発言で多くの患者さんに影響を与え、近藤先生の意見に考えさせられた患者さんも多いことだと思います。

 しかし、大多数の人たちは「癌は早期発見して取り除くこと」が常識とされ、「癌=死、癌は恐ろしい病気だから “死” と天秤にかけて闘わなければならない」ということになっているようです。

 癌と診断されたその日から・・・

 死と天秤にかけるものですから、強力な発癌物質である「放射線」も「抗がん剤」も何のその・・・。

 何でも OK で挑んでしまいます。

 私は、スタートから大きなボタンの掛け違いをしているように思えてなりません。

 治らない治療に命を賭けて、その通りになっている。

 凄く残念です。

 「抗がん剤をする」=「完治を諦める」

 と言って良いほど、リスクの高い手段だと思います。

 決して抗がん剤を否定しているのではありませんが、簡単に受け入れるにはリスクが大きすぎることを知った上で、慎重に決断してほしいと思っています。

 大切な命がかかっているのだから・・・、丁寧に丁寧に・・・ です。

 食事療法、免疫療法、温熱療法などなど、自己治癒力を高める治療法をコツコツとスコップで積み上げてきた生命力という山を、抗がん剤一発はブルドーザーで踏み荒らした状態になってしまいます。


 抗がん剤が効くということを、もう一度ここで説明したいと思います。

 抗がん剤の有効率とは・・・

 抗がん剤を投与して、画像上の腫瘍の面積が1/2以下になり、その状態が4週間続いた場合を「効果あり」と判定します。

 つまり、4週間を過ぎれば、また大きくなろうがどうなろうが、それは「おかまいなし」なのです。

  たとえ、5週目に患者さんが亡くなっても・・・。

 ですから、抗がん剤が「効く」ということと「治る」ということは全く関係ないということです。

 「癌=死」という先入観に支配されて、命と引き換えにリスクの高い治療を選ばないでほしいと思います。

 確かに「癌は命に直結する」恐ろしい病気ですが、日本はあまりにも「癌は治らない病気だ」という洗脳がキツイように思います。

 たぶん、こんなことを言うと・・・

 権威のあるお医者さんたちは「バカタレ! 何をぬかしてる!」とお怒りになるでしょうけれど、そのお医者さんたちの常識って、患者さんを救えるのですか?

 「どっちみち、治らないんだから・・・」と思って治療してるのではありませんか?

 という私は、まったく恐ろしい病気だと思っていません。

 そのように思えるようになった大きな理由は、時々、上海癌学校や南京癌友康復協会に行って、癌の克服者たちの話を聞いているからです。

 中国の癌クラブ(癌学校)の人たちの常識は「癌は治る病気」なのです。

 だから、自分の体を大切に、大切に養生します。

 癌を治す(癌を取り去る)よりも、食事療法、気功、漢方薬を中心に体を治す治療がメインです。

 癌をやっつける治療は、慎重に・・・ 慎重に・・・ です。

 抗がん剤や手術、放射線をするときは、徹底的に漢方薬でその副作用リスクの軽減を図ります。

 だから、癌クラブの「がん克服者」たちは、癌になる前よりも、ずっと健康で元気に完治しています。

 この「癌に対する考え方」の違いが「治療法の選択の違い」となって現れ・・・、そして、5年後、10年後の結果となって現れているように思います。