抗がん剤に関して
 【「キチガイ医の素人的処方箋」(内海聡医師)より 】
 (抗うつ剤の薬害問題について積極的に取り組んでおられる「Tokyo DD Clinic」院長の「内海聡」医師のブログです)


 私はあまり抗がん剤の記事を書かない。それはなぜかということを時々聞かれる(というより、抗がん剤はどう思いますか?みたいなことを聞かれる)。言うまでもなく、抗がん剤など何の価値もないアホな薬であることは、みなさんご承知の通りである。それらの情報を得たいならネットで山ほど載っているし、船瀬さんや近藤誠氏や、その他の医師たちの著書を読めば、そのアホさ加減は勉強できる。

 では、なぜ記事を書かないかというと、この抗がん剤のアホさ加減は、すでに多くの国民の知るところとなっているからである。とは言え、みんなその治療を受けるのだから手に負えないが、1990年代後半から日本でも抗がん剤論争は活発化しており、今さら私が書くまでもないというのが正直なところだ。私自身もたくさんの抗がん剤を投与してきたが、効いたという人を見たことがない。それはあくまで一時的に小さくなるというだけだ。

 だからこそ、精神医学を重んじている。この一、二年に至るまで精神医学や心理学の問題は人々にとってタブーのみならず、ほとんどの人が知りもしない問題であった。そこで起こっている抗がん剤以上の被害も、誰も気づかなかった。啓蒙の仕方に問題があると言われればそれまでかもしれないが、逆に言えば、それだけ精神医学や製薬会社が巧妙であったとも言える。だからこそ、精神医学の問題を取り上げる。

 もう一つ重視しているのがワクチンである。これを取り上げるには二つの理由がある。一つは、判断さえできない子供に対してほとんどが実行されるという点だ。大人は自分で調べて自分で決断するのが基本であり、決断して抗がん剤や精神薬を使うバカたちに、私は興味ない。しかし、ワクチンは違う。そして、そのことを医学界や製薬会社が巧妙に利用しているからこそ、この問題は断罪される必要がある。もう一つの理由は、精神薬からワクチンへのシフトだ。諸外国において、製薬会社においては、もはや精神薬開発は古き時代の産物となりつつある。内情が暴露され出して、カネを生み出す価値が減ってきているのだ。だからこそ、彼らは強制的に政治を利用して摂取できるワクチンに目を付けた。三つの聖水である「向精神薬」「抗がん剤」「ワクチン」のワクチンを肥大化させるのが近年の作戦なのだ。

 では、あまりに基本的な情報だが、こちらにも添付しておくことにする。

 癌死の80%は三大療法(手術抗がん剤放射線治療)による。岡山大学付属病院のインターンの学生が調べてみると、80%が癌の三大療法(手術抗がん剤放射線治療)で死んでいた。その発見を論文にしようとしたが、握りつぶされた。

 年間のがん利権は15兆円、国防費の3倍。

 抗がん剤は、0.1g 7万円。

 船瀬俊介氏の話「わが身に危険が迫ってもこれだけは伝えたい日本の真相!

「厚生労働省にガンの専門技官て(いうのが)いるんです。技官ていうのは医師免許持ってるんです。要するにプロ中のプロですよ、日本の厚生行政の。そこに聞いたんですよ。『ズバリ聞きます、抗がん剤はガン治せるんですか?』、そしたら『お答えします、抗がん剤がガン治せないのは常識ですよ』ってはっきり言った。」


 効かないと知りながら平気で抗がん剤を使う癌の名医達 立花隆「がん 生と死の謎に挑む72p~

「僕自身(立花隆)ががんになって癌関係のシンポジウムに招かれたときのことです。それは朝日新聞の主催で開かれた、一般市民向けの大きなシンポジウムだった。僕以外の演者はすべて、大学や大学病院のそうそうたる名医ばかりが集まっていた。昼休みだったとき。控え室で皆が雑談的にいろんな話をしていた。いつの間にか話題が抗癌剤の事になっていた。抗癌剤がどれほど効かないかの話を一人がし出すと、皆が具体的な抗癌剤の名前をあげて、次から次にそれがどれほど効かないかを争うかのように、話始めました。『結局、抗癌剤で治る癌なんて、実際にはありゃせんのですよ』と議論をまとめるように大御所の先生が言い出すと、皆その通りだという表情でうなずきました。
 僕はそれまで、効く抗癌剤が少しでもあるのではと思っていましたが。それじゃ『【
患者よ、がんと闘うな】の著者の近藤誠さんの言っていたことが正しかったという事になるじゃありませんか?」と問うと、大御所の先生はあっさりと『そうですよ、そんなことみんな知ってますよ』と言いました。」


 「クスリで死んでも、医者は副作用死ではなく、病死として処置する。」
 「これらの医療行為は、ナチスを思わせるおぞましいものばかりである。」
 「医者が仕事をやめると、世の中が平和になる。」
 「医者が医療行為の9割をやめて、救急医療にだけ降り組めば、人々の健康は間違いなく改善されるだろう。」
 (ロバート・メンデルソン)


 1973年、イスラエルで病院ストライキが決行された。診察する患者の数が一日65000人から7000人に減らされて、ストは一カ月続いた。その期間中、同国内での死亡率が半減した。同国でこれほど死亡率が激減したのは、1953年にやはり医師がストライキをした時以来だった。そして病院が再開すると、死亡率は元に戻ったのである。
 (エルサレム埋葬協会)


 1985年、アメリカ国立ガン研究所のデヴィタ所長は「癌の化学療法は無力。癌細胞は反抗癌遺伝子(ADG)を変化させ、抗がん剤毒性にすぐに耐性を獲得する」と議会証言を行っている。さらに癌細胞は凶暴化し、悪性化してもう増殖を開始する。「抗がん剤の多投与グループほど短命」、これはアメリカ東部の20の大学、医療機関が参加した、最大級の抗がん剤効能判定研究の結論。


 では、なぜ日本でも抗がん剤を勧め、かつ抗がん剤が効果があるようにのたまうのか。大きな理由は金であり、他にも民族浄化なんとやら、いくつも理由はあるだろう。しかし、ここで言いたいのはもっと簡単なこと。つまり、抗がん剤研究の論文などは捏造が主体なのである。ここで言う捏造というのが、一般人にはほとんど見抜くことができないレベルである。

 もの凄く単純に説明する。たとえば、ある抗がん剤を使って、癌が検査上半分になったとする。一般人はその薬は効く薬だと誤解するだろう。しかしその後、癌は前の倍のスピードで増殖するスピードを身につけ、その後、どんな抗がん剤も効かなくなる。結果的にどうなるかと言うと、何もしなかった人よりも抗がん剤を使った人々のほうが早く死ぬという事態になる。

 おかしいではないか?と良心的な一般人は思う。抗がん剤を使ったほうが早く死ぬのなら、なぜその薬が認可されるのだと。なぜ医師たちはその抗がん剤を使うのだと。しかし、その質問をすること自体が、自分がカモだということに気付いていない。基本的に政府の認可というものは、半分になったということが比較証明されれば通るわけで、ニンゲン(人間)が早く死のうが遅く死のうが知ったことではない。そして、日本の医師ほど洗脳し易いバカはいないので、彼らは捏造かどうかも考慮することなく、ガイドラインに沿うことしか頭にない。そのガイドラインが殺人教科書であることに気付かない。まあ、自己を全否定することになるので、認めたくないのも当然だが。だって、あなた方だって、自分の存在を全否定できないだろうから。有名な抗がん剤である「死スプラ珍」。あなた方はその添付文書を読んだことがないであろう。つまり、あなた方やその家族がカモになっても、それは必然である。なぜなら、自分で調べる気がなく、権威や医師に従属しているからだ。

 この抗がん剤の添付文書(ここではプラトシンで扱う)は4ページにまたがっているが、そのどこを見ても臨床成績も有効データも一切記載されていない。そもそも添付文書はその記載が義務付けられているシロモノのはずだが。しかし、この文書には「どれだけ有効か?」も「どれだけ危険か?」も「効能」さえも載っていない。さらにこう書いてある。「本剤は使用瀬遺跡調査などの副作用発現頻度が明確となるような調査を実施していない」。このプラトシンの販売元は、世界的な巨大製薬メーカー、ファイザー社である。「愛で薬はやめれない?」とか「石原軍団の禁煙CM」と言えば分かるだろうか。同社が記載をしていない理由は「後発品」だかららしい。それが理由にならないこと、なぜ書かないかという本質的な理由は、ニンゲン(人間)達が想像してもらえば良いと思う。