岡本さんへ

 岡本さん、コメント欄へのお返事をありがとうございます。不安でお辛いでしょうに真剣にお話ししてくださり、本当にありがとうございます。岡本さんのお話の中で、私が気づいた点をお話しさせてください。

 まず、腫瘍内科での抗がん剤による「延命治療」というのは、癌治療における超重要な食事療法をまったく理解していない世間の癌専門医の認識に過ぎません。つまり、食事療法による「癌体質の改善」という視点がまったくない癌専門医の一方的な見方に過ぎないのです。「延命」という認識ではなくて、「癌体質を徹底的に改善していく」という意識をしっかりと持たれてください。「延命」という認識は「もうだめだ・・・」という意識から出てくる言葉です。そうではなくて、「癌体質を改善していく」という意識が重要なのです。「癌体質を改善する」というのは、「自分の体内で癌が巨大化してしまう状態を改善する」ということです。

 癌になっているのは、何も癌患者さんだけではありません。人間はみんな、毎日毎日、癌になっているのです。私のような若僧だってそうですし、子供だってそうなんです。つまり、「人間の体は年齢に問わず、毎日10万個もの癌細胞が体内で発生しては消滅していく」ということを繰り返しているのですから、体内で癌細胞が発生すること自体はおかしなことではないのです。人間は誰でも同じです。

 しかし、毎日10万個もの癌細胞が発生している中で、その癌細胞が消滅していかず、どんどん癌細胞が増える一方になってしまい、巨大な癌の塊にまで進んで行ってしまったのが、世に言う「癌患者」という方々なのです。ですから、「癌患者」と呼ばれる方々は「正常な体ならば、毎日10万個もの癌細胞が体内に発生しては消滅していくのが普通なのに、体内の癌細胞が消滅することなく、巨大な癌細胞の塊にまで進んで行ってしまった」方々なのです。これが「癌体質になっている」ということです。

 この「癌体質」を改善しない限りは、体内の癌の巨大化は止まりません。つまり、癌が進行するばかりです。世間の癌専門医はその「部位の癌」しか見ません。しかし、岡本さんが「癌は全身病」と言われますように、体の中のどこかに巨大な癌を発生させることになってしまっている「癌体質」自体が癌の原因の「根っ子」ですから、部位に現われている癌は「末」の現われに過ぎませんので、巨大な癌を発生させている「癌体質(全身の状態)」という「根っ子」に直接メスを入れて改善していかなければ、癌の克服などできようはずがないのです。

 これは、自然界の「大樹」に置き換えれば分かりやすいでしょう。植木屋さんの植木法では、もし「大樹」に実がならず、枝葉が枯れるのであれば、真っ先に「根」を疑え、と言います。「根腐れ」を起こしているのです。「実がならないなァ~、枝が枯れちゃうなぁ~」といくら枝葉をツツイテみても何にもなりません。「根っ子」が根本原因ですから、この「根腐れ」を正さない限りは「大樹」は蘇らないのです。

 この「大樹」の例えを癌医療に照らし合わせてみますと、世間の癌専門医がしている癌治療とは「枝葉の治療」です。癌の「枝葉(部位の癌)」をツツイテいるだけです。これでは根本原因である「根腐れ(癌体質)」を正したことにはなりませんから、結局「大樹(体)」は蘇ることができないでしょう(癌は克服できないでしょう)。あくまで「根腐れ(癌体質)」自体を正すことが正しい癌治療なのですから、癌の「枝葉(部位の癌)」だけをツツイテいる癌の三大療法(手術療法・抗がん剤療法・放射線療法)では、癌体質を改善して真に癌から生還する道筋にはなり得ないのです。

 岡本さんならば当ブログの記事をいろいろと読んで頂ければお分かり頂けると思いますが、癌治療の真髄はまず「癌の進行が止める、もしくは、癌が進行し難くなる食事内容にする」ことです。まず、ここが癌治療の土台であり、基盤です。詳しくは、「癌治療の玄米菜食における「生玄米粉食の価値」」と「甲田療法とマクロビオティックから見つめる「癌治療のための玄米菜食」」を参照して頂きたいのですが、とにかくはまず「癌の栄養を断つ」ことから始めねばなりません。そうすれば、物理的にも「癌が育ち難い体内状態」を意図的に作り出すことができます。これは、癌の進行度など一切関係ありません。

 例えば、子供であろうが、青年であろうが、若者であろうが、大人であろうが、中年代であろうが、お年寄りであろうが、男であろうが、女であろうが、体が細かろうが、筋骨隆々でたくましかろうが・・・、老若男女に関係なく、食事を食べなければ腹が減り、ましてや、食べることを止めてしまったら、やがて誰でも体が衰弱していくことでしょう。これは人に問わず、誰にでも共通していることです。

 癌には部位によって様々な特徴があるでしょうけれど、上記の例えと同様に、いかなる癌であろうとも「癌細胞の栄養が断たれれば、癌細胞は育つことができ難くなる」ということは同じなのです。ですから、まずはここから入らなければなりません。現代医学の標準的な癌医療はこれもしないから癌患者の癌を無闇に進行させ、抗がん剤を使って「癌を抑える」「癌を殺す」という発想しかできないのです。当たり前です。「癌が進行し難くなる」「癌が進行できなくなる」という物理的条件を自分に課さないからです。普通の癌専門医なんて、こんなことすら知らないのですから、最初からお手上げなのです。

 では、どのような食生活を得たら「癌が進行し難くなるのか」をしっかりと把握しなければなりません。「癌が進行し難くなる」ためには、まず真っ先に「ブドウ糖の摂取を止めること」です。ブドウ糖を摂取すればするほど、癌を育てます。マクロビオティックなどの食事療法で癌から生還できない方々が多かったのは、この「ブドウの糖摂取」が大きな原因です。たいていの食事療法は「玄米ご飯」ですけれど、それは白米よりも玄米にしたほうが遥かにマシではありますが(白米食はただでさえ血液を汚しますし、玄米食でなければ浄化作用が引き起こされません)、「ブドウ糖の摂取」の面では白米も玄米も変わらないのです。一番いけないのは「玄米が良い」とだけ聞いて、玄米ご飯を思いっきり食べてしまう方です。これでは「ブドウ糖の摂取」がもろに増えてしまい、「ブドウ糖の摂取」が病気を進行させてしまうのですから、玄米ご飯の過食をしてしまっては元も子もないわけです。少食が重要です。

 甲田療法では「生玄米粉食」や「生菜食」を活かしていました。これであれば、加熱食をしていませんから「ブドウ糖の摂取」にはならず、詳しくは上記2つの記事を参照して頂きたいのですが、「中鎖脂肪ケトン食(糖質制限食」という、ブドウ糖よりも質の高いエネルギーを得ることになります。この「中鎖脂肪ケトン食(糖質制限食」ですと、癌細胞は育てずに、正常細胞だけを養うことができます。ましてや、治病というものは(癌患者さんにとっても)「ビタミン」「ミネラル」「酵素」の摂取が何より一番大事ですから、特に「生菜食」を実行すればこれが充分に達成できるわけです(「生菜食」は加熱による「ビタミン」「酵素」の破壊・損失が一切ありませんから非常に有効です)。重ねてますが、「生玄米粉食」を実行すれば、加熱をしていないので「ブドウ糖の摂取」にはならず、癌を「栄養断ち」にして、癌が育ち難い環境を作り、正常細胞はしっかりと養えます。
(ただ、いくら「生玄米粉食」にして主食での「ブドウ糖の摂取」を抑えたとしても、他で(お菓子などで)糖分を摂取してしまっては元も子もありませんから、その点は気をつけなければなりません)

 もし、生玄米粉食が無理ならば、玄米クリームが優秀な食品です(ものの4~5分間の過熱ですみます。玄米飯を炊こうものならば、1時間半はかかります。その分、火食の害も増えるでしょう)。玄米クリームは胃腸を癒し、整えてくれます。

 食事療法では、何よりも「ビタミン」「ミネラル」「酵素」の摂取を一番重視してください。これに最適なのが生菜食ですが、もし、生菜食の実行が難しいのであれば、低速回転のジューサーで生野菜ジュースにすれば摂取しやすいです(生野菜をすり鉢で摩り下ろしてから搾ってジュースにしても構いません)。

 根菜類の野菜(大根・カブ・人参・長芋など)はおろしにしてから食べることで(大根おろし・人参おろし・カブおろし・長芋おろし)、「酵素が活性化し、酵素の量が通常の3~5倍になる」ので、ぜひこの「根菜類の野菜のおろし食(もちろん生食です)」を活かしてほしいです。


 あと、岡本さんのお話しの中で私が気になりましたことでは、食事療法の内容です。

  (1)添加物の入っているものはなるべくとらない。
  (2)白砂糖は取らず、代わりに甜菜糖を主として、蜂蜜などで代用する。
  (3)牛肉、豚肉は取らず、代わりに鶏肉、魚肉、無調整豆乳でたんぱく質をとる。
  (4)果物は多くとる。
  (5)腹いっぱい食べない。
  (6)乳製品をとらない。

 この中では真っ先に『(4)果物は多くとる』が気になりました。これは勘違いをされています(生意気にごめんなさい・・・)。果物は確かにビタミンが豊富ですが、考えてくみてださい。果物には糖分が非常に多いです。果物でビタミン摂取をして良いのは、健康の人に限ります。癌患者さんは避けたほうが無難です。上記のように、「ブドウ糖の摂取」になってしまい、癌を育ててしまうからです。果物に関しては専門家によっていろいろな意見があるようですが、私は無理に摂らなくて良いと思います。「ビタミン」「ミネラル」「酵素」なら、果物ではなくても生野菜で充分に摂れるからです。甲田療法では果物食を採用していませんでした。それは、「ブドウ糖の摂取」で病気が進行してしまうからでしょう。もし、岡本さんが果物がお好きであれば多少は良いのでしょうけれど、私ならば果物は一切取らないと思います。まず、生野菜を多食します(私は生菜食者ですから、その価値がよく分かります。私の父母も生菜食を活かして持病を改善しました。特に父は癌体質の改善です)。ですから、果物食に関してはよく吟味されてた上で実行されてください。よろしくお願いします。

 (1)は絶対に守ってください。食品添加物は化学化合物の塊です。甲田光雄先生のお弟子さんは、現代の日本人が癌になる一番の原因に食品添加物の摂取(化学化合物の摂取)を挙げています。化学化合物は体内の細胞や遺伝子を傷つけて癌化させます。絶対に避けるべきです。

 (2)は、精白食品(白米・白砂糖など)は血液を汚し、「ビタミン」「ミネラル」の大泥棒です。これも避けてください。

 (3)では、獣肉食(牛・豚・鶏など)は避けるべきです。新谷弘実先生の「新谷式食事療法」では鶏肉食を推奨していますから、鶏肉食は少しなら良いと思います。私は魚介食のほうをお薦めしたいのですが、良質なたんぱく質ならば「豆腐」で充分です。「豆乳」も良いです。甲田療法では「豆腐食」を取り入れていましたが、これは大豆で摂取するよりも、「豆腐で摂取したほうが、たんぱく質の吸収率が良い」ためです。ぜひ、「豆腐食」を取り入れて頂きたいと思います。
 「豆腐」「豆乳」はともに安全なものを選ばれてください。市販の豆腐は薬を使って作っていることが多いようですから、昔のお豆腐屋さんのような「充填式の豆腐」を選ばれてください。

 (5)の「腹いっぱい食べない」ですが、これはもっと進めて「腹8分目」の意識を持たれてください。もしくは「腹7分目」、一番良いのは「腹6分目」です。少食すぎるのは問題ですが、普通に食べるのはもっと問題です。癌患者さんが次第に食べれなくなるのは「自然が要求する手段」なのです。一般的な食事をすれば、まず間違いなく「ブドウ糖の摂取」になります。つまり、食べては癌を育て、食べては癌を育て、この行為を毎日繰り返していくことになります。「ブドウ糖の摂取」をすればするほど癌を育てますから、癌の臨界点を超えると「もう食べないでくれ~」という体の「自然の要求」が働くのです。そのため、癌患者さんは次第に食べれなくなっていくのです。これは、自然がさせる正しい行為です。
 癌治療の食事療法においては、質の良い食事を食べたあとは「如何に食べないか」の実行が重要です。質の良い食事を食べる「食べる方向性」を得たあとは、「余計なものを如何に食べないですませるか」という「食べない方向性」を意識されてください。ただこれは、人間にとって「食べることは生きる上での楽しみのひとつ」ですから、岡本さんが食べたいものを、週に1回とか、月に2~3回とか決められて、ご自分で調整して頂きたいと思います。食事療法をあまりに厳しくしすぎてしまうと食事療法の継続が困難になってしまう方が多く、それではかえってマイナスになりますから、ここは「ご褒美日」を決められてご自分で調整されてください。人間は厳しい食事療法だけでは必ず苦しくなります。そのくらい人間は「食に対して貪欲な生き物」なのですね。これは、食事療法をやってみて初めて分かることです。食事療法に対してストレスを感じないように、ご自分なりに上手に工夫されてください。

 (6)の「乳製品をとらない」は正解です。今では世界の栄養学者で、「牛乳で乳癌になる」など、乳製品の害を訴える先生方々がたくさんおられます。乳製品のすべてが害になるわけではないでしょうけれど、近代に入るまで日本人は乳製品を摂取してこなかった民族ですから、消化酵素的にも、腸内細菌的にも、乳製品の摂取などしないほうが無難なんです。昔の日本人と同様に、野菜や小魚の食事で充分にカルシウムなどの摂取はできますから、「乳製品など不要」で結構です(ただ、食材の質を高くする必要があります。なるべく無農薬有機栽培の玄米や野菜を選ばれてください)。また、日本人は獣肉食をしてこなかった民族ですから、消化酵素や腸内細菌的に日本人は獣肉を消化するのに長けていないようです。


 私がどうも気になりますのは、岡本さんがされている健康道場さんの酵素です。私には一体どういう酵素なのか分かりません。岡本さんが信用できる酵素ならば、その酵素を活かされてください。
 酵素は新鮮な生野菜や発酵食品という「天然の食品」から充分に摂取できますので、「酵素の摂取」は第一にまず「生野菜や発酵食品などの天然の食品に含まれる天然の酵素」の摂取を意識されて頂きたいのが私の気持ちです。

 酵素は人間の体の生命運営のすべてに関わっていると言っても過言ではありません。食物の消化、栄養の吸収、新陳代謝、排泄など、体の生命運営の重要な柱です(材料です)。病気を患う人は「酵素が不足している状態になっている」のが大きな原因になっているのです。現代の日本人は加工食品ばかり食べていますので、加工食品には酵素などありませんから、現代社会は「酵素不足に陥りやすい」社会環境なのですね。これは、現代食というものを本気で見直す必要があります。自然界の動物は病気になりませんが、それは常に生食をしているので酵素の摂取が充分にできているからです。しかし、人間に飼われているペットの犬や猫、または畜産の畜獣たちは病気を引き起こします。これはペットフードや畜産の飼料を食べているために起こす病気で、ペットフードや畜産の飼料は決まって加工食品ばかりですから酵素摂取ができないので、人間に飼われている動物は病気を引き起こしてしまうのです。しかも、人間とよく似た病気ですね(癌とか心臓病とか白内障など、ペットや畜獣の起こす病気は人間の病気そのものです。人間が病気を起こす理由が、ここからも見て取れますね。加工食品に傾倒すればするほど、体には異常が起こってくるのですね。それが病気です)。新谷弘実先生も酵素摂取を一番重視されているくらいです。なるべく「天然の食品」から酵素を摂取できるようにしてください。「天然の食品」の酵素を第一に置くべきだと思います。健康道場さんの酵素が確かなものであれば、「天然の食品」の酵素摂取と併用して行ってください。


 抗がん剤の話に入ります。まず、食事療法による「癌体質の改善」も一切せずに抗がん剤を使用すれば、後日、さらに癌が増えて増癌していきます。これは、アメリカ国立ガン研究所センターが認める事実です。もし、癌の抑制を考えて抗がん剤を使用されるのでしたら、「丸山ワクチン」のほうが遥かに安全です。と言うよりも、丸山ワクチンには副作用が一切ありませんから、正常細胞を殺すこともなく、癌の抑制をしてくれるでしょう。世間の癌専門医に丸山ワクチンの話を聞いても無駄です。まず、正確になんて知りません。医学界では、丸山ワクチンを完全に無視する暗黙の了解があります。なぜだと思いますか? 実際に効果があるからです。現代医療では、患者を大きく治癒させてしまう治療は嫌われて潰されるのです。本当に酷いものです・・・。
 丸山ワクチンは理解のある病院で申請して頂いてから受け取るシステムになっています。なので、もし丸山ワクチンを試されるときには、まず丸山ワクチン申請をしてくれる病院を探さねばなりません。丸山ワクチンは甲田光雄先生のお弟子さんも認めておられ、ご自身の重度の膠原病の進行を抑えるために使用されていました。丸山ワクチンに関しては、サイドバーの「癌リンク集」の中にあります「丸山ワクチンリンク」をご覧になってみてください。
 ただ、いくら丸山ワクチンであろうとも、食事療法が根本であることに変わりはありません。とにかく、安全で価値のある手段を複合して併用していきましょう。


 睡眠のことは私も知っています。この間、 NHK の『病の起源:第1集 がん ~人類進化が生んだ病~』という番組でもやっていました。私個人的には、この番組の内容には裏を感じました。この番組は「現代社会に氾濫する化学物質(化学化合物)が癌を生んでいるなんて言われているようけれど、実はそうじゃないんだ。大昔から癌は存在している。人類にとっては、癌になることは仕方がないことなんだ」という内容でした。これは完全に「現代社会に潜在する癌の問題」を誤魔化しています。
 確かに、癌は昔からありました。それはその通りです。癌とは本来、「生命を守る上で重要な役割がある、天然の仕組み」であるのです。でも、それと「癌で死ぬ」問題は別なのです。マクガバン・レポートには「昔のアメリカには癌で亡くなる者はいなかった」と明記されており、昔の日本も同様で癌は奇病扱いでした。「昔は発見できなかったから分からなかっただけだ」という医師もいますが、昔は癌患者(癌が巨大化してしまう方々)自体がほとんどいなかったのです。それは、インドやフンザなどの長寿地域には癌患者がいないことを見ても明らかです(最近のインドは経済成長が激しく、豊かな暮らしを得るとともに伝統的なインド食を放棄して欧米食をし始めた多くのインド人が癌で亡くなるようになってきました)。昔の日本人は世界の長寿地域の人たちが食べているような粗食という食事内容でしたから、昔の日本人が癌にならなかった事実が世界の実地を見ればちゃんと符合していることが分かります。
 この NHK の番組には非常に裏を感じました。NHK に裏のやり取りなんて日常茶飯事でありますから、別に不思議とは思いません。どうせ、巨大な製薬企業の力でも働いているのでしょう。日本人の意識を「社会に潜在する癌の根本原因」からそらせるために、「癌になるのは当たり前なんだよ。癌で死ぬのは当たり前なんだよ」と、癌問題の重要な観点を誤魔化しているようにしか感じられませんでした。かなり、怒りを感じましたね。NHK ですら、こんなもんです。知っている人はとっくに知っています( NHK に「堀潤」さんという人気キャスターがいましたが、堀さんは NHK の隠ぺい体質に失望して NHK を辞め、今は別の活動をして「世間に真実を伝える」道を模索されておられます。私も好きなキャスターでした。こちらを参照してください)。
 でも、この番組の中で「夜に睡眠をとらないと癌の抑制が働かず、癌になりやすくなる」という意見は賛成します。ですから、岡本さんの「なるべく早く就寝する」という行動は素晴らしいと思います。ぜひ、継続されてください。


 岡本さんのこのお言葉です。

「しかし、私はブログ管理人さまの考えに近く、体の浄化をすれば、もっと延命できるのでは ??? と考え、外科の検査手術後市販の酵素を先生に隠して服用していました。そのせいか知りませんが、今は顔色もよくなり、体調もほぼ常人並で、仕事も続けています。病院の血液検査も、抗がん剤が原因の貧血がある程度です。」

 ここが重要なんです。岡本さんはしっかりと食事療法の効果をしっかりと実感されておられます。食事療法の価値は自分で実感することで正確な理解が得られますから、この感じ方を日々大事にされてください。実感が一番重要です。「規律ある行動力」と「繊細な実感力」こそ、食事療法の重要性を理解するための大きな糧です。食事療法の理解が信頼につながります。

 また、岡本さんのこのお言葉です。

「基本的に転移といわれているのは、転移ではなく、その臓器独自の癌だと思います。なぜなら、がん細胞が大きくなるのは、数年かかるそうですから・・・・。」

 これについては、「森下敬一 医学博士 「癌は血液の浄化装置」」をご覧になってください。現代医学の言う「癌が他の部位に移って転移する」ということは、実際には無いようです。体内の癌が増えるのは、森下先生の「血液浄化を一切しないために体内が汚れる一方となるので、血液の浄化装置である癌も増える一方となるのだ」という癌の見解のほうが自然です(現代医学の言う癌の見解は何だか不自然すぎます)。

 どうか、「癌体質の改善」に最大の意識を持たれてください。できれば、私の父が癌体質を大きく改善するきっかけとなりました「週末一日断食」か、母のやっている「半日断食(午前中は何も食べない)」など、「食べない方向性」をご自分に課して活かしてほしいです。

 そして、食事療法をされているのであれば、「飲尿療法」も活かされてほしいです。飲尿療法で癌を克服された方は多いようです。私もやっていますし、今では私の母も理解してくれてやっています。飲尿療法は「自己免疫の改善化」です。自己免疫を正し、強化してくれます。一切、無料です。必要なのは、飲尿療法への理解と、最初のちょっとした勇気です。ぜひ、自然界の動物も当たり前にやっている「天然の医療」である「飲尿療法」を考えてみてください。


 また、私は「蒸留水」の飲用をお薦めします。世間ではまだ「蒸留水は人間の飲み物ではない」と誤解されていますが、蒸留水は「体内を浄化する」のに役立ちます。飲用蒸留水もいろいろと販売されています。


              

               

          



 蒸留水は体内浄化を促進させます。蒸留水は一切混じりけのない水です。「ノーマン・ウォーカー」博士も推奨していました。次の図書は、ノーマン・ウォーカー博士の水に関する文献です。


              



 この蒸留水を自宅で作れる「蒸留水器」(台湾メガホーム社製)もあります。


              



 蒸留水は「体内浄化」に貢献してくれます。体内に蓄積している毒素、たんぱく質などの余剰物質を流し出してくれるでしょう(排泄してくれます)。世間では蒸留水の理解はまだありませんが(メディアが報道しないからです)、世間の常識なんて当てになりませんから、この蒸留水もひとつの資料として、ご自分でよく吟味されてみてください。

 もし、蒸留水に興味がありましたなら、一度、上記のペットボトルの商品の中から一番安価なものを購入されて、実際に飲用して試しながら体の変化を味わってみてください。そして、蒸留水の確かな効果を実感でき、ご自分の癌治療に必要なものであると感じられましたなら、蒸留水の飲用を継続されてみてください。
参照:生命と水 - ナチュラルジェイ 体温の水を飲みましょう (三木一郎 医学博士)伊勢白ペディア ‐ 癌(ガン)


 あと、私のような若僧が生意気のようですが「延命」などという弱い言葉や意識ではいけません。岡本さんの言われる「今後、何年生きれるかわかりませんが、できるならば完治を目指して頑張りたいと思います」のお言葉は、「何が何でも、徹底的な物理的手段(このブログでお話ししている内容です)で癌体質を改善して正し、生きれる体に仕上げていくのだ」という意識に変え、それに対する意欲を持たれてほしいのです。

 命のかかっている癌患者さんに対して、私のような若僧がこんなことを言うのは失礼になるかもしれないことぐらい私も承知しています。でも、私のような霊学に触れてきた人間には、人間の意識がどれほど重大で、どれほど自分の先行きを大きく左右していく原動力になるのかが分かるので、失礼を承知で私なりにお伝えさせて頂いています。私には言葉を置かせて頂くことしかできないのです。意識の如何によっては、人間の生き死にが分かれることも多いです。自分の意識をどういう意識に仕上げていくのかは自分次第です。その意識の形成にどうしても必要なのが「学び」です。このブログがそのひとつになって頂けましたら有り難いです。どうぞ、様々な癌に関する著書に触れて、自ら進んで「癌」を学ばれてください。

 また、病院の癌専門医が言う「余命」とは、食事療法やその他の価値ある療法を何もやらず、抗がん剤だとか、放射線だとか、世界の先進国がとっくに卒業している癌の三大療法しかやらなかった場合のことです。本当に必要な癌治療を実行し始めれば、その日から体は反応し始め、体は相応に変化していくものです。どうか、そのための最大限の努力を実行されてください。意識の形成に重ねて、このことをどうか忘れないでください。


 あと、『5.あまり腹を立てず、謙虚さを保つ』に関しましては、私は非常に賛成します。これは、とても重要です。
 これはつまり、精神作用についてのことですが、このことについて先日記事を書きました。こちらです。

 ●
 ●

 これもまた一般的な内容ではありませんが、参考になって頂けましたら有り難いです。


 岡本さん、私のような者の話を聞いてくださり、本当に感謝しています。私も「標準的な癌医療」の問題点を指摘している者のひとりですから、医師と喧嘩したり、医師に馬鹿にされたりしたこともあります。「標準的な癌医療」だけが正しいというのは世間の「無知なる思い込み」です。「(世間に潜在する情報操作に呑まれて・・・)自分が本当に知るべき情報に対して、一切無知になってしまっている」のが、世間の大方の人たちの実情なのです。「無知は罪」です。世間では、「自分が無知になっている」ことにさえ気づていない人たちが非常に多いです。この「無知」によって世間にどれほどの不幸を生み出していることか・・・、この「無知を無知とも知らぬ罪」がどれほど多くの悲しみを生み出してしまっていることか・・・、多くの人に悟られてほしいです。「真実の情報」にたどり着かなければ、自分が損をします。損したくらいならばまだ良いかもしれませんが、取り返しのつかない事態になることだって本当に多いです。間違った情報に流されることがないように、ご自分の「識別眼(本物を見分ける眼)」をしっかりと養って頂きたいです。

 この「世間を無知に陥れている」情報操作は、決して東電の原発問題だけの話ではありません。権力や専門家たちが自分たちに都合の良い内容だけを世間に語り、都合の悪い内容は隠ぺいし、事実を隠したり歪めたりするのは昔から方々で存在してきた事実です。もちろん、現在進行で存在しています。これは、大方すべての分野に対して言えることです。当然、現代医療にも根深く存在しています。ましてや、癌医療など酷いったらありゃしません・・・(絶句します)。私はいまだに(前回お話ししました)祖父と叔父の癌は病院で正しい癌治療を受けていなかったために亡くなったという怒りを覚えることがあります。父は自宅でできる食養と断食などの正しい癌治療ができたから命が助かったものの、「標準的な癌医療」などと勝手に「標準」扱いしている病院の癌医療を見つめる度に、虚しさと怒りが交錯します。

 甲田光雄先生のお弟子さんは、故意的な医療ミスが原因で重度の膠原病になってしまいました。医療の裏側(医療の闇)をよく知っている方です。以前も、現代医療に対して「人の命を弄んではいけない」と指摘されていました。

 私の知る方で、癌の手術をされたあとに癌が再発してしまい、抗がん剤を一切拒否して、食事療法で癌を克服された方がいます。その方は女性の方で、癌患者さんの手術の付き添いをされたり、色々なアドバイスをされている素晴らしい方ですが、その方も現代医療の闇を見てしまったのです。医師にさらし者にされて、医師の人格を疑ったと申されていました。その方は、現代の癌医療に対して「日本の癌医療は腐っています。多くの癌患者さんが癌ビジネスの餌食となっているのです。これでは合法殺人です」と言われていました。私はそのお話の生々しさにゾッとしました。

 現代医学や現代医療は確実に素晴らしい恩恵を生んでくれています。しかし同時に、医原病(現代医療を受けたことが原因してなってしまった病気)も確実に増えています。そして残念ながら、一般国民が想像もしないような現代医学と現代医療の闇だって確実に存在しているのです。

 しかし、それをいくら突いたところがどうにもなりません。大事なことは、国家にとっても、国民にとっても重要な分野である現代医学と現代医療の恩恵を正しく活かして育み、改善すべき医療の闇の側面を改革していかなければ前には進みません。そのためには、国民ひとりひとりの理解が絶対に必要です。まずは、国民ひとりひとりがその事実を正確に知り、自分なりに指摘していくことです(知るだけでも充分です。多くの人が知っていけば、次元を異にして相応なる動きが自然と生まれます)。国民ひとりひとりの意識が育ち、各人が自分なりに変わっていかなければ、医療会や製薬企業が自ら変わることなどできないでしょう。

 岡本さんは、現代の癌医療に対して懐疑的な側面があることに気づかれています。これが正解です。あとは、現代の癌医療が何も言わない「価値ある手段」をいろいろと見出されることです。ご自分が見出された良い手段は必ず複合して行い、併用して活かし、ご自身の癌治療に積極的に取り入れていきましょう。毎日を大事に、これを確実に徹底して実行していく積み重ねを得てください。

 私と縁(えにし)あってくだされた岡本さんには、どうかこの「癌ビジネス」という医療の闇に呑み込まれることなく、私のブログがきっかけとなって、ご自身の取るべき癌治療の幅が広がって頂けましたなら有り難いと思います。


 「健康のための人間読本 BBS」という掲示板があるのですが(今は閉鎖している掲示板です)、この掲示板には癌に関する内容が載っています。癌患者さんの意見もあります。ぜひ、参考にされてみてください。よろしくお願いします。

 また、急いで書かせて頂きましたので、誤字脱字などの粗相なところがありましたら申し訳ありません m(__)m


 岡本さん、応援しております。「延命」ではなく、「癌体質の大改善」ですよ!
 お辛いでしょうけれど、体の根底から癌体質を大改善できるように、どうか頑張られてください m(__)m



    ブログ管理人より