ガンの原因は「環境汚染」だった
 【「WONDERFUL WORLD」より 】


 ガンの原因は、遺伝でも体質でもなく、「環境汚染のせい」!

 これは多くの人が持つ直感だと思いますが、
 最近、これは「仮説」ではなく、事実であることを示す報告がぞくぞく出ています。

 つい先日、アメリカの「NGO(非政府組織)」のサイトで、アメリカの「大統領ガン諮問委員会」が、
 「化学物質の脅威」を強調した200ページの報告書を出したことを知りました(外部リンク)。

 この手の機関は、普通、「早期発見が大事、定期健診を」と呼びかけるのがおち。

 ところが、1971年に設立され、アメリカ・ガン学界の最高権威とされるこの委員会は、
 「現状を直視し、化学物質にもっと厳しい規制をかけるべきだ」と求めているというから、私も驚きました。


 特に強調しているのが、妊娠中に「化学物質」に暴露しないこと。
 この時期の胎児へのリスクが一番大きいからです。

 生まれた赤ちゃんの「ヘソの尾」にも、多くの「化学物質」が発見されているのはよく知られていますが、
 この報告は、赤ちゃんは生まれた時から「すでに(化学物質に)汚染されている」と。

 アメリカでは特に「小児ガン」が増えていると言い、
 その理由は、あまりにも多様な「化学物質」が生活に氾濫しているせいかもしれません。


 報告はまた、法律の規制が弱い、きちんと執行されない「縦割り行政」を批判し、
 「化学物質は “有害性が証明されない限り、安全” とされている現状を変えるべきだ」と述べています。

 つまり、ヨーロッパにならって「REACH 制度」をつくれ、ということですが、
 とにかく、アメリカでは何かが変わりつつあるようです。


 なお、この「NGO(非政府組織)」のサイトでは、ガンを避けるために、次のような注意を呼びかけています。

  (1)妊娠した女性は「化学物質」に被爆しない(特に「農薬」は禁忌です)。
     食べ物洗剤家庭用品は、より毒性の少ないものを買うようにする。
  (2)毒物を扱う職場では、帰宅した時に靴を履き替え、服を家族と別にして洗う。
  (3)水を濾す。水はガラスのコップで・・・・・・。

 詳しいことは「こちら」を!