癌の原因については世界中の学者が懸命に研究していますが、今だに癌の原因についての説明をする学説はありません。いろいろな要素が複雑に絡み合って癌ができてくるのだろうと一般的には考えられています。食品添加物、動物性食品の取り過ぎ、栄養過剰、塩分過剰、ビタミン不足、刺激の強い食品、たばこ、カビ、電磁波、ストレス、等々、いろいろなものが原因として挙げられていますが、これこそ原因というものはいまだにわかっておりません。これらのひとつひとつをチェックしてみても、どれも癌の根本原因にはなっていませんでした。人間の体は相当丈夫にできており、自然治癒力が働いて、そう簡単に病気にはならないようになっています。少しぐらいの毒素は肝臓でほとんど処理できます。

 近代農業が農薬、除草剤を使うようになってから、この状況は一変いたしました。その毒性を調べていくにつけ仰天してしまったのです。最も生命力の強い雑草を枯らしてしまう除草剤の猛毒性については、ベトナム戦争ですでに実証済みです。どれだけの癌患者や奇形児が生まれたことでしょうか。遅発性の毒性で殺虫剤の50万倍、食品添加物の300万倍近い毒性があるという恐ろしいものです。これら除草剤の猛毒が人間の体内に入り始めてから、癌や難病、奇病、原因不明の病気などが多くなったのです。医者は原因がわからないから治しようがありません。日常の食品を通じて、猛毒の除草剤などが肝臓にたまり始めてきたのです。肝臓の化学工場はこれほどの猛毒を処理するように設計されていませんでした。それでも肝臓は必死に働いて毒素を排せつしようと努力したのです。

 しかし化学工場肝臓の能力もすぐ限界に達してしまいます。人体で最も大切な器官である肝臓がダウンしては命がなくなってしまいます。それで少しでも命を守るために肝臓自体で処理できない毒素を1カ所に集めようとしたのが癌細胞だったのです。ガン細胞は体を守るためにできた「非常浄化装置」のようなものだったのです。

 「浄化装置」を切ったらどうなりますか。又、どこかに「浄化装置」を作らなければいけません。これが「癌の転移」であり、切ってはいけない理由です。体内の血液を浄化していけば、自然に癌細胞は使命を終えて小さくなっていきます。癌細胞は、肝臓や命を守るために「第二の肝臓のような浄化装置」として働いていたのです。

 だから、癌に感謝しなければならないのです。癌細胞を切り刻んで全身にばら撒くと3日ほどで死ぬそうです。毒が全身に回らないように、癌細胞は『毒素よ!ここに集まれ!』と集合をかけているようなものです。それで癌になっても、半年から数年は生きられるのです。その間に食を改めれば治ってしまうのです。

 現代人の90% 近く、いや100%といってもいいくらい肝臓病になっています。肝臓で処理しきれない除草剤の猛毒は、腎臓や前立腺、子宮、体内脂肪などへと回されていきます。脂肪のところに毒素が溜まっています。太っている人は体内毒素が多いと思って下さい。内臓に影響がないように脂肪のところに毒素を「一時保管している」のです。ガンがどんどん大きくなるのは、体内に除草剤ダイオキシンを入れ続けるからです。

 しかしこれは生きている以上、食べていく以上防ぎようがなかったのです。市販の食品も魚介類も一切食べず、完全無農薬食品のみで生活できる人がどれだけいるでしょうか。私たちは除草剤という猛毒を除草剤メーカーによって毎日、毒を盛られていると考えてもよいくらいです。除草剤を全廃しない限り、人類の難病奇病、癌、アトピーなどの病気の問題は絶対に解決しません。雑草を取る農作業が大変だから除草剤を使うという農家のエゴと恐るべきメーカーの企業エゴによって、今日、人類の病気の苦難が続いているのです。絶対に許されてはならないことです。この事を知った以上、除草剤の猛毒を体内に入れない努力とすでに体内にあるものを排せつすることを努力するしかありません。