現在、私たちが手にする塩は、「海の塩(自然海水塩)」と「塩化ナトリウム(NaCl:ナトリウムの塩化物)99%以上の食卓塩・工業塩・化学塩」とがあります。この「自然海水塩(海の塩)カテゴリ」では、食卓塩・工業塩・化学塩(塩化ナトリウム99%以上の薬品)の危険性と、海の塩(自然海水塩)の重要性についての資料をご紹介しています。本来、「食塩」とは、食用・医療用に調製された「塩化ナトリウム製品」を指す用語です。

 世間には「岩塩」という塩があります。なかなか人気があるようですが、日本人が「岩塩」を使い始めたのはつい最近のことです。日本人が昔から使ってきた塩は「岩塩」ではありません。日本は四方が海に囲まれている島国ゆえ、日本人は昔から「海の塩(自然海水塩)」を利用してきました。最近、人気のある「岩塩」ですが、日本人の過去の実績から見て、この「岩塩」を日本人が使うのはどうなのか、疑問に思います。

 人間は塩を摂る必要があります。昔から「命の塩」と言われる所以です。人間の体は体内の「生理的食塩濃度」や「電解質(体液(細胞内液や血漿)に溶けて伝導性を持つミネラルイオンのこと )」によって生命活動が保たれています。人間は日々の暮らしの中で塩分を失っていきますから、この「生理的食塩濃度」や「電解質」を正常に保つには「塩の摂取」が欠かせません。「電解質」の材料になるのは「水」「塩」「ミネラル」ですから、よく水を飲み、「海の塩(自然海水塩)」 を摂ることによって塩分とミネラルをバランスよく摂取することが大切です。食卓塩・工業塩・化学塩(塩化ナトリウム99%以上の薬品)の塩にはミネラルがほとんど含まれていませんから、この「電解質」のバランスを正常に保つのには不適切です。塩は必ず、ミネラルを多く含む「天然の塩」を摂取すべきです。

 人間は代々、その国、その地域で採れる食物を食べて生きてきました。これをその国その地域独自の「民族食」と言いますが、その民族が代々何を食べてきたかによって(どのような民族食をしてきたかによって)消化酵素や腸内細菌の種類が異なります。日本人はつい最近まで獣肉や乳製品を食する食文化がなかったので、その食事経験がない分、獣肉や乳製品をよく消化してくれる消化酵素や腸内細菌を持つ人がまだまだ少ないのです(牛乳を飲んで下痢を起こす人がいるのはこのためです)。ですから、人間は自分の生まれた国の民族食を続けるのが一番安全なのですね。昔の日本人が食べてきた食物は、消化酵素や腸内細菌の上で、今の日本人もよく消化できますが、昔の日本人が食べてこなかった食物は、その食歴がない分、消化的に考えれば避けたほうが 安全と言えるのです。もし、獣肉や乳製品を食べるのであれば、その量を少なくするべきです。

 これと同様に、日本人が昔から利用してきた塩は「岩塩」ではなく、「海の塩(自然海水塩 )」なのですから、その食歴上、現代の日本人も「海の塩(自然海水塩 )」を使っていくのが無難であると思います。新薬でもそうですが、過去の確かな実績のない「最近、新しく登場してきたもの」ほど用心せねばなりません。過去の実績がない分、体に何が起こってくるか分からないからです。新薬の中には「動物実験で安全が確認されたにもかかわらず、患者に投与したら何百万人もの患者に異常が出たり、亡くなったりして訴訟が起こった」などとニュースでもやっていましたね。これが食物や塩のことになると「そんな大げさな・・・」と思われる方が多いかもしれませんが、細かく見つめれば、過去の「日本の民族食」には含まれていない「(日本民族にとって)新しい食物や塩」が、日本人の体の患い(狂い)の元になってしまうであろうことは充分に考えられることなのです。過去に実績のない分、体にすぐには適正しないのですから、「(日本民族にとって)新しい食物や塩」 を大いに摂取すれば、なかなか気づかれ難い体の問題として、時間をかけて体にいろいろな反応が現われてきて当然です。その急激な「食の変化」に対して、その人の体が個体として速やかに対応できれば良いのですが、人間の体とはなかなかそう上手くはいかないものなのです。ですから、昔の日本人が使用してこなかった(経験してこなかった)、日本人が最近使い始めたような「岩塩」は、日本人の体質に本当に問題がないのか疑問に思います。
遺伝子は、食べたものを無毒化して体に適応させるために進化を遂げるのに、概ね300年の時間が必要です。遺伝子が無毒化対応できない食品を食べると、遺伝子が傷付きやすくなるので癌化の原因となります。世界中の食品(輸入食品)を乱食しまくっている現代の日本人に癌が多発しているのも分かるというものですね!


 「岩塩」の中でも特に人気のある「ヒマラヤ岩塩」には、このような商品説明がされています。

 ヒマラヤ岩塩とは、ヒマラヤ山脈の麓から取れるお塩(岩塩)です。私たち人類が生まれる遥か昔、シーラカンスやアンモナイトといった神秘的な生物が、海の中に生息していたころ、たび重なる地殻変動により、海水が陸地に封じ込められ、巨大な岩塩層ができました。その後も地殻変動が繰り返され、ヒマラヤ山脈の誕生となり、この岩塩層も一緒に押し上げられました。
 そのような、いにしえの海水からできたヒマラヤ岩塩は、海水汚染とは全く無関係な約3億5000万年前のお塩です。壮大なる地球からの贈り物、ヒマラヤ岩塩をぜひ一度お試し下さい。



 この「岩塩」で問題があるのは「約3億5000万年前のお塩」という点で、これではあまりにも時間が経過しているために、元は自然海水塩であっても、大地の影響でかなり変化していますから、人体の健康のためには「岩塩」ではなく、「今の新鮮な自然海水塩」が良いと思います。

 これはなぜかと言いますと、「三木式免疫療法(三木一郎 医博)カテゴリ」にあります記事を参照して頂きたいのですが、「三木一郎」医学博士がこのように解説されていることから理解できます。
三木先生の語録」を参照してください



 海の魚が病気になったとき、医者に診てもらえますか? ケガしたとき薬ありますか? ないでしょう。でもみんな元気になる。海という字は、“水は人の母” ということでしょう。すべての生物は海から生まれた。海が生まれてから約40億年経ったとき異変が起きた。大体海水に占める塩分が0.9パーセントだったのが上昇して2~3パーセントとなってきた。そのときそれについていけない生物の地上への移動が始まったのです。

 私たちの人類の祖先がそれです。今日、地上で生きるすべての生物は海を捨てたのです。そして5億年がたったのです。海の中の魚や貝や海藻類は塩分の上昇に伴って姿、形を変えて対応してきたのです。現在は約3パーセントの塩分比率です。私たちは海の中では生活できません。女性が妊娠したとき、子宮の中に海が誕生します。羊水が胎児を育てます。その羊水の塩分比率が0.9パーセントなのです。間違いなしに古代の海なのです。胎児はお母さんのお腹の中で地球45億年の進化の過程を、約42週間という猛スピードで発育するのです。そのときちゃんとした羊水がなかったらどうしますか? 育たないでしょう。十分な塩分を供給しなかったらあかんのです。鮭が卵を産んだ後死に絶えます。人間のお母さんは死んだらあきまへん。生まれた子を育てるという仕事が待っています。産後の肥立ちが悪いのは、塩分が足らんということです。

 海水の中に含まれている元素は、約100あります。そのうち約75パーセントが塩化ナトリウムなのです。残りは90以上の元素(ミネラル)が集まって25パーセントを形づくっているのです。塩化ナトリウム以外のものをミネラル類といっています。微量金属というものなど、肉眼で見ることのできないものも沢山あります。それらのすべてのミネラル類をふくんでいるのが海、その微妙なバランスによって元気にいきているのが海の生き物たちなのです。

 岩塩や通常の食塩は、海水に含まれる25パーセント分の元素を失い、残っているのは塩化ナトリウムだけ。ミネラル海塩は100パーセント海のエキスである。ミネラル分のない食塩を体中に入れることによって多くの病人が発生、新しい病気が続々と出てきた。食卓塩は薬品です。人間に必要な塩は、海からそのままとれたミネラル海塩を口に入れればよい。



 上記の三木博士の言葉からも分かりますように、人体に必要なのは「羊水」と同じ「海の水(生命の母)」です。つまり、新鮮な自然海水塩の「0.5%濃度の塩水」です。「海の結晶」である「新鮮な自然海水塩」で良いはずです。「岩塩」は、人間からすれば気の遠くなるほどの時間が経過しすぎていて、元の海水塩とは違う内容に「変化して」いますので、三木博士の言われる内容を理解するならば、「新鮮な自然海水塩を選択すべき」だと思います。

 また「岩塩」については、霊的にも「岩塩はスピリチュアル(精神的、霊的)なエネルギーも強く、その力が認められて料理用としてだけでなく、エステのコースや温泉浴に利用されるなど、今注目の岩塩です」などと言われたりもしているようですが、こんなところに「霊的なる特別な力」を求める必要はありません。これは、私から見れば「パワースポット」や「パワーグッズ」などと同様に、「特別なものを求めては、何だか得したような気分になっているだけ」であり、実際には「俗欲心によって、霊的に穢れていく」のと同じようなものにしか映りません。

 「霊的なもの」というのは、「人間に必要なものは、すでに全て与えられている」ということに気づき、「我が内に在る尊い存在」に向かうことなのです。「自分の外に在るものやご利益をひたすら求める」ようなことではありません。もうすでに自分に与えられている「内なるもの(自分の中に在る尊い存在)」すら見つめられずに、いつまでも「自分の外に在るもの」ばかり追い求めているのは非常に危険なことでもありますから、岩塩にまで霊的なものを求めるのは不要なことだと思います。
もっと言えば、余計なことであり、「俗欲」極まりないことです。人間は「岩塩」にまで「霊的なご利益」を求めなければ生きていけないような、そんな「つまらない生き物」ではありません・・・。
 これを現代医療に重ねて考えてみますと、「自分の中に与えられている自然治癒力(
自己治癒力)や免疫力という存在を見つめもしないで、自分の外に在る病院の化学医薬や化学療法ばかりに頼っていって、だんだんと体がボロボロになっていく姿・・・」に似ているように思います。自分の体を治していく(蘇らさせる)手段は、自分の外に在る「病院の化学医薬や化学療法」を当てにすることよりも、自分の中に在る「自然治癒力(自己治癒力)や免疫力」を正して強化することが重要なのです。
 「霊的なもの」も、これと同様です。霊的に一番大事なことは、自分の中に在る「先祖(自分の代に至るまで、必死になって生きて命をつなげてくれた家系の先輩たちとのつながり
」と「神気(内在神)」との調和(感謝)です。すでに自分の中に在る(与えられている)「尊い存在」を見つめましょう! それができれば、自分の外にある「ご利益」などには意識も向かなくなるはずです

 食養の観点からすれば、人間の選ぶべき塩は「岩塩」ではなく、当然「食卓塩(塩化ナトリウム99%以上の薬品:工業塩:化学塩)」でもなく、やはり「自然海水塩」であるべきだと思います。
 ただ、世界では地域的に「海の塩が不足する、もしくは手に入らない」などの理由で、昔から岩塩が活用されてきた地域もありますから、そういう場合には別ですね。生きるために必要として昔から岩塩を活用してきた民族は「天から岩塩を頂いてきた」ことになりますが、近頃の日本人のような「岩塩って、霊的にもなんかいいんじゃなぁ~い?」のような「ご利益心」では、かえってマイナスにも作用しています。その「精神の目的」によっては「その物質の中身(意味)まで変わってしまう」という真相がこの世にはあります。
やはり、霊主体従ですね。精神()が主であり、物質は従です。その精神(心の在り方)によって、その物質の意味・内容がまったく変わってきます。たとえそれが肉体的には有効に見えても、目に見えない霊的なものとしては「堕してしまっている」ことが多々あるのです。「パワースポット」もそう・・・、「パワーグッズ」もそう・・・、「ご利益」狙いの「神祀り」「先祖供養」「宗教活動」などは尚更にそうです・・・。これらの「ご利益」狙いは全て「霊的に穢れる」行為です。これは、現代ではなかなか気づかれ難くなってしまった(多くの人たちが気づけなくなってしまった)「大事な視点」なのです

 やはり、日本人の場合には、大昔から海の塩を使ってきたのですから、素直に「海の塩(自然海水塩)を使う」で良いはずです。特別なものばかり求めているうちに、気づいたときには「当たり前なものまで失っている・・・」なんてことが、世間には結構多いですからね!

 日本人には「昔から海の塩(自然海水塩)を “当たり前” に使ってきた」という「過去の実地」があります。最近になってから日本に輸入されるようになってきた岩塩などよりも、「海の塩(自然海水塩)」のほうが日本人の体には適しています。この「日本人の過去の実績」を改めて再確認し、これを素直に見習い、私たち現代の日本人も海の塩(自然海水塩)を “当たり前” に使っていきましょう!

 上記にも書きました通り、「人間に必要なものは、すでに全て与えられている」では、医学的には「自然治癒力(自己治癒力)」「免疫力」などがあります。簡単に化学医薬や化学療法に頼ってしまい、あとからその副作用や後遺症に苦しむ方々が多くなってきていますから、「自分の中にすでに授与されている “自然治癒力(自己治癒力)” や “免疫力” 自体を強化できるような手段を選ぶ」という意識と方向性を得られてほしいと思います。ここに「健康の根本的主眼がある」はずです。